Parma(パルマ) 2 ~ Fiera del Tartufo nero(黒トリュフ祭り) ~

ミラノへ行った帰り道、立ち寄ったパルマの町にて

パルマCalestano(カレスタノ)という町のFiera del Tartufo nero(黒トリュフ祭り)を覘いてきました
あちらこちらのテントで、タルトゥフォ ネーロ(=黒トリュフ)の量り売りや、ポルチーニなども売られており、新鮮なので町中イイ匂いで、生ハム、チーズ、ワインなどなど味見できました、、、
CIMG1228-2014パルマ①
タルトゥフォを探すワンコ達もいました↑

昼食にタルトゥフォづくしメニューを
CIMG1237-2014パルマ②
ビールも美味しかったです
上のを二人で半分こにしてもお腹一杯、食後にカフェして、€26…さすが、地元で採れたものなので安いっ
風が冷たかったのにもかかわらず、外で食べ、ビールで冷え、私、少々強張ってます。。。
結構、香りが強いので、贅沢ですが、当分は食べないでしょう

少し、町をぶらり、、、の~んびりです、、、
CIMG1219-2014パルマ③
さて、ミラノへ行ったのは、2015年開催のミラノEXPOのアテンダンド試験を受ける為だったのですが↑、残念ながら一次試験で落ちました~
期間中の6ヶ月間は拘束され、単身赴任になる訳だったのですが、魅力的な仕事だけに、Maxも背中を押してくれ、書類選考は通ったものの、15倍の確率に勝てませんでした
試験の内容は、絶対に絶対に、FBやツイッター、ブログ等に記載しないようにと念を押されたので、書きませんが、私には難しかったです。試験後、ドッと疲労が出ましたが、試験会場の近くに大きなショッピングモールがあってブラブラ出来たので、少し元気出ました(笑)
あ~でも非常に残念、、、こんな大きな仕事を逃すなんて。。。
落ちたけど、久々の試験で久々の緊張感、伊語の学習にやる気が入ったし、、、まぁイイ経験だったかと…がテーマだけに興味あるし、荒川静香さんとかきゃりーぱみゅぱみゅさんとか、伊料理の落合務さんとかとか著名な方々がいらっしゃるので、期間中、会場に行きたいな~と

私の住んでいるミランドラから、試験会場だったミラノ郊外まで車で2時間チョットの約200kmほど、中間くらいのパルマ、車窓から紅葉も楽しめました…こちらは、もう風が冷たく、ヒートテックはもちろん、ダウンが必要に
ただ、ミラノ郊外、スゴイ数の売春婦の人達がいたことにはビックリでした

過去記事 → 『Parma(パルマ) 1』
ミラノEXPOのHP → http://www.expo20~15.org/it
スポンサーサイト

イタリア語教室・備忘録 39

週一回ですが、集中して頑張ってマス


今は、Preposizione(前置詞)Congiuntivo(接続法)Condizionale(条件法)を主に学習してますが、、、難しいデス…どうすれば、定着するだろ、焦ってきた
さて、
通っていた伊語教室の学校から、Terza Media(テルツァ メディア=中学3年コース)Anno Scolastico 2013/2014(アンノ スコラスティコ=2013/2014年度)Certificato(チェルティフィカート=証明)を帰国前に貰い(←Diploma(ディプロマ=修了証拠)みたいなもの)、、、
総合評価は9(10段階評価)で、伊語・数学・科学・地理はSoddisfacente(満足なレベル)で、英語はConsolidato(十分に、理解しているレベル)でした。この評価より、さらにEccellente(優秀)とかあり、レベルの名称は、伊の小中高によっても、ヨーロッパ内の国によっても少々違いがあるようです。
CIMG1184-2014伊語教室39
帰国後に、B1(中級下)チェルティフィカートも受け取りました…実際は、そこまでのレベルに達してないんですがね。。。
私の相棒、キティちゃんの辞書、だんだん古くなってきました…小さいけど、動詞の活用表も載っているので、役に立ってマス

仲の良い友達、上海出身のルーも一緒に頑張ってマス、彼女、今年度もテルツァ メディアを毎日受け(私も昨年度受け、修了済)、私と同じB1(中級下)&B2(中級上)もで、とっても熱心
そんな彼女にリクエストされていたブツを日本のお土産で渡したところ、すっごく喜んでくれました、、、
CIMG0544-2014伊語教室
何でこの曲を知っているのかと思っていたら、映画『Kill Bill(キル ビル)』の挿入歌だったんですね、ルーがよく
バカなおんなの~うらみ~ぶし~~♪
と口ずさんでたのですが、私知らなくて。。。
他のリクエストは、下駄、、、京都にて日本製ので安く見つけたモノ、これもとっても喜んでました…なんてったって、彼女、ジェノヴァで浴衣&スニーカーで観光してたぐらいですから、揃えてあげないとね(笑)
彼女の旦那様(伊人)にも、お世話になることがあるので、彼にはコケシ柄のミニ爪切りをあげたところ、またコレも喜ばれました…彼、ハサミで爪切ってたそうですから…大きい爪切りにすれば良かったか。。。
二人とも、約200万円もするアンティークなフランス製ソファを購入するなど、かなりのお金持ちなんですが、ちょっと可笑しいところがカワイイです

そんなご夫婦に、先日、BBQに誘われ、またまた寿司持参で、、、
伊で初めて、양념갈비(ヤンニョムカルビ)불고기판(プルコギ)を、、、伊って、焼肉のタレとか漬けずに食べるので、それはそれは新鮮みがあり、ウクライナ出身の夫婦もかなり喜んでました
ルーの旦那様が、漬け込みのタレから焼き係まで全て準備してくれ(私はちゃんと皿洗いしました)、締めくくりは焼き栗…焼きポルチーニも美味でした~、、、
CIMG1188-2014伊語教室39②
最近、友達になった中国出身の友達(↑画像右下、伊語教室も同じ)も大変親切で、彼女の音楽学校に通う娘さんは、私が今年の3月にプチ通訳の仕事をした時にいた生徒さん(その話 → 『ミランドラと東北(日本)共に再建の道へ』)、、、色々、繋がって、友達の輪が広がり、ますます楽しくなってきたこの頃デス

Gesticolare italiano(イタリア人のジェスチャー)

ほとんどの伊人は、会話をする時、Gesto(ジェスト=ジェスチャー)いっぱいです…複数形Gesti(ジェスティ)


ジェスティは、既にローマ時代から用いられていたようで、かつての皇帝も「満足か不満か(生きるか死ぬか)」というジェスト一つで、Gladiatore(グラディアトーレ=闘士)達の運命を決めていたそうです
伊人のジェスチャー①
(画像はGoogle)
Cosa?/Dove?/Perchè=What?/Where?/Why?
Finito!=No more!
Non mi interessa.=I don't care.
Va bene!=Approved!/Good!
Vai via!=Go away!
Guarda che idiota!=Look at that asshole!
Solo!=Alone!
Se solo potessi immaginare!=If you could only imagine!
Andiamo via!=Let's go!
Te la sei fatta adesso, eh!=You shitteds your pants eh!
Vai a farti fottere!=Go fuck yourself!
Scordatelo!=Forget it!

上にはないですが、「Buono(ブォーノ=美味しい)!」を言う時、人差し指で頬っぺたをグリグリするのは、日本人にも有名なこと…でも、そんな頻繁にはしない感じです。。。
伊人が一番よくするのはコレ(上画像の一番左上)、Maxは、一日に3回以上は必ずします↓…ってことは、私がそうさせてるってことか。。。
伊人のジェスチャー②
「Cosa vuoi? (コザ ヴォイ=なんだよぉ)」「Che fai!(ケ ファイ=何、してんだよ)」とか、「Ma che dici!(マ ケ ディーチ=何、ボケた事言ってんの)」とかとか、色んな場面で出てきます、コレ。
やり方は、指を全部閉じて、上下に振ります…片手の時もあれば、両手の時もあります。
彼は、スーパーで、同じ形のパプリカを見つけて以来、「パプリカ、パプリカ」って言いながら、このジェストをするようになりました。
最近になって、「Facebookやブログに、あんまり僕の顔写真載せないでね。」と言っていたので、この画像アップの許可が下りるまで時間がかかりました(内緒で載せてますが。。。)…それほど、彼もコレ気に入ってマス 

そんなジェスティいっぱいの伊人を見ると、何だかかわいらしく見えてきて、むしろ私も、ジェスティがうつってきました…もちろん上の「パプリカ、パプリカ」
注)他の伊人は、パプリカを持ったり、「パプリカ、パプリカ」って言いながらしませんので、あしからず 

イタリアの野菜 11

伊で初めて食べた訳ではないし、旬は過ぎましたが、こちらでは一年中店頭に置かれていて、私もよく買います


カポナータペペロナータと伊料理に欠かせず、色とりどりがカワイイ、、、
Peperone(ペペローネ) 和名 : ピーマン…もっと和らしい名前を想像してましたが。。。
CIMG1167-2014伊の野菜10④
白色もあるなんて、初めて知りました(↑画像右、PEPERONI BIANCHIと記載されている)…赤、黄、オレンジ、緑、白の他にも、黒、茶、紫があるみたいです。

いわゆるパプリカで、南米原産、ピーマンや唐辛子と同じくナス科の野菜ですが、赤やオレンジのパプリカは、緑ピーマンにはない栄養素があるんだとか、、、
赤パプリカは、ビタミンCがレモンや緑ピーマンの2倍も、、、美肌効果や、日焼けによるメラニン生成を抑える効果が期待できます。一日に必要なビタミンCは、オレンジパプリカだと1/6個、赤パプリカだと1/3個で摂取可能。
またパプリカに含まれているビタミンCは、加熱しても壊れにくいという優れ野菜、その理由は、一緒に含まれているビタミンP(フラボノイド)ビタミンCを酸化や熱から守る働きがあるからだそうです。
特に、赤パプリカは、ビタミンPビタミンE(トコフェロール)カロチンカプサンチンと栄養いっぱい、そして黄色やオレンジに比べ、甘味が強いです。
パプリカに含まれているβ-カロテンは、油と共に調理するとその栄養を効率よく摂ることができるので、オリーヴオイルなどの油と一緒に調理すると良いそうですよ

それから、普段、調理する時は捨ててしまう白いワタの部分、実は食べた方がいいんですって~
実よりも苦味が強いワタの部分には、ピラジンというものが含まれており、発芽に必要な栄養分をたっぷり備えています。ピラジンは、血液をサラサラにし、血栓、脳梗塞、心筋梗塞の予防に。
生命力が詰まったの部分にはカリウムが豊富、、、
ピーマンやパプリカの種に毒素は含まれていないので、取る必要はなく、カリウムは、神経や筋肉を正常に保つ必須ミネラルで、体内の余分な塩分を排出する働きがあるんだそうです。
これからは捨てないようにします

で、
Risotto alla crema di peperone rosso(赤パプリカクリームのリゾット)を作りました…Menta(メンタ=ミント)入りなんですが、料理にメンタを使ったのは初めてです。
というのも、ローマで美味しいメンタ入りのアマトリチャーナを食べ、後味のスッキリさが良くて
まずは、パプリカクリームを準備しなきゃいけません。。。
パプリカの皮を剥くのですが、コレ一つの為にオーブンを使うのはもったいないので、ほぼ毎週土曜の夕食に作るピッツァとともに焼きました…あっ、ピッツァの上に乗っかてるのは、たこ焼きではありませんよ、サルシッチャ(=ソーセージ)ですから!
私は、普段、パプリカの皮は剥きません、よく炒めるとそれほど食感も気にならないしで。。。
CIMG0995-2014伊の野菜10①
ミキサーなど機械モノを扱う時は、必ず、Maxが近寄ってきてやりたがりマス(笑)
タマネギを炒め、お米にもオリーヴオイルがまわったら、パプリカクリームを加え、野菜ブロードを入れ、好みの硬さに炊くだけ、、、
CIMG1008-2014伊の野菜10②
焼いて、剥いて、ミキサーにと、少々手間ですが、前日に用意しておけば、翌日の昼食は、このパプリカクリームを加えるだけ…密閉容器に入れて、冷凍保存も可能なようです(10日~2週間程度)。
メンタは、このリゾットの為に鉢で買いました…切ると酸化してすぐ黒ずむので、食べる直前に刻まないといけません。
せっかくなので、大事に育てて、アマトリチャーナなどのソースにも加えたいと思います

ちなみに、ドライパプリカは、軒先に吊るしておくと、とってもイイ匂い~、南伊の好きな日常風景の一つです、、、
CIMG6631-2013伊の野菜10③

「伊の野菜 1~10」では、、、
Carciofi(カルチョーフィ)とFinocchio(フィノッキオ)
Broccolo romanesco(ブロッコロ ロマネスコ)
Sedano Rapa(セーダノ ラーパ)
Asparagi Bianchi(アスパラージ ビアンキ)
Fiori di Zucchina(フィオーリ ディ ズッキーナ)
Barbabietola(バルバビエートラ)
Radicchio Rosso di Treviso Tardivo (ラディッキオ ロッソ ディ トレヴィーゾ タルディーボ)
Frutti di Cappero(フルッティ ディ カッペロ)
Porro(ポッロ)
Bietola(ビエートラ)
で~す

Verona(ヴェローナ) 1~後半編~

落ち着いた古都で、秋の散策…前半編はコチラ → 『Verona(ヴェローナ) 1』

Piazza delle Erbe(エルベ広場)から少し歩いて、お目当てCasa di Giulietta(ジュリエッタの家)へ、、、
入ってすぐのトンネルの壁には、尋常でないほどの恋人達の名前がびっしり、他にもチューイングガムで小銭を貼り付けてたり、南京錠もいっぱい、、、
CIMG1071-2014ヴェローナ⑦
沢山の観光客の中、私もジュリエッタのお胸にタッチを、2005年の時もしましたが、右胸だけ金ピカです
ちなみにMaxは、恥ずかしがってしませんでした…まぁ、恋愛成就のジンクスなんですがね

家にも入れ、バルコニーにも立てますが、私達はノートに記録だけ残して出ました…『Una bella giornata(素敵な一日) M&M』
お土産屋が二つあり、入ると突然、名前を訊かれ、ミシンで縫ってくれました。
CIMG1098-2014ヴェローナ⑧
この売店の前には、ポストがあり、ジュリエッタ宛に手紙を送ることが出来るんです
これ、TVで観たのですが、Club di Giulietta(ジュリエッタクラブ)のボランティアの方々が一枚一枚、返信してるそうです。
手紙を送った人達には、シェイクスピア『ロミオとジュリエット』のように悲恋で終わらないように願いますね
詳しくは(伊語のみ) → http://www.julietclub.com/it/
日本語で送っても、伊語か英語で返事が来るそうですよ!

だんだん雲行きがあやしくなってきたので、この辺から急ぎ足
ジュリエッタの家を後にし、次はPiazza del Signori(シニョーリ広場)へ、、、
他の広場とは全く雰囲気が違い、物思いにふけるダンテ像とMaxが…エンジニアな彼は、時々、アイデアを出すのに苦労してるので、ダンテから何か降りてきたらいいのですが(笑)
CIMG1110-2014ヴェローナ⑩
右側には、Palazzo della Ragione(ラジョーネ宮殿)があり、階段が美しく、
また付属しているTorre dei Lamberti(ランベルティ塔)(↑画像左上の時計塔)からは、市街を眺望出来るようです
CIMG1124-2014ヴェローナ⑪
広場を出てすぐ、Arche Scaligere(スカラ家の廊)があります、いわゆる墓で、鉄格子の模様はスカラ家の家紋。

町の様子、、、
ランベルティ塔が目立ちます、、、
CIMG1142-2014ヴェローナ⑫
雨足が強くなる前にここで散策をお終い、、、
帰り道中、最近、Maxがお気に入りのケバブのピッツァロールとビールを買って、熱いうちにと車で夕食を頂いたもの…二人で半分こで、お腹いっぱいになるほど食べ応えのある量なんです
CIMG1165-2014ヴェローナ⑬
ウインドーショッピングをしながら、川辺をのんびり歩きながら、「ヴェローナに住もう!」と、観光地を訪れる度にこういうセリフを繰り返す私でした
ジュリエッタの家のように、至る所で見る、からまる蔦がなんともイイ感じ(ケバブの画像の隣なのもなんですが)、ホント美しい町、ロマンチックなヴェローナ市自体が世界遺産なのが納得

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!