FC2ブログ

Gran Premio Giovanissimi 2016-2017(14歳以下全国大会)

I fioretisti della sala di Modena Est, hanno partecipato alla gara di Campionato Italiano Under 14 a Riccione.
Categoria Allievi (120 partecipanti),
Riccardo 71°
Lorenzo 111°

Categoria Ragazzi (149 partecipanti),
Mattia 116°
Matteo 147°

Categoria Bambine (126 partecipanti),
Anna 86°

E' stata dura, non ci siamo preparati bene.
Non abbiamo portato buoni risultati, ma ogni ragazzo assortamente è migliolato dalla scorsa stagione.
Loro amano la scherma, questo è importante.
Gli spadisti di Penta Modena hanno portato buonissimi risultai, complimenti !!!


子ども達の今シーズンほぼ終了

11月から始まった14歳以下のランキング戦を経て、最終戦となる全国大会がエミリア・ロマーニャ州リミニ県Riccione(リッチョーネ)という町で、4月26日から5月2日まで開催されました。
今年で54回目となる歴史ある試合、歴代の優勝者が壁に記載されていて、その後、有名な選手になった人ばかりです。
協会のHPでは、タイムラインで試合の経過も結果もすぐ分かり、イタリア人仕事速いなぁって勘違いしてしまいます(笑)

さて、モデナの教室からは、5名出場し、
2006年生まれのカテゴリアでは、アンナが86位(126名中)でした。
予選7名の総当りを2回し、どちらも2勝ずつできました。どの試合も、予選全敗が続いていたのに、やっとです。
トーナメント1回戦で負けたものの、課題であったアタックがようやくできるようになり、本人もとても嬉しそうでした。
アンナは、後方列右端のデコピカちゃん↓
18119019_10156440439388018_5986523049684707525_n-2017Riccione①
二日目には、試合がないのに、応援に来て、有名なVezzali(ヴェッツァーリ)選手と写真を撮ったり、サインを貰って、飛び跳ねて喜んでいました。

149名が参加した2004年生まれのカテゴリアでは、フェンシング歴7ヶ月のマッテオと、独り言の多いマッティア、、、
081646-2017Riccione②
マッティアは、予選1勝でしたが、トーナメント1回戦は勝ち、2回戦で敗退、最終結果116位、リポストがだいぶできるようになりましたが、手が遅くて、コントルアタックを何本ももらってしまいました。
マッテオは、予選全敗、トーナメント1回戦で敗退、最終結果147位、この大きな試合に、かなり緊張したようです。

120名が参加した2003年生まれのカテゴリアでは、喜怒哀楽の激しいリッカルドと、うじうじロレンツォ、、、
リッカルドの予選はちょっと波乱で、左利きで強いかやりにくい選手が3人もいて、最初の2試合、左利き2選手に落としてしまい、毎回のように自暴自棄になり、もう一人のコーチに「試合投げ出すなら、家に帰れ!」とまで言われ、「もう帰るよ!」と即答し、マスクと剣を放り投げてしまいました。
あちゃーと思った私は、引き止めて欲しいんだろうと、彼を座らせましたが、私にもそっぽを向いていたので、体の向きを無理やり変えさせました。またすぐ当たる左利きの作戦について、難しいこと言っても今は無理だと、「これだけやりなさい」と、下のラインに、下から確実に突くようにだけ教えました。
あら、なんと、簡単に勝て(ホント、やりにくいだけの相手だった・・・)、気を良くし、その後も3対0で負けていても、諦めずまくったり、今まで突かなかったリポストも突くようになり、フレッシュなんかも出したり、全部勝ち、4勝2敗で良い感じで予選を終えました、が。。。
トーナメント1回戦、、、えっ、もう忘れたん。。。と言いたくなるぐらい、再び試合放棄になり、たった2分で負けました。
もうガックリ、グッタリです、彼には、、、でも、そんな奴でも、フェンシング大好きでカワイイのですが。リッカルド、最終結果71位でした。
121144-2017Riccione③
そんな中、すっかりロレンツォの存在を忘れそうになったのですが、予選全敗、トーナメント1回戦敗退、最終結果111位でした。
試合前の週は、体調崩し1回だけ練習、その前の週はパスクア休暇とかで来てなくて、練習しなくて、そんなんで勝てるか、と本人には言わなかったですが、やっぱりでした。2月初旬の団体戦で、足を引っ張ったトラウマが残っているのでしょうか、練習に来る頻度が減ったような気がします。
ごつい体していても、足がふらふら、「努力なしで、どうやって勝つの?」と試合終わって話しました。
私も若い頃、練習など試合前の経過は大事にするけど、いざ本番になると、それまでの積み重ねを簡単に崩してしまったり、試合中に努力することができなかったりもありました。後で、ものすごーく後悔するんです、もう少し出来たとか、あんな技も出来たとか。。。
教えている子ども達には、経過も試合も努力できるように話しする機会を作りたいと思います。

同じクラブのエペ陣は、2006年生のカテゴリアで男女とも3位に入ったり、2004年生の女の子が6位入賞と、素晴らしい成績、、、参加人数も120名以上軽く超えていて、エペ種目はやはり人気が高いです。
フルーレ陣の影がやはり薄いですが、去年より少しは良くなったとエペのコーチから言われたことが救いです。
エペのコーチ陣と、、、
18156913_10211419649119200_3676638357997679920_n-2017Riccione④
ちなみに、フルーレでは、月2回一緒に練習する、同クラブで別教室のサムエレ君の35位が一番良い成績でした。
クラブの総合成績(14歳以下の大会のみ)は、16位(271クラブ中)で、ほとんどエペ陣が取ってきたポイントです。

私には、自分の子どもがいないだけに、この子ども達だけでなく、クラブの5,6歳のちびっ子から14歳以上の子ども達も皆、時には、自分の子どもと思って、フェンシングの技術だけでなく、道具の扱い方や生活態度も気がつくことがあれば言うようにしています。特に、ちびっ子達が、どんな小さな課題でもクリアすると、胸が熱くなって、マンマ達と一緒に喜ぶのです。
週にあちこちのクラブへ指導に行くのは、私の勉強の為にはなるけど、同じ選手を週一だけしか見れないのは問題だなと、もっと、しっかり指導したいと、来シーズンの自分の身の置き方もしっかり考えなきゃいけません。
とりあえず、あと一ヶ月ほど、残っている試合に全力投球で、その後、よく考えるようにします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週4回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

プチ月別アーカイブ

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!