イタリアのバールにて 5

Prima di andare in palestra a Modena, ho preso un cappuccino.
Disolito non lo prendo spesso perchè è un pò pesante per lo stomaco, ma in questo di inverno, ha riscaldato il mio corpo e il mio cuore.
Una volta ho preso un cappuccino allla piazza Grande, Bar Degustazione Cagliari, un barista non sapeva disegnare e mi ha detto che questa bar fa qualche disegno solo mattina. Penso che un barista debba avere questa capacità !
Poi un altro giorno, ho preso un cappuccino ad un bar molto viccino a piazza Grande, Caffe' dell'Orologio. La barista ha fatto un disegno molto carino; sono contenta!


豊かな気分に

カッフェの香りを嗅ぐだけで、心と体が解きほぐされ、仕事前などでは「さぁやるぞ!」と気合いが入ります。
昔から大好きでよく飲み、毎日働いていた時は一日4,5回は飲んでいました。
と言っても、今でこそイタリアに住むようになって、エスプレッソを飲む頻度が多くなりましたが、昔は、インスタントやドリップ式で、砂糖やミルク多めの健康に悪い飲み方。それでも、毎日のように、仕事後、フェンシングの練習に通っていたので、何とか、カロリー消費ができていたのだと思います。
活動量が減った今、昔のように、甘~いカッフェ生活を続けていたら、どんな病気になるやら。。。

さて今回は、日本人にも昔から人気、
Cappuccino(カップチーノ)…本来の発音は、カップッチーノ
153512-2016Cappuccino.jpg
私は、寒いこの冬の時期しか飲みませんが、ふわふわと柔らかなフォームドミルクは、何だか幸せな気分にしてくれます。
今さら説明するのもアレですが、元々ここイタリア発で、エスプレッソにミルクを足したものを言い、1ショットのエスプレッソに対し、3分の1の量のスチームドミルクと、同じく3分の1の量のフォームドミルクを使用…そのお店によって差異があるようですが。 そして、そのフォームドミルクは、カッフェの風味を閉じ込める蓋の役割りがあるのです。
言葉の由来は、カトリック教会の一派であるカプチン会の修道士のことを指し、彼らが着ていたフードの付いた茶色の修道服「Cappuccio(カップッチョ=頭巾、フード)」にちなむとされています。

ちなみに、イタリアのフェンシング解説本には、試合当日の朝、午前の試合開始の場合、ミルク量が多いカップチーノは控えるべきと記されています…胃が重くなるから。
だけど、、、選手本人が、リラックスして試合に臨めるのであれば、カップチーノであろうとコーラーなど炭酸であろうと、何でも良いような気がします…人によって、リラックス方法は色々ですから。
ただ、あの強い選手がそうしているから、と思ってマネするのはダメですね、胃もそれぞれ違うんでしょうから。。。
カップチーノ1杯当たりのカロリーは、約110Kcalで、糖質が6g、、、カロリーを下げたい場合は、無脂肪の牛乳を用いると良いです。

上の写真は、モデナのチェントロのバールにて、、、モデナのフェンシング教室に向かう前で、子ども達相手にハイテンションでいくために…まぁ、エスプレッソの方が気持ちがピリッと切り替えれるのですが
チョコソースでツリーを描いてくれ、小さなアマレット(マカロンのようなアーモンド菓子)、そして、パンナ(生クリーム)が付いて、1,5ユーロ(200円もしない)。このバールは、世界遺産のグランデ広場からメインストリートに出る前、Caffe' dell'Orologioというバール、バリスタが親切です。
バリスタが皆、ラテアートできるかと言えばそうでもなく、他のバールで訊いてみたら(しかもグランデ広場に面している)、「あー、僕は描けないけど、すごく美味しいカップチーノは淹れることはできるよ!」と言うもんだから、注文したら、普通のカップチーノで、ちょっとミルク配分が多いかなと、やはり胃が重くなりました。
彼はラテアートできないけど、このバールに午前中勤務するバリスタは得意だそうです。グランデ広場で、ドゥオーモを眺めながら、一息つきたい方は、午前中に!Bar Degustazione Cagliariというバールで、お土産用の、バルサミコ酢やチョコレートなどは品揃え良く、バルサミコ酢は味見できます。

モデナも少しずつナターレの準備、、、
ポルティコ(回廊)の天井は、Modenaの「M」で飾られています
154321-2016モデナ
結論、、、日本のバリスタの方が、ラテアート、レベル高し

関連記事『イタリアのバールにて 1~4』
『Caffè d'orzo』
『Pan di Zenzero』
『Caffè al Ginseng』
『Caffè corretto』
スポンサーサイト

Aceto Balsamico(バルサミコ酢)

Consiglio ai giapponesi come usare l'aceto balsamico.
A me piace molto il sugo di carne al balsamico.

モデナ特産

ここモデナ地方で、11世紀から作られている伝統的な醸造酢、
Aceto di Balsamico(アチェート・バルサミコ)
はご存知だと思います…イタリア語で、「Aceto=酢」「Balsamico=芳香がある」という意味。
↓モデナのチェントロのあるお店前、と、催しがあった時の↓
CIMG0930-2016バルサミコ酢①
バルサミコ酢は、ワインとブドウ果汁の濃縮したものを樽で、長期に渡り熟成されて作られます。
さらに、使用される樽の木は、栗、桑、樫、トネリコ、桜の順に毎年移し替えられ作られるというので、手間がとってもかかります…画像にも、小さな樽が並んでます。
熟成年数は、2~5年、6~10年、12年以上の3つに分類され、それぞれの製法により格付け、分類され、
Aceto balsamico tradizionale(アチェート・バルサミコ・トラディツィオナーレ)は、最低12年の熟成が必要とされ、原料のブドウの種類、その他細かな製法が法律で定められているバルサミコ酢です。
エミリア・ロマーニャ州のここモデナ、またはお隣の県レッジョ・エミリアで作られた12年物と25年物の2種類のみの、トラディツィオナーレだけがDOPの指定を受けることができます…DOPとは、イタリアの厳しい食の法律。
モデナ産トラディツィオナーレの中でも、25年以上の熟成を経たものは「Stravecchio(ストラヴェッキオ)=たいへん古い)」と呼ばれ、珍重されています。
ストラヴェッキオの中には、50年や100年などの長期熟成を経たものもあったり。

日本では、黒酢が健康効果の高いイメージですが、なんとバルサミコ酢のポリフェノールは、黒酢の3倍以上というから驚き
香り高い風味と甘み、、、オリーブオイルと合わせドレッシングにするのはもちろん、イタリアでは、チーズ、ピッツァ、果物、ジェラートにトッピングして食べられています。
CIMG2601-2016バルサミコ酢②
チーズやピッツァ、ジェラートには、熟成期間の長い、ドロドロのバルサミコ酢がおすすめですが、、、
もし、安くて、サラサラしたバルサミコ酢が手元にあったら、上の画像のように、お肉の絶品ソースに早変わり。
バルサミコ酢、バター、蜂蜜(お好みで)を煮詰めるだけでとっても簡単、、、私は、味見のつもりでどんどんスプーンですくっては舐めてしまうので、もう一度、後からソースを作り直したり、、、それくらい美味しいんです
Maxの会社すぐ近くにバルサミコ酢の工場があり、毎年、ナターレのプレゼントの一つに必ず入ってます…サラサラの安いのですが。。。
この絶品ソース、もちろん魚にも合いますよ
実家の母には、毎回帰国の時にバルサミコ酢を買っていくのですが、母が言うには、酢豚などにも入れると、味がとてもまろやかにになるそうです。

是非、絶品ソースをお試しくださいませ!!!
CIMG9624-2016バルサミコ酢③

Il compleanno di suocero(義父の誕生日)

Qualche giorno fa, ho preparato dei piatti cinesi per festeggiare il compleanno di mio suocero.
I suoceri non mangiano spesso cibi stranieri.
Sono contenta che abbiano asseggiato tutto, sopratutto a loro sono piaciuti i gamberoni in salsa chili piccante.
La prossima volta, che cosa gli preparerò? Francese? Africano?


予想以上にウケが良かったです

先日、南イタリアから来ている義父の誕生日お祝いの為、私達のアパートへランチに呼びました。
点心から始め、卵スープ(木クラゲ、カニカマ、ハヤトウリ入り)、エビチリ、麻婆豆腐、焼きそば、棒々鶏、そしてドルチェに、レモンとポピーシードの蒸しパン、、、今回は、新しいレシピに挑戦しようとする意欲があまりなかったので、固く確実の献立に。
CIMG8943-2016義父の誕生日
木クラゲ、ハヤトウリ、豆腐、チンゲン菜、棒々鶏のゴマだれ、などなど、どれもこれも義両親にとっては初めてのもので、普段、イタリア料理以外は全く食べないのに、全部、味見してくれ、特にエビチリは大好評で、それにゴマだれの味を気に入ったことは、ホントに予想外でした
ワインは、サルデーニャ産の辛口の白にしましたが、中華メニューにも合うのか、皆、ペースが速かったです 
人気なかったのは、梅酒の食前酒、、、やはり甘いのか、2杯目はなく。。。
和食の献立も考えてたのですが、義父が砂糖や炭水化物の摂取を控えるよう主治医から言われているので、砂糖を使う和食はやめました。もちろん中華にも砂糖を使うレシピがあるのですが、砂糖抜きで全て作りました。
ずっと調理していた私は、すっかり全体写真を取り忘れてしまったのが残念で。。。

さて、、、
ここ2,3年、この時期とパスクア(イースター)のある春に、義両親ははるばる南から来ては、息子達がいるここエミリア・ロマーニャ州に家を買おうと下見を兼ねていて、今年の3月に、建築計画段階の目ぼしい物件が見つかり、まだ購入には至ってないですが、その物件のことでかなり盛り上がってました。数日前にブログに書いたように、私達も家を探しているので参考になります。
不意に、「“Iroko”って、これニホンゴ?」と義父が、、、私も初めて耳にしました…イタリア語では「H(アッカ)」は発音しないので、どうせ「Hiroko(ヒロコ)」と言う名の建築家かと思ってたら、
漢字で、色粉って書いており、日本の木のフローリングのことで、義両親は興味深々でした。

穏やかな一日でした
次は、どこの国の料理でもてなそうか考え中です…フランス?アフリカ?

ハヤトウリ(Lingua di lupo?)

Il chayote (Sechium edule o Zucca supinosa) è una specie della famiglie delle Cucurbitacee, originaria del Sud America e coltivata nei paesi dell'area costiera del continente e nelle isole.
È conosciuto anche in Italia, dove è chiamato zucca centenaria, zucchina spinosa, patata spinosa, melanzana spinosa, lingua di lupo.
Ci sono tantissime ricette della cucina tradizionale, della cucina naturale e rivisitazioni che possono smentire ogni tipo di pregiudizio riguardo al suo sapore delicato.


イタリアのお宅の庭でも、たま~に見かけます

先日、上海出身の友達の家庭菜園から、この野菜を貰いました↓「トゲがあるから気をつけて!!」とアンナちゃん、、、
CIMG0481-2016ハヤトウリ①
中国原産かなと思ってたら、、、メキシコ南部から南米北部にかけての熱帯アメリカが原産とされるウリ科の実だそうです。
アメリカでは、Chayote(チャヨーテ)
フランスでは、Christophene(クリストフィーネ)
では、イタリアでは、Sechium edule(セキウム エドゥレ)、もしくは、トゲのある南瓜トゲのあるズッキーニトゲのある茄子トゲのある芋アメリカの茄子など呼び名が豊富、葉っぱは南瓜のによく似ています。
呼び名で特に興味深いのが、Lingua di lupo(リングア ディ ルーポ=狼の舌)と、例えが面白いです
日本では、1917(大正6)年鹿児島で初めて栽培されたので、薩摩隼人が名前の由来でハヤトウリ、また沢山実が成るので、千成瓜(センナリウリ)とも呼ばれています。
私は、ここイタリアで、あるお宅のお庭の柵にぶらんと生っているのを見かけたのが初めてで、後日、アジアンマーケットで売られているのを見つけ、名前を訊くと、中国人のお姉さんがメモに佛手瓜と書いてくれました。調べると、蔓になる様子が仏陀の手のようだからで、もっとはっきり手のように見える種類もあるし、トゲももっと多いのもあります…ちなみに、中国では、縁起物として贈り物に使われたりするようです

まずは、豚汁に、そして、金平にしてみました…ほっこり和食、、、
CIMG0480-2016ハヤトウリ②
イタリアでは、どのように食べるのか調べると、揚げ物と、そして、器にしてグラタン風レシピがありました。
天ぷらのように揚げ物にすると、甘くて美味しいです。
グラタン風のは、くりぬいた中身を角切りにし、オリーヴオイルと塩こしょうで炒め、その炒めたのと、チーズ、パン粉を詰めるだけ、そこに生ハムもトッピングしました。生ハムがカリッと、そして塩味がハヤトウリに染み込み、ごっつ美味しいので、おすすめです

栄養は全面的に豊富で、食欲増進効果、整腸作用、利尿作用、血圧降下作用、また、子どもの知力を高めると期待される亜鉛も。
外用として、火傷を癒し、傷口の癒着を助ける成分が含まれているようで、確かに皮をむいた時、アロエのような粘りが少しあります。

イタリアのスーパーで売っているのは見かけず、見た目これまた地味ですが、ご近所さんの庭先にぶらんぶらん生っているのを見つけると、このぷっくりむっくり風貌にもほっこりします

家買うオンナ 1

Stiamo cercando una casa antisismica.
Il mio sogno sarebbe abitare in una casa di legno come chalet(loghouse), qui in Italia non è facile trovarne e costruirne uno è costoso .
Ci vuole tempo per trovare la giusta casa!


まだまだ時間のかかることなんですが

来年の6月頃には、今住んでいるアパートを出て行かなきゃいけないので、やっと重い腰を上げ、Maxが動き出しました…アパートのオーナーが売りに出したので、私達は今の部屋を買うか出ていくしかなく、買うのには、将来的に狭いと思って。。。

日本とあまり変わりませんが、イタリアで、物件を探すには、町中にある無料情報の冊子または新聞などの他に、、、
①手っ取り早く、不動産に行く
やはり不動産に売値(3%くらい)を持って行かれますが、面倒なことはやってくれます。
②建築家に直接相談(建築家のHPを先に見ておく)
もし建てる前の物件なら、少し安くなります。
③住みたい町で、散策して、VENDESI(ヴェンデシ=売り家)の札を見つける
不動産が札を出している場合と、直接家主が売っている場合があります。
154745家探し
④裁判所の不動産競売物件を見る
こちらは、随分と安く購入できます。

上海の友達の旦那様が、弁護士なので、相談すると、の案がお買い得でオススメとのことで、確かにHPで物件検索すると、魅力的なのがいっぱい出てきましたが、、、
日本でも裁判所の不動産は、厄介で、初心者は絶対手を出すべきでないと言います。
どういった物件が、裁判所管理になっているのか、私は色々と悪く想像してしまいます。
例えば、未解決殺人事件の現場とか、幽霊出るとか
そんなことをMaxに言うと笑われ、イタリアでは、ローン滞納者がほとんどだそうです。
じゃあ、もし私達が、そういったローン滞納者を追い出し、その家を買うことになったら、、、逆恨みで、「それこそ未解決殺人事件とかになりそうー!!」って言うと、逆恨みは「あるかもねー。」と。。。
ということで、は確かにお得なのですが、手を出さないようにしました…まぁ、ローン滞納の理由が全てでないので、たまに、HPを覗いたりもしてますが。

ちなみに、私の夢は、ログハウスみたいな木の家に住みたいです
ログハウスを建てるのは、イタリアでも可能ではありますが、町中ではあまり見かけません。
それに、その為には当然ですが土地を買わなくていけません。
土地の大きさによって、建物の最低限の大きさも法律で決まっているようです。それだけでなく、ガスや電気の工事依頼なんかも全て自分達でやらなきゃいけなくなってきます、面倒です…日本みたいに、要領の良い国じゃないだけに。
↓こんなイメージ(Foto by Google)↓
例Loghouse
イタリアでは、築何百年の家が多く、その上海の友達のお宅は軽く築100年です。
そういった家は、エレガントな内装が多く、その友達夫婦はアンティークが好きなので問題ないですが(ソファなんて、フランス製の200万也!)、私達は、IKEAの中に住みたいくらい、快適で無駄が少なく便利な家が好きなのです…ログハウスで、IKEA調なら最高!
ちなみに、日本のようにフローリング張りも近頃増えてきて、先ほども、木の家に住みたいと書いては見ましたが、、、
実際、石の床で生活してみると、ワインがこぼれたりして汚れても染みにならないし、掃除が楽ということが分かりました。それに、フローリングだと傷が出来るけど、石は丈夫!私がお皿を落とそうと、包丁落とそうと、頑丈!!
そして夏が、ひんやり涼しい!

週一でフェンシング指導に行く隣町メドッラは、小さな町なので少し物件は安めですが、スーパーが少ないという、、、でも、エミリア・ロマーニャ州で、一番ゴミの分別が出来ているというニュースを最近見て、素晴らしいとは思いました。
今住んでいるミランドラは、中型スーパーが3件と、安い物が多いミニスーパーが3,4件あり、その上、アジアンマーケットが3件、、、助かります、スーパーが近いのは大事で、バス停の場所なんかも。
それから、一戸建ては今は考えてなく、今もそうですが、アッパルタメントと言う要するにアパートタイプを希望、もちろん耐震性…日本同様、地震が多いですから。
それを友達の旦那様にまた言うと、絶対嫌みたいで、やはり仕事で弁護するのは、そういった隣人トラブルも多いからだそうです。
確かに、今住んでいるアパートの上の部屋の人は、ヒールの靴かコツコツうるさいこともあるし、隣の家族は、ドアの開け閉めが激しく、ただでさえ2012年に起きた地震の影響でダメージ受けているアパートなのに、もしヒビがあったらもっと広がるんじゃないかと思うくらい、バンッと閉めてくれます。
でも、みんな優しい人達だし、今のアッパルタメントだと、泥棒が入りにくそうな構造だから安心しています。
たまに、Maxも他国の出張があるので、一戸建てだと淋しいしで。

色々書きましたが、、、
結局は決められず(Maxが)、次も、また借りることになるかも知れませんが、物件を見るのも楽しいです

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!