Le mascherine di Carnevale(カーニヴァルのマスケラお菓子)

Ho preparato le mascherine di Carnevale. L'anno scorso ho visitato il carnevale di Venezia e Cento.
Vorrei rivisitarli.
Adesso ogni weekend, sono impegnata per le gare di scherma. Quando cucino qualcosa di carino, mi rilasso bene!


今年は、地味にイベントを味わう

イタリアが好きな人はもちろん、そうでない人も、ヴェネツィアのカルネヴァーレ(カーニヴァル)の写真を見たことがある人は多いと思います。
ヴェネツィアのカルネヴァーレは、アクイレイア(現ウーディネ県の町)の総主教との抗争に、ヴェネツィアが勝利した1162年に始まったそうで、18世紀に衰退、1979年には再開し、現在では300万人もの人が訪れるという世界三大カルネヴァーレの一つ。
期間は、2月から3月にかけての2週間ですが、パスクア(イースター)同様、その年によって開催される日程が変わります…今年2017年は、2月18日~2月28日(火)までです。 最後は火曜日と決まっており、その日はMartedì grasso(マルテディ グラッソ=脂の火曜日)と言われ、カルネヴァーレのクライマックスで、ヴェネツィアでは花火も上がり、とても盛り上がります。

↓去年のCarnevale di Venezia 2016(ヴェネツィアのカルネヴァーレ)、、、ツンデレな感じが素敵な方でした(笑)
CIMG8854-2017Carnevale③
トレヴィーゾであった子ども達の試合の後、急いでヴェネツィアへ向かったのですが、すでに18時過ぎ、、、それでも、仮装した人達でいっぱいでした。
昼間は、賑やかで素敵でしょうが、夜は、幻想的で、イルミネーションの効果で、仮装している人達を、より一層、際立たせてくれます。
マスケラは、お手頃なものから高価なものまで、いっぱい売られています、、、
CIMG8825-2017Carnevale②
もともと身分や階級、年齢を超えて、平等にカルネヴァーレを楽しむことが許され、仮面は素性を隠すためだけでなく、日頃抑えられていた欲望を解放させる役割を果たしていたようですが、、、現在は、もはやコスプレのイベントに近いです。

今年は、ヴェネツィアまで行けそうもないので、家で簡単に楽しみました。
スーパーには、この期間によく食べられる揚げ菓子がいっぱい売っているのですが、油摂取控えめにするため、マスケラ型で簡単クッキーにしました。
Maxは、どんなに出来栄えが悪くても、何でも美味しいと言ってくれるので、ありがたいです
123921-2017Carnevale①

ちなみに、ヴェネツィアだけでなく、イタリア各地でカルネヴァーレのお祭りがあり、私の町ミランドラは明日25日に、モデナのチェントロは、昨日開かれたそうです。
面白い山車が出て、カルネヴァーレによく似ている春祭りも、各地域で3月4月にあり、盛り上がって楽しいので、イタリア旅行を計画されている方は、その町のお祭りの日程もチェックしておいた方が良いかと思います。

↓去年観た Carnevale di Cento 2016(チェントのカルネヴァーレ)、、、チェントは、私の町ミランドラとボローニャの間の町で、今年は、2月12,19, 26日、3月5,12日にお祭りがあり、見物にはチケット(15ユーロ)が必要です。
CIMG8971-2017Carnevale④

ところで、、、
世界三大カルネヴァーレは、ヴェネツィア、リオと、、、もう一つご存知でしたか?
トリニダードなんですね!!!こちらは、自分の好きなチームに参加料を払えば、衣装をもらえ、パレードに参加できるようですよ

関連記事
『ヴェネツィア 1 ~家族と~』
『ヴェネツィア 2 ~2時間だけ散策~』
『ヴェネツィア 3 ~カルネヴァーレ~』

Quarta prova Master 2016-2017(第4回マスター・サーキット戦)

Oggi, ho vinto alla gara di master a Busto Arsizio. Prima della gara, avevo il raffreddore, comunque meno male.
Ho incontrato una signora cinese che insegna scherma a Cremona.


2ヶ月半前の反省は忘れてはいたけれど

日曜は、ロンバルディア州ヴァレーゼ県(マルペンサ空港の近く)にあるBusto Arsizio(ブスト・アルシーツィオ)という町で、4戦目のマスター戦があり参加してきました…3戦目は、南イタリアであり、遠かったので参加せず。
私のカテゴリア1(1977~1968年生)は、16名の参加で、予選5名の総当りから決勝まで、問題なく勝ち進み、決勝は予想通り、ローマのガナッシン選手と、、、
2ヶ月以上も前の試合では、やはり決勝で負けているので、負けるのに慣れないよう、今回は勝ちたいところ、、、最初の一本目から気合い入れて、勢いで、10対5で勝ち逃げました。
115150-2017BustArsizio①
この町では、もう3年連続優勝してます

今回は、クレモナの町でフェンシング指導している北京出身のウェイさんと知り合うことが出来、話をしていると、イタリア在中10年という大先輩、旦那様はイタリア人、、、若く見えますが、彼女はもう一つ上のカテゴリア。
115154-2017BustArsizio②
同じアジア出身で、指導と競技を頑張っている人を見ると、励みになります。
いやぁ、皆、背が高くてイイですねぇぇぇ。。。

一月末にあった自分の試合から、今回のマスター・サーキット戦、来週末はセリエB2団体戦、その1週間後は代表予選など、さらに子ども達の試合の帯同コーチ、練習会などなど、、、4月中旬までの土曜または日曜は、すべて予定が入っていて、なかなか休養できずで、家探しも進まず
丈夫な体が基本なので、生姜や大根、ネギなど風邪予防に効きそうな和食献立を増やしていたのにもかかわらず、Maxと二人同時に風邪を引いていたここ一週間で、ちょいと痩せました。
今は良くなりましたが、やっぱり二人して、口周りにヘルペスが出ています
フェンシング三昧でありがたいことだけど、たまにはリフレッシュしないといけませんね、、、疲れてくると、思考回路もやられます

ちなみに、、、
今回の町、電車30分でミラノに着けるほど近いのですが、ミラノで今問題になっているのは、ミラノ大聖堂前の広場に、ヤシの木42本が植えられ、これからも、バナナの木が追加されるとか。。。
全く似合わないし、反発運動も頻発、今夜はヤシの木1本燃やされたニュースが取り上げられてました。
米コーヒーチェーン・スタバのミラノ進出も今年予定なので、これまた反発運動が大きくなりそうです。
これからミラノ旅行予定の皆様、今までの雰囲気と違ったミラノが楽しめそうですが、何かに巻き込まれないようお気をつけください!

ちなみに、ちなみに、、、
最近の私のブログも、フェンシングか、イベントの多い時期のせいか料理レシピばかりですね、、、いえ、黙々と料理することが、結構、気分転換になっていたりもするのですが。。。
なので、当分、こういった状態が続きますが、覗きにやってくださいませませ

ヴァレンタインデーには

Ho preparato il soufflè al cioccolato per San Valentino.
Qualche giorno fa, c'erano i mercatini del cioccolato al centro di Modena. Ho comprato una chiave 12/13 ed un ingranaggio di cioccolato. Bene, perchè mio marito è un ingegnere. A lui questo è piaciuto molto!


喜ぶモノって言ったら

今年のヴァレンタインデーには、Soufflè al cioccolato(チョコレート・スフレ)を準備しました
初めて作りましたが、まぁまぁの出来具合、、、
〈材料〉
・刻んだチョコレート 50g ・卵 2個 ・ふるった薄力粉 15g ・生クリーム 120cml ・砂糖 20g ・粉砂糖 適量 ・型用のグラニュー糖 適量 ・型用のバター 適量
〈作り方〉
[下準備]

卵は卵黄と卵白に分け、卵白は冷蔵庫に入れて冷やしておく。
バターを型に薄く塗って、グラニュー糖をまぶしておく。
オーブンは180℃に予熱しておく。
[スフレの生地作り]
 鍋に生クリームを入れ中火にかけ沸騰したら火から下ろし、細かく刻んだチョコレートを加え、ゴムべらで混ぜて溶かす。
② ①に卵黄、ふるった薄力粉を加え、その都度泡立て器でよく混ぜる。
ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立て、全体が白っぽくなったら、砂糖を3回に分けて加えて、ツノが立つぐらいまでしっかり泡立てメレンゲを作る。
④ ②のメレンゲを加え、ゴムべらで泡をつぶさないようにさっくりと混ぜ合わせる。
[スフレを焼く]
型に生地を4等分して入れ、180℃のオーブンで約15分焼き、様子を見て十分膨らんだら取り出す。粉砂糖を茶こしでふりかけ、アツアツを食べる。

104416-2017ヴァレンタインデーには①
ふんわりとふくらんだ生地が、口の中でしゅわしゅわと溶けていく、スフレの美味しさは焼きたてが一番、ですが、冷やしてからも美味しく、しゅわしゅわでした
ベリー類をもっとキレイに並べたかったのですが、何しろ、すぐ、しゅ~としぼんでしまうので、急いで並べたらこうなってしまいました
とにかく大事なことは、メレンゲをしつこく泡立てることで、これが膨らむかどうかの決め手

ヴァレンタイン少し前、モデナのチェントロでは、チョコレート市が3日間開かれていて、私もMaxのプレゼント用に買いました
153316-2017ヴァレンタインデーには②
ハート型のチョコとか、そんなの買いません、、、
一番上の画像に不自然に写っている、チョコレートで出来たスパナナット、、、エンジニアなので、こういう工具や機械類などマニアックなのです。
155252-2017ヴァレンタインデーには③
ネジ見て「いい形してる~」とか、くねくねしたLED電球見て「かわいい~」とか、普通に言います(笑)
ちなみに、スパナは、たまたま買ったのが12と13のサイズで、「スパナは、サイズ13が一番よく使われているんだよ~」と、どうでもよい情報を教えてくれたり

皆様、素敵なヴァレンタインデーを過ごしましたか~

ポピーシードを使って 20

Ho fatto a mano le tagliatelle con la buccia di limone e i semi di papavero. Poi ho aggiuto dei carciofi.
A mio marito pieace molto la pasta al limone.
Allora questo piatto gli è piaciuto, meno male.


ポピーシード、こんな使い方も

イタリアに住みだして、カルチョーフィ(アーティチョーク)を食べることが多くなり、パック入りで下処理済みのや、冷凍または缶詰などを買ったりもしますが、自分で選んで下処理した方が美味しいです。
しかし、最近、生野菜がとっても高ーい、、、2月に入って、随分と寒さが和らぎましたが、1月はどこもかしこも凍ってましたから、野菜高騰になっています。
で、一個1,45ユーロ(190円ほど)するカルチョーフィを2個使って、、、
Tagliatelle ai carciofi, limone e semi di papavero(カルチョーフィ、レモンとポピーシードのタリアテッレ)
111949-2017ポピーシードを使って20②
カルチョーフィのことは、過去の記事で紹介してます→ 『イタリアの野菜 1』


〈材料〉2人分
・小麦粉 100g ・卵 1個 ・レモン(皮すりおろしと搾り汁) 2個分 ・ポピーシード 適量 ・下処理したカルチョーフィ 1個分 ・EXVオリーヴオイル 適量 ・塩 適量
〈作り方〉
[手作りタリアテッレ]
ボウルに強力粉、塩を入れて混ぜ、中央をくぼませる。
卵、オリーブオイル(大さじ1)、ポピーシード、レモンの皮(少し残しておく)と混ぜ合わせる。
生地が滑らかになるまでこねる。
ラップで包み、20分以上寝かせる。
まな板に打ち粉(強力粉適量)をふり、綿棒で厚さ1mmに伸ばす。
⑥ ⑤を1cm幅に切る。
4~5分茹でる。茹で汁(大さじ2)はとっておく。
[ソース]
下処理済みのカルチョーフィを薄切りし、レモン汁を入れた水に浸す。
フライパンを熱し、オリーヴオイルを入れ、カルチョフィを5分ほど炒める。
③ ②にレモン汁も加え、汁気がなくなったら火を止める。
④ ③にパスタの茹で汁を入れ、茹でたパスタを加え、すりおろしたレモンの皮を加え、出来上がり。
095848-2017ポピーシードを使って20①

筍のような食感、またパスタがレモン風味で爽やかで美味しいです。Maxも、レモンのパスタが大好きなので、美味しいと言ってもらえました
もう一個のカルチョーフィは、皮を花のように開いていき、軟らかい上の部分を少し切り取って、その部分はパスタの具に使い、残りは素揚げに。塩少々ふって、レモン汁垂らして、カリカリ、ジューシー、美味しいです…画像のは、皮を剥きすぎて、花のようには開けなかったですが。。。

手作りパスタ、楽しいです、パスタマシーン買うかな

過去記事の『ポピーシードを使って 1~19』では、、、
レモンマドレーヌ / リンゴのパウンドケーキ / カレー風味の煮っ転がし / あんパン / ポピーシードロール / 洋梨チーズケーキ / コロッケ / マロンケーキ / シュピーゲル / チーズスティック / クロスタータ / スコーン / ミッレフォーリエ / プリンケーキ / ベーグル / クロストーリ / チャンベッラ / 蒸しパン /  南瓜とサルシッチャのリゾット
で~す

Gran Prix Kinder + sport a squadre-14 2016-2017(14歳以下団体戦)

I fiorettisti dei ragazzi Penta Modena hanno tirato alla gara di squadra a Bolzano. C'erano 34 squadre, abbbiamo terminato al 26°posto.
E' stato un giorno durissimo. Le mie indicazioni ai ragazzi, non erano sufficenti, questo ai ragazzi è mancato tanto, colpa mia.
Speriamo che questa esprienza sarà positiva per la prossima sufida.
Ma perchè in Italia la gara di squadra è solo una volta? In Giappone ci sono le gare di squadra per i ragazzi.


なかなか厳しいもの

先日の日曜は、Bolzano(ボルツァーノ)で開催された、14歳以下の団体戦、カテゴリアは2003/2004年生に出場してきました。
34チームが出場し、結果26位でした
SquadraGPG-2017Bolzano.jpeg
予選の組み合わせは、個人ランキングが反映されるので、チーム中の2人はまずまずですが、フェンシング始めてまだ1年2ヶ月の経験の少ないロレンツォ(画像中、私の隣)はかなり下のランキング、、、なので、とてもキツイ当たりになりました。
予選の2試合では、コモのクラブに勝ちにいったのですが、かなりまくられるという大打撃があって、45対35で敗退。
もう一試合は、今回優勝したローマのクラブ、45対26という大差で負けましたが、強い相手に試そうとしている姿が見えました。
トーナメントに上がるのは厳しいかなと思っていたら、4チームだけしか落ちず、26番目で上がり、トーナメント初戦は、ヴェネツィア・メストレのクラブと、、、ロレンツォのエンジンがようやくかかり、良い試合をしてくれたものの、このクラブも強いので、45対39で負けました。
団体戦は3名で構成され、総当り45本勝負なのですが、3名レベルを揃えるのは難しいもの。
でも、ロレンツォ以外の他二人が、試合中はキレてましたが、試合後、「ロレンツォ、偉いね、1年チョットで戦えるようになって。」と優しい言葉をかけ、真面目なロレンツォをちゃんと認めていることに嬉しくなりました。
イタリアの団体戦は、子ども達もシニアも、1年にたった一度だけ、、、ほんとに少ないと思います。あっ、シニアには、強豪2チームほどでフェスタ的な試合がありますが。
日本は、団体戦を経験する数が多くて良いと思います。

試合前日、皆で夕食、、、
211247-2017Bolzano.jpg
胃袋2つあんの?って訊きたくなるほど、大きなピッツァの後に、それぞれドルチェですよー
私は、画像のサルシッチャとゴルゴンゾーラのピッツァ3分の2でギブアップ状態で、ドルチェは頼みませんでした…そんな、くどいピッツァ頼むからって(笑)?
自分の試合だったら、前日は、絶対ピッツァは避けますが、イタリア人の胃袋は日本人と違うので問題ないのでしょう、これが敗因ではなさそうです。。。

自分自身の試合結果はほどほどに残せてますが、指導している子ども達に良い結果をもたらせなければ意味がありません。
試合から帰ってきてと翌日は、私はどんよりしてましたが、切り替えて、精進していきます。
同じクラブの、エペのコーチが言っていた、「勝たせるのに、私達は10年もかかったわー。」って思い出し、
今いる2008年生がとっても楽しみなので、私主催の練習会計画など工夫していますが、
指導者は、次の子ども達次の年と、毎年やり直しができるけど、その時の子ども達はその時が大事、、、今もやっぱり、どんより反省しています

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!