FC2ブログ

あれから5年(5 anni dopo)

Terremoto in Emilia, 5 anni dopo è ancora emergenza. Qualcuno ha fatto ritorno a Mirandola, ma altri stanno ancora aspettando.
Il 2 aprile, Papa Francesco è arrivato a Mirandola. Davanti a Duomo di Mirandola, il Papa si è rivolto ai fedeli, i mirandolesi erano contenti ed alucni piangevano.
Il Duomo di Mirandola, sarà riparato entro giugno 2019.
Speriamo.


私の住む町ミランドラを含むこの辺りは、2012年、5月20日と5月29日に大きな地震「イタリア北部地震」が起き、大きな被害がありました、、、あれから5年が経ちました

地震の影響で、他の町に仕事を変えた人々が少しずつ戻ってきたり、町内の仮設住宅は、少しずつ撤去されてきているものの、町のDuomo(ドゥオーモ)の復興工事がまだあまり進んでいません。
4月2日の夕方、現ローマ教皇(私達は、パパ・フランチェスコと呼びます)がミランドラを訪れてくれました。
ドゥオーモ前の広場で、パパ・フランチェスコが、犠牲者の追悼と、お互いの心をもっと近くに、あなた達は強いこと、建物も心も復興再建を一日も早く目指すこと、ボランティアへの感謝、
などなどお話ししていました。
CIMG9695-2017dopo5anni①
穏やかに聞いている人、嬉しさいっぱいの人、地震のことを思い出して泣いている人で、沢山の人でした。

私はカトリック教徒ではないですが、不思議な力を持つパパ・フランチェスコをひと目見たいと思ってました。でもドゥオーモ前は、あまりにも混雑していたので諦め、絶対、この道をパパモビル(オープンの送迎車)で通るだろうとという場所で、待つことにしたところ、そこでも多くの人が待ち伏せしていました。大型スクリーンも設置されていて、続けてお話が聞けました。
そして、私達の前を、パパ・フランチェスコが手を振って通り過ぎていきました。
うまく撮れず、、、
CIMG9696-2017dopo5anni②
パパ・フランチェスコの通過後、皆どこかに移動していくので、ついていくと、ヘリコプターの待機場所である隣町の教会広場に辿り着きました。
ヘリコプターから轟音が上がり、強い風が吹き、窓から手を振りながら、ヴァチカンに帰ってゆきました。
CIMG9697-2017dopo5anni③
あー行ってしまったねーと皆が肩を落としていたら、なんと戻ってきて、ヘリコプターでミランドラの空を最後の挨拶をするようにぐるっと迂回し、去っていきました。皆、拍手喝采でした。

さてドゥオーモについては、2019年6月には復興工事を終える予定だと無料新聞で載っていたのですが、そうなることを祈るばかりです。
CIMG9945-2017dopo5anni④
繰り返すようですが、私は信者でもなければ、また祈りに行く訳でないので、ドゥオーモがあろうとなかろうと、関係ないと言えばそうなのですが、町のシンボルの一つであること、この町の人にとって大切な建造物であり、私もまた地震前と地震後のミランドラの町を知っているので、この町に非常に強い想いがあるのです。
もともとスポーツに力を入れていたミランドラの町が活気を取り戻す為に、私に出来る何かを少しずつ計画しているところです、、、2,3年かかる見込みですが。。。

イタリアでも日本でも他国でも、地震の被害でまだまだ大変な思いをしている方々が多いので、自分のことばかりでなく、その場所の再建に力を合わせていきたいものですね。

↓地震関連の過去記事
『Terremoto(テッレモート)』
『5月29日のM5.8地震から2週間が過ぎ』
『その後のミランドラ』
『貴重な一日』
『良いお年を!』
『あれから1年』
『ミランドラと東北(日本)共に再建の道へ』
『あれから2年』
『あれから3年』
『あれから4年』
スポンサーサイト

Campionato Regionale 2017(州別選手権大会)

Ho partecipato alla gara di Campionato Regionale a Modena. Di fioretto femminile, eravamo solo 2 atlete. Abbiamo fatto solo la finale ed ho vinto. Peccato non c'erano tanti partecipanti, ci sono brave fiorettiste in Emilia Romgna.
Ma è importante che ho vinto per la terza volta questa gara.
Il giorno di questa mia gara, c'è stata la premiazione per il nostro Maestro Bruno, congratulazione !


人数どうこうより、連覇が大事でした

先週の日曜は、モデナ開催の州選手権大会があり、2年連続優勝しているので、今年もと思っていました。
女子フルーレ個人は、なんとたったの 2人、、、何かに繋がる試合でなく、ヴァカンツェ前のこの時期は、学校が忙しいこともあるのか、年々、参加人数が減ってきています…去年は5名、一昨年は6名。
女子フルーレは、すぐ決勝の15本勝負で、相手選手は4月の州別イタリア杯で優勝した21歳。 20歳も年違うんかーとため息出ましたが、朝イチの試合もあって、本人も体が起きていないのか、15対6で勝てました
093001 -2017Modena①
ちなみに、男子フルーレ17名、女子サーブルは1名で試合無し、男子サーブル4名で、女子フルーレと同じく少なかったのですが、さすが老若男女に人気のエペ種目は、男子66名に女子37名でした。

とにかく貰える物あらば、嬉しい私ですが、、、
参加賞は、ツナ缶、パルミジャーノ・レッジャーノご賞味サイズ2個、
優勝の副賞は、パルミジャーノ・レッジャーノ、モデナ大聖堂美術館の無料券、バルサミコ酢美術館の招待状、カランコエの花鉢、
141629-2017Modena②
と、こまごま貰え、特にチーズが、そろそろ無くなりかけていたので嬉しかったです…やっぱりイタリア料理、特にエミリア・ロマーニャ州の料理は、このチーズが無いと

この試合の前日、長年の功労を称え、私のクラブのマエストロの表彰式もありました(Foto by FIS Emilia Romagna)、、、
18581724_2275711339320199_6750168452181534241_n-2017Modena③
このマエストロが怖くて、泣いたり、逃げたりした子ども達もいたようですが、この表彰式の日は、多くの教え子さんがかけつけたようです。私は、所要があり行けなかったのですが、先に「おめでとうございます!」と伝えておきました。
去年の10月、心臓の手術をしてから、やせ細ってしまい、手に力が入らないようです。今は、体調の良い時と悪い時が毎日変わり、調子の良い時は、ちびっ子達に教えに来てくれます。フェンシングへの情熱が溢れんばかりで、国際大会、国内大会の結果、またフェンシング関係のニュースをチェックし、色んな話をしてくれます。
何かに情熱がある人って、やはり魅力があり、その人達から学ぶものはいっぱいです。

朝9時に始まり、9時半にはシャワーも浴びて帰り支度という、今までになかった試合でしたが(日本でも)、初めての対戦相手だったこと、とりあえず3連覇できたことは良かったです

Crema di Caffè(クレーマ ディ カッフェ)

Buona! Crema di caffè!!
In Giappone, forse, non si trova facilmente.


んー、うまぁと、うなります

今週は、29℃まで気温が上がりました
そんな時、バールに寄って冷たいカッフェでもと、って、日本で言う、ガムシロップ付きでグラスに氷が入っているアイスコーヒーは見かけず、、、
その代わり、いえ、それ以上に満足できる
Crema di Caffè(クレーマ ディ カッフェ)
が美味しく、イタリア人に人気、特に夏に
エスプレッソと砂糖を長い時間よーく混ぜた、コーヒークリーム(コーヒーシェイク)な訳ですが、クリーミーで、口の中でふわっとして、そのままでも、またホットケーキやブリオッシュなどに添えたりと、万能クリームです。

こちらは、モデナのチェントロの、南イタリアのドルチェも美味しい私の好きなバールにて、、、
153900-2017Crema di Caffè①
手前が、そのクレーマ ディ カッフェ(2,00ユーロ)で、ドルチェは、チョコレートがかかったミッレフォリエ(1,20ユーロ)です。
奥には、シチリア名物カッサータなどが並んでいます。

さらにこちらは、ボローニャ中央駅構内のバールにて、チョコレートソースがかかっていて、これまた美味しかったです。
でも、2,70ユーロとチョット割高、、、黄色のフリージアは、もちろん含まれていません。。。
1508266-2017Crema di Caffè②
どのバールも、かわいい透明グラスに入れて出してくれます。
もう一杯と頼みたいところですが、エスプレッソが元なので、私なんかは、夜寝れなくなってしまいます

ちなみに、2015年には、FIAT500Crema Caffèが限定車で発売され、たまに走っているのを見かけます
index_slide_crema-2017Crema di Caffè③
チョット微妙な色ですね、グレーかかっているようにも見えるし、、、もう少し、モカっぽい色の方が良かったかと思いますが。。。
あっ、クレーマ ディ カッフェも、豆の種類、豆の新しい古いで色合いが変わるようですよ。

家庭でも作れることができ、Maxも、昔よく、手が痛くなるほど混ぜ混ぜしたようです
熱いエスプレッソだとすぐ砂糖が溶けて混ぜやすいですが、冷たいのを作るとなると、かなり時間がかかりそうですね。

イタリアのバールでは、専用の機械で、グルグルずっと混ぜているので、注文するとすぐ出してくれます。
どのバールでも見つけることが出来ると思いますので、夏にイタリアにご旅行の方は是非、クレーマ ディ カッフェで一服を
調べると、日本のスターバックスドトールのメニューには無いようですね。。。

Saturnia(サトゥルニア) ~サトゥルニア露天温泉~

Qualche giono fa, sono andata alle cascate del mulino a Saturnia. L'acqua era tiepida, ma le cascate erano come l'idromassaggio.
Mi sono rilassata molto. Accesso libero a tutti, andateci anche voi!


いい湯だな、ハハハン

日本のガイドブックにも、最近出てくるようになったSaturnia(サトゥルニア)の温泉、有名ホテルのテルメスパ&ゴルフリゾートには、世界中のセレブリティが訪れます。
そのホテルより少し下ったところにある、Le cascate del mulino(レ カスカーテ デル ムリーノ)には、温泉川から滝となって流れこんだ、いくつもの美しい石灰棚の湯船があります。
24時間無料、自然の露天温泉です、、、
CIMG9845-2017Satrunia①

ジャグジーのように腰をマッサージ、一本滝から肩に打たせている人とか、ブッダのマネしながら、修行中の人も見かけたりしました(笑)
Maxも、どっぷり浸かってます
CIMG9814-2017Satrunia③
おっと危ない、ちゃんと手も使って石灰棚を渡らないと、泥で滑ったり、踏み外すこともあります。
おすすめは、上の方、小さな建物(風車小屋)の隣り、一番、滝の流れが強く速く、お湯が熱め、、、画像中、岩と同化してますが、滝の端に私もいます。

目の前は、なだらかな丘、周りも長閑な景色が広がっています。
CIMG9842-2017Satrunia④
このお犬様は常連さんでしょうか?
石灰棚の下も、緩やかな川となってますが、かなりぬるいです。全体的に、寒がりの日本人からしたら温度が低めでしょうが、人肌から39℃位、医学的に適温だと言うことです…日本の温泉は、ちょっと熱すぎ。
上流は熱く、下に行けば行くほど、温度が下がっていくので、自分好みの温度で浸かれます。

今の時期は、年配の方や家族連れでたくさんの人です。でも混雑していても、結構広いので、ゆったりできる場所を見つけられると思います。
私達が行った5月初めの祝日の夕方は、帰っていく人も多かったのですが、まだまだ入浴中の人もいっぱいでした。ちなみにアジア人は、私だけでした。
それから着替える場所はなく、水着着用。他に必要なものは、バスタオルかバスローブ、川岸は石がごろごろしているのでビーチサンダル、防水のカメラもあれば、私よりもっと楽しい写真が撮れるはず。
交通手段は、電車は通ってなく、公共バスがありますが、バスの時間など考えると、それに山の中なので、レンタカーで行くのが一番です。
CIMG9797-2017Satrunia②
冬場は入浴者が少なく、貸切状態になるようですよ。

イタリアも日本同様、火山が多く、各地で温泉が沸いてます。
以前、イスキアの無料天然温泉も紹介していますが(その記事→ 『イスキア島』)、ここもおすすめ
3000年前に発見された、自然の恵み溢れるサトゥルニア温泉、自分で泥パックも出来るので、是非!

雛罌粟なモノ 7

Parlo ai giapponesi di questo vino che ho preso alla gara di Master un mese fa ad Ariccia.
Va bene anche con Sushi e Tempura !


知らないより、知った方が美味しい

先月のマスターの試合で貰った、エチケットがヒナゲシデザインのワインを、ちょっと勉強しました。
モデナ特産ランブルスコ(赤の発砲ワイン)は大好きですが、もともと、ワインには詳しくなく、それほど飲まないので、やはり飲む前には少し知識を
日本ではソーヴィニヨンと呼ばれる、イタリア語読みSauvignon(サウヴィニョン)は、今は世界中栽培されている白ワイン用葡萄品種で、名称は、フランス語のSauvage(ソヴァージュ=野生の)と、Blanc(ブランシュ=白い)に由来すると言います。
サウヴィニョンの葡萄は、明るい緑色の、ワイン用としてはやや大粒の実で、ワインの香りは、ハーブ、熱帯果実など。酸味が強くフレッシュ感があり、当然、魚介類に、また独特の臭みのあるゴルゴンゾーラなどの青かび系、くどいペコリーノにも良いパートナーになるそうです。
ローマが州都のこのラツィオ州産サウヴィニョンのワインは、黄金色で、一口目がマスカットジュースかと思うほどフルーティで美味しい、でも私には少し強いかもと思ってたら、やはりアルコール度数13%でした。
ちらし寿司と、海老の天ぷらと共に頂きました、、、
110152-2017雛罌粟なモノ①
ネットショップで見ると、価格は、5~7,5ユーロと一般的。
ちなみに、私は普通のワイングラスを使いましたが、フルートグラスのFlute(フルテ)を勧めています…フルテは、主にスプマンテで使われる長細め。

イタリアワインの格付けでは、I.G.P.(Indicazione Geografica Protetta)という保護指定地域表示I.G.P.とは、その地域のブドウを85%以上使うことが義務付けられています。
それから、エチケットに書かれているAffreschi(アッフレスキ)という言葉ですが、アッフレスキ自体は、フレスコ画の技法で、ここではワインのシリーズを指します。
また、Pesoli Giulio(ペゾーリ ジュリオ)氏はローマ県の町アリッチャにあるワイン会社の社長です。

すぐ気に入ったエチケットのデザイン、、、麦畑にヒナゲシは、田舎のイタリアの風景そのものですが、このワインの味には、どこかエレガントさも感じます。
飲んだ後のこのボトル、エチケットがはがれないよう透明フィルムを貼り、以前、友達から貰ったヒナゲシデザインの飾り皿の横においてます
110908-2017雛罌粟なモノ②
調べていると、ヒナゲシデザインのエチケットのワイン、色々あるようなので、見かけたら購入したいと思います

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週4回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

プチ月別アーカイブ

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!