Sagra(サグラ) 2・Villafranca(ヴィッラフランカ)

またまたサグラ(収穫祭/記念祭)…前回のサグラの記事 → 『Sagra 1』

9月13日(土)の夕方は、隣町のFrazione(フラツィオーネ=分離集落)の一つ、Villafranca(ヴィッラフランカ)サグラを覗いてみました
I ravioli di branzino(スズキのラヴィオリ)に、Il fritto misto di pesce(魚介のフリット)を…ラヴィオリはまぁまぁでしたが、魚介のフリットは久々だったせいか、かなり美味しかったデス  
CIMG0743①
ドルチェに、Ciambella(チャンベッラ)を頼んだのですが、想像してたドーナツ型の大きなトルタでなく(…Maxもそう思っていた)、↑上のが運ばれてきました、でも、卵いっぱい使ってる感じで、素朴で美味しかったデス
翌日、スーパーで同じトルタを確認すると、やっぱりCiambella(チャンベッラ)という名前、、、むしろ、Ciabatta(チャバッタ=スリッパ)って感じですが。。。
小さな村のお祭りなので、食べてお終いで、値段も少々高めな気がしましたが、Maxは「ココも2年前の大地震で、かなりの被害を受けたのだから、何かで助けてあげないとね。」と。。。
隣に座っていた老夫婦には、私達が席に着いた時から、微笑みかけられ、「どこから来たの? 私達はこの横の教会で50年も前に結婚式をあげてね、でも地震で壊れちゃったけどね~・・・」と、いっぱい話しかけられました

食べてすぐミランドラに戻り、チェントロから何やら音楽が流れていたので、沢山食べた分を消費しに、散歩に出かけました
今年の3月、一緒に仕事させて頂いた(その話 → 『ミランドラと東北(日本)共に再建の道へ』)音楽学校のミルコ校長が指揮を振ってるのを見て「ホント、通訳出来てなかったな~」とまた反省を。。。
CIMG0752②
どなたか分からない方が熱唱していたり、フライパンやら鍋を楽器にしてるバンドの演奏もあったり、とかなり賑やかでした この二日後から、ようやく学校が始まるので(夏休み長~)、子ども達もこの日まで夜更かししてる感じでした

今年は、秋が早いような気がします
こちらは、ランブルスコ(発泡性赤ワイン)が特産なので、そこらじゅうの葡萄畑がイイ色になっていて、もう収穫済み、、、  
CIMG0738③
待ち遠しいですね    
スポンサーサイト

Sagra(サグラ) 1・Castelfranco Emilia(カステルフランコ・エミーリア)

収穫の秋

この時期、Sagra(サグラ)と呼ばれるワインやキノコなどの特産物、または町の教会の記念祭が、各地で開催されてます…一年中、サグラはありますが、特に夏の終わりから秋は多いです
私達も9月6日(土)、エミリア・ロマーニャ州モデナ県内の小さな町Castelfranco Emilia(カステルフランコ・エミーリア)Sagra di Tortellini(トルテッリーニ祭り)Notte Rosa(ノッテ ローザ)を兼ねたお祭りに…「Notte Rosa」を直訳すると「ピンクの夜」なんで、何かいやらしい感じがしますが、女性のお祭りです(笑)…大体、7月初めに開催する地域が多いんですがね 
ピンクや赤の装飾やライト、服もピンクを着ている人が多く、私も薄いピンク色のカーデをひっかけ、、、
沈みかけの太陽で空が薄っすらピンク、、、
CIMG0661-0609①
メニューは色々組み合わせ出来、トルテッリーニと生ハムなどの盛り合わせ、ビール、パンで€15でした…お尻みたいなドルチェも美味しかった~、あっ、ジェラートも勿論
CIMG0672-0609②
食べるだけでなく、「どなたでしょう?」というような方々のミニコンサートがあったり、ダンスがあったり、この時は、柔道やバレーもしていました
2年前には、Lambrusco(ランブルスコ)のワイン祭りに行きましたが、メインのランブルスコを飲むのを忘れてたり…そんなアホな過去記事はコチラ → 『Sorbara(ソルバラ 1)』

「Notte Rosa」だけでなく、「Notte Bianca(ノッテ ビアンカ=白夜)」もあります…でも、白夜の日ではなく、お祭りの意味合いとしては、「眠らない夜」てな感じ。。。
そういえば、9月9日のスーパームーンの日は、散歩しながら眺めようと思っていたら、外に出て3分後、雷が鳴りだし、大粒の雨が降ってきたので、すぐ引き戻ることに。。。
雨の前は、月が橙で幻想的だったのに、一枚も撮れず、、、↓これは、前日のもので「明日あやしぃ。。。」と察してましたけども…普通の月~、、、
CIMG0720③
…来年は、9月28日らしいです

サグラは、安い値段で、その地域の特産物を賞味出来るので楽しいですが、たまに、期待ハズレの小規模だったりすることも。。。
秋は、美味しいものがいっぱい、色んな所のサグラに立ち寄ってみたいと思います

イタリア語教室・備忘録 37

先日、2年間お世話になっている伊語教室のレンツォ先生宅で、仲の良い友達とランチを

私は、帰国の時、実家から持ってきた型で押し寿司を、、、
すし太郎だったのですが、皆に大好評で「具材は何?」とか聞かれ、なかなか混ぜたら終わりとは言えず…あっ、錦糸卵も日本から持って帰ってきたので、楽チン
寿司好きの友達ルーが喜んだのは当然(笑)
CIMG05473108①
先生から頼まれたイラン夫妻がイラン料理を調理している間、、、
3108③
先生の犬や猫と遊んでました…動物がいるって癒される~
CIMG05553108②
お肉一杯、お腹一杯…Maxは、よくお手伝いしてました
CIMG0571 3108④
ウクライナの友達手作りのリコッタのトルタなどをドルチェに

さて、今年度(イタリアは9月から年度初め)は、来週から、週一で伊語教室に通う予定で、B2(中級上あたり)のレベルを頑張ります

Roma(ローマ) 3 ~肉食女子を連れて~

友達に会った翌日は(その話)、親戚のおば様達のお相手

ミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェ、そしてローマのツアー旅行をしている叔母とおば様達から、ローマ終日フリータイムに付き合ってと、帰国の時に言われていたので、まずはスーパーにてお土産を調達…ちなみに、おば様達は前日にバチカン、翌日にコロッセオなど観光なので、私はそれ以外の場所のガイドや買い物に協力することに、、、
テルミニ駅地下のスーパーCONAD(コーナド)はちょっと高めで、私が手土産に持参したクレーマタイプのバルサミコ酢が€1も差があったりですが、Baciチョコなどは品揃え良かったし、かわいいパスタも多かったです
でも、別のsma(ズマ)というSanta Maria Maggiore(サンタ マリア マッジョーレ大聖堂)近くのスーパーへ連れて行きました…ワインやクロスタータ、パスタなど買うわ買うわ(笑)

ホテルにお土産類を置きに帰り、すぐMonumento Nazionale a Vittorio Emanuele II(ヴィットリオ エマヌエーレ二世記念堂)へ、、、
CIMG0629・0409①
エレベーター(€7)で屋上に登り、ローマの街を360度見渡せる展望台へ、Piazza Venezia(ヴェネツィア広場)は伊国旗
まぁ、展望台まで行かなくても、エレベーター乗り場がある階で、タダでよく街を眺めることができるんですがね(その過去記事は → コチラ

移動はタクシーばかりなのに、朝一のスーパーでエネルギー使いまくったのか「もうお腹が空いた~」と言うので、1時間も早く予約していたオステリア『La Carbonara(ラ カルボナーラ)』へ、またタクシーで、、、
乾杯にスプマンテを一本、アンティパストに生ハムとモッツァレッラ…前日と同じくBufala(ブーファラ)ですが、ホント美味しぃ おば様達も味がすぐ分かったようで「昨日もツアーのメニューで食べたけど、全然違~う!」って
プリミには、もちろんこの店の看板メニュー・カルボナーラを、皆「今まで食べたカルボナーラと全く違って美味しぃ」って…そりゃ、日本でよくある、こってりカルボナーラとは違いますから
もう一つのプリミは、ローマっ子は木曜にニョッキを食べると言い、この日丁度そうだったので、注文(こちらの店では木曜のみのメニュー)、皆また「う~ん、美味しぃ」って
CIMG0654・0409②
5人で、アンティパスト一皿、プリミ4皿でしたが、かなり量が多いのでプリミが終わった時点で腹八分目、でもセコンドに牛テールの煮込みを二皿と付け合せにチコリの炒めたものを頼んでいたので、「苦しぃ」と言いながら皆平らげてました
CIMG0652・0409③
ローマ名物のアバッキオやサルティンボッカ、アマトリチャーナのパスタなどは、もう前日にたっぷり食べたようなので、このようなメニュー構成になった次第で、このオステリア以外にも、長年、伊にお住まいの方から「Tema」というスカンピのリゾットなど魚介が美味しいお店も紹介して頂きましたが、おば様達が肉食系女子なのでコチラに決めました(笑)
男前のカメリエレに「肌がスベスベ、かっこいい~!」とか言ったり、料理下に敷いていたペーパーで皆で鶴を折ってみると、たまたま覗きにきたCuoco(クオーコ=コック)が喜んで持って行ったり
「La Carbonara」「Tema」も、AMO ITALIAで紹介されてます → http://www.amoitalia.com/roma/restaurant_lacarbonara.html
メニューや価格が書かれていて、分かりやすいです…多少、値上がりしてましたが。。。
店内、日本人率が高く、皆カルボナーラを頼んでいました

その後、Piazza del Spagna(スペイン広場)へ行き、階段を足と胃がひぃひぃ言いながら登って眺め、コンドッティ通りをぶらぶら、、、GUCCIでお買い物がメインのおば様の一人は、もう既にフィレンツェの本店で、秋冬コレクションのバッグと長財布を買ったというのに、ココでも「違う種類あるかも~」と言って冷やかしに…背の高い日本人スタッフがキビキビ働いていました
どこでそうなるのか、もう小腹が空いたと言うので、ティラミスの有名店『POMPI(ポンピ)』に…前日に会った友達に教えてもらったおかげで、迷うことなく行けました~
CIMG0602・0409④
イチゴのティラミスを頼んでみたところ、これは小腹が空いていなかった私もペロリと(笑)
ピスタッキオとかバナナとか色々ありました~、上の箱で€4…小さい箱ですが、カロリーが高いのでこのぐらいにして置かないとキケンです

またちょっとブラブラし、、、
CIMG0655・0409⑤
↑下2枚は、前日、友達と見かけたものですが、黒い袋の中でゴソゴソ、そして、、、こんな風に怪しく準備するんだと、初めて知りました

オマケの話、、、
前日もそうでしたが、二日間ともウエディングのカップルを沢山見かけました…友達と「今日は大大安か(笑)」と言ってましたが、Monumento Nazionale a Vittorio Emanuele II(ヴィットリオ エマヌエーレ二世記念堂)横、Basilica di Santa Maria in Aracoeli(サンタ マリア イン アラコエリ教会)を覗くと式が…花嫁、とってもかわいかったです
CIMG0639・0409⑥
それから、今回、私は一人で急行電車で往復しましたが、エコノミー席でもこんなにキレイなシートで、帰りはもう一つ上のエコノミー席でしたが、あまり変わらず…Free Wifiもあり、飲み物一杯も付き(あっ、緑茶の方ではないですよ)、わりと快適でした

おば様達、お土産が増えたからと言い、オレンジとか水色のスーツケースを購入しルンルン…TSAロック付きのを探すのに時間を費やしましたが、この時、私、初めて知りました、このTSAロックのこと
※米運輸保安局TSA(Transportation Security Administration)によって認可・容認されたロックで、セキュリティチェックが最も厳しいアメリカであっても、カギをかけたまま航空会社に預 けることができるロック

そして、ビジネスクラスだったのでかなり飛行機も楽々、ホテルはとってもキレイだったようで、大満足で、スリにも遭わず、何事もなく帰国しました 一人が、ヘルニアでキノコアレルギーあるので、心配でしたが、問題なくこれも安心

疲れたけど(一緒にしゃべり疲れ?)、私も楽しかったし、また、来てほしいなと思います

ローマ関連の過去記事
『Roma(ローマ) 1』
『Roma(ローマ) 2』
『Roma(ローマ)のFontana』
『Roma(ローマ) 3 ~再会~』

Roma(ローマ) 2~再会~

楽しかった~

9月初めに、ローマで語学留学しているフェンシングのお友達に会ってきました
まずは、早速、彼女おすすめのジェラテリア『Romana(ロマーナ)』へ…私の住んでいるエミリア・ロマーニャ州の端っこRimini(リミニ)の町から生まれたというこのお店、ローマには2店舗あるようで、なんとマドリードにもあるそうです、、、
CIMG0592・0309①
私のは(左側)、「150 anni dell’unità d’Italia(勝手に直訳 : イタリア統一150年周年)」というピエモンテ州のヘーゼルナッツ味と「Biscotto della nonna(勝手に直訳 : ばあばのビスケット)」味に生クリームをトッピング…とっても美味しぃ、特に「ばあばの・・・」がかなぁり
↓HPに、店舗や味の種類があるので、行く前に覗いておいた方がいいかも…次行く時は、フルーツ系とかも試したい
「http://www.gelateriaromana.com/showroom.p」
↑の中の、「GELATO」をクリックすると、どんな種類があるか分かります
またコーンを頼むと、底にチョコレートを入れてくれるとういう、これで2ユーロは安い

「あ~、去年、観た~」Santa Maria degli Angeli(サンタ マリア デッリ アンジェリ教会)(↓左上)を横目で、ジェラテリアの後は、メトロに乗って、Piazza del Popolo(ポポロ広場)の方へ、、、
Monte Pincio(ピンチョの丘)からの眺めは和みます(↓右上)
CIMG0590・0309②
コルソ通りを歩いて、Piazza di Spagna(スペイン広場)へ移動し(↑下2枚)、、、
人がいっぱい、階段を登ってまた眺める、Fontana della Barcaccia(バルカッチャの噴水)が工事中で残念。。。

ブランド通りコンドッティで、GUCCIPRADAを後ろ髪引かれる感じで素通りし、修復工事中だと分かっていても、Fontana di Trevi(トレヴィの泉)へ、、、
CIMG0610・0309③
去年の水が流れているのはコチラ → 『Roma(ローマ) 1』…彫刻をかなり間近で見れるよう橋があり(…全体、撮るの忘れてた。。。)、沢山のコインも投げ入れられていて、私も「また再び、ローマに来れますように」と一枚投げました
友達の悲報によると、どうやら2年は修復に時間がかかるようです

かなりお腹が空いてきて、また友達オススメ『Coso(コーゾ)』というリストランテへ、、、
アンティパストに生ハムとカンパーニャ州のモッツァレッラ…モッツァレッラの中でも、すんごく美味しいBufala(ブーファラ)は最高
プリミは友達がかなり美味しいという「Amatriciana alla coso, con paccheri e menta piperita(パッケリのアマトリチャーナミント味)」(↓下左)と、パッとメニューを見て気になった「Gricia al rosmarino con brunoise di pere」というのを、どんなのかカメリエラに訊いても「Buono, ma storano(美味しいけど、変わった味よ~)!」と、面白そうなので注文(↓下右)、、、
CIMG0615・0309④
パッケリ(=大きなマカロニがクタッとして、濃い味がよく合うナポリのパスタ)の方は、ペコリーノの重い味をミントがスッキリとさせ、ホント美味しく、、、
さて、もう一つのStrano(ストラーノ=変わっている)の方は、パンチェッタかローズマリーが焦げているのか、はたまたそういうものなのか、チーズたっぷりの腹ペコの時にはいいメニュー、、、要するに、半ばくらいまでは美味しく頂けるけど、後半は少し重くなって、「Ma buono(でも、美味しい)!」みたいな感じ(笑)
『COSO』のHP → http://www.cosowinerestaurant.com/
是非!!

さて、随分、胃が重たくなったので、ダイエットの為、歩いて、Foro Romano(フォロ マーノ)などを眺めながら、Colosseo(コロッセオ)へ、、、
CIMG0623・0309⑤
「コロッセオが建設された100日間、約9千頭の猛獣、約3千人の人間が亡くなり、処刑場面も昼食しながら人々は見学・・・」、友達からは「大きな石畳は古代ローマから残っているもの・・・」など、コロッセオにまつわる話を色々して、ココでお別れしました

短い時間でしたが、伊語の話、フェンシングの話、今後の話など、ホント、楽しかったです…恋の話は無かったので、次回に期待(笑)
案内して頂き、感謝~、また会いましょ~

ローマ関連の過去記事
『Roma(ローマ) 1』
『Roma(ローマ) 2』
『Roma(ローマ)のFontana』

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!