Bologna(ボローニャ) 9

Che buon panino! Provatelo, costa 6 euro, ma è molto grande e il prosciuto crudo è buonissimo.
LA PROSCIUTTERIA → Via Guglielmo Oberdan, 19/a, 40125 Bologna


うまっ、でかっ

ボローニャ中央駅前から真っ直ぐ、シンボルの2塔に向かって歩いていると、Prosciutteria(プロシュッテリア)、いわゆる生ハム屋さんが見つかります。
とても気さくで面白いお姉さん達が迎えてくれ、生ハム、モッツァレッラ、トマト、サラダが入ったパニーノをお願いしました。
出来上がると、注文時に聞かれていた名前を呼ばれます、「マキー、出来たわよー!」みたいな、、、
143436-2017Bologna8②
写りは普通のパニーノに見えますが、かなり大きく、2人で食べてもよさそうです。6ユーロと少し高いですが、やわらかい生ハムいっぱいで美味しいっ
3分の1残して、フェンシング教室後の楽しみに取っておきました、ホント、食べ応えあります

天井から、生ハムやサラミなど、ぶら下がっていて、前から入ってみたいと思っていたのです。
143523-2017Bologna8①

そして、2塔を横目に
家を出た時は、曇っていたのですが、晴れてきて、パニーノ食べて、この青い空を見るとやる気が出てきます
145238-2017Bologna8③
2塔は、、、
前にも書きましたが、それぞれ12世紀のもので、高い方がTorre degli Asinelli(アシネッリの塔)で高さ97m、498段あります。低い方のTorre Garisenda(ガリセンダの塔)は高さ48mですが、過去、傾き過ぎて、上の部分削ったという話です。

アットホームなお店で、ワインも美味しく頂ける様なので、ふらっと気軽に立ち寄るのにいいですよ
ボローニャ観光の際に、是非!!

ボローニャ関連記事
『Bologna(ボローニャ) 1』
『Bologna(ボローニャ) 2』
『Bologna(ボローニャ) 3』
『Bologna(ボローニャ) 4』
『Bologna(ボローニャ) 5』
『Bologna(ボローニャ) 6』
『Bologna(ボローニャ) 7』
『Bologna(ボローニャ) 8』
スポンサーサイト

Sesta prova Master 2016-2017(第6回マスター・サーキット戦)

Ho vinto alla gara di sesta prova Master ad Ariccia.
Ho preso un vino bianco con dei papaveri sull'etichetta, sono contenta.
Nello stesso giorno, c'è stata una manifestazione per pre agonisti a Bologna.
Ho sentito dal mio collega che i nostri bimbi hanno tirato bene e si sono divertiti con la coppa.


色々嬉しくなった日曜日

先週の日曜日、ラツィオ州ローマ県はAriccia(アリッチャ)で、第6回マスター戦があり参加してきました。
今回は、強い選手2人とも出ておらず、予選から決勝まで難なく、優勝できました。
121023-2017Ariccia①
マスターの試合も残すとこ、6月の最終戦のみになりました。
今回で、せっかくマスター・ランキング、女子フルーレ総合1位に返り咲いたのですが、私以外の多くの選手は、来月イタリアであるヨーロッパ・マスター選手権に出て、そこでどっさりポイントを取ってくるので、ランキングがまた入れ替わるな、と。。。

参加賞には、マグカップとハリネズミのかわいい綿タオル、、、イタリア語で、ハリネズミは「Riccio(リッチョ)」で、町の名前アリッチャにかけているのだと思います。
CIMG9849-2017Ariccia②
また、1位と2位には、ラツィオ州産で、Sauvignon(サウヴィニヨン)葡萄の白ワインが貰え、大好きなヒナゲシのラベルだったことに、とても嬉しくなりました

同日に、2007/2008年生まれの子ども達のミニ試合が、私が毎週月曜に行くボローニャのクラブであり、モデナで指導している子ども達もよく頑張っていたと聞き、これまた嬉しかったです。
6,7名の総当り戦を2回し、順位は決めず、皆がトロフィを貰えたようです。
18057934_10212370317043935_3478498968446496307_n-2017Bologna.jpg
1回目の総当りは良くても、2回目には疲れが出たり、また逆で、1回目にエンジンかからず、2回目は全勝したりとか、、、この子ども達は、年齢的に、公式戦に出る前という意味のプレ競技選手です。試合を経験する為にも、また楽しく取り組められたようで良い機会でした

春の嵐で、気温がグンと下がった先週でしたが、この日曜には天気が回復し、快晴で、嬉しいことが多かった一日でした

Verona(ヴェローナ) 2

Durante Pasqua, ho visitato Verona, questa era terza volta. Ogni volta sento che una bella città.
Sopratutto il belvedere dalla collina di Castel san Pietro, mi è piaciuto molto.
Ho camminato quasi 10 km.
Questa estate vorrei vedere un'opera all'Arena.


古都トコトコ歩く

4月16日のパスクア(復活祭)には、ヴェネト州はヴェローナ県の県都Verona(ヴェローナ)を訪れました。
2000年11月に世界文化遺産に町全体が登録されていて、またミラノとヴェネツィアの中間に位置していることもあり、イタリアでベスト5に入るほど観光客の多い都市になっています。
そして、アルプス源流の、国内2番目に長い川、アディジェ川がS字に流れる美しい町です。
サンピエトロの丘からの一枚、
CIMG9757-2017Verona①

散策は、Porta Nuova(ポルタ ヌオーヴァ)の門から始め、そこから真っ直ぐ750mほど、
CIMG9699-2017Verona②
大きな時計に、風格のある門、I Portoni della Brà(イ ポルトーニ デッラ ブラ)をくぐり抜けます。

Piazza Brà(ピアッツァ ブラ)
CIMG9706-2017Verona③
名前の通りブラブラと沢山の人が歩いていて、ナッツやドライフルーツ、お菓子を売っているテントが並んでいたり、オープンテラスでワイングラスを片手にお喋りを楽しみ、噴水近くではパニーノにかぶりついている人など、の~んびりしている広場です。

そして、すぐ、ドカーンとArena di Verona(アレーナ ディ ヴェローナ)が姿を現します。
CIMG9712-2017Verona④
立派な市庁舎から撮った一枚です。
紀元前1世紀に造られたこの古代ローマの円形競技場は、収容人数20000人ほど、また保存面では世界一だそうです。大きさは、ローマのコロッセオ、ナポリの円形劇場に次いで、国内3番目。
夏は、ほぼ毎日、日替わりでオペラが上演され、チケットも、後部の自由席だと22ユーロからと手ごろなので、次回、“アイーダ”とか“リゴレット”を観にオペラデビューしに訪れたいと思ってます…まずは、内容を勉強しておかないと。。。

外側に、舞台道具なんかも無造作に置かれていた、直径152mのアレーナをぐるっとし、
CIMG9707-2017Verona⑤
ヴェローナのブランド通りVia Mazzini(ヴィア マッツィーニ)を通ります。

Casa di Giulietta(カーザ ディ ジュリエッタ)へ、
CIMG9722-2017Verona⑥
『ロメオとジュリエッタ』、、、シェークスピアのこの有名な戯曲は、14世紀この地で実際にあった話を基に作られたと言われています。ジュリエッタのモデルとなったと言われるカプレーティ家の娘が住んでいたこの邸宅にあるジュリエッタ像、、、この日は、押されて押してのごった返しで、さらっとお胸を触っただけにしました。
以前、平日に来た時は、一人ひとり順番に撮れたのに。。。

ロメオの邸宅は、ほとんど人気無いのに、ジュリエッタの方はものすごいです。
先ほど、話の舞台は、このヴェローナと書きましたが、
実はヴィチェンツァの町という話もあったり、
シェークスピアヴェローナを訪れたことがないとか、
観光名所の一つジュリエッタの墓には誰が眠っているの?という疑問もあったり、
ということを耳にしていても、やはり皆が観ているモノは観たくなります(笑)

さて、ジュリエッタの家から170mほどPiazza delle Erbe(ピアッツァ デッレ エルベ)へ、
古代ローマ時代から存在したというこの広場には、沢山のバールや、野菜や果物、お土産などのお買い物をする人々でいっぱい、2000年前も、このような活気だったのでしょうか。
また、画像はイマイチですが、フレスコ画が一面にある建物がこれまた味があります。
CIMG9772-2017Verona⑦
エルベ広場で目立つのがこの塔、Torre dei Lamberti(トッレ デイ ランベルティ)
登るのに長い列があったので、諦めました。
塔の裏側を通り抜け、ロメオの邸宅もさらっと通り過ぎ、550m進むと、
Cattedrale Santa Maria Matricolare(カッテドラーレ サンタ マリア マトリコラーレ)、いわゆるヴェローナDuomo(ドゥオーモ)です。
CIMG9740-2017Verona⑧
なかなか派手な造りです。

教会の裏から350mほど、この町で一番古く、ローマ時代からある石橋、Ponte Pietra(ポンテ ピエトラ)を渡り、目指すは、細長い木がたくさん立っているところ、
CIMG9746-2017Verona⑨
300mほど階段道を登っていきます。
ヴェローナの町内至る所で、フレスコ画の一部が観れたりします。

そして、今回の目的地、冒頭の画像もそうですが、La collina di Castel san Pietro(サンピエトロの丘)から、
CIMG9753-2017Verona⑩
アディジェ川に囲まれた、レンガ色の瓦屋根や、渡ったばかりのピエトラ橋に、先ほどのドゥオーモの鐘楼など、一望できました。

ベルヴェデーレ(ナイスビュー)を堪能しながら、リンゴをナイフで剥いて食べ、一休みした後、ツツジなど色んな花を観ながら丘を下っていきました。
CIMG9764-2017Verona⑪
1,2kmほど歩いた先、Giardino Giusti(ジャルディーノ ジュスティ)に到着。
その立派な庭園を観たかったのですが、花はそれほどないということと、回るのに1時間以上かかるとのことで、入り口で引き返しました。

1,3kmくらい、また町に戻るように歩き、マチェドニアが美味しそうだったエルベ広場を通り抜け、
CIMG9725-2017Verona⑫
Porta Borsari(ポルタ ボルサーリ)をくぐりました。

600mほど進み、14世紀のスカラ家の居城Castelvecchio(カステルヴェッキオ)が右手に現れます。
現在は、市立の美術館になっている荘厳なレンガ造りの城で、対岸へ渡るPonte Scaligero(スカリジェロ橋)がこれまた美しいです。
画像は、橋を渡って、下から撮ってみたところ、
CIMG9781-2017Verona⑬
Ponte di Castelvecchio(ポンテ ディ カステルヴェッキオ)とも呼ばれています。

画像が大変多くなりました
撮った枚数はもっとで、一枚一枚載せたいのですが、この辺で。。。
スカリジェロ橋をまた渡って、帰路に、
CIMG9791-2017Verona⑭
暑かったので、ジェラートを、、、イチゴ味と、上は、Bonèt(ボネッ)味です。
このフランス語のボネッは、、ピエモンテ州で有名な濃厚ココアプリンのことです。
むちゃくちゃ美味しかった~

かなり歩きました、駐車したのが駅近くで、往復約10kmほどトコトコ歩いたのです
アレーナと、ジュリエッタの家だけでない古都ヴェローナ、、、日本のツアーだと、この二つのスポットを観て、数時間でさらりとお終いが多いでしょうが(私の、2005年で行ったツアーがそうだった)、実は見所が広い範囲であり、一日はかかります。
一緒に、散策した気分になっていただけたでしょうか? 私のオススメは、サンピエトロの丘で町を眺めてゆったりすることですので、是非

過去記事
『Verona(ヴェローナ) 1~前半編~』
『Verona(ヴェローナ) 1~後半編~』

Coppa Italia Regionale(イタリアカップ州別大会) 2017

Lo scorso weekend, cè stata una gara di Coppa Italia Reggionale a Modena. Sono andata a guardarla perchè mi ero già quarificata. Meno male pechè quest'anno sembrava più difficile del solito.
I nostri 3 fiorettisti si sono qualificati per la Coppa Italia Nazionale. Sono stati bravissimi !


予選免除で助かったけども

先週の土日は、モデナ(私が指導に行っているパレストラ)で、イタリアカップ州別予選がありました。
通過者は、5月初旬にあるイタリアカップに出れ、その試合でベスト16に入ると、イタリアで一番大きな試合、6月のイタリア選手権の出場権利をもらえます。

男子フルーレでは、20名参加の中、8名通過で、同じクラブからは3名(8名出場)が通過しました。
月2回一緒に練習するファブリツィオ(49歳)が3位に入ったことが、嬉しかったです(画像中、白髪頭の)。
また、7位通過した黄色バンダナで本職エペのフランチェスコ(35歳)も、もう一人(19歳)通過したけど、撮るの忘れちゃった、、、
20170408-2017Coppa ITA R①
惜しくも通過できなかったクラブの子ども達、
195500-2017Coppa ITA R②

女子フルーレは、14~51歳の8名の参加で、その3割(3位まで)が通過、
私は、すでに他の大会で、イタリアカップの出場権利をもらっているので、今年は出る必要なく、応援のみで、ちびっ子の練習も計画したので、練習前に、ちびっ子達にも観戦させたりと。
若干、レベルが高く思え、心の底から、助かったーと思いました。お隣の県フェッラーラの若手2人がなかなか良く、結果、そのうちの一人がリポストが非常に上手く、優勝したからです
17861976-2017Coppa ITA R③
ホント良かったー、この予選を免れて。。。
ちなみに、3位に入った女性は、今、毎週月曜にお世話になっているボローニャのクラブのマエストラで、レッスンの取り方などビシバシ指導してもらっています。51歳ですが、まだまだ現役で強いです。

他種目、、、
男子エペは、39名通過(116名中)、同じクラブからは7名(23名出場)通過、
男子サーブルは、10名通過(28名中)、同じクラブからは通過者(1名出場)無し、、
女子エペは、18名通過(59名中)、同じクラブからは5名(9名出場)通過、
女子サーブルは、8名通過(21名中)、同じクラブからは出場者なし、
てな感じでした。

夜は、久々に会った友達ヴィクトリアと彼女の娘ちゃん2人とでピッツァを、、、
195502-2017Coppa ITA R④
2年前、別のクラブに行ってしまったヴィクトリアは、今年はあまり試合に出ていないのが、ちょっと淋しいです

今回は、非常に気が楽でしたが、女子の決勝を観て、また、前日に、ブルガリアで行われていた世界ジュニアの女子フルーレ個人で、日本人初の優勝という、ビッグニュースを知り、子ども達の、また自分の試合に向けて気持ちがかなり引き締まりました…予選を免れたとか思わず、皆に勝とうとしないといけませんね
準優勝のイタリアのロッシーニ選手も、非常に強い選手ですが、菊池選手、本当に素晴らしいです。(Foto by FB FIS)
17759776_10156352983523018_2248717142642961839_n-2017Mondiali Giovani
日本フェンシング協会の皆様、おめでとうございます

さぁ、シーズン終わりまで2ヶ月切りました、突っ走りましょう

ポピーシードを使って 21

Il 7 aprile è stato il nostro 5°anniversario di matrimonio. In Giappone, il 5° anniversario si chiama Nozze di Legno, significa che una coppia diventata forte come un albero.
Ho preparato un tronchetto dolce che sembrava fatto di legno.
Mi sono sposata con Max, veramente sono felice, ma lui dimentica sempre tutte le date...


結婚記念日には

4月3日は、2011年に日本で神前式をした6周年記念日、
4月7日は、2012年にイタリアで正式に結婚した5周年記念日、
で、それぞれ平日で仕事もあったので、前回アップしたキオッジャで夕食、4月7日当日は、5枚重ねのラザーニャで簡単にお祝いしました

日本では、結婚して5年目の結婚記念日は、木婚式(もくこんしき)と呼ばれ、
“一本の木のように夫婦らしくなった、一体となった”
という意味が込められているようです。
何でも、5年以内で離婚時期の60%に値する、という統計があるそうで、5年も過ぎれば、とりあえず、ひと安心ということですね。
お祝いのプレゼントには、箸やフォトフレームなどの、やはり木製の物や観葉植物を贈るのが一般的なようです。
記念日をすっきり忘れるMaxからも、花鉢を貰いました…花束よりも、鉢の方が好きなの知っているので

ラザーニャの他に、木を模したロールケーキも準備しました…まぁ、クリスマスによく食べられるビュッシュ・ド・ノエルっていうやつです、、、
140545-20175周年①
生地には、ポピーシードを混ぜ込み、レモン風味にして、そしてチョコクリームを巻いて、チョコでコーティング、フォークで木の模様を。
葉っぱの形をしたクッキーも焼きましたが、上に差してあるの、上下反対になってますが。。。
このウエルカムラビットは、キットで作ったもので、両方の結婚式で役に立ちました。今は、埃がかぶるので、4月中だけ、見えるところに飾っています

ちなみに、1周年から15周年まで、毎年お祝いするように、○○婚って呼び名があるようです…8周年のゴム婚式って、ゴムのように伸びきってしまっている(マンネリ化?)意味でしょうか(笑)?
・紙婚式 (1周年)
・綿婚式 (2周年)
・革婚式 (3周年)
・花婚式 (4周年)
・木婚式 (5周年)
・鉄婚式 (6周年)
・銅婚式 (7周年)
・ゴム婚式 (8周年)
・陶器婚式 (9周年)
・アルミ婚式 (10周年)
・鋼鉄婚式 (11周年)
・絹婚式 (12周年)
・レース婚式 (13周年)
・象牙婚式 (14周年)
・水晶婚式 (15周年)

その後は、、、
・磁器婚式 (20周年)
・銀婚式 (25周年)
・真珠婚式 (30周年)
・珊瑚婚式 (35周年)
・ルビー婚式 (40周年)
・サファイア婚式 (45周年)
・金婚式 (50周年)
・エメラルド婚式 (55周年)
・ダイヤモンド婚式 (60周年)
ほとんど同じですが、イタリアでも、あるようです。
こちらへ → Anniversari di matrimonio

結婚記念日には、やはり結婚した時のことを思い出します。
日本での神前式では、身内だけでしましたが、フェンシングの恩師夫妻も来てくれたこととか、
3 aprile 2011
IMGP0103-20175周年②

イタリアの式では、私の両親他におじおばも来てくれ、その式後、ヴェネツィアやフィレンツェへ一緒に観光したこととか、いっぱいの思い出があります。
7 aprile 2012
DSCN0131-20175周年③
せっかちで、計画した通りに進みたかった私は、もっと楽しんでもらえるように、また大切にゆっくりと、私達と一緒に過ごしてもらいたかったと、それが今でも反省です。
結婚記念日は、そういったことや感謝を思い出すのにも大切な日ですね

さて、もうしばらく、私との結婚生活を我慢してもらいましょうか(笑)

過去記事の『ポピーシードを使って 1~20』では、、、
レモンマドレーヌ / リンゴのパウンドケーキ / カレー風味の煮っ転がし / あんパン / ポピーシードロール / 洋梨チーズケーキ / コロッケ / マロンケーキ / シュピーゲル / チーズスティック / クロスタータ / スコーン / ミッレフォーリエ / プリンケーキ / ベーグル / クロストーリ / チャンベッラ / 蒸しパン /  南瓜とサルシッチャのリゾット /  タリアテッレ
で~す

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!