Pozzuoli(ポッツォーリ)

Vacanzeで訪れたPozzuoli(ポッツォーリ)の町紹介と胃痛の話

イスキア島観光の為に2泊したこのポッツォーリは、ナポリの西(ナポリ中央駅から最終駅)にあたります、、、
日本でも有名な伊大女優ソフィア ローレンは、幼少時代この町で育ったそうです…そう言えば、私の実家近くのピッツェリアで「ソフィア ローレン」というPizzaを食べたのを思い出すなぁ(その話 → 『Pizza! Caffè! Cioccolata!』)。。。
この町は、伊最大級の魚市場であると言われるとともに、神殿などの遺跡が沢山ある所です

宿泊したホテルは、港へ徒歩4,4km、小高い山を越えなければなりませんでした…Maxが歩いてみたいと聞かないので、一緒に歩かされました
かなりの登り坂で、2km過ぎたところで下りになり、、、すると、、、
この町見どころのSolfatara(ソルファターラ)が…「2万年前の噴火でできた硫気孔が今も白煙を上げている」とガイドに書いていて、別府の地獄谷のように、硫気孔を見学できます(見学€6
熱い温度で硫黄のキツイ匂いの蒸気が地面から噴き出していて、泥がボコボコと音を立てているそうです。ミネラルを多く含んだこの泥は、古代から現代も、病気などの治療に利用されていると言います。
白煙が立っているのが遠くからでも分かり、硫黄の匂いをゆるく感じました、、、
CIMG6736-2013ポッツォーリ①
小さい天然サウナもあるようですよ。。。

下って下って、ポッツォーリ港へ…暑かったし、私の疲労が早かったので(…老いを痛感)、ホテルからは1時間ちょっとかかりました
船のBiglietteria(ビリエッテリア)下見やチェントロ散策を…画像右下は、20時半頃のチェントロ、、、
CIMG6747-2013ポッツォーリ②
19時頃、早めに夕食でも、と、、、
魚介料理専門のOstaria(オスタリア)にて、メニューがなかったので、Maxが「適当にお願いします。」と…どうやら、21時から誕生日パーティーの予約があるようで、同メニューらしく、、、
アンティパストのパイやブルスケッタが出てきて、、、
イワシのオイル漬け、エビのオーブン焼き、小魚フライ、すり身フリットの魚介づくし、、、
そして、大きなリコッタのラヴィオリ(…ムール貝のパスタも選べたんですがね、Maxが・・・)、、、
ジェラートにアマーロ(食後酒)に、白ワインを入れ、2人で€40でした
-2013ポッツォーリ③
港正面のリストランテはちょっと高いですが、狭い路地に入れば、この店のような安くて美味しい店はいっぱいあります
このお店『Hostaria Gianbi』の住所 → Vico Torrione,16 Pozzuoli
笑顔たっぷりの姉妹が迎えてくれます

沢山食べた後、20時半頃、また坂道山道を帰ったですが、、、
街灯のない真っ暗な舗装されていない道50mほどがとっても怖く、歩いている途中、Max「ガラスの割れる音が聞こえる( ← 多分、お皿を洗う音)、、、誰か潜んでいるかも知れないから、あんまり足音立てないで、しーぃ」と言うからまた恐怖で、色んなホラー映画を思い出しながら歩きました

この翌日は、8時15分初のイスキア島行のフェリーだったので、6時半にホテルを出発し、また徒歩…ホテルからタクシーもあったんですが、Maxが歩きたいと言うので、ダイエット&節約も兼ねてチャリン
この後のイスキア島観光は、前回の記事通り。。。

話は飛んで、イスキア島から、ポッツォーリに帰ってきて、早めに山を越える為、夕飯は簡単にケバブ。。。
食べ終え、帰り始めた頃、私、かなりの胃痛が、、、
歩くのも辛く、時々はベンチで胃を下にして一休み、その時はマシになっても、歩き始めるとすぐ痛みが。。。休んだり歩いたりしながら、上で紹介したソルファターラに向かう通りに、山を越えるのは無理と思い「タクシー呼んで!」と言ったものの、各店3軒ともタクシー番号を知らず、救急車を呼んだ方がいいとも言われ、、、でも、この胃痛の原因は「早食い大食いですぐ動いたから」って自分で分かっているので、親切な言葉も拒否してましたが、、、
あるお兄さんが、今晩当直に当たっている知り合いに連絡したから、そのPronto Soccorso(プロント ソッコルソ=急患外来)へ今すぐ行こうと、なんとナポリまで超スピードで車を飛ばしてくれたのでした
ナポリのサン パウロ・プロント ソッコルソに到着して、車椅子に乗せられ、症状を伝え、ベッドへ、、、採血した後、点滴みたいな感じで鎮痛剤を10分ほど打ってくれましたが、痛みが左から真ん中に変わったのでその旨を言うと、今度はエコーを、、、
早食いやかなりの空腹時の大食いの後、今までもよくこんな風になったので(特にフェンシングの練習後、帰宅して、シャワーを浴び早く寝たくて)、下向きに寝ると痛みがおさまっていくことを伝えると、
「胃を下にしたらって良くなるって?それはよく分からないけど、まぁ、早く食べ過ぎたんだね。」
ハイ(…分かってたって)」
「それか石だね、今はもう流れたかも。」
「ハイ(…いや、早食い大食いですから)。」
あとは、、、「それから、水分を沢山飲むようにね。」と。
医師がいなくなった後、下向きに寝るとやっぱり良くなっていきました。。。
診察・薬代は無料でしたが、帰りはタクシーを呼び、夜間倍増で€20 
とにかく、見知らぬお兄さん、ロザリオ君、本当に親身な対応で感謝してます…Maxは、彼の車にカバンを忘れ、ロザリオ君再び病院に来てくれたり
ちなみに、このプロント ソッコルソ、、、仕切りのカーテンなどはボロボロで、かなり古かったです

翌日はミランドラのアパートに帰る日、ダルさはあるものの(坂道の筋肉痛?)、胃痛の方はすっかり良くなり、、、
最後に、Anfiteatro Flavio(フラヴィオ円形劇場)を観光、、、
ポッツォーリの町から少し山側の小高い所にあり、1世紀中頃造られ、2万人以上を収容できる伊で3番目に大きな円形劇場、、、
CIMG6812-2013ポッツォーリ④
円形劇場の回廊に、円柱などがゴロゴロしていて触りたい放題で、猛獣を上げる仕組みもあったり。。。
CIMG6805-2013ポッツォーリ⑤
ライオンの石像がゴロリとあったり
ローマのコロッセオの内部をまだ観たことないので、比較出来ませんが、こちらは見学料€4でゆっくり回れます…ぼったくり剣闘士もいませんし(笑)
映画『グラディエーター』を見たくなりました

と、間に、胃痛の話が長くなってしまいましたが、プロント ソッコルソ初体験の思い出として、ここに記しました。。。
お世話になったよ、Max、、、
CIMG6797-2013ポッツォーリ⑥

この町は、他にも、Tempio di Serapide(セラピスの神殿)Santa Maria delle Grazie(サンタ・マリア・デッレ・グラッツェ教会)が観光名所でありま~す
スポンサーサイト

Isola di Ischia(イスキア島)

Vacanzeの締めくくりは、行ってみたかったイスキア島

イスキア島は、近くの人気のカプリ島よりも大きな島で、人口はカプリ島の5倍強の約55000人
観光に頼りがちなカプリ島とは異なり、多くの産業に恵まれていて、、、
特に、温泉が有名で、温泉の泥を使ったエステなどは盛んで、大型ホテルには、エステサロンが付設されています。エステ以外にも、古代ローマの入浴法にならったローマ風呂や、良質の源泉が使われている温泉プールなど、一味違った入浴体験が出来るそうです
また土地の少ないカプリ島では難しい、ワイン造りも盛んに行われています

と、かなり宣伝しましたが、私達が訪れたのは、島の玄関口の反対側ソルジェート湾の天然温泉だけ、、、
島内を一周するCSのバスに乗り、混んでいたので約1時間(通常は35分ほど)、Panza(パンツァ)というバス停を通り過ぎ2か所先で降り(←バス停の名前が不明)…ギューギューで色んな香水の匂いで、酔いました
バスを降り、下り坂を15分ほど歩いていくと、見えてきました、、、
CIMG6770-2013イスキア②
下って下っての途中…バス停から結構歩くので歩きやすい靴で、それに着替える場所がないので水着着用で脱ぎ着しやすい服装で

沢山の人がいるところよりも、、、
CIMG6773-2013イスキア③
奥の方へ行くと、洞窟みたいな窪みがあり、その前でゆったり浸かることができ、Rihanna(リアーナ)似の奥さんを連れたジョージ クルーニー似のおじさんが笑わせてくれたり
黄色いカーテン後ろが洞窟で、テントしている家族がいて、その家族の人懐こいサンバという名の犬も温泉に浸かってました
彼らが、30mほど離れた洞窟の方向へ行ったので、私達も泳いでいくと、時々温水になったり、海中には小さな魚が沢山泳いでいたり、なんとウニも!…水中撮影出来るデジカメが欲しかったです
CIMG6784-2013イスキア④
洞窟は奥に続いているようでしたが、岩が崩れてきたら~と思うと、ちょっと怖くて入れませんでした
岩にくっついていて、軟らかいトマトみたいな、見たこともない気持ち悪い生き物も見つけたり。。。
この近くにもテントしている人がいて、ダイブしていたり。。。
温泉玉子を作っている人も見かけたりも。。。

さてそろそろ帰るかーと片づけ出した時、はずみで、Maxが念の為外しておいた結婚指輪がカーンカンカンと小さい音を立てて岩の間に消えていきました、、、
「ゲッ!去年は私が失くして、今年はMax?」って、言いながら探し始めようとしたら、一緒の温泉に浸かっていたジョージ クルーニーおじさんが「この辺に落ちたのを見ていたよ、そぉーと石をどけていこう。。」と。
間もなく見つかり、ジョージおじさんに礼を言い、ホッと…「これから、私達、海に行く時は、持ってこないようにしよう。。。」と2人で反省したのでした
Fanghi(ファンギ=泥)パックしている人がいたりも…1回体験は€5で、お持ち帰り用で€10~20で販売してました、、、
CIMG6788-2013イスキア⑤

さて、この温泉ですが、、、
自分に適した温度を探さないといけないし、時間によっては高温になったり、いきなり熱いお湯が流れてきたり(反対も)、また岩場で大変ですが、180度に広がる水平線を見ながら湯に浸かるというとっても面白いところです、なんせ海に沸く自然温泉ですから(無料です)

日帰り観光にしたので、、、
魚介料理に合わせて白ワインのBiancorella(ビアンコレッラ)や、穴ウサギ料理を食べることが出来ませんでしたけども
穴ウサギ料理は、その名の通り、穴の中で半放し飼い状態で飼育されているウサギで、かなり美味というウワサ、これには、イスキアの黒ブドウPer'e Palummo(ペレ パルンモ)で造られた赤ワインが最適だそうですよ 
人気の温泉公園やエステも行きたいですが、ココを体験出来て良かったぁ、です

今回は、往路はMedmar、復路はCaremarという会社のフェリーで行きました
どちらも、Webからも切符を購入できます。もちろん、直接、ポルト(港)で買えますが、並ぶのが嫌な人はWebがイイですし、私達も往路は8時15分発の早めにしたかったので、MedmarのWebで予約。
そして、前日、下見がてらに切符を交換しに行き、復路も買おうと思い、別会社CaremarBiglietteria(ビリエッテリア=切符屋)に伺いましたが、あっちで買ってとか今日は買えないとか面倒でした
結局、復路は、最終時刻の17時30分発のを、当日、買いました…ちなみに、日曜は20時30分の便があります。
Medmar : €23,50
Caremar : €17
同じ距離なのに、この違いを勝手に比較してみると、、、
Medmarの船は、とても綺麗で清潔で、内装のソファーとかはちょっぴり豪華。それにデッキに出れて、素晴らしい景色を眺めることが出来ます。日本語表記もありました。
行きにて、Pozzuoli Porto(ポッツォーリ港)を、、、
CIMG6765-2013イスキア①
イスキア島にもうすぐ到着、ボートから

Caremarは、座席などが古く、トイレも少し汚く、外にも出れませんでした…帰りに、イスキア島全体を写真に撮ろうと思ってたのに残念、、、
フェリーとは関係ないけど、コバルトブルーの海や人気の砂浜それにチェントロなども撮るの忘れていて、とっても残念(…温泉だけしか撮れていないし 

もちろん、Napoli Porto(ナポリ港)などの発着もあり、Ischia Porto(イスキア港)イスキア北のCasamicciola Porto(カザミッチョラ ポルト)の発着の選択ができます。

自然温泉に向かって歩いていると、石垣島を思い出しました…島独特の雰囲気がイイですね 
ちなみに、ナチュラル・ヴァイアグラを売りに、唐辛子が売られているのをよく見かけました

Amendolara(アメンドラーラ) 3

ローマ観光の後、10日ほど義両親の夏用ミニミニ別荘へ…私は、2009年(『Amendolara(アメンドラーラ) 1』)、2012年(『Amendolara(アメンドラーラ) 2』)とこれで3回目

ゆったりな時間、、、
Fichi d'india(フィキ ディンディア=サボテンの実)、ローズマリーなどの自然がいっぱい、、、
CIMG6720-2013①
近所の羊たちを眺めたり、、、
ココは、オリーヴの木や…木々の間を歩いてみたら、羊たちのフンがコロコロ

軒下に、唐辛子やパプリカを干している風景をよく見かけられ、私もメルカートで購入…Vacanzeから帰ってきた翌日、トマトパスタにしましたが、パプリカの味ギューッと詰まっていて濃厚で美味しかったです、、、
CIMG6638-2013③

時には、釣りが得意な義兄がタコやアサリなどを獲ってきて、マンマが料理…タコもアサリも、伊では高いから嬉しぃ、よぉく味わいました、、、
CIMG6578-2013②
玄関先でBBQしたり、マンマのパプリカ料理はダイナミックです

時には、隣町Trebisacce(トレビサッチェ)へ、0時過ぎまで賑わう改装オープンしたピッツェリアに行き、カンツォーネを…安さにビックリ!たった€4,50、定番のマルゲリータは€3、なので5人の合計€27,50(飲み物やコペルト含)ってスゴイ安い!!、、、
CIMG6624-2013④
フェスタに行ったり、ジェラート食べたりも

今年も、近場の温泉プール『Grotta delle Ninfe(グロッタ デッレ ニンフェ=妖精の洞窟)』へ…(温泉の詳細は去年の記事『Cerchiara(チェルキアラ)』)、、、
CIMG6642-2013チェルミアラ
衣類などに硫黄臭さが当分続きますが、お肌はツルツル、髪はシットリ…Maxは、泥パックして乾燥させている間、ダヴィデ像のように装っていたので、笑えました…ワイン飲み過ぎのダヴィデ像ですが、、、
ここで、伊在中の日本人の方とお知り合いになることが出来ました…長~いお付き合いをお願いします

日本では終戦記念日の8月15日は、こちらはFerragosto(フェッラゴースト=聖母被昇天の祝日)で、ラザーニャや子羊の直火焼きなどのご馳走を食べ、いつも静かな近くの海も、音楽のボリュームが大きかったり、BBQしてる人達で大賑わい…でも、ゴミを持ち帰らないので海辺はゴミだらけ、、、伊の至る所、ゴミが多いのがホント残念です。。。泳いでいたら、赤ちゃんの紙オムツが海中をさまよっていてビックリ
この祝日が過ぎると、海にはクラゲが増えてきて、、、
あークラゲというと、去年の結婚指輪を失くした辛い思い出が再び(そんな話はコチラ『Amendolara(アメンドラーラ) 2』

と、満喫してましたが、Vacanzeの締めくくりイスキア観光の細かいスケジュールがなかなか立てれず、PCばっかりいじってた2人…結局、イスキア2泊はキャンセルし、イスキア行の港があるポッツオーリで2泊にし、イスキアは日帰り観光。。。車を船に乗せるとか、ナポリ泊とか、ナポリに車を駐車するとか色々考えたのですが、新車だけに、Maxの心配が大きいので

この数日間、家事をしなくていいので楽でしたが、でも、やはり他人の家に嫁ですんで、それなりに気遣い(いわゆるストレス)もありマス。。。

たくさん、泳ぎました、ダイエットの為、、、Maxも
伊の夏の夜も花火が外せず、歓声が沸き、、、
CIMG6697-2013⑤
さらば、イオニア海

Roma(ローマ) 1~ローマの噴水~

以前、Fontana(フォンターナ=噴水)の話『水はどこから?』を書きましたが、ローマはフォンターナで有名

出来る限り、確認しました

Piazza Navona(ナヴォーナ広場)にて、、、
世界の四大河川(ナイル、ガンジス、ドナウ、ラプラタ)を擬人化した『Fontana dei Quattro Fiumi(四大河の噴水)』…エピソードは色々で、私の後ろがラプラタ、左の布を被った方がナイルだそうです、、、
CIMG6483Fontana①
広場北側『Fontana del Nettuno(ネプチューンの噴水)』、、、
CIMG6484Fontana③
広場南側『Fontana del Moro(ムーア人の噴水)』…ムーア人って、面白いお顔なんですね、、、
CIMG6488Fontana②

Piazza di Spagna(スペイン広場)にて、、、
『Fontana della Barcaccia(バルカッチャの噴水)』の周りはとっても賑やか、、、
CIMG6502Fontana⑦

Piazza della Repubblica(共和国広場)にて、、、
『Fontana delle Naiadi(ナイアディの噴水)』は豪華…ロータリーになっているので、くつろぐのは難しそぅ、、、
CIMG6559Fontana⑤

Piazza del Popolo(ポポロ広場)にて、、、
CIMG6516Fontana⑥

広場近くの『Fontana dell'Acqua Felice/Fontana del Mose(通称:モーゼの噴水)』、、、
CIMG6562Fontana⑧

Piazza Barberini(バルベリーニ広場)にて、、、
Santa Maria Immacolata Concezione(サンタ マリア インマコラータ コンチェツィオーネ/骸骨寺)近くの、かわいい『Fontana delle Api(蜂の噴水)』…3匹の蜂は、バルベリーニ家の紋章、、、
CIMG6564Fontana⑩

『Fontana del Tritone(トリトーネの噴水)』も有名ですが、修復中で全く見れず。。。
この広場を左に進むと、『Le Quattro Fontane(4つの噴水)』…4つまとめて撮るのは難しいです、、、
CIMG6563Fontana⑨

そして、Fontana di Trevi(トレヴィの泉)、、、
CIMG6500Fontana④
必ず、コインを投げるようにしてます…何度でも訪れたくなるローマですもんね

フォンターナのレポートはここまで、、、
フォンターナは、ギリシャ・ローマ神話の神々や海の生物がモチーフとなっていたり、怪人の口からっていうのも多いので、背景も調べてみると、長い長いローマ歴史を少し覗くことが出来てとても興味深いです

ローマの所々にあるFonatanella(フォンタネッラ=飲み水場)の水も、暑い日でも、とっても冷たくて美味しいので有名、ミネラルウォーターを買わなくてイイです…個人的には、前回も書きましたが、Piazza del Campidoglio(カンピドーリオ広場)への階段ふもとのが、一番美味しかったです
ずっと出っ放しっていうのが、スゴイですね

Roma(ローマ) 1~後半~

8月7~8日

7日10時頃、ホテルを出て、一つバスを見逃した為、かなり待ち…9時に出発する予定で、私は準備完了だったのに、なにぶん連れが伊人なもんで、、、
ローマの真ん中に位置しているPiazza Venezia(ヴェネツィア広場)で降り、午前は12時に閉まるというBasilica di Santa Maria in Aracoeli(サンタ マリア イン アラコエリ教会)へダッシュ、この長い階段も一段抜き…で、結局は12時に閉まらなかった、、、
-2013ローマ⑧
目的は、あらゆるミラクルを呼び起こす聖幼子像を拝見したくて、、、
主祭壇近くの幼子の礼拝堂は、中央に金ピカ衣装の上に、ライトで照らされてピカピカの幼子がいて(…ちゃんと写ってないですね)、世界中から奇跡を願う人の手紙が祭壇の左右に束になっていました…2人でお願い事しましたよ
ちなみに、このことも有名で、、、この教会で、伊サッカー人気選手トッティはここで結婚式を挙げ、あの長い階段をリフティングしながら降りたそうです。。。

建物の台座前中央、2人の兵士が、ずっと雪の日も雨の日も無名戦士の墓守をしている、ローマのランドマーク、ヴィットリオ エマヌエーレ二世記念堂
同じ階段を降りる前、ココにもBel vedere(ベル ヴェデーレ=ビューポイント)が、、、
後ろ側にエレベータがあり、もっと見晴らしの良いMonumento Nazionale a Vittorio Emanuele II(ヴィットリオ エマヌエーレ二世記念堂)の屋上へ行けますが、その前を通り越して、奥側カフェテリア前に行くと、十分に素晴らしい景色が目の前に、、、
↓画像下は、そのカフェテリア脇から、、、
CIMG6520-2013ローマ⑦
教会前に戻り、長い階段を降りると、隣には、Piazza del Campidoglio(カンピドーリオ広場)への階段があり、そのふもとにあるライオンの口から出るFontanella(フォンタネッラ=飲み水場)がとっても冷たく美味しかったです

てくてく、テヴェレ川中洲にプカッと浮かんでいるようなIsola Tiberina(ティベリーナ島)方向へ、、、
島は、全長270m、最大幅が67mで、修道院と救急病院にもなっている付属病院があります
広場では、「Isola del cinema(イゾーラ デル チネマ)」にて、毎年6~9月に開催される野外映画祭が有名です。
この映画祭は、1995年から始まり、今年が19回目、日本特集「日本の夏」は、2009年から始まり、今年で5回目となり、7月24~25日に終了済み…上映だけでなく、大使館主催の食文化紹介、そして武道デモンストレーションも合わせて行われ、より深く日本文化を知ることのできる2日間となったそうです。ちなみに、今年は「女たちの都~ワッゲンオッゲン~」「横道世之介」を上映
CIMG6527-2013ローマ⑨
紀元前2世紀に作られたPonte Rotto(ポンテ ロット=壊れた橋)を眺め…度重なる河の氾濫で壊れ、その度に修復されましたが、16世紀末の洪水で再び壊れて以来、このままの状態だそうです。。。

島を渡って、安くて美味しいピッツェリアの店が多いというTrastevere(トラステヴェレ)地区に…ローマ・チェントロで食べるのはちょっと高いし、ぼったくりの可能性大です、、、
小さな路地で、かわいらしいお店発見し、お腹が空いていたので、この店に即、、、
-2013ローマ⑩
ペコリーノ ロマーノを使ったアマトリチャーナ…私もよく作ります、簡単だから
サルティン ボッカ…私も、去年、Maxの誕生日で作りました(過去の記事『Saltimbocca』
1コース(アンティパスト、プリモ、セコンド、ドルチェ、水500ml)を量が多いので半分ずつにし、ビールとコペルト込みで、€20でした…とびっきり美味しいわけではなかったですが、エアコンがよく効いていたし、安く済みました…ピッツァも頼む予定でしたが、満腹で。。。

充電したら、また、てくてく、島を渡って、、
Santa Maria in Cosmedin(サンタ マリア イン コスメディン教会)へ、、、
並んで並んで、教会の正面柱廊の奥に飾られているBocca della Verità(ボッカ デッラ ヴェリタ)を…元々は排水溝の蓋であったことは有名ですが、大きな大きな排水溝だったんですねぇ~、刻まれている顔は海神トリトーネ、、、
CIMG6538-2013ローマ⑪
教会内には、サン ヴァレンティーノの頭蓋骨が飾られてました。。。

Foro Romano(フォロ マーノ)Terme di Caracalla(カラカッラ浴場)にも行く予定でしたが、この日は気温40度超えで諦めました…上から眺めることが出来たし

影が少ない道をふら~と歩きながら、ローマのシンボルColosseo(コロッセオ)に…ちょっとセピアで撮ってみました…フラフラしかけていたので、ホントにそぅ見えた、、、
CIMG6550-2013ローマ⑫
道路側は、排気ガスでどんどん黒くなってきていて、許可されている車だけしか通れません。。。

お次は、Santa Maria Maggiore(サンタ マリア マッジョーレ大聖堂)(画像左上)へ行って、ちょっと休憩させてもらいました、、、
CIMG6556-2013ローマ⑬
そして、古代ローマの遺跡を損なわないようにとミケランジェロがデザインした廃墟のようなSanta Maria degli Angeli(サンタ マリア デッリ アンジェリ教会)(画像右上)へ…古代は浴場だったそうです、、、
巨大なこの4500本のパイプオルガン、奏でた時を想像できません

まだまだ歩くのに、栄養ドリンク代わりにRed Bluをスーパーで買い、、、Termini(テルミニ)駅近くは、スーパーが多くて便利ですね、なので、ちょっと屋台でジュースを買うのを我慢すれば、半分は節約できますチャリン
補給したら、気合が入り(←本当は、気持ち的なものでしょうね
てくてく、、、
CIMG6562⑭
Santa Maria Immacolata Concezione(サンタ マリア インマコラータ コンチェツィオーネ教会)へ…名前が長いわりに、見た目地味な教会ですが、地下の納骨堂には、カプチン派の僧4000人の人骨が飾られていて、一目見たかったのですが、私の趣味に、Max、付き合ってくれず、、、
以前、シチリア旅行で、世界で最も美しいミイラ(過去の記事『Sicilia』)に付き合ったことにウンザリしたみたいです…こういうところって、神聖な場なんですけどね。。。
近くには、かわいらしい蜂の噴水があります

そして、また、テルミニ駅に戻り、夕飯を買い、メトロとバスでホテルに帰ったのでした。。。

8日、ゆっくり起床し、、、
ローマの北の方、Villa Borghese(ボルゲーゼ公園)を散策、、、
CIMG6566-2013ローマ⑮
私のお目当て、動物園に行く予定でしたが、、、
入園料€14と聞き、2人で€28、、、「美味しいランチ食べれるね。」と、ライオンと虎とオオカミを見たいだけの自分をなだめ、タダで見れる亀を眺め…アルマジオも見れるはずだったのに、どこかに潜んで姿現してくれなかった、、、で、引き返しました。。。
Vacanze最後に行くイスキア島に結構な費用かかりますんで、、、Maxに悪いし、養ってもらってるし、、、ガマンガマン。。。

初日に行ったピンチョの丘に再び…え?サングラス、デカ過ぎで似合ってない? でも、紫外線からシワもシミも防ぐにはデカイ方が・・・、、、
CIMG6572-2013ローマ⑯

この後、Maxの夏用ミニミニ別荘があるカラーブリア州へ。。。
やっぱり、沢山の人を魅了する街ローマ、、、また再び訪れたいです

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!