Svizzera (スイス) ~ Lugano(ルガーノ) ~

Ho visitato il lago di Lugano, meraviglioso ed elegante.
Consiglio di visiare in Parco Ciani ed il Monte Brè.
Mi è piaciuto molto questo lago.


優雅

今回の美しい湖は、、、
174304-2017Monte Brè①
スイスのティチーノ州を代表するLugano(ルガーノ)湖で、正式名はCeresio(チェレーズィオ) …面積48.7k㎡で小さめ、複雑にいりくんだ形の湖で、一部はイタリア領になっています。
宿泊先から、帰りのComo(コモ)の税関過ぎまでの、ドライブ跡も含め、地図で見ると、
ん?、湖中ほどに四角い(ほぼ台形)イタリア領があって、何か面白いですね、、、
2017Lugno④
ティチーノ州は、イタリアに面していること、そして、過去、イタリア領土であった部分もあり、スイスで唯一、公用語がイタリア語の州です…なので、標識やお店の名前など、ほぼイタリア語。
それでも、イタリアと違うのは、やはり街の清掃が行き届いていて、エレガントなところでしょうか、、、
CIMG0527-2017Lugno①
ルガーノの街は、この州最大の都市で、ブランドショップが軒を連ねる通りVia Nassa(ナッサ通り)が有名、湖畔に並ぶカフェやリストランテは、リッチな気分に浸れます…何も買わなかったけど、ナッサ通り近くのサラミ屋さんの画像を載せておきます(笑)

こちらは、Parco Ciani(パルコ チアニ )という広々した公園から、同じ湖を眺めました、、、
CIMG0547-2017Lugno②
淡いピンク色のランタナの花が、何ともかわいいです。
カルガモや白鳥などが泳いでいたり、観光客も水遊びや読書を楽しんでいて、のんびりでした…白鳥には、すぐ逃げられましたけども。
この街周辺にある、琵琶湖18個分の面積の、聖ミケーレ公園には足を伸ばしませんでしたが、その代わり、ルガーノ中心から7kmほどの、Monte Brè(ブレー山麓)を車で登りました。
カメラ目線のカモメの後ろ側、建物がたくさん建っている山です、、、
CIMG0569-2017Lugno③
途中から、長い石階段を歩いて登り、息が切れ切れでしたが、素晴らしい景色を、ルガーノ湖を一望できました…あっ、左画像は、石階段でなく、ケーブルカーですので。
CIMG0571-2017Monte Brè②
野生のナデシコがあちこちに咲いてました。

最初の写真も、ブレー山麓の小さなバールからの眺めですが、リストランテからのこちらも、、、
180249-2017Monte Brè③
嫌なこと、煩わしいことを忘れるほど、美しいです

煩わしいこと???
起床して、宿泊先からルガーノまでたった1時間ほどの移動、車を駐車し、やっとこさルガーノ観光が始まったのは、起床してから6時間も経過、、、何でそんなに時間が経っているのかと?相手がイタリア人だと、こうなることも多々です。起床してから、観光情報をネットで調べるのに時間がかかったりで、結局、調べた情報量10分の1くらいしか、実行できなかったのに。。。
と、文句もありますが、仕事で東京出張からの帰国翌日、すぐ、このヴァカンツェに連れて行ってくれたことに感謝です。
ちなみに、この後、一日置いて、長時間運転で南イタリアに帰省と、元気なMax様様でした…私は、疲れていたし(何もしてないけど)、やることあるので、南イタリア帰省せずでしたが。
8月始まりは、日中の気温40度ほどの日が続き、午後はずっと家で引きこもってましたが、8月10日を過ぎると、朝夕は涼しくなり、秋の気配を感じ、過ごしやすくなったと思っていたら、、、8月後半、暑さぶり返しました。
まぁ今回の旅行では、27度ほどだったので、とても観光がしやすく良かったです。

ということで、今年の夏のヴァカンツェは、何となくスイス小旅行でお終いです。
昨夏は、海海海だったので、今回は、山が呼んでいる~てな感じで(笑)
来夏は、一時帰国予定なので、日本満喫です
あと、この旅行中、奥側の歯の被せが、ガムを噛んでいる時に外れ、食べ物を噛む時、気持ち悪いので、日本のかかりつけの歯医者で、早く治したいです。
一時帰国にMaxもついて来るなら、熊野古道、高野山と連れて行きたいな~、と思ってます
スポンサーサイト

Svizzera (スイス) ~ Locarno(ロカルノ) と Lago Maggiore(マッジョーレ湖) ~

Ho fatto un giro al Lago Maggiore.
A Locarno, mi sono sorpresa del costo di una pizza margherita: circa 15 euro, mentre; un kebab si paga circa 10 euro.
Alla fine ho scelto cucina cinese perché i costi non sono differenti da quelli di Modena, bravi cinesi!
Poi passato la dogana, le strade svizzere son pulite e senza buchi.
Comunque Locarno è interessante.


ほぼイタリア

Lago Maggiore(マッジョーレ湖)をドライブで一周、、、
CIMG0524-2017LagoMaggiore①
イタリアは、三方を海に囲まれているという恵まれた国ですが、美しい湖もいっぱい、、、中でも、このマッジョーレ湖(別名Verbano(ヴェルバーノ)湖)は、イタリアのロンバルディア州とピエモンテ州の州境にあり、北部はスイスのティチーノ州にまたがっています。
そして国内では、2番目に広く、面積は212.2k㎡です…判りやすく日本の湖と比べようと調べたら、琵琶湖ってごっつ大きいのですね、このマッジョーレ湖の約3倍でした。

緯度は、札幌よりも北、、、なのに、温暖で、 燦々と降り注ぐ太陽が、まるでトロピカル地域です。
大きなヤシの木々が湖周辺あちこち、画像は、Villa Taranto(ヴィッラ ターラント)という、世界の植物を集めた大きな植物園がある街です。
CIMG0522-2017LagoMaggiore②
他にも、美しい植物園がいくつもあるようですが、湖周辺も、様々な花が咲いているので、目の保養になり、散歩が楽しかったです…画像の私は、ちょっとグッタリしてますが。。。

スイスにとっては、4番目に大きいこのマッジョーレ湖、先にも書いたように、湖の沿岸の3分の2は、イタリアの領域で、スイスの領土は北沿岸だけ。だから、イタリアの雰囲気と何ら変わりなかったです…ちょっと残念。。。
のどか~、、、
CIMG0515-2017LagoMaggiore③
ビックリしたのは、スイスの街Locarno(ロカルノ)というリゾート地での物価の高さ、、、マルゲリータのピッツァが15ユーロ(約2000円)とか、ケバブが10ユーロ(約1300円)とか、ありえないっ!
ミランドラ(私の町です)の3倍近くの値段、Maxの実家があるカラブリア州だったら、マルゲリータ4枚は食べられます。まぁ、観光地、例えば、ローマやヴェネツィアなどでも、田舎より、当然高いですが…でも、ケバブに、1000円以上払いたくないな〜。
結局、この日の夕飯は、ロカルノから離れて、価格が変わらない中華にしました…なんか、ホッとする、、、中国人、エライぞ(笑)

反対に感心したことは、車で税関を抜け、スイスに入っていくと、、、
イタリアみたいに道路がボコボコしていないっ!
トイレがキレイっ!!
道路上で、セクシーショップの看板、一回も見なかった(笑)!!

さて、ロカルノというこの名前、社会の授業で聞いたことあるのでは、、、ロカルノ条約です。
あとは、ロカルノ国際映画祭というのも有名ですが、残念、私達が訪れる前日に終了したようでした
195216-2017LagoMaggiore④
冒頭の画像と、構図がほとんど一緒になってしまいましたが、別の時間、別の場所です。。。

最後に、地図で確認しましょう!
ピンク色の丸で、マッジョーレ湖を囲んでみたら、先日の記事の、小さなヴァレーゼ湖も入ってしまっています。
私の住んでいる県モデナも丸で囲んでみました。
2017LagoMaggiore⑤
大きくして、今回のドライブ跡を、、、
2017LagoMaggiore⑥
スイス領、ホントに少しですね、、、もうちょっと、スイスを味わいたかったのですが。。。

次の記事も、何となくスイス紀行です

Varese(ヴァレーゼ)

Ho cominciato le vacanze da Varese.
Ho visitato Santa Maria del Monte.
Si vede il lago di Varese e delle montagne con aria pulita.
Ho dormito ad Orino, c'è un sasso nero vicino al mio albergo.
Questo sasso è un masso erratico!


ぷちヴァカンツェの始まりは

最初の一枚、 ヴァレーゼ湖の方向を指差している、仲の良さそうな母娘、そんな和やかな雰囲気から、、、
CIMG0487-2017S-Maria del Monte①
Varese(ヴァレーゼ)は、ミラノの北55kmにある人口80000人のロンバルディア州(州都ミラノ)の県です。
中心街から30kmほど離れた小高い山の上に、2003年に世界遺産登録されたSacri Monti(サクリ モンティ)の一つがあります。サクリ モンティとは、「聖なる山」を意味し、ロンバルディア州、州都がトリノのピエモンテ州の、9ヶ所に点在しているキリスト教巡礼の地で、16~17世紀にかけて、オスマントルコの脅威の影響で、エルサレム巡礼に行けない信者達の為に、壮大な自然の中に、礼拝堂や聖堂が建てられました。
他の8ヶ所も、山の上で、しかも、簡単にはたどり着けないようなところにあるらしいのですが、ヴァレーゼのこのサクロ モンテ単数形になっています)は、比較的、訪れやすいところに位置しています。
フニクラーレ(ケーブルカー)やバスも市街から出ており、丘の頂上に上がると、そこからの景色は最高で、アルプスの山々、ヴァレーゼ湖ヴァレーゼの町並が一望出来ます。
涼しく、空気も新鮮でした、、、
CIMG0476-2017S-Maria del Monte②
美しい草花があちこちに咲いていて、鬼灯(ほおずき)も、見かけました。

この日は、Orino(オーリノ)という小さな村で、短期滞在型のアパートに宿泊。
家具が木製の物で統一されており、ヒノキのサウナがあり、また冷蔵庫もあり、持参したもので、朝食や翌日のサンドイッチを用意したりと、快適でした。
アルプスから流れる飲水が町の至るところで汲めるのも、良かったです。
↓これは、馬用の飲み水場ですが、、、
CIMG0464-2017Orino①
道の真ん中に、猫様たちも

アパート近くの山道を散策すると、一人で勝手に移動したという、ごっつ大きい黒い岩がドカーンとありました、、、
184858-2017Orino②
神秘的ですね。。。
富士山を、右か左かに移動するにはどうすれば良いか、という質問をなぜか思い出しました(笑)

翌日は、コチラ、、、
CIMG0564-2017ハイジ
また次回の記事にて~

Carta di soggiorno(永久滞在許可証)

Finalmente ho preso la carta di soggiorno ! Senza scadenza !!
Dal matrimonio sono passati già 5 anni.
Però avrei preferito un documento in formato card in plastica, per maggior comodità.
Comunque, sono contentissima!!


Permesso di soggiorno(ペルメッソ ディ ソッジョルノ=滞在許可証)の更新へ行ってみたら

私がした手順と必要なものは(モデナ県ミランドラ市の場合)、、、
・Questura(クゥエストゥーラ=警察署)のCentro Stranieri(チェントロ ストラニエーリ=外国人局)にある申請書
・Permesso di Soggiorno(ペルメッソ ディ ソッジョルノ=滞在許可証)のオリジナル
・Marca da bollo(収入印紙/€16)1枚
・パスポート顔ページのコピー
・Certificato di Matrimonio(結婚証明書)1通←Comune(コムーネ=市庁舎)で入手
・Certificato di Residenza(住民登録証明書/€16,52)1通←コムーネで入手…要らないかも。。。
・証明写真4枚
・結婚相手の身分証明書のコピー


4月3日、3年有効だった滞在許可証が3日後に切れるので外国人局へ申請に行きました。
7月に引っ越すことを伝えると、引越しが終わったら、新しい住所が記載している住民登録証明書を持ってくるようにとのことでした…この時の窓口担当者は、中国人の女性。
なので、この日は、滞在許可証申請中の用紙を受け取って、終わり。
その後すぐ、その申請中の用紙を持って、次は、公立病院行き、有効期限が、滞在許可証と同じ、Tessera Sanitaria(テッセラ サニタリア=健康保険証)も同じく更新。
滞在許可証のオリジナルが無いので、半年分の保険期間を貰いました。
この場では、ピラピラの健康保険証でしたが、2週間後、プラスチック製のカードが郵便で、無事に届きました。

7月22日、ようやく引越しが終了し、コムーネに行き、住所変更をしました。

7月26日、朝8時前、警察官一人が確認(本当に住んでいるかどうか)に来て、身分証明書を提示し、部屋の数や構成など聞いたぐらいで帰っていきました。
いきなり訪問で、緊張しました。会社へ行く前、シャワー浴びているMaxに「警察来たー!!」って大声で言ってしまって(笑)
以前のアパートでは、警察官の方が下の階に住んでいて、ありがたいことに訪問を省いてくれたので、私にとっては、今回が初めてだったのです。

7月27日、市庁舎に行き、新しい住所がもう反映してるかどうか心配でしたが、、、おぉぉ~、仕事速い!警察から、もう書類は届いていて、16,52ユーロを払い、住民登録証明書を発行してもらいました…速いっ!ここは、イタリアか(笑)?

7月28日、そして、住民登録証明書を持って、また外国人局へ…この時は、3年前の滞在許可証の更新をしてくれた優しいお兄さん。
すると、「もうとっくに、準備できてるよ!」と、
「新しい住民登録証明書が欠けていたはずじゃ・・・」って訊くと、
「一応、こちらで保管しとくよ。」
あららら、新しい住民登録証明書は要らなかったみたいで、16、52ユーロ損した気分です。
そして、Carta di soggiorno(カルタ ディ ソッジョルノ=永久滞在許可証) だからね!もし、新しいパスポートに変える時は、またこれも変えなきゃいけないけど、それ以外は、期限なしの滞在許可証だよ!」って。
CIMG0453-2017永久滞在証①
この日貰えると思ってなかったし、そういや3年前の更新の時、次こそ永久滞在許可証と聞いてはいたものの、信じてなくて、ちょっと拍子抜けな感じでつっ立ってました。
お礼を言い、その後、その永久滞在許可証を持って、すぐ病院へ行き、再度、健康保険証の手続きを。
親日のお兄さんで、「日本へ旅行に行くのは、どの月がイイ?ホッカイドーに行きたいんだけど。」とか「今度、いつ日本に帰国するの?」とかお喋りが多かったのですが、まぁ、ちゃちゃっと手続きしてくれ、プラスチック製の健康保険証は、お兄さんが言った通りの、きっちり2週間後(8月10日)に郵便で届きました。
前回、半年分の期限の保険証を手続きした時は、Maxの、所得の何かの書類を持ってくるようにと(何か忘れた。。。)、厚化粧のオバサンに言われていたのですが、今回のお兄さんには何も言われずで、おかげで余計な手間が省けました。

こんな感じ、、、
110820-2017永久滞在証②
[ ①氏名 ②出生場所と出生日 ③国籍 ④性別 ⑤初回申請場所と初回申請日 ⑥期限 ⑦滞在理由 ⑧入国日 ⑨納税番号 ⑩登録番号 ⑪偽造防止を兼ねたマーク ⑫登録番号とバーコード ⑬私の署名 ⑭許可の署名 ]
は、無期限を意味する “ILLIMITATA(イッリミタータ)” です、嬉しいっっ!!
イタリアは、色んな手続きが大変で悪評だけど、うまく行く時は、本当にスムーズに流れることもあるんだな、と見直しました。
でも、担当者によって言うことが変わるのは、やっぱりダメですね。。。くどいけど、16,52ユーロ(2000円ほど)、絶対損してるワ

なので、5月には手に入れていたはずの永久滞在許可証、、、何はともあれ、万歳

それにしても、携帯しにくいペラペラの紙(A4の半分)、プラスチック製のカードを持っている人とどう違うのか、、、滞在の理由で異なるようで、ペラペラ紙の方は、EU市民の配偶者としての滞在証とのこと。。。
私も、できれば、財布に入って携帯しやすいプラスチック製が良かったなと

子どもの時からふけ顔なので、最近はそう変わりないですが、おばあさんになっても、この顔写真じゃちょっとアレなんで(だって36歳の時の(笑))、顔写真を変えたい場合は、簡単にまた発行してくれるようです
まぁ、来年末、パスポート更新しなきゃいけなく、永久滞在許可証の手続きも再度なので、その時、歳相応の証明写真にしようと思います

Mille papaveri rossi(幾千の赤いヒナゲシ)

Ho aggiunto tre quadri di papavero al soggiorno. Queste foto le ho fatte qualche anno fa a Chianti e vicino a casa mia.
Il soggiorno è diventato più carino, ma mio marito dice che basta papavero e basta bucare al muro.
A giugno, ho visto "Mille papaveri rossi" a Mirandola; meraviosi !


部屋が一段と

こちらは、今年の6月、私のランニングコースで見たパパヴェロ畑、、、
190753-2017Mille papaveri rossi①
今回のタイトル、、、「Mille(ミッレ=千、1000)」「Papaveri(パパヴェリ=ヒナゲシの複数形)」「Rossi(ロッシ=赤の複数形)」を意味しています。

引越しして、落ち着いてくると、色々飾りたくなります。
リビングの壁が白で淋しいので、前に上海出身の友達が描いてプレゼントしてくれた水彩画を引き続き飾ろうか、それとももっとインパクトあるポスター絵を買おうか、考えていました。また、せっかく、昨夏に油絵を習ったので、大きな油絵でも描きたいとも思いましたが、油絵の道具揃えるのに、また費用かかるし ここもいずれ引っ越すので(2年以内の予定)、なかなか大きな絵に挑む気にもなりません。
それよりも、Maxから、壁に穴を開けないでと、私が釘を刺されました…やはり、後先、引っ越すことを考えて、余計なことすんなという。。。
そこで、撮って溜まっている多くのパパヴェロの写真からプリントして飾ることにしたのです。それでも、何枚かの候補から選ぶのは、これまた時間がかかりました。
↓これが元の画像で、それぞれ、キャンティのワイン畑での、近所での、そして冒頭のパパヴェロ畑にて、、、
CIMG4474-2017Mille papaveri rossi②
↓一枚4ユーロ、発泡スチロールに張りつけ、両面テープで壁に、、、
CIMG0451-2017Mille papaveri rossi③
Maxには、「また、パパヴェロ?」って、あきれられましたが、部屋を、ミッレ パパヴェリ ロッシにするつもりです(笑)

パパヴェロ畑の場所、、、今は、すっきり刈られてしまいましたが、素晴らしい眺めでした

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!