FC2ブログ

Prima prova GPG 2018-2019(第1回全国14歳以下大会)

Lo scorso weekend ho accompagnato i ragazzi di Zinella (Bologna) ad una gara nazionale a Treviso.
Hanno fatto una grande esperienza.
Ho incontrato dei giapponesi.
Una amica giapponese ha accompagnato suo figlio dal Giappone e questo ragazzo ha vinto nella categoria maschietti (classe 2008), i miei migliori complimenti !
Poi ho chiacchirato con una amica giapponese che insegna a Pescara, anche lei è molto brava.
Ho fatto una piccola passengiata al centro di Treviso, molto carino.


イマイチ

寒くても、空気が冷たくても、ナターレの時期は何だか夜散歩したくなります 
174450-2018Treviso①

先週末、ヴェネト州はTreviso(トレヴィーゾ)県で開催された、第1回目の全国14歳以下ランキング戦があり、金曜土曜は私が帯同、土曜の昼前には、クラブのマエストラも駆けつけ、彼女は土曜日曜に出る選手達の帯同でした。
ボローニャのクラブからは計10名が出場しました。
結果は、
2005年生男子(129名中)、シモーネ 27位、フェデリコ 102位
2005年生女子(73名中)、マルティーナ 55位
2006年生女子(114名中)、チェチリア 72位
2007年生男子(156名中)、ルカ 65位、リッカルド 72位
2007年生女子(93名中)、ビアンカ 52位、カミッラ 81位
2008年生男子(151名中)、ロレンツォ 146位
2008年生女子(80名中)、ナイーデ 55位

ベスト32に入れたのはシモーネだけという、ダメダメな結果でしたが、
今回が初試合だったナイーデ(2008年生)がトーナメント2回戦に上がれたことは、良かったことでした。彼女のお父さんが、アメリカ人とイタリア人のハーフで、ナイーデもちょっとイタリア人ぽくなく(?)かわいいです。
ナイーデロレンツォ、、、
113044-2018Treviso②
他にも(Foto by FIS)、、、
48370296_10158666137943018_7362211773757259776_n-2018Treviso⑥

さて、2008年生男子で、なんと日本から参加してきた小野凌駕 君が、150名のイタリア人選手をバシバシ倒して、何と素晴らしい、優勝です
お母さんを以前から知っていて、フェンシングの強かった選手、、、しっかり血を受け継いでいます。
観たくてもずっとは観てられなかったのですが、特に、リガジェしてからきれいに腕を伸ばしてのアタックが、おぉ~と思いました。カウンターやリポストも色々できる、なかなか面白く、キレがありました。
095150-2018Treviso③

それから、南イタリアはペスカーラでフェンシング指導している、チカさんにも久々に会うことができ、近況報告などお喋りでき楽しかったです
2201890313466194-2018Treviso④
他にも、ヴェネツィア在中の日本人のお母さんも、イタリア人ハーフの息子くんと参加していて、初めてお話することができました。
という、何だか、日本人率がいつもより高く、楽しかったです
私がイタリアに来て、国内試合に出だした頃(2012年頃)は、純日本人を見かけることが全くというほどなかったのですが、
今は、修行中の選手達や留学生、そしてこうやって日本から参加してくる人達と、
試合で知り合うことができたり、またはFBなどで近況を報告したりでき、私も頑張らなきゃなと力になります
今週も、福岡から4名の高校生が、トリノのクラブの練習に参加したりと、、、クラブを紹介する程度しかお手伝いできなかったのですが、トリノの友達から電話があり、頑張っていると報告がありました

トレヴィーゾ、、、きれいな街でした。
冒頭の画像は、シニョーリ広場のツリーで、とても美しく、ナポリなら3日以内で盗まれるな、と思いました(笑)
174054-2018Treviso⑤
ここは、ラディッキオ(トレヴィス)のタルディーヴォ種が産地で(関連記事はコチラ)、そのリゾットを食べたかったのですが、金曜の夜、どこも予約でいっぱいで、
結局、BIOのハンバーガーになりました
カツオとワサビ、そしてルッコラが入ったハンバーガー、これはこれで美味しかったです。シニョーリ広場すぐ近くです。
202253-2018Treviso⑦

この試合で、2018年の公式戦は終わり、あとは、各クラブ内でフェスタを兼ねたクラブ内試合などが予定されています。
試合2日目だった土曜は、トレヴィーゾからすぐモデナに戻り、モデナであった11歳以下のミニ試合に駆けつけた私。
2日間ほど、サンドイッチやハンバーガーとかパン食だったので、ものすごく中華が食べたくなり、ミニ試合後、モデナの中華レストランに行きましたが、しょっぱいし、各料理の待ち時間長くて、次は無いなと思いました…そのレストラン名は、チャイナタウン。。。

1月は、色んな試合が週末に入っているので、選手もコーチも皆、25日と26日の祝日が終わったら、気合を入れ直さないと、他のクラブにどんどん差をつけられてしまいます。
まずは、イベントが多いので、太らないようにしたい私です、ハイ

Seconda prova Master 2018-2019(第2回マスター・サーキット戦)

Domenica scorsa, ho partecipato alla gara di Master a Zevio.
Nel girone ho avuto 8 vittorie ed una sconfitta, poi ho perso in finale eravamo 8 a 9 e il tempo è scaduto.
Peccato...
La prossima prova sarà a Bologna, vorrei vincereee !


最後、集中し過ぎてて

先週の日曜、久々のマスター戦に出場しました。
10月に行われた第1戦目は、場所が遠かったし、翌週に他の試合が入っていたので、出場しませんでしたが、
ヴェローナ県はZevio(ゼーヴィオ)での、2戦目の今回、勝ちたかったです
なぜなら、ここで戦った試合は、毎回良い結果だったからです。
2位、悔しい、、、
163653-2018MasterZevio②
予選は、10名総当りで8勝1敗、この1敗は毎度のローマのガナッシン選手で、予選全て勝った試合も負けた試合も、何か、体ふわふわ、剣先もふわふわでした。
そして、決勝も彼女とで、シーソーゲーム。
7対7から1点先取した後、残り25秒あたりで追いつかれ、16秒あたりでもう1本追加され8対9、そして、自分が追いつかなきゃ終わってしまうのに、時計を確認せず、アタックにどう入ろうか手探って前しか見ていていなく、そのまま時間切れで終了
↓ここからの展開に反省、、、
161330-2018MasterZevio③
16秒まで覚えていたのに、、、あれ、どうしたのか、観ていた人に、「15本勝負でもう1セットあると思ってたんか?」とか「時計、確認しやな~。」とか、ホント、何してたん?と関西弁で訊かれた気分でした(笑) いや笑いごとじゃないっ!
この前日に、11歳以下の試合帯同で5時半起き、夕方には家に帰ってこれ、この日曜の試合は午後からだったので、9時間も寝れたのですが、、、寝過ぎたのか、ボケが始まったのかも知れません。。。
_163745-2018MasterZevio①
練習を再開した9月10月は、体のあちこちが痛く、もう競技人生も終わりが近づいていることを感じながら過ごしていましたが、
最近は、ちょっとした筋力アップ、ヨガ、体重管理のおかげか、腰の調子が良く、左股関節や左膝は、練習後はやっぱり痛いけど、その日のうちに、アイシングやマッサージなどある程度のケアをすれば、日常に問題なくなってきていました。
調子が上がってきた時だったからこそ、残念な結果でしたが、今回3位だったロシアから参加してきたスピードの速い選手に、予選は1本勝負で、準決勝は10対6で勝てたことは良かったことです

次の3戦目のマスターは1月、ボローニャにて!
勝てるように、
101809-2018MasterZevio④
まずは、副賞のゼーヴィオ産の白ワイン、美味しく頂きたいと思いま~す

『 Il fiume dell'oppio 』 を読む

Ho trovato un libro interessante si chiama " Il fiume dell'oppio(The River of Smoke)" e lo sto leggendo in bibrioteca da ottobre.
Ci sono più di 500 pagine ! Probabilmente finirò dopo un anno...
Devo leggere il primo libro della trilogia dal titlo "Mare di papaveri(The Sea of Poppies)" ma non l'ho trovato. Poi dovrò leggere l'ultimo libro della trilogia "Diluvio di fuoco(Flood of Fire).
Non finirò mai...
Poi ho visto gli orecchini di papavero. Mi sembra che ci sia del veleno.

多分、挫折するな、これ

インドはコルカタ(カルカッタ)出身、英語作家Amitav Ghosh(アミタブ ゴーシュ)著、
『 Il fiume del'oppiol(The River of Smoke(煙の河)) 』 (2011年刊行)
を、ボローニャのフェンシング教室に行く前に寄る図書館で見つけ、表紙が素敵だったので、10月から読んでいるのですが、なかなか進みません。。。
なんせ、500ページ以上もある長編小説、読み終わるのは、一年後か、、、意を決してハードカバーを購入した方が、読む気アップするかも知れません。
163450-2018Il fiume delloppio
そして、三部作になっていていることにびっくり、他の2冊はまだ見つけていないけど、500ページ×3冊・・・って。
舞台は19世紀、インドの阿片戦争が引き起こされる前で、アメリカ人や広東人も含め世界的スケールの歴史的小説です。

実は、今読んでいるのは二部作目で、一部作は、
『Mare di papaveri(The Sea of Poppies(ケシの海))』(2008年刊行)、
それぞれの登場人物、カースト・人種・国籍・宗教・言語が異なる者達が並行して語られ、
今の二部作目では、海外に自由を求めたその登場人物達が、カルカッタに集合し、
そして、最後の三部作は、
『Diluvio di fuoco(Flood of Fire)(炎の洪水)』(2015年刊行)、
Ibis(イビス)という奴隷運搬船(契約労働者運搬船)に乗り込んで出航、のち、第一次阿片戦争が始まるという話。
大変なのは、イタリア語というだけでなく、普通の生活で使わないような言葉が多く、海事用語も出てくることです。
読んで、自分の理解が正しいか、日本人でどなたか感想やあらすじを記事にしていないか検索してみましたが、詳細がほとんど見つからないので、あまり入り込まず、さらっと雰囲気で読み進めています。
それでも、3部作全部読まないと意味がないかもとも

さて、本と言えば、、、
たまに、ボローニャ中央駅前で、古本市が開いていたりするので、ぶらっと見回るのですが、かわいくないハイジや、不気味なバッドマンに、猫のためのヨガなどかわいい絵本があったり、
143313-2018本屋にて①
本屋では、日本の文化に関係したものが結構出版されていて、見つけた時は、おぉっと立ち止まってしまいます
131600-2018本屋にて②
100円ショップで買ったこけ玉セット、使うの忘れていたけど、上の画像の表紙は、何だかちょっと、こけ玉と植物が合っていないような気がするし、むしろ、こけ玉のこけが隠れているのか無いのか、こけ玉と呼ぶのかこれと(笑)
また、“わびさび”という言葉は日本独特な気がしますが、どんな風に説明されているのか気になります。

それから、ただ今、ボローニャ中心街にあるMuseo Civico Archeologico(市立考古学博物館)で、葛飾北斎展が開催中(3月3日まで)なので、北斎の作品集を本屋でよく見かけます。
フェンシング教室の、30代の車椅子の選手が、「観てきたよ!とても美しかったわ!“波”も素晴らしいけど、富士を実際見てみたい。」と教えてくれたりもしました…作品の赤富士を観て、富士山は赤いと誤解していないかどうか。。。
134059-2018北斎展

こちらは、ボローニャ散策中に見つけたパパヴェロのピアス、、、何だか、ちょっと、毒々しいですね
141106-2018パパヴェロピアス

『ケシの海』から始まる三部作、、、身分によっての生活状況、宗教、性生活までも細かく描写されているということなので(読者の感想より)、映画化されたらきっと面白いに~と、それか、私のギブアップが目に見えているので、誰か日本語訳で出版してくださ~い(笑)

ナターレの準備

Ho preparato il Presepio. Quest'anno, ho aggiunto una cometa ed un angelo. Quasi tutti i personaggi sono già qui !!
Qualche giorno fa ho visitato i mercatini di Natale in Piazza Minghetti a Bologna.
Vorrei vedere i mericatini di Natale anche al'estero.


部屋も街も、ナターレ

イタリアでは、通常、12月8日のImmacolata Concezione(聖母無原罪の御宿りの日)の祝日から(今年は土曜日で何だか損した気分で)、
ナターレ(クリスマス)の準備を始めるのですが、最近は、どのお宅も、庭のイルミネーションだとか、ベランダにバッボナターレ(サンタクロース)をぶらさげたりと、飾り付けが早まってきています。各お店も、ハローウィーンが終わったらすぐナターレ仕様です

毎年、5ユーロ以内で何か買い足している私のプレゼーピオ(キリスト降誕の場面を表現したジオラマ)は、今年、天使 と 流れ星が加わりました あと、後ろのフェルト布の星空も。
ついでに、人形達の下の台は、中華蒸篭(せいろ)です(笑)
173744-2018Presepio②
どんどん増えていきますが、この本棚のスペースにはまだ余地があるので、来年もまだこのアパートに住んでいるなら、あと3名(3体)くらいは追加できそうです…どの登場人物が必要かな、東方三博士のラクダあたりかな、とか
とにかく、ナターレを迎える前に、エピファニアが来る前に、重要な登場人物はすでに皆勢ぞろい…本来なら、キリストは12月25日の0時に、東方三博士は、その後に各人形が置かれる、という具合です。
134832-2018Presepio①

街では、どこもクリスマス市が始まっています 
ボローニャ中心の場合、一ヶ所だけでなく、あちらこちらの広場や通りで開かれているようです。
Strada Maggiore(マッジョーレ通り)でのFiera di Santa Lucia(フィエラ サンタ ルチア)
Via Altabella(アルタベッラ通り)でのFiera di Natale(フィエラ ディ ナターレ)
また、12月6日から12月9日までの数日間のみ、Palazzo Re Enzo(エンツォ王宮殿)にてRegali a Palazzo(レガーリ ア パラッツォ)が開かれます。

おすすめは、
マッジョーレ広場も、サン ペトロニオ教会も通り越し、
131124-2018マッジョーレ広場
オシャレなカフェテリアCaffè Zanarini(カフェ ザナリーニ)を左に曲がり(画像のパネットーネが美味しそう!)、
高級ブランドショップが並んでいるガッレリア カブールの前を通って、まっすぐ歩いて行くと、左側に広場が見えてきて、、、
132126-2018クリスマス市①
そのPiazza Minghetti(ミンゲッティ広場)にて、Villaggio di Natale francese(ヴィッラッジョ ディ ナターレ フランチェーゼ)が開催中。右端にちょこっと見えているのは、フランス館です。
132257-2018クリスマス市②
フランスの食べ物、チーズ、マルセイユ石鹸など色々売っていて面白いです。11月24から12月23日の毎日10時から20時まで開催。
小さなシャロットケーキ(画像、左上の)が美味しそうで、来年のヴァレンタインはこれに挑もうと思いました
132516-2018クリスマス市③
時間帯など、上記の各イベントの詳細(イタリア語)は → コチラ
FICO(Eataly World)も、楽しそうなイベントが日によって開催されています、詳細(イタリア語)は → コチラ

北欧とかドイツとか、違う国のクリスマス市も、一度は行ってみたいものです

ボローニャ関連記事
『Bologna(ボローニャ) 1~散策~』
『Bologna(ボローニャ) 2 ~散策~』
『Bologna(ボローニャ) 3 ~Asiamach~』
『Bologna(ボローニャ) 4 ~散策~』
『Bologna(ボローニャ) 5 ~Basilica della Madonna di San Luca~』
『Bologna(ボローニャ) 6 ~Saldi estivi~』
『Bologna(ボローニャ) 7 ~散策~』
『Bologna(ボローニャ) 8 ~Venchi~』
『Bologna(ボローニャ) 9 ~Prosciutteria~』
『Bologna(ボローニャ) 10 ~La Strage di Bologna~』
『Bologna(ボローニャ) 11~FICO-Eataly World~』

I miei brani preferiti del 2018(今年のお気に入りソング)

Belle queste musiche!
Consiglio ai giapponesi anche dei cantanti italiani. Il Video-clip di "La Stessa" (Alessandra Amoroso)" è bello, a me piace molta l'isola di Burano.
Perchè in Giappone, non si sentono tanto le canzoni italiane? I piatti italiani però sono tantissimi.


2018年も、もう言うてる間、今年のお気に入りを

今年前半、なかなか頭から離れない曲でした、
Rudimental
These days


Sia の曲はどれも好きです、
LSD
Thunderclouds


あとは、イタリアで流行った中から3曲を、、、
Baby K…シンガポール生まれロンドン育ちのイタリア人、35歳
Da zero a cento


Ghali…ミラノ出身、25歳
Cara Italia


6月に訪れたカラフルでかわいい、ブラーノ島、、、
162652-2018年お気に入り
その場所で作られたこのPV、とても気に入り、歌も素敵です、
Alessandra Amoroso…レッチェ県ガラティーナ出身、32歳
La stessa


日本でもイタリアの曲たくさん流れるといいのですが、、、イタリアの食のように、もっともっと広がってほしいです。
2019年も素敵な曲に出会いますように

過去の関連記事
2012年のはコチラ→ 『2012♪』
2013年のはコチラ → 『2013♪』
2014年のはコチラ → 『2014♪』
2015年のはコチラ → 『2015♪』
2016年のはコチラ → 『2016♪』
2017年のはコチラ → 『2017♪』

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週4回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

プチ月別アーカイブ

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!