イタリアのバールにて 11

Ho preso un caffè padovano a Bologna ed ho conosciuto la storia di questo caffè.
Qualche giorno fa, sono andata al Caffè Pedrocchi a Padova, dove è nato questo caffè. Era buonissimo e diverso da quello di Bologna.


行きつけのカッフェを変えるくらいなら、恋人を変えるほうがましだ

Caffè padovano(パドヴァ風コーヒー)、またの名を、
Caffè Pedrocchi(カッフェ ペドロッキ)、、、
174322-2018CaffèPedrocchi①

2週間に一回は行くようになった、ボローニャ駅近くのバールにて、地域別バージョンの、カッフェのメニューを見つけました。
数ある中、Caffè padovano(パドヴァ風コーヒー)を頼んでみると、
フォームドミルクが、何だか薄い緑色ですね、正体は何だと思います?
143200-2018Caffèpadovano
メンタ(ミント)のシロップなんです!コーヒーにミント!!
そのミントシロップと牛乳をシェイクし、エスプレッソの上に注ぐのです。
お味は、爽やかで、砂糖が最初から入れられているのですが、甘過ぎず、なかなか美味しかったです。
アイスクリームのチョコミントも、なかなかクセになりますもんね、そんな感じです

このパドヴァ風コーヒー発祥は、、、
Francesco Pedrocchi(フランチェスコ・ペドロッキ)という方の歴史的なレシピで、彼のカッフェテリアが、パドヴァ駅から徒歩20分ほど、パドヴァ大学のすぐ近くにあります。
2月のちびっ子達の試合で、パドヴァに行った時寄り、本物(最初の画像)を頂いた訳です。
カルネヴァーレ(カーニヴァル)真っ最中だったので、気品漂うバール前も、紙ふぶきが散らばっていたり、仮装した子ども達が走りまわっていました、、、
175006-2018CaffèPedrocchi②
世界中を旅したフランチェスコが、1772年、現在あるカッフェテリアの南側に開店した小さなバールが前身。
息子のアントニオが、ヴェネツィアの建築家と新装して現在の店構えとなったのは1831年でした。
アントニオの事業拡大は大成功で、たくさんの著名人が訪れました…ヴィットーリオ・エマヌエーレ(イタリア国王)に、ジュゼッペ・ガリバルディ(軍事家)などなど。
ですが、他の多くの場所のように、苦しく辛い時代もあり、20世紀の80年代にお店は閉鎖。
時が経ち、1994年には復元を開始、1998年に戻ってきたのです。
フランチェスコ ペドロッキ
Antonio_Pedrocchi-2018.jpg
現建物の1階ホールは、他のバール同様立ち飲みできる所と、ゆったり寛げるイタリア国旗3色の名前で仕切られている部屋があります。また、各ホールのソファーの張ってある布の色も部屋の名前にちなみ、色が違っています
173607-2018CaffèPedrocchi③
時間がなかったので見学しませんでしたが、2階は、ギリシャ、ローマ、ロッシーニ、バロック、ルネッサンス、中世などと名付けられた部屋が12室あり、一部はパドヴァの歴史博物館になっているそうです。
一番豪華な部屋は「ロッシーニの間」で、金箔がふんだんに使われ、ロッシーニに捧げられたこの部屋では、重要なミーティング、舞踏会なども開催されたり。
次回訪れたら、2階にも上がろうと思います。

冒頭の、
行きつけのカッフェを変えるくらいなら、恋人を変えるほうがましだ
は、イタリアを愛したフランス作家Stendhal(スタンダール)が言ったという言葉。
カッフェ好きの、その彼が、
「イタリアで一番美味しいカッフェ」
と、このペドロッキを絶賛したようです。

やはり、ボローニャで飲んだのと、本物は違いました。
先にも書きましたが、冷たいカッフェでさっぱりな甘さ、それほどミントミントしていません。
パドヴァにお越しの際は是非お立ち寄りを

関連記事『イタリアのバールにて 1~10』
『Caffè d'orzo』
『Pan di Zenzero』
『Caffè al Ginseng』
『Caffè corretto』
『Cappuccino』
『Bicerin』
『Affogato』
『Crema di Caffè』
『Caffè shakerato』
『Caffè Marocchino』
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!