あれから2年

月日の流れなんかで、この記憶は薄れていかないもの

ここ、ミランドラの町は、2012年5月29日に大きな地震が起き、大きな被害がありました、、、あれから2年。。。
まだまだ復興中の教会、、、
CIMG9360-2014あれから2年②
画像下の教会横に、黄色のお店がありますが、私の友達イラン出身の夫婦がココを借り、近々、お店を開く予定…完全に、教会にくっ付いてるけど、怖くないのでしょうか。。。

私達が民事婚した元コムーネ(市庁舎)に、左下がPico(ピコ)城(右下がピコさん)、そして右上は、地震が起きた時、私が居た所などもまだまだ作業中、、、
CIMG9009-2014あれから2年①
Via 29 maggio(5月29日通り)という道ができ、この近くには、まだ自分の家に帰ることができない人々の仮設住宅が沢山あり、パパヴェロが周りを取り囲んでいます、、、
CIMG9362-2014あれから2年⑤
この通りに、
5月11日、町の人念願のBibrioteca(ビブリオテカ=図書館)がようやく再開しました
以前の場所は未だ復興作業しておらず、私の伊語教室の近くに新しい建物で出来、とってもキレイでオープンな感じ…地震前のも、古めかしい建物で良かったのですが(↓左上)、、、
CIMG9353-2014あれから2年③
日本の書籍もいくつかあり、伊でも有名、村上春樹さんとか吉本ばななさんの本が多く、そのうち、伊語の学習の為に借りたいと思います、あっトトロのDVDもありました、、、
CIMG9344-2014あれから2年④
↑カフェの場所も、ゆったりくつろげそうな感じ

伊語教室を通じて、この図書館で本の整理などのボランティアの要請があるので、是非、参加したいと思います

↓地震関連の過去記事
『Terremoto(テッレモート)』
『5月29日のM5.8地震から2週間が過ぎ』
『その後のミランドラ』
『貴重な一日』
『良いお年を!』
『あれから1年』
『ミランドラと東北(日本)共に再建の道へ』
スポンサーサイト

今年度ももうすぐ終了

日本と違って、6月が年度終わりなので、変な感じ

5月17日(土)には、モデナのチェントロの広場にて、ここエミリア・ロマーニャ州の年度しめフェスタがあり、州別大会での上位入賞者の表彰やら、デモストレーションや体験コーナーなど、朝10時から夜0時まで開催されてました…長いので、私は21時に退散
チェントロの屋外でフェンシングって、たまたま来た人達の目にもとまるし、体験コーナーでは、沢山の子ども達がプラスチックのマスクと剣で楽しく遊んでたり、風船やダンボール紙で剣を作ったりするコーナーもあり、喜んで持って帰ってる子ども達がいっぱい
フェンシングの普及に良いですね、青空フェンシング、、、
CIMG9310.jpg
私の今の所属先PentaModenaが主催なので、私もちょこっとお手伝いしたり、クラブ仲間と楽しく過ごしました、、、
CIMG9313.jpg
左上は、先日一緒に団体組んだルチアーナですが、45歳と思っていたら52歳で嘘つかれてました
右上は、クラブのマエストロ、もうおじいちゃんで、クラブ仲間クリスティーナと一緒に、
下、Maxの隣の男性は、ファブリツィオで彼もクラブ仲間で、とっても親切
あの苦い団体デビューから(その話)、風邪やら伊語教室の方が忙しく、3週間も顔を出していなかったので、皆心配してくれ「生き返ったー?」って(笑)

5月中はホント忙しく、6月7日(土)にマスターの団体に出る予定なのに、3回だけしか練習出来ませんでした…あんなに反省したのに、、、でも、2日に一回は走って、腹筋背筋腕立てしたり、部屋の中でソファを剣で突きまくってマス
さて、そのマスター団体戦は、3人の年齢合計が120歳以上でないといけません…余裕です、ルチアーナがサバを読んでも、、、ルチアーナ52歳、キアーラ40歳、私38歳ですから(もう数日で39ですが)!!
しかぁし、5月23日(金)練習に顔を出すと、メンバーのうちのキアーラが、もしかして仕事で出れないかもと言い、上の画像に出てきたクリスティーナも仕事、、、
残念ながら、マスター団体組めないかも~~~…まぁとりあえず、いつでも戦える準備はしておきマス

イタリア語教室・備忘録 34

しんみりと和みとへこみと

テルツァメディア(中学3年コース)では、伊英数だけでなく、短期間、簡単に地理と科学も学習してました…ちなみに、地理のVerifica(ヴェリフィカ=確認テスト)の結果は8/10点満点…まぁまぁ
5月中は、最後の卒業テストに向けてのシミュレーション問題やヴェリフィカばかりの毎日で、なかなか欠席することも出来ず(フェンシングの練習にもあんまり行けず)でした、でももうすぐ終わるのかとチョットしんみり
そして、6月6日に授業は終わり、ですが、14日と16日は筆記、18日(若しくは19日)口頭の卒業テストが始まります…出来れば、記憶がしっかりしている今、早くテストしてくれ~って感じデス
B1(中級下)の最終テストは、5月20日(火)に筆記、6月4日(水)に口頭テストの予定、筆記はかなり難しかったデス…まだ結果は分かりませんが、多分、来年度も週一で通うことになりそうな出来具合

5月9日は、ウクライナ出身の友達イリーナ宅で、4回目の夫禁制昼食会がありました(1回目はコチラ、2回目はコチラ、3回目はコチラ
私のリクエストに応えてくれ、борщ(ボールシュチュ)も用意してくれました…ちなみに、私が過去作ったボルシチは、こんな感じ→『伊語教室・備忘録 26』『伊の野菜 6』
ウクライナ人が作る本場のボルシチ、今回はあのキレイな赤色を出すビーツは使われておらず、ナシでもボルシチなんだと思ったり、でも最後にのせるスメタナ(→サワークリームみたいなもの)は欠かせないようです…お味は、もちろん美味しく、何だか和む味で、私と上海出身のルーはおかわりしました
100_0805 - Copia
ドルチェは、伊ではStrudel(ストゥルーデル)という名前のアップルパイ、これもとっても美味しく、隣は私が持参した抹茶味のティラミス…夜なべして作りました
100_0813.jpg
昼食会後は、一緒に伊語教室に行き、そして、授業が終わって皆で帰ろうとしたら、、、
私の自転車がナイィ・・・鍵チェーンを壊され、残骸の一部だけが淋しく
ショックでした、イランの友達も2ヶ月前に盗られたばかりだし、イリーナの自転車鍵も壊そうとした名残が。。。
良い一日がなんか台無しに
その自転車、私とMaxが同棲を始めてすぐ(もう5年も前のこと)、彼が「€220 → €49」の大バーゲンに買ってくれたもので、ギアチェンジもあるし、ライトもぺダルこいで光らすのだしで、「イイ買い物したよね!」とその当初は何回も自慢げに言ったり、カゴも取り付けてくれたりで、彼もショックと怒りでいっぱいな感じでした 
クエストゥーラ(=警察)に届けを出したけど、「この町、一日に2回は何らかの被害届があって、今回は君達なんだね~。」って全く期待は出来ないし、学校にも「防犯カメラとか取り付けたら?」とMaxが言っても「未成年が多いので。。。」と…泥棒が働きやすそうな町デス 
翌日は、ニュースを見ていると、別の地域で、自転車屋さんが沢山被害を受けたと、、、東ヨーロッパからの泥棒団は、ロシア語でネットで売り出していると判明。
その翌日の5月11日は伊では「自転車の日」…皮肉だワ、へこむワ

5月17日には、ネットで中古の自転車を見つけて€45で購入…また盗られるのではないかと思うと、新しいのなんて買いたくないので、コレ↓↓↓
CIMG9305.jpg
重い南京錠にごっついチェーン(チェーンはバイク用)…計4kgもある
この自転車を売ってくれたのはナポリ出身の二人組…彼らについて、Maxは「自転車泥棒かもしれないね。」と、「この自転車の部品、ほとんど、とっかえひっかえしてるし、まぁ少しボロいけど、サドルだけはイイものを取り付けてる。次は、サドル盗られないように気をつけて!」って…彼も3度自転車泥棒に遭い、そのうちの一件はサドル泥棒だったそうです
自転車を車に詰め込む時、素早く分解してくれ、翌日は、キレイに拭き、オイルを塗ったり、調整してくれたり…彼の日曜はこれで終わってしまいました
後は、カゴを買って取り付けてもらうだけ

皆さんもお気を付けて!

Cucina Mondo(クッチーナ モンド=世界の料理) 2

4月16日~5月14日までの毎水曜、通っている伊語教室と私の町のコムーネ(市庁舎)主催の『Cucina Mondo(クッチーナ モンド=世界の料理)』がありました…『Cucina Mondo 1』コチラ

5月7日は、イラン・パキスタン料理で、豪華に沢山のピアットが、しかも予定の2時間を超え、3時間
CIMG9232-2014クッチーナ・モント④
パキスタンのこの兄弟(↓画像下側、真ん中二人)は、ほぼ毎日作っているというChapati(チャパティ)を黙々と作ってました…材料は全粒粉と水と塩だけ!!
CIMG9234-2014クッチーナ・モント⑤
どれも、これもホント美味しかったデス

私の前週がこんなに豪華だったので、「団子ってな~、ちょっと。。。と思いましたが、ここは団子紹介だけでなく、緑茶、折り紙、落し蓋の説明、抹茶ジェラートも
白玉団子教室はじまり~
見本も用意し、、、
手順を確認確認、、、
14419-2014クッチーナ・モンド⑥
みたらしよりもきな粉の方が評判良かったデス
三色団子は、生地が緩くなってしまい形がイマイチでしたが、伊国旗のようで親近感が沸いたのか面白いと
みたらし、きな粉、三色団子をアンティパスト(前菜)感覚で頂いてもらい、プリモ(第一の皿)とセコンド(メイン)は、セルビア料理にバトンタッチ、、、
煮込むとか、オーブンとか時間が結構かかってましたが、リゾにお肉にヨーグルトサラダに、かな~り美味しく、団子だけでお腹が物足りなかった皆も大満足そうでした
14480-2014クッチーナ・モンド⑦
そして、また私のドルチェに、桜餅とカフェぜんざいを、、、
桜餅、味見用だったので、小さ過ぎて、余計作りにくく、見栄え悪過ぎですね~…翌日に作った桜餅が一番キレイに出来ました(↓画像右下)
カフェぜんざい(写真、撮れてなかった)は皆に好評で、余ったバニラのジェラートに抹茶も混ぜたのも、なかなか喜んでもらえました
餡子作りに時間がかかるのですが、ビカルボナート(重曹)を入れることには「そうよね~」って頷いていたり、3度ほど水をかえることや落し蓋にも、説明をよく聞いてくれてました。
試食中は、「アズキ知ってるわ!」「桜の塩漬けって、自分で出来るのかしら?」「(ジェラートに)番茶を混ぜても美味しいかしら?」とか言ってくれ、日本に興味を持っている感じがして嬉しかったデス
14481-2014クッチーナ・モンド⑧
『Cucina Mondo』のイベントをしめた私とセルビア出身のルーナ、そして洗い物兼雑用係をしてくれたMax

来年は、もっと規模を大きくして、開催するらしく、、、
大体の人が「日本=寿司」というイメージを持っているし、日本人なら皆作れると思っている感じ
近くのスーパーでは、刺身用の魚介は売っていないので、生魚を使うのはウイルスとか心配だし、燻製のサーモンやマグロは売ってるけども、う~ん、今回の団子もそうだったけど、寿司にしても、一つずつ作るのは時間と手間がかかる。。。
たこ焼き、お好み焼きもイイけど、おたふくソースがその辺で売ってないし。。。
蕎麦打ちの練習して、蕎麦紹介もイイけど、そば粉もその辺で売ってないし。。。
春巻きや餃子は、中国だよな。。。
伊人の身近な材料で作れて、インパクトのある和食を考え中デス

Permesso di soggiorno per motivi familiari(配偶者滞在許可証) 2

ペルメッソ ディ ソッジョルノ(=滞在許可証)の更新

私がした手順と必要なものは(モデナ県ミランドラ市の場合)、、、
・Questura(クエストゥーラ=警察署)のUficcio Stranieri(ウフィッチョ ストラニエーリ=外国人局)にある申請書
・Permesso di Soggiorno(ペルメッソ ディ ソッジョルノ=滞在許可証)のオリジナル
・Marca da bollo(収入印紙/€16)1枚…値上げされてた~、2年前は€14,68だったのに~
・パスポート全ページコピー
・Certificato di Matrimonio(結婚証明書)1通←コムーネ(=市庁舎)で入手
・Certificato di Famiglia e Residenza(住民登録証明書/€16)1通←コムーネで入手…手数料なんて要らなかったのに、おまけに高~い!!
・証明写真4枚
・結婚相手の身分証明書のコピー


4月2日(水)、クエストゥーラに上記のものを持参。必要書類は全てOKで申請中の紙をもらい、最後に「この紙で、4月5~8日までベルギーに旅行できますか?」って訊くと「オリジナルでないと、伊国外に出れないよ!」と、「ガーン」でした
でも、もともとの期限が4月6日までで、係りの人も「3日ほど過ぎても大丈夫だから、また帰国した翌日に来て!」と。この係りの方、日本人である私のことを覚えてくれていて、とっても親切な対応で助かりましたが、空港でどうなるかなのでかなり不安でした。
実際、空港では係りの女性が「あらっ、旅行中にペルメッソ切れるのってアリなの?」って、上の人に確認してました。
OKということで、スルーし、帰国の際は何とも問題なく、ホッとしました

4月9日(水)、前回と同じ担当の方だったのでペルメッソのオリジナルを渡すと、すぐ申請中の紙を渡してくれ、この日はこれでおしまい、「30日過ぎたら、オリジナルが出来てるはずだからまた来てネ!」と。
その申請中の紙を持って、次は病院の中にあるC.U.Pへ…Tessera Sanitaria(健康保険証)も同じく更新しなければいけないので。
滞在許可証のオリジナルが無いので、半年分の保険期間、オリジナルが出来たら滞在許可証と同じ期間分を渡されます。

5月6日(火)テッセラCodice fiscale(納税番号)が一緒になった念願(?)のプラスチックカードがポストに届いてました。2年前はこのカード届かなかったのに、C.U.Pの仕事怠慢や郵便局での紛失とかでなく、やっぱり地震の影響で届かなかったのでしょうか?
でも、ペルメッソのオリジナルを受け取ったら、同じ有効期限に替えなくてはいけないので、このプラスチックカードはまた新しいのになるのかな?と思うと、この半年分のプラスチックのテッセラって、無駄な仕事じゃなくて?と。。。

5月10日(土)、30日間がちょうど過ぎたこの日、「伊のことだから、まだ出来てないだろうな。」とMaxに言われながら(…伊人のアンタが言うか(笑))、散歩のついでがてら行ってみると、なんともう出来てました。そこでたまたま会ったイランの友達は、40日待ったのに出来ていなかった…フシギ、伊人の仕事っぷり

5月12日(月)、C.U.Pへ、ペルメッソのオリジナルを持って、テッセラの更新に行ってきました。
プラスチックカードはこんな感じ↓↓↓…ペラペラ紙より、カードだとちょっぴり嬉しいもんです
CIMG9255テッセラ
[ ①納税番号 ②姓 ③名前 ④出生国 ⑤出生県 ⑥生年月日 ⑦有効期限 ⑧性別 ]
そのうち、ペルメッソと同じ有効期限で、画像と同じプラスチックカードが届くかと思われます、多分。。。
それにしても、今回のペルメッソは3年間有効なので、また2017年に更新で、しかもまた、A4のペラペラ用紙、、、「いつ期限ナシのペルメッソが貰えるの?」と訊くと、次の更新だそうです…ホンマかって感じ
2年前、初めてこの手続きした時は、地震の影響もあって、オリジナルが出来るまで半年もかかりました
1ヶ月ほどで出来た今回、「伊人ってやれば出来るのネ!」って勘違いしてしまいます(笑)
これで、飛行機の切符をようやく手配出来、、、夏に帰国なので、また皆さん、お相手お願いま~す

関連した過去記事、、、
『Permesso di soggiorno per motivi familiari(配偶者滞在許可証)』
『続いていたPermesso di soggiorno』

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!