誕生日のお祝いと注意喚起

Ho festeggiato per il compleanno di mio marito. Ho preparato una torta di formaggio con la marmellata. Ho dato un Kimono estivo da mia madre. Poi abbiamo mangiato le pizze!
Tanti auguri amore mio!!

普通のことを普通に

先日、Maxの誕生日お祝いをしました
仕事のある平日だったので、ランチは軽めにし、夜は、近くのピッツェリアで注文し、家でいただきました…テレビを観ながら、家飲みが好きなので
食後には、前日に焼いておいたオレンジジャム入りチーズケーキ、、、
CIMG0942-2016誕生日
プレゼントは、甚平です(笑)
帰国した時、母が誕生日にと買ってくれたもので、紺色が好きなので、とっても気に入ってました
もともと、クリーム色の甚平を持っていたのですが、着過ぎで、パンツの真ん中に穴が開き、それでも履き続け、ある朝、起きてきたMaxの後ろ姿を見ると、穴からお尻の割れ目が見えていて、爆笑してしまい、これは新しいの買わないと、と思ったのでした
冬でも、甚平が好きなMaxも、もう46歳、、、物欲があまりないので、楽です(笑)

Maxは、よく仕事で世界を飛び回ることもあり、この情勢で、毎回心配です。
最近、「フランスやドイツは、頻繁にテロ関連事件が増えてきたけど、なぜイタリアは大丈夫なの?」とMaxに聞いてみたところ、「イタリア政府は、難民や移民を追い出したりせず、わりと優しく対応してるからか、それかまだ幸運なだけかも。」と、話していた矢先、
お隣の県レッジョ・エミリアで、モロッコ出身のイマーム(イスラム指導者)がイタリアから追放宣言を受けたというニュースが!
追放の理由は、自宅のガレージをモスク代わりにお祈りする場所にしたり、息子はジハード(戦闘員)など、危険人物となされたからです。
その翌日のニュースでは、別の地域で、教会内の十字架を倒し、叫んだりという奇行を犯した2人のイスラム教徒が追放になりました。
追放され、自国に帰ったこういう人達が、逆恨みでテロリストにならなきゃいいけどと祈るばかりで、テロが一段と身近に感じたこの頃です。
それに、3ヶ月前のことですが、
私の町ミランドラでは、モロッコ人が経営するミニスーパーの窓が割られ、「自分の国へ帰れ、テロリスト!」という内容の落書きと何か燃やされた跡が見つかりました。その後、そのスーパーは「私達はテロリストではありません。安全なミランドラの住民です。」と張り紙をして、今も静かに営んでいますが、そんな逆撫でするような行動も酷いと。
FBなどで、日本人の旅行者に注意喚起で書きたいところだけど、日本語でブログに留めておきます。
どうぞイタリアへご旅行予定の皆さま、イタリアも決して安全ではないようですので。

ピッツァやトルタを頬張り、誕生会をしたりして、普通のことを普通に出来る日が続いてほしいですね。。。
スポンサーサイト

イタリアのバールにて 3

Quando bevo il caffè al Ginseng, ho un pò di nostalgia. Ma sono appena tornata dal Giappone.
Il caffè Ginseng, non l'ho trovato in Giappone.


カッフェを飲むと、イタリアに戻ってきた~って

今回のおすすめ、
Caffè al Ginseng(カッフェ アル ジンセン)
です。
東洋医学の生薬、高麗(朝鮮)人参風味のエスプレッソのことで、エナジードリンクの一つ。
イタリアのバールには、結構前からあるようで、イタリア人は、自然派食品を好む人が多いのにもかかわらず、工業製品のこのカッフェが人気なのです…その成分とは、脱脂粉乳、甘味料、安定剤、乳化剤、着色料、香料など、そして高麗人参のエキス。
高麗人参ってことは苦いんじゃ・・・と想像されるかもしれませんが、甘味が少しあるので、砂糖は必要なく、甘い中にも、薬草系の苦みがわずかに感じられ、日本人の私には、どこか懐かしく感じさせる味です。
もちろんスーパーでは、インスタントの粉末が色んなメーカーから出ていたりして、私も徳用サイズを買っています、、、
CIMG0931-2016Ginseng.jpg
右側は、バールで飲んだ時の…泡立ちが、インスタントで作るより美味しそうに見えますネ↑
普通のカッフェとあまり見栄えが変わらないので、隣にある黒いパニーノの方が気になるかと思います。
これは、火山の意味を持つ「Volcano(ヴォルカーノ)」という名前の木炭の粉で作ったパン。黒いピッツァや黒いフォカッチャもあり、これまた結構流行っているようです。

今までの一時帰国の記事では、画像たっぷり満載だったせいか、これで終わると、何だか愛想ないので、上海出身の友達の庭で摘み取った木苺で作ったトルタも、内容と関係ないけどアップしちゃいましょう、、、
CIM9859-2016ベリートルタ
最近の私のカッフェ事情は、カップチーノがちょっと重く感じるのであまり飲まず、エスプレッソにミルク(又はきび砂糖)を少し入れて、食後くっと飲むのがほとんどです…甘いトルタとカップチーノなんて、今はもう考えられません。。。
以前記事にした「大麦コーヒー」は、もう麦茶代わりでゴクゴク毎日飲んでいて、今回の「ジンセン」はアイスコーヒーにしてゴクゴク飲んでいます

イタリアのカッフェは、エスプレッソとカップチーノだけではありません、、、イタリアに来られた際は、是非、お試しを~

関連記事
『Caffè d'orzo(カッフェ ドルツォ)』
『Pan di Zenzero(パン ディ ゼンゼロ)』

実家にて

Sono stata a casa mia circa un mese e mezzo.
I miei stanno bene, anche i gatti, ma il cane non sta bene, sono molto in ansia.
Nel giardino, mio padre ha aggiunto tanti fiori ed anche il suo orto è sistemato bene.
Abbiamo parlato tanto, soprattutto sono contentissimi di aver visto mio marito, ma siamo stati insieme pochissimo tempo. Mio marito è venuto per onorare la memoria di mia nonna che da poco ci ha lasciato.
Speriamo che il prossimo incontro verrà presto.


イタリアに戻ってます

1ヶ月と2週間の一時帰国、あっと言う間に終わりました
父の庭いじり、畑は、ますます本格的で、何を植えたか、育ち具合、成果など記録をつけているところが本気です(笑)
画像にまとめられないほどの植物達、、、
6月初旬に帰ったので、色んな種類のアジサイを楽しむことができ、、、
CIMG0256-2016実家①
睡蓮が咲いた頃は、丁度、Maxも泊まりに来ていた時だったので、彼も何枚か撮っていました

イタリアのどのお宅でも見かけるペチュニア系もいっぱい、、、
CIMG0802-2016実家②
↑どれかの画像に、小さなカマキリが威嚇しているのが見つかるかな???

もうちょっと、見てあげてください、、、
CIMG0363-2016実家③
私や姉の部屋も、色んな植物で占領されているんです。。。

特に、2年前に私がプレゼントした、顔の大きさほどある赤と白のタイタンビカスは、年々、蕾の数が増え、朝一番に「今日は5個も花開いてる!」とかで盛り上がってました…ただ、半日くらいでしぼみ、それで終わりなので残念
CIMG0245-2016実家④
面白い模様の葉があるんですね~

野菜は、、、
ゴーヤがこれから食べ放題という時に、イタリアに戻ったので、5,6回しか食べれずでしたが、、、
CIMG0744-2016実家⑤
実は、イタリアにゴーヤ2本、ししとう10本をスーツケースに忍ばせてたら、無事に潰れず持って帰れました。
梅雨で雨が多く、かなりスイカのことを心配していた父ですが、とても甘く大きなスイカに育ち、美味しかったです
もっとたくさんの植物と野菜が植えられているのですが、おさまりきれないので、この辺で、
育てていると成長がかわいいのが分かるのですが、たまに頼まれた水遣りが大変で、終えるのに1時間もかかったという。。。

両親だけでなく、犬のサクラも、黒猫のプッチも、皆、高齢者で、特にサクラは何も食べることが出来ず、寝てばっかりの日が続き、点滴や食欲増進剤をもらいに病院へ行く日が多いです。そんな時、私の愛車だったキューブに乗せて行くのですが、車の中、毛がいっぱいで掃除が大変でした…ちなみに、キューブは17年前に購入し、16万km以上走ってます
とにかく、車が毛だらけになろうと構わないから、サクラにはもうちょっと長生きしてほしいなぁと、息がしんどそうだと、切なくなります。
プッチも、ほとんど家の中で過ごし、歩く時もトボトボで、猫の機敏さがなく行動がもっさり。でも病気をあまりしないので、丈夫そうですが、なにぶん16歳で人間なら80歳!
CIMG0763-2016実家⑥
そして、先日から、保健所で安楽死されそうになった野良のトラ猫を飼いはじめ、病弱なのでこれまた寝てばっかり。体もまだガリガリで警戒心が強かったのですが、3日経ってやっと手で触っても、シャーと怒らなくなり、喉もゴロゴロするようになりました。尻尾の付け根上をトントンすると、とっても喜んでくれます。
ちなみに、名前は「ミーちゃん」と、ありきたりの名前を母が名づけてましたが、私がイタリアに戻ってからきたメールに、「ミーシャ」に変更したとあり、「おしゃれでしょ~」と。
サクラも、プッチも、ミーシャも、暑い夏頑張ってほしいです

そんなこんなで一時帰国が無事終わり、今はイタリアでダラダラしています。
今回の帰国は、ペットも含めて家族との時間を大切にしたつもりだったので、とってもリラックスができました

美味しかったー、そして胃拡張

Durante le mie vacanze in Giappone, ho mangiato tante diverse pietanze; sopratutto, SUSHI, SASHIMI, KABAYAKI, RAMEN, eccetera. Tutti buonissimi!!!
Ho anche incontrato tante amiche; sono contentissima.
Con i miei genitori, abbiamo mangiato WAGYU (bovino giapponese) con il vino italiano che gli ho regalato.
Ora ho messo su un po’ di pancetta......


美味しいもん食べてばっかりで、ゴメンなさい

食べて食べてで幸せでした(笑)
でもこれでも、2年前に帰国した時に比べて、外食する回数は控えめにしました…2年前は、後半、胃がしんどくなって。。。
しかしながら、法事があったこともあり、手の凝った美しい和食が堪能できたり、先日アップしたような本格イタリアンとか、今回は量より質という感じで
食器も美しい和食、、、
CIMG0272-2016美味しかったモノ①

和歌山ラーメンも外さず、今回は丸田屋さん、とかとか、色々食べることが出来、画像はないですが、最終日は、大好きな蒲焼のお弁当でしめました、、、
CIMG0522-2016美味しかったモノ②
ある日は、イタリアからお土産に持って帰ったワインを開ける為、和牛ステーキにしてもらいました。付け合わせに、野菜がいっぱい食べれるカポナータを作りました…「上げ善据え膳でなく、たまには、イタリア料理作ってみて!」、と両親に言われたもんで。
カポナータには、父の畑で取れた、ナス、玉ねぎ、ピーマン、トマト、ニンジン、そしてキュウリも加えて…ズッキーニやセロリ、そしてバジリコやオレガノが無かったのは残念だけど。味付けするバルサミコ酢ももちろんお土産で買ってきたもの。
さらに、少しもったいないですが、そのワインを少し使って、ボロネーゼソースを作り、ペンネと合わせました。やはり、美味しいワインを使うと、コクが出て美味しいです。

デザート類を食べたのは、わりと控えめ、、、
CIMG0526-2016美味しかったモノ③
団子など和菓子がやっぱり美味しい

そしてフレンチも、『隠れ家アンジュ』さんで、、、
CIMG0631-2016美味しかったモノ④
こちらのシェフは、あのL'Arc〜en〜Cielhydeさんの伯父さんだそうで、素顔のhydeさんの写真がお嫁さんと一緒に玄関に飾られていました(素顔なので、撮影禁止でした)。
『隠れ家アンジュ』のHP → http://angeange.web.fc2.com/

4月に体調壊し数日ほとんど何も食べられなかった時、美味しいものが美味しく感じられなくなるって、終わりだなと痛感しました。
なので、今回はガツガツ胃に入れず、一口一口美味しく味わいながら頂きました。

1ヶ月と2週間の間、走りもせず、フェンシングを練習したのも4回なので、若干、お腹に肉が目立ってますが、日本の味を充電できました。
皆様も、暑さで食欲失せる時があるでしょうが、しっかり栄養摂って暑い夏を超えましょう

母校の高校にて

Qualche giorno fa, ho fatto allenamento presso la scuola superiore dove io mi sono diplomata e dove ho lavorato. Ci sono bravi allievi; per esempio, quest'anno una delle ragazze si è qualificata per la seconda gara di mondiale per la categoria “cadetti”. Anche sua sorella e' bravissima. In futuro, se loro parteciperanno alle Olimpiadi di Tokyo 2020, io vorrei vederli.
Poi abbiamo cenato insieme io, le mie amiche e colleghe di scherma e la nostra maestra. Un’amica si è appena sposata e le ho regalato un vino italiano.
Abbiamo parlato tanto e mi sono divertita molto.


フェンシング部の選手達も、新婚さんも、妊婦さんも、母も、皆、輝いてます

母校の和歌山北高校には、練習で2回お邪魔しました…皆、強いっ
元気で、暑い中、汗びっしょりになりながら頑張っています、インターハイ前もあって、気合十分
今年4月、フランスであった世界カデ選手権で準優勝だった選手も、そのお姉ちゃんも、もちろん、、、二人とも、東京オリンピックの代表になったら、ナマ観戦したいなぁと思ってます。
他の選手もすごく強くなっていて、素直で笑顔がかわいいです
094756-2016母校にて
↑高校生がいるからと、モザイクにしたわけでなく、カメラマンの腕が、、、皆、スマホで撮るのが慣れているのか、古いデジカメは余計難しかったみたいで、念の為、2枚撮ってもらったのに、どっちもブレてて
そして、、、
先日、長くチームを組んでいた後輩の結婚お祝いをし、イタリアから持って帰ってきたスプマンテ(発泡性白ワイン)をプレゼントしました…2人ともお酒をよく飲むようなので、喜んでもらえたかなぁと

結婚したてって、ところどころで相手の様子をうかがったりして、相手の気持ちを大事にしたりするので、新婚さんを見ると、日頃の自分の行いを反省したりもします

よく、男性側には、奥さんを幸せにするんだよみたいな声をかけられることが多いと思いますが、私は反対で、女性側が夫を幸せにする気持ちを持つ方がうまくいくと思います、任せとけって感じで…まだ私達も4年だから、秘策までいかないけども。。。
それから、イタリア人というのは、非常に素直に言葉で表現してくれるので、私も素直に返せます。

日本男子諸君、たまにはストレートに言葉で愛を伝えるのも、必要ですよー!
日本女子諸君、幸せにしてもらおうなんて、甘いこと考えてたらダメですよー!

とにかく、なっちゃん、おめでとぅ~

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!