イタリアのバールにて 7

Poco a poco fa caldo. Ho preso un affogato al bar.

暖かくなってきた3月中旬、おすすめのカッフェタイム

Affogato(アッフォガート)を出してくれるカフェテリアは、日本でも少しずつ増えてきていると思います
私の町ミランドラのとあるバールにて、パンナ(生クリーム)をのせて、3ユーロ、、、
11659-2017Affogato.jpg
「affogato」とは、イタリア語で「溺れた」という意味で、この飲み物は、溺れたジェラートということになります。
かける飲み物は、エスプレッソが一般的で、他にも、リキュールを選ぶことができます。リキュールを選ぶ場合、飲みすぎて溺れないように気を付けてください。
もちろん、家で作る人も多く、Maxも、時間があまりない平日の昼食後(最近は、お弁当を持たずに、一旦、帰ってくるので)、デザートのジェラートとエスプレッソを一気に楽しみます
ジェラートとエスプレッソを一緒に口に入れた時、ジェラートの甘さとエスプレッソのほろ苦さが、溶けあって、、、これが、アッフォガートの魅力
ジェラテリアでも、メニューにあるかも知れませんが、エスプレッソをかける場合、やはりバールの方が、美味しい、質の良いエスプレッソだと思うので、ジェラテリアでなく、バールでご注文ください。

こちらは、アンティーク市で見かけた古い手動式のコーヒーミル、、、
CIMG8952-2017Fiera di Modena①
さらに古い、、、こういうので挽いた豆は格別そう!
CIMG8969-2017Fiera di Modena②
イタリア人のカッフェへのこだわりには、本当に感心します
毎度、ホテルを予約するのに、おなじみBooking.comを利用するのですが、イタリア人の利用者コメントに「朝のカッフェがまずかった、信じられない!」とか「このホテルのバリスタは、親切で良かったよ!」とか、また評価点なんかも添えられている場合があります…全てにコメントがある訳ではありませんので、悪しからず。

あっそう言えば、故郷、和歌山のとある喫茶店(という呼び方が似合うお店)では、バニラアイスにあんこをのせ、そこにコーヒーがかかってある、コーヒーぜんざいというメニューがあり、美味しい忘れられない思い出の一つです…今も、やってるかしら。。。

関連記事『イタリアのバールにて 1~6』
『Caffè d'orzo』
『Pan di Zenzero』
『Caffè al Ginseng』
『Caffè corretto』
『Cappuccino』
『Bicerin』
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

私も以前は手動式のコーヒーミルを持っていたのですが、今は自動式コーヒーミルです。かなり細かくコーヒー豆を砕いてくれます。今考えてみると手動式のが良かったような気がします。コーヒーはサイホンを使っているので直接コーヒー豆を買ってきています。

purotoko さんへ

コメントありがとうございます。
自動のは便利でしょうが、手動のは味がありますよね。
と、私はどちらも持っていないのですが(笑)

非公開コメント

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!