ポピーシードを使って 19

Ho preparato un risotto alla zucca con salsiccia e semi di papavero. Poi ho fatto anche dei dolci di zucca.
Mi sembra che la zucca giapponese sia più dolce di quella italiana.


切るの大変

ポピーシードを使うのは、お菓子作りがほとんどですが、イタリアでは、リゾットやパスタにふりかけるメニューもあります
何でもハンガリーでは、パスタにポピーシードと砂糖をふりかけるレシピがあるようですが、パスタと砂糖って、想像つかないです。。。

さて、旬の南瓜を使って、、、
Risotto alla zucca con salsiccia e semi di papavero
(ポピーシードをふりかけた南瓜とサルシッチャのリゾット)

を用意しました。
そしてチーズもふんだんに、、、
CIMG8828-2016カボチャリゾット
二つのレシピを組み合わせて作りました。

〈材料〉2人分
・1cm角切り南瓜 200g ・米 120g ・サルシッチャ(イタリアのソーセージ) 150g ・玉ねぎみじん切り 4分の1 ・ブロード 約500ml ・白ワイン 4分の1カップ ・バター、ポピーシード、パルミジャーノレッジャーノ、イタリアンパセリ 適量
〈作り方〉
熱したフライパンにバターを溶かし、みじん切りの玉ねぎとサルシッチャを炒める。
② ①に米を加えさらに炒める。
③ ②に白ワインを加え、アルコールを飛ばし、ブロードと南瓜を加え、吹きこぼれないよう中火で煮る。
お好みの米の硬さに茹でたら、お皿に盛り、ポピーシード、パルミジャーノレッジャーノ、イタリアンパセリを振りかけてお終い。

画像では、イタリアンパセリが無かったので、ベランダ栽培の水菜にしました。
そして、サルシッチャでなくても、パンチェッタやベーコンでも美味しいです。
結果的に、ポピーシード意味あるんかと思いましたが、イタリアのレシピにあるもんですからー

イタリアの南瓜って、日本のと比べてそれほど甘くないような気がします。
余った南瓜で、カップケーキやスイートパンプキンも作りましたが、レシピより少し砂糖多めにしました。
ぶ格好なスイートパンプキン、南瓜に見えますかね~ 
CIMG8833-2016スイートパンプキン
本当は、南瓜をジャック・オー・ランタンにしようと思ってたのですが、切るの大変で、こんなになっちゃって
以前、日本のある女優の方が、南瓜を切ろうとして手首を誤って負傷し、自殺未遂かと騒がれたけど、、、
ほんとに危うく切りそうでしたよ、手
南瓜を料理する時は、急がず慌てずにですね。。。

ところで、、、
以前も書きましたが(その記事)、イギリスでは11月11日は『Remembrance Day』で、英霊記念日。第一次世界大戦の停戦協定が1918年11月11日に結ばれたことから、戦没者記念日停戦記念日とも呼ばれ、この日に最も近い日曜日には慰霊式典が行われます。
このイベントがだいぶ肥大化してきて、テレビに出る人などは全員、記念日前の一週間は、義務的に、ポピーのバッジなどを身に着けていなければならないようで、着けていないと、戦没者に感謝の念を抱いていないとか、愛国的でないとか、とんだトラブルに遭う羽目になるかも知れないということです。(Foto by Google)
ポピーの日
サッカーでは、プレミアリーグのこの時期、各チームは毎年、期間限定、赤いポピーが刺繍されたユニフォームを着用し、英国在郷軍人会への募金活動(ポピーアピール)を支援しています。
いかなる政治的、宗教的、商業的メッセージの着用を禁止しているFIFA(国際サッカー連盟)から、警告通達が出ているようですが、、、
イングランド代表は、明日11日のスコットランド戦で予定通りポピーが描かれた黒の喪章を着けるそうです

ちなみに、11月初め、2泊3日でイギリス出張だったMaxは、飛行機の遅延で、おまけにロストバゲージ、3日間同じ服で過ごして散々だったよう。
彼が訪れた時は、まだポピー一色ではなかったようですが、ポピーのデザインがあしらった広告などをちらっと見かけたようです。

過去記事の『ポピーシードを使って 1~18』では、、、
レモンマドレーヌ / リンゴのパウンドケーキ / カレー風味の煮っ転がし / あんパン / ポピーシードロール / 洋梨チーズケーキ / コロッケ / マロンケーキ / シュピーゲル / チーズスティック / クロスタータ / スコーン / ミッレフォーリエ / プリンケーキ / ベーグル / クロストーリ / チャンベッラ / 蒸しパン
で~す
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!