映画紹介 10

Mi piace la saga del film : "The Fast and the Furious". Non ho ancora visto il numero 7.
Mi dispiace tanto che uno degli attori protagonisti sia mancato ha causa di un incidente d'auto. Allora l'episodio numero 7 sarà la sua ultima opera.
Per quanto riguarda me, ho subito 2 perdite : una in Italia, la mia proffessoressa di lingue che aveva solo 52 anni ; l'altra in Giappone, un mio prente che aveva 75 anni.
Quando qualcuno ci lascia, solo allora pensiamo che avremmo dovuto incontrarci di più, chiacchiare di più, etcetera...
Devo essere più gentile con i miei cari.


Life's simple, you make choices and you don't look back(人生なんて簡単さ、選択をして振り向かずに前に進むだけだ)ワイルド スピード X3より

こんなに共演者達の心が通っている作品っていうのは、なかなかどうしてないのでは、、、
The Fast and the Furious(ザ・ファスト・アンド・ザ・フューリアス)…アメリカ映画
2001年の第1作目は、ポール・ウォーカーヴィン・ディーゼル出演、ロブ・コーエンが監督、ロサンゼルスを舞台にドラッグレース(ゼロヨン)に熱中するストリート・レーサー達を題材で、日本車も数多く登場。
毎回どこかの街が舞台で、改造車の公道レースに命をかけます…クルマ好きにはもってこい、そうウチのイタリア人

シリーズには、、、
1. ワイルド・スピード (2001年)
2. ワイルド・スピードX2 (2003年)
3. ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006年)
4. ワイルド・スピード MAX (2009年)
5. ワイルド・スピード MEGA MAX (2011年)
6. ワイルド・スピード EURO MISSION (2013年)
7. ワイルド・スピード SKY MISSION (2015年)

映画紹介 10
Maxは、シリーズ6まで観ていて、最初の作品が一番好きで、3作目の東京を舞台にしたのも気に入ってます…まぁ、日本を舞台にしたアメリカ映画は、いい加減ニッポン描写が多いですが、この映画もまさに!で、突込みどころ満載
7月9日、TVで3作目が放送されていて、私も久々に観ました、、、
主人公の留学生が父と暮らすアパートが、これまた狭過ぎ…世界的に有名だからか日本の家の狭さ、
地下レースがまた笑え、場所は兜町の地下パーキング…ありえない、
東京の公道レースもどんな風に撮ったのか、爆破シーンも
日本人のキャストは豪華(ちょっとの出演ですが)、千葉真一さんや北川景子さん、妻夫木聡さんや真木ようこさん、柴田理恵さん、小錦さんなどなど。

さて、、、
2013年11月30日、このシリーズで有名なポール・ウォーカーが、交通事故で亡くなりましたね…3作目は出てませんが。
映画の中で、あんなに激しいカーチェイスをしていた彼、、、なんと本当の交通事故で
遺作となってしまった『The fast and the furious 7(ワイルド・スピード SKY MISSION) 』は、事故時、撮影半ばでしたが、主要シーンはもうすでに撮り終わっていたようで、まだ残っていたシーンは、ポール・ウォーカーの弟2人が代役を務め、なんとか完成に。
ポール・ウォーカーが演じていた元FBI捜査官は、最新作で命を落とすのではなく、これまでの裏稼業からリタイアするという設定で描かれるように。
そして、2015年4月17日(金)に日本でも公開されました…イタリアでも4月初旬に
でも、私達は映画館に行くタイミングを逃してしまいました

使われているサウンドトラックSee you againがこれまた泣けて、歌詞には、、、
お前がいなくなってからこんなにも長い月日が流れた また会う時が来たらこれまでの色んな事を話したいんだ 気づけば俺たちが始めた時から比べたら遥か遠いとこまできたな このことも全て話したいんだ 次お前に向こうで会う時はさ
と訳されていて、PVの最後、愛車だった白い車体のトヨタ・スープラに乗って、相棒ドミニク(ヴィン・ディーゼル)と並走した後、それぞれの道へ…この車は私生活でも車好きだったというポールの私物で、特に思い出深いもの。
↓そしてヴィン・ディーゼルが歌うと、さらに涙が、、、
※いくつかの動画が出る場合は、インタビューされてるヴィン・ディーゼルを選んでください…動画開始30秒後くらいに口ずさんでくれます。

色々な思いが込められたシリーズ第7弾となったのです。
第8弾がすでに撮影スタートしていて、2年先の2017年4月17日に公開予定。

ところで、最近の私の近況、、、
この7月、とっても身近な知り合いが2人他界しました…一人はイタリア人で52歳、もう一人は日本人で75歳。。。
なんでしょう、、、居なくなってから、もっとこうしておけば良かった、もっとお喋りしておけば良かったなどなど、
普段から、周りの人達を大事にしなきゃと。。。

いつ、どこで、何が起こるか分からない人生、、、大切に生きなきゃですね、
そして、自分が選んだ道に自信を持って、前に前に進みましょう、
チョット重くなってしまいましたが、是非、シリーズで観てくださいね…Maxの影響で私も観だした映画なのですが、私はクルマではなく、主役2人ポール・ウォーカーヴィン・ディーゼルが好きで観てます
スポンサーサイト

Il compleanno di mio marito(Maxの誕生日)

Ho festeggiato il compleanno di mio marito. Come dolce, ho preparato la mousse di pesca, era abbastanza buona!
Ora lui è in Giappone per lavoro.
Tanti auguri e viviamo giorni felici !


先日、Maxの誕生日お祝いを

アンティパストは、誰が考えたか生ハムメロンに、生ハムいちじくスカモルツァ・チーズの薄切り…近所の公園で採ったいちじく、、、いちじくも生ハムに合いますヨ
日本では、生ハムメロンなんて別々の方が美味しく、意味ないんじゃ・・・と思う人も居るようですが、イタリア産やスペイン産の生ハムは、日本のより塩分高め、それをメロンの甘みでカバーしてるということ、、、口に入れた時はしょっぱく、そしてじゅわ~と甘さが広がる、やっぱりこの組み合わせ、さすがだと思います
さらに私の住んでいる地域のこの土壌は、メロンが美味しくできるようで(スイカもカボチャも)、しかも今の時期、€1/1kgとかこれよりも安売りする時もあり、スイカよりメロン派の私にとっては非常に嬉しいです
CIMG5611-2015誕生日①
そして、お祝いにはやっぱりラザーニャ、、、自分で言うのもなんですが、美味しいんですヨ、というか誰でも美味しく作れる料理ですネ(笑)
毎回ラザーニャを作る時は、ボロネーゼソース(ミートソース)を3人分作り、2人分用は冷凍保存し、次回のパスタに使い、そして残りをラザーニャ用にします…セロリをふんだんに入れたボロネーゼソース、美味しいデスよ~。
ラザーニャは、3、4枚の層にして、ボロネーゼソースを多めに…大抵、Maxと二人で食べる時は、昼食にセコンドピアット(メイン料理)を省くからです。
義母のラザーニャはとても美味しいのですが、層が5,6枚になっていて、ボロネーゼソースが少なく、ベシャメルソース(ホワイトソース)とトマトソースが多いです…多分、セコンドピアットのことを考えて、肉の量を少しにしているのだと思われますが、ラザーニャ5,6枚は結構多く、またベシャメルソースが多いのも胃に重いです。
ということで、各家庭や作る人で変わりますが、やっぱりラザーニャは美味しいデス

お供はランブルスコのワイン、家の中に数本眠っていたので、わざわざ買う必要もナシで。。。
一昨年のナターレ(クリスマス)、南イタリアに帰省した際、義父が「今日は、バローロを開けよう!」と気分良く、10年ほど眠っていた高級ワインを出してきたのはいいのですが、コルクがワインに浸かってしまっていたという保存の仕方が悪く、コルクの3分の1が粉々になり沈殿してました…Maxや義兄にかなり怒られていました。
結局は、美味しく飲み干しましたが、沈殿している粉々のコルクがワインに広がらないように、皆、静かにコップに注いでました。
そんなこんなで、私もワインの保存の仕方には気を付けてます

ドルチェには、桃ムースを作りました。
味が濃いラザーニャの後だったし、それにセミフレッドにしたので、冷たくさっぱり美味しかったです、、、
CIMG5640-2015誕生日②
セミフレッドとは「半分(セミ)冷たい(フレッド)」という意味で、しっかり凍らせてから半解凍の状態で食べます。

と、あっさりなお祝いをしましたが、Maxは、最近、ホント忙しそうで、、、今年から会社でのポジションが上がり、責任も感じるようになり。
デスクワークで座っていることがほとんど、家でもPCで仕事をよくしていて…仕事が増えた分は、お腹の肉まわりに。。。
今、彼は、東京出張中、、、もしお見かけしましたら、一声、激励してあげてくださいませ

Sagra d'la Fuiada(フイアダ祭り)

Sono andata alla Sagra d'la Fuiada a Tramuschio. Fuiadi sinifica tagliatelle. Per la prima volta, ho magiato sugo allo stracotto di somarello, era leggero. Mio marito ha mangiato fuiadi al sugo di salsiccia e filetto di maiale, anche questo piatto era buono.
Quest'anno è caldissimo, mangiare e bere sano è la scelta giusta.


夏のお祭り

毎週土日、あちらこちらで色んなお祭りが開催されてます。今、気になっているのは、カタツムリ料理のお祭り…カタツムリってどんな味がするんでしょう
先日は、私の町ミランドラのフラツィオーネ(分離集落)の一つTramuschio(トラムスキオ)という村で開かれていたSagra d'la Fuiada(フイアダ祭り)に行ってみました。
フイアダって、ナニ?と思っていたのですが(Maxも知らず)、メニュー見て分かりました。日本でもお馴染み平打ちロングパスタTagliatelle(タリアテッレ)のことで、フイアダとはここの村の方言でした…「d'la」も、前冠詞di+冠詞la「della」のスラング

私はFuiadi con stracotto di somarello(ロバの煮込みタリアテッレ)を、MaxはFuiadi con salsiccia e filetto di maiale(豚のヒレとソーセージのタリアテッレ)を注文、、、量が多かったので、3分の2を終えたところで苦しくなりました…夜のパスタは、少ししんどいですね
ロバを食べたのは初めてでしたが、想像通り、馬肉同様、たんぱくであっさりなお味…「日本では、馬刺しという一品があるよ」と言うと、Maxが非常に驚いてました
また彼のを味見させてもらうと、そちらの方が美味しかったです
CIMG5607-2015トラムスキオ
小さな村なのに、沢山の人でした…別のフラツィオーネに長年住んでいらっしゃる日本人の方にも偶然お会いし、お互いの近況などお喋りすることが出来ました

イタリアのお祭りは、屋台の数は多くないですが、バール、駄菓子屋、クレープ屋、そして綿菓子も売っています(画像一番下の右、若いマンマが美味しいそうに)。
で、欠かせないのは、歌手が誰だか分からなくてもミニライブで盛り上がっていて、まわりで陽気に踊ってます…お年寄りの方々も
時には、花火も、、、これも、大変、シンプルです…日本は、どこの花火大会も毎年、工夫を凝らさなきゃいけない雰囲気ですよね
そして、特に夏のお祭りは、0時までと長く、子ども達も深夜徘徊が当たり前(笑)

今年のイタリアの夏は、とっても暑いです…夏の天候が、ワインの品質に大きな影響を及ぼすので、もしかしたら今年のワインは期待できるかもですね 
お祭りがあったこの日も、日中38度まで上がった日で、おまけに熱帯夜、セミの鳴き声も23時過ぎまで響いていました。
この週末、やっと恵みの雨予報…3週間以上は降ってなかったはず
猛暑に負けず、食欲が落ちないよう、美味しいモノ、いっぱい食べようと思います

イタリアの野菜 14

Ho ricevuto dei pomodori "cuore di bue" dalla mia cara amica cinese.
Ho preparato 2 ricette : una "vermicelli, ai peperoni e pomodori cuore di bue"; un'altra, "cigliegine di mozzarella alla caprese con pomodori cuore di bue. Piatti dolcissimi e buonissimi.
Non so qual è l'origine dei pomodori cupre di bue ; sono proprio italiani?
Adesso nell'orto della mia amica, ci sono tante verdure estive.
Ho portato i semi del'okura dal Giappone, poi li ho piantati nel suo orto, stanno crescendo tanto. Questa verdura è molto buona con il polpo! Possibire trovare l'okura africano in Italia!


ホント、心臓みたい

Cuore di bue(クオーレ ディ ブエ)…日本では、直訳の「牛の心臓のトマト」で売られてます。
CIMG5220-2015イタリアの野菜14①
上海出身の友達ルー宅で、おすそ分けしてもらいました(…あっ、キレイなハート型だったので、目玉は付けてみました)…ミニトマトや、これも初めて食べた黒トマトなど他の種類も
クオーレ ディ ブエは、大きいのは手のひらを上回るのもあり、200~300gの重さが一般的(500gのもあったりします)、種は少なめで、香りも強く、ジューシーなトマトです。
水分が多く皮や種に繊維質が多く含まれ、低カロリーでダイエット向き、スライスしてサラダやカプレーゼに、そのままかぶりつくのも美味しいです!
シチリアやサルデーニャの南で多く出回っているのかと思えば、ジェノヴァなどのリグーリアや、フィレンツェなどのトスカーナでもイタリア中、簡単に見つかります…イタリア生まれなのかどうかはチョット分かりません。。。

こんな風に頂きました、、、
Vermicelli peperoni e pomodori cuore di bue(パプリカとクオーレ ディ ブエのヴェルミチェッリ)
聞くと「いやぁ~」と引くかも知れませんが、ヴェルミチェッリとは、ミミズやヒルなどの長い虫を意味する「Verme(ヴェルメ)」から名づけられ、ヴェルミチェッリは細~いパスタ。
・ヴェルミッチェッリ 300g ・スカローニョ(エシャロット) 2個 ・赤パプリカ 半分 ・中位のクオーレ ディ ブエ 2個 ・バジリコ(又はルーコラ)の葉 適量 ・EXVオリーヴ油 適量 ・塩 少々 ・パン粉 適量
オリーヴ油をフライパンで熱し、スライスしたスカローニョをじっくり炒め、適当に切ったパプリカとトマトを加え、さらによく炒める。そこに、茹で上がったパスタを入れ、バジリコ(私はルーコラを)の葉を加えてよく和え、お皿に盛って、パン粉を振りかけたらお終い。特に、冷製パスタが美味しいです。

CIMG5534-2015イタリアの野菜14②
そして、もう一皿は、、、
Cigliegi di Mozzarella alla Caprese con cuore di bue(チェリーモッツァレッラとクオーレ ディ ブエのカプレーゼ)
・チェリーモッツァレッラ 150g ・大きめの熟したクオーレ ディ ブエ 1個 ・バジリコの葉 適量 ・EXVオリーヴオイル 適量 ・黒こしょう 適量
トマトのヘタの方を切って、中身を少し抜き、モッツァレッラを入れ、バジリコを加え、オリーヴオイルを流しかけ、最後に黒こしょうを振りかけたらお終い。

ん~、どちらも十分に美味しくいただけました~、特にパスタの方は、さらに甘さがアップ

さて、ルーの野菜庭園では、トマトが収穫期、、、他にもズッキーニ(すんごい大きいのもありました、画像右上)やキュウリ、日本のネギや桃、花などもいただきます…ゴーヤは少し時間がかかりそう。。。
ニンニクの花がかわいく咲き、今はヒマワリが…私のベランダにも咲いてます
L'orto di Lu(ルーの家庭菜園)、、、
CIMG4673-2015イタリアの野菜14③
それから、昨夏、日本から持ち帰ったオクラの種も、暑くなって一気に育ってます
タコと合わせて、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノでいただきたいと思います…タコ、高いけど
何でも、アフリカ産のオクラならイタリアでも見つかるそうです

太陽の光たっぷり浴びた夏野菜、美味しいですね~、、、
トマトのリコピンで、血液サラサラ、アンチエイジングを目指しま~す

「イタリアの野菜 1~13」では、、、
Carciofi(カルチョーフィ)とFinocchio(フィノッキオ)
Broccolo romanesco(ブロッコロ ロマネスコ)
Sedano Rapa(セーダノ ラーパ)
Asparagi Bianchi(アスパラージ ビアンキ)
Fiori di Zucchina(フィオーリ ディ ズッキーナ)
Barbabietola(バルバビエートラ)
Radicchio Rosso di Treviso Tardivo (ラディッキオ ロッソ ディ トレヴィーゾ タルディーボ)
Frutti di Cappero(フルッティ ディ カッペロ)
Porro(ポッロ)
Bietola(ビエートラ)
Peperone(ペペローネ)
Zucca(ズッカ)
Puntarella(プンタレッラ)

Festa della birra(ビール・フェスタ)とMoretti(モレッティ)

Sono andata alla festa della Birra a Roccamalatina. Ho portato una birra Moretti Radler perchè non mi piace molto la birra ; a me piace solo questa Radler.
In Giappone, ci sono tante malche di birra e mio marito dice che sono buone, per esempio Asahi, Kirin, Suntory.


ビールは、よっぽど汗をかいた夏の暑い日だけしか飲めません、私は

先日の森林浴で訪れた、モデナ南の小さな村Roccamalatina(ロッカマラティーナ)で、ビール・フェスタがあったので寄ってみました
イタリアはワインを沢山飲まれている印象でしょうが、実はビール好きな人が多く、特にピッツァには欠かせず、ワインよりもビールを飲む時の方が気分上々になるようです
Maxは、ドイツのミュンヘン正統派ビールPaulaner(パウラナー)を選び、ゴクンゴクン美味しそうに飲んでいる横で、、、
CIMG5457-2015ビール①
私はビールがあまり好きじゃないので、気分だけでも一緒に味わおうとイタリア・ビールMoretti(モレッティ)Radler(ラドラー)を持参して美味しく頂きました…これは、大好きなんです

さて、そのMoletti(モレッティ)、、、
古い歴史を持つビールメーカーで、1859年、オーストリアの影響を強く受けているフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州ウーディネ生まれ、現在ではイタリア全土で広く親しまれています。
1860年の夏に、最初のボトルが発売開始され、ボトルのサイズ等は、その当時と少し異なりますが、その味わいは当初と少しも変わっていないと言います。
現在、アメリカ、カナダ、日本など世界40カ国以上に輸出されており、2006年に業界内では最も重要といわれるワールド・ビール・カップにて、イタリアのビールメーカーとしては、唯一、金、銀両方のメダルを授与されるという立派な成績を収めています。
ちなみに、1996年から、Heineken(ハイネケン)の傘下に入り、現在はハイネケンのブランドの一つになっています。
ビール好きな人から言わせれば、苦味が弱めで、泡立ちも弱め、インパクトは低いですが、喉越しは悪くないです…女性向きでしょうか。。。
色んな種類が出ています、、、
オリジナル、黒ビールや赤ビール、カロリーゼロなどなど。
私の唯一好んで飲むラドラーシリーズ、、、
レモンとライムの風味が加わったほとんどレモネードみたいなビールで、苦味がなく、口当たり良くゴクゴクとイケます…簡単に言えば、ビールのレモンソーダ割。
他に、Chinotto(キノット…小さく苦い柑橘系の炭酸飲料)Gazzosa(ガッソーザ…アマルフィ産レモンの柑橘系炭酸飲料)で割った種類もあり、ボトルもカワイイのでまた試したいと思います。
トスカーナ州、シチリア州などから地ビールも出てます、
Birre-moretti-2015.jpg
現在、開催中のミラノEXPOとコラボのポスター。
EXPOに合わせて、有名シェフのオススメレシピと。

何と言っても、なかなか味のあるラベル、、、
シンボルとなっている口髭の老紳士のラベルは、1942年から登場…1942年に当時の社長であったLao Menazzi Moretti (ラオ・メナッツィ・モレッティ)がウディネで見かけた男性をモデルにしたとか。
社長は、その男性のクラシックな雰囲気がモレッティのブランドを表現するのにピッタリだと直感し、写真を撮らせて欲しいと頼み込んだそうです。そうして、その男性の写真がポスターになり、ブランドの顔として愛されるようになったのでした。

さてさて、、、
ドイツ語で自転車乗りを表すRadler(ラドラー)
ドイツは1920年代に遡り、、、
今も昔もドイツは酒豪揃い、サイクリングロード沿いの酒場に詰めかけた大勢の自転車乗り達は、次々とビールを飲み干していき、店のビールが無くなってしまうと、困り果てた店主はビールとレモネードを5対5で割って客に出したところ、大ウケしたことが始まり、という話です

アルコール度数2%と軽めのモレッティラドラー、、、
日本でも通販で買えるのかどうかは分かりませんが、各社からラドラーが発売されてますので、私のようなビール好きじゃない人には特にオススメ
今度、帰国したら、キリンのシチリア産レモンで香りをつけたFlaveer Lemon&Hop(フレビア・レモン&ホップ)サントリーRADLER(ラドラー)を試したいと思います
ま、Maxには「ラドラーなんてビールじゃないけど。。。」って言われてますが

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!