イタリア語教室・備忘録 17

Indicativo(インディカティーヴォ=直説法)を完璧に、というのが目標だね、と先生がしつこく言う

日本語と違って、伊語は主語が曖昧になることなんてほとんどない、というのは、、、
「昨日、ピッツァを食べました。」
という日本語一文があるなら、大概の人は、語り手の「私は」が主語と思うかもしれない、でも「あなたは」「彼/彼女は」でも「私達は」「あなた達は」「彼らは」でも当てはまる、、、ので、主語をはっきりさせないと「誰がピッツァを食べたのか」が分からない…もちろん、前後に文があるなら、文脈の中で、分かりますが。。。
その点、伊語では、動詞が変化するので、主語が省かれたこの一文だけでも、伝わります。

今回は、直説法のPresente(プレセンテ=現在形)のことを、、、動詞の変化に注目を、、、

直説法のPresente(プレセンテ=現在形)
Coniugazione(コニュガツィオーネ=動詞の変化)-「are」アーレ動詞
「mangiare(マンジャーレ=食べる)」のような「are」で終わる動詞は、簡単に下線を引いているところを変化すれば良いだけです。
Soggetto
(ソッジェット=主語)
  Verbo
(ヴェルボ=動詞)
  Giapponese
(ジャッポネーゼ=和訳)
Io(イオ)mangio(マンジョ)私は 食べます
Tu(トゥ)mangi(マンジ)あなたは 食べます
Lui/Lei(ルイ/レイ)mangia(マンジャ)彼/彼女は 食べます
Noi(ノイ)mangiamo(マンジャーモ)私達は 食べます
Voi(ヴォイ)mangiate(マンジャーテ)あなた達は 食べます
Loro(ローロ)mangiano(マンジャノ)彼らは 食べます
例: Noi mangiamo la pizza per pranzo(ノイ マンジャーモ ラ ピッツァ ペル プランツォ).…昼食に、私達はピッツァを食べます。
…他の動詞の例、「pagare(パガーレ=<お金など>を払う)」「guardare(グアルダーレ=<TVなど>を見る)」など。

Coniugazione(コニュガツィオーネ=動詞の変化)-「ere」エーレ動詞
「credere(クレーデレ=信じる)」のような「ere」で終わる動詞は、下線を引いているところが変化します。
Soggetto
(ソッジェット=主語)
Verbo
(ヴェルボ=動詞)
Giapponese
(ジャッポネーゼ=和訳)
Io(イオ)credo(クレード)私は 信じます
Tu(トゥ)credi(クレーディ)あなたは 信じます
Lui/Lei(ルイ/レイ)crede(クレーデ)彼/彼女は 信じます
Noi(ノイ)crediamo(クレディアーモ)私達は 信じます
Voi(ヴォイ)credete(クレデーテ)あなた達は 信じます
Loro(ローロ)credono(クレドノ)彼らは 信じます
例:Io non credo a tale cosa(イオ クレード ア ターレ コーザ).…私はそんなことは信じない。
…他の動詞の例、「dipingere(ディピンジェレ=<絵を>描く)」「chiudere(キウーデレ=閉める)」など。

Coniugazione(コニュガツィオーネ=動詞の変化)-「ire」イーレ動詞
「sentire(センティーレ=聞く、感じる)」のような「ire」で終わる動詞は、下線を引いているところが変化します。
Soggetto
(ソッジェット=主語)
Verbo
(ヴェルボ=動詞)
Giapponese
(ジャッポネーゼ=和訳)
Io(イオ)sento(セント)私は 聞きます
Tu(トゥ)senti(センティ)あなたは 聞きます
Lui/Lei(ルイ/レイ)sente(センテ)彼/彼女は 聞きます
Noi(ノイ)sentiamo(センティアーモ)私達は 聞きます
Voi(ヴォイ)sentite(センティーテ)あなた達は 聞きます
Loro(ローロ)sentono(セントノ)彼らは 聞きます
例: Sentite(センティーテ)?…聞こえてる?(複数の人に)
「ascoltare(アスコルターレ=聞く)」も同じ「聞く」ですが、こちらは理解も求める意味が含まれています。
例:Ascoltate(アスコルターテ)!…聞いてんの!(先生が生徒達に)
…他の動詞の例、「aprire(アプリーレ=開ける)」「seguire(セグイーレ=後を追う)」など。


変化の法則を知れば、簡単ですねぇ、、、でも、これは、Verbo regolare(ヴェルヴォ レゴラーレ=規則動詞)のことであって、Vervo irregolare (ヴェルヴォ イッレゴラーレ=不規則動詞)は、細かく変化するので、私は丸覚え、、、しかも重要な動詞が多いです。
例えば、、、
「andare(アンダーレ=行く)」
Soggetto
(ソッジェット=主語)
Verbo
(ヴェルボ=動詞)
Giapponese
(ジャッポネーゼ=和訳)
Io(イオ)vado(ヴァード)私は 行きます
Tu(トゥ)vai(ヴァイ)あなたは 行きます
Lui/Lei(ルイ/レイ)va(ヴァ)彼/彼女は 行きます
Noi(ノイ)andiamo(アンディアーモ)私達は 行きます
Voi(ヴォイ)andate(アンダーテ)あなた達は 行きます
Loro(ローロ)vanno(ヴァンノ)彼らは 行きます
例:Dove vanno(ドヴェ ヴァンノ)?…彼らはどこへ行くの?

「bere(ベーレ=飲む)」
Soggetto
(ソッジェット=主語)
Verbo
(ヴェルボ=動詞)
Giapponese
(ジャッポネーゼ=和訳)
Io(イオ)bevo(ベーヴォ)私は 飲みます
Tu(トゥ)bevi(ベーヴィ)あなたは 飲みます
Lui/Lei(ルイ/レイ)beve(ベーヴェ)彼/彼女は 飲みます
Noi(ノイ)beviamo(ベヴィアーモ)私達は 飲みます
Voi(ヴォイ)bevete(ベヴェーテ)あなた達は 飲みます
Loro(ローロ)bevono(ベーヴォノ)彼らは 飲みます
例:Che cosa bevi(ケ コザ ベーヴィ)?…あなたは何を飲むの?(居酒屋とかで)

「uscire(ウッスィーレ=出かける)」
Soggetto
(ソッジェット=主語)
Verbo
(ヴェルボ=動詞)
Giapponese
(ジャッポネーゼ=和訳)
Io(イオ)esco(エスコ)私は 出かけます
Tu(トゥ)esci(エッスィ)あなたは 出かけます
Lui/Lei(ルイ/レイ)esce(エッスィエ)彼/彼女は 出かけます
Noi(ノイ)usciamo(ウッスィアーモ)私達は 出かけます
Voi(ヴォイ)uscite(ウッスィーテ)あなた達は 出かけます
Loro(ローロ)escono(エスコノ)彼らは 出かけます
例:Lui esce per lavoro in Cina(ルイ エッスィエ ペル ラヴォーロ イン チーナ).…彼は中国に仕事の為に出かけます。
…他の例、「fare(ファーレ=する、作る)」「tenere(テネーレ=持つ)」「dire(ディーレ=言う)」など、日常よく使う動詞がいっぱいです。


ここ(ブログ)に記録することが、私の一番の勉強法となっています…お付き合いくださいな。。。
スポンサーサイト

授かるかな 2

経緯…前回の不妊話の続き

2月6日、10時15分、モデナのPoliclinico(ポリクリニコ=総合病院)で初カウンセリング、、、
誕生日や既往症などのデーターを全て記録。婦人科検診や血液検査やウイルス検査など27項目の検査結果を、3月15日に持ってくるよう指示される。
費用€23,00

2月8日Medico(メディコ=主治医)Ricetta medica(リチェッタ メディカ=予約用紙)を用意してもらう。

2月9日C.U.P.(Centro Unico di Prenotazioni=保健予約センター)Consultorio(コンスルトリオ=婦人<家庭>相談所)で検査予約。
伊で、主治医が診断・治療できないものや、公立の病院・機関での検査・治療のほとんどは、、、
主治医からリチェッタ メディカを受け取る→C.U.P.で予約→検査
の手順になります…面倒です。。。
C.U.P.に電話して、リチェッタ メディカに書いてある番号を言えば予約出来ますが(出来ない検査もある)、検査・診察内容が多いとややこしいし、検査場所の確認や聞き間違いがないよう、直接、C.U.P.に行き、予約を取った方が良いと思われます。
オンラインでも出来るようですが、、、利用したことないので、分からず。。。
その他、病院内だけでなく、ASL(保健所)や、C.U.P.の出張所となっているFarmacia(ファルマチーア=薬局)で予約が出来るようです。

※伊に長く滞在されてる方や、もしくは伊人と結婚されていて、SSN(Servizio Sanitario Nazionale=国民保健サービス機構…国民保険のようなもの)に加入されていることが前提の上での内容です。
SSNには、学生でも自営業でも、Dichiarazione di Residenza(住民登録)があれば加入できるようです…費用は分かりませんが。

2月11日、翌日モデナのポリクリニコEcografia basale(子宮・卵巣チェック)でしたが、Sciopero(ショーペロ=ストライキ)の影響で木曜日に変更するよう連絡が有り、他の検査予定も変更。

2月12日、9時に、ミランドラのコンスルトリオ婦人科検診(Visita Ginecologica)、15分前に行って待っていたら、すぐ私の番になり、陽気な女医が、体調などの簡単な問診をし、検査は3分ほどで終了。35歳以上無料で、成人女性は皆、3年ごと受診するようにとのこと。

2月14日、10時モデナのポリクリニコ子宮・卵巣チェック
10時予約だったが、9時半に着いて待っていると、先の予約の人達がまだ到着しておらず、私の番に…「さすが日本人、早く来ていて良かったね」と、担当医。
担当医と助手の男性2人で「あー男性の先生か、それも2人もいる。。」とちょっと気持ちが沈みました。それから、エコーは今まで受けたことがあるかどうかを訊かれ、日本でのエコー画像を見せると「あーこれこれ、でもちょっと分かりにくいから、ここでも検査するね。」と。検査が終わり、「全く異常なく完璧だよ、特に左側卵巣は活発的だよ。」と、褒められました…左でフェンシングしていたかしらぁ、と、、、関係ないか。。。

で、Cassa(カッサ=会計)の場所に行くと30人待ち、番号札を取って順番がくると、担当のおじさん「扶養の証明書がないと4倍の費用だよ。」と言われ、敷地内にあるC.U.P.へ証明書をもらいに、、、そこでまた36人待ち、私の番が来て、、、「ココでなく、すぐそこにあるインフォメーション に行って。」と。

その窓口から100m先に行くと、あるモロッコ人女性と受付係のおばさんが口げんか…女性がコディーチェ フィスカーレ(税務番号)のカードを忘れ、番号も分からないのに、「パソコンに入ってるの、でも今日は持ってきてないの、でも何とかなるでしょ!」とか「ホント、イタリア、融通利かないわ!!」と。。。
「郷に入れば郷に従え」のようなことをMaxとおばさんが話している横で、私は渡された申請用紙に名前やコディーチェ フィスカーレなど記入し提出、すぐ証明書をもらえました…Maxの年収を訊いただけで。
また最初の会計場所へ行くとまた20人待ち、同じおじさんで「あーもらってきたね、じゃあ€36,15だよ!」…4倍じゃなくて良かったぁと。
費用€36,15
帰りは、急激にお腹が空いたので、昼食の後に、美味しいナポリ菓子をBarで食べました

※ちなみに「郷に入れば郷に従え」は、伊の似たことわざでは「Paese che vai, usanza che trovi.」で、「ローマに行けば、ローマ人のようにふるまうように。」と表現しています。

2月16日、7時40分ミランドラのOspedale(オスペダーレ=公立病院)にて血液検査でウイルスチェック。
受付は8人ほど並んでいたが、10分も経たないうちに私の番に、、、受付で、婦人科でのウイルスチェックも必要と言われる…コンスルトリオでもう検査済みなのにまたか、と。
血液検査は、番号札を取って待つ…5人ほど前にいたが、二手に分かれて行っていたのですぐ私の番に。
ミニ試験管分5本を抜かれ、それだけで疲れた。その後、同じ建物の2階へ上がり、婦人科みたいな部屋で、粘液採取。今回は女性担当だったので少しホッとした。
どちらも結果が出るのは3月5日以降、支払ってから(ネット払い可)、オスペダーレに結果を取りに行く。
費用€98,30(私)/€36,15(Max)

2月22日、10時半頃、コンスルトリオから携帯に連絡があり、婦人科検診2回目を受けるようにと。
歩いて15分もかからないほど近くて、11時半頃、検査…誰も待っている人が居なくてすぐ受けることができた。
完璧でどこも異常が無いと言われ、ホッと一安心…前回は、採取した量が少なすぎたから、と。
1回目の内容も含めて結果をくれるよう頼み、出来たら電話くれると、、、10日後、郵便で届いてました。

3月15日オスペダーレに検査結果を取りに行き、12時モデナのポリクリニコへ全ての検査結果を持参。
血液検査や婦人科検診では全く異常なし、Maxも全く異常なしで、「2人とも若いから大丈夫よ!治療を始めだした矢先とか、また人工授精の登録を済んで、すぐ出来たって人多いんだから!!」と、日本とは正反対のアドバイス。
唯一、ウイルス感染症の項目「Rosolia」の結果に、何やらマークがついていたので、「うそ~何かのウイルス!!」って焦り、Maxからも「消毒か、それとも何か薬飲まなきゃいけなくなるんじゃないかな。」と脅されたけど、過去の風疹のことで、子どもの時にかかっているので問題ないという、当然、日本と同じ見解。
人工授精の順番は1年半先…長いよ。。。 待つことが出来ないなら、ボローニャとか近隣の町の病院を紹介すると。
費用€23,00

帰りは、またナポリ菓子を食べ癒されました

2月~3月上旬まで、予約や検査などの為にあちこちへ、結構疲れました…日本と違って、一つの施設内で出来ないから困りものですね
とりあえず今は、様子を見ています

カランコエの花が、双子…去年、ベランダにて、、、
CIMG3487.jpg

授かるかな1

今までの不妊生活…わざわざ話すことでもないのですが、私と同じように悩みを持っておられる方、伊で不妊治療を考えている方に少しでも参考に、励みになればと、、、まぁ気休め療法がほとんどですが

2012年は、、、
ネットで色々、自分なりに調べ、良さそう出来そうと思ったことを取り入れていきました、、、

6月後半から、冷え改善(手足の末端が特にひどいんです)とダイエットの為、リンゴ酢大股歩きセルライト除去マッサージを取り入れる…リンゴ酢は体内をアルカリ体質に、大股早歩きでは、太陽光を浴びて自律神経の活性化、またセルライトが多いと冷えが増すので除去マッサージを。

7月から基礎体温を初めてつけ始める…これが遅すぎですね、基礎体温は、全体的に低めで、少しガタガタだけど、毎月2相性。
伊の病院では(私が行った)、基礎体温は全く参考にされていないし(その存在を知らないドクターもいる)、基礎体温計が売られているのも見かけません。でも、世界では、この基礎体温測定が推奨されだし、日本人女性が世界一使いこなしているのでお手本に、とも聞きます、ので、暫くしたら伊にも導入されるかも、ですね…日本から持って来られることをおすすめします。
私は、基礎体温と共に、体重や体脂肪率に、腹痛やその他もろもろ、毎日、記録しているので、自分のコトが分かりやすいです。
データーメモリはもちろん、寝ている間に、勝手に自動計測できるのだってあるらしぃ…日本人って、開発に気配り上手。

排卵検査テストも初めて使う…この存在、この時、初めて知りました。高いですよ、、、Farmacia(ファルマチーア=薬局)で、尿をかけるタイプが、7本入り€23,90とか5本入り€22,49です。唾液で排卵検査をする器具も、日本同様売っているようです。

8月ザクロを取り入れる…女性ホルモンが活発になると言われてますが、医学的な根拠は解明されてないらしく、気休めに。果実を食べることはすぐ飽きてしまったので、いくつかの実を寝室に飾ってます。

9月からルイボスティを取り入れる…効能として、ポリフェノールによって活性酸素除去、卵子の老化防止などですが、これも気休め程度に。
それに、体内環境を改善するに、最低でも3ヶ月は必要だそうです。

10月中頃、初めて、Medico(メディコ=主治医)に行き、挨拶も兼ねて相談。
まだ不妊治療は早いと言われたが、モデナのPoliclinico(ポリクリニコ=総合病院)を紹介してもらいました。
主治医から紹介されたモデナのポリクリニコでのカウンセリングを翌年2月初旬に予約が出来た…長~い。。。

12月26日、一時帰国。

2013年は、、、
1月1日、人形供養の他に、女性の神様で知られる淡嶋神社に初詣、子宝お守りを購入。

1月2日、夢の中で、知らないおばあさんが「今、妊娠していると手相に出てあるよ。」と…ホントに夢見ました。そこまで思いつめていたのでしょうね、きっと。。。

1月8日、和歌山市の産婦人科で漢方処方の相談…日本滞在が短いということで、ちょっと冷たい対応。でも違うクリニックを紹介してくれる→そのクリニックにメールにて相談。

1月9日、紹介してもらった、レディースクリニックに電話→夕方、問診→卵管造影検査の予約…対応の早さにビックリです…日本なら当たり前か。。。
費用2,700円

1月15日16時15分、2時間前から食事禁止(嘔吐防止の為で、飲み物はOK)、まずは女性ドクターに体調確認など訊かれ、すぐ内診室に行き、内診台へ…看護士さん達はアットホームでしたが、このドクターはあんまり笑うことがなく、、、ちょっと怖かった。
消毒され、検査が始まる、、、
カテーテルを入れる時、造影剤を入れる時、痛かったがまだ我慢できる痛み。
クリニックのスカートを着用して、レントゲン室へ。
少し痛みが増してきて、レントゲンを撮るとき、半端ない痛みが続き、ずっと唸っていました。
動けず、レントゲン台で5分ほど休み、ベッドに移って休むが、あまりにも痛いので、痛み止めをもらいました。
身体を丸くしたまま、20分が経ち、、、なぜかお腹がゆるみ、トイレへ…刺激から?
その後も鈍痛に唸りながら、寒気もずっと続き、血圧も一気に下がっていました。
検査から40分経過し、鎮痛剤が効いてきたので、やっとこさ服に着替えられました。
ドクターに呼ばれ説明を聞く、、、
右側卵管閉塞
…だから尋常じゃない痛みだったのかと。。。左側はキレイに通っていて正常、子宮の位置、卵巣も正常。
でも、「片方だけ詰まっている人は多いし、反対の左側がキレイに通っているので、妊娠出来る可能性は十分にあるけど、年齢を考えて早く妊娠すべき、人口受精や体外受精も考えるように。」と淡々と、とにかく早めにと。
費用19,990円(保険未加入)…保険加入者でも造影検査自体は保険がきかず。
痛みも無くなり、チョコレートを食べホッとし、車で帰る。
この日は、シャワーのみ許可有(感染予防の為)。
翌日は、いつも通りの体調でしたが、その周期が珍しく大きく遅れました…どんなにストレスがあっても、乱れたことがなかったのに。。。

1月19日、気休めに子宝パワーストーンの指輪を作ってもらう…4月11日から行方不明に

1月27日、伊に戻る。

伊で、卵管造影検査をしようと思ったら、まずはウイルス検査などから入るので、何ヶ月か先になりますし、こんなに痛みがある検査は(個人差ありますが)、母国語が通じて安心できるところでして良かったと、今は思っています…二度とやりたくない痛さだったけど。。。
また次回に続きます

ゴーヤーの葉っぱが、双子…去年、ベランダ栽培にて、、、
CIMG3914.jpg

素敵なアラフォーを過ごしていく為に 8

年末年始を挟んで数ヶ月サボっていたけど

ナターレ時期の重いメニューに続き、一時帰国で好きな物食べまくり、、、で、伊に戻って体重計で確認すると、増えてる増えてる
約1年前から渡伊生活を始め、半年で4kg太り、リンゴ酢大股歩きなど色々試して3kg減、そして今回2kg増。。。
いやぁ、日本でも時々量ってたんですけど、デジタルじゃないので、細かい目盛りを無視してました

リンゴ酢大股歩きを復活しても、なかなか減らず、、、パスクワ結婚記念日などイベントも続き、それに比例して、50,6kgまで成長、、、ひぃぃ、最高記録(伊にて)…そう言えば、食べ物ネタが多かった最近の私のブログ。。。
スキニーなどのジーパンは、座っていると、お腹が苦しく、伊語教室での授業中は、ボタンを外しておかないと、吐きそうになる…ヤ・バ・イ

また気合入れなきゃ、と思い、大股歩きをほぼ毎日に、、、
それから、、、日本で買って持参した、『はくだけ! スリッパダイエット』『セルライトマッサージグローブ』を(どちらもムック本)…伊に戻ってからずっと使用していて、、、営業妨害するつもりはないんですが、スリッパはう~ん快適でない。 グローブにしろ即効果発揮するとは思ってませんがね。。。
それで、マッサージ手袋の効果をより高めようとセルライト除去クリームをまたまた購入、、、
今回は、、、日本でも見かけたGEOMAR(ジェオマール)…€7,20(200ml)

一日に1~2回(朝か夜に)、お腹やお尻など気になるところに塗ってマッサージを30日間続けてね、と書いているので、とりあえず、一日1回お風呂上りに塗ってマッサージをしています…ミント系の匂いで、ヒンヤリと肌にスーと入っていく感じで、しばらくすると、サラサラします。
GEOMAR(ジェオマール)は、死海の塩を配合したボディケアブランド、、、泥パックなど、バリエーション豊富なので、今回のが肌に異常なければ試していきたいと思いマス…まぁ、それほど繊細な肌じゃないけど
CIMG5433-2013アラフォ8
と、気合入れまくっていた最近、お腹を壊し、、、
ヤクルトにお世話になってます。。。7本入り€3,17(最近のレートだと約405円?)、味は同じで、Lightもあり値段は同じ…CMもやっていて、結構、伊人に人気だそうです
Maxは、初めて飲んだらしく、気に入って最後の一滴まで飲んでました…小さな子どもみたいに

Yakult Ogni giorno Tutti i giorni.(=ヤクルト、毎日、いつも)…みたいなの、が、パッケージに書かれています

この反動で、また、食べ過ぎないよう、気をつけマス

La tradizionale Festa di Primavera(春の伝統お祭り)

4月7日の夕方、ミランドラ伝統の春祭りを見学しました

賑やかな音楽が鳴り響き、パレードが始まり、まずは、タイムスリップしたかのような仮装行列の人々、、、
頭の上にトルタが、、、
CIMG5527-2013春祭り①
民族ダンスなども…ボリビア出身の人達など。

各団体のど派手なCarro aregollici(山車)が出てきて、、、
CIMG5540-2013春祭り②
上手く縮んで標識の下を通ってました、、、
献血センターのはバンパイア風であったり、時事ネタ風刺もあったり、主にリサイクルペーパーで作られた計8台の山車が通り過ぎていきました…3年前、このお祭りを見た時は、もっと山車が出ていたような気がしますが。。。

Gnocco frittoニョッコ フリット…トルタ フリッタやクレシェンティーネなどとも呼ばれている)というここエミリア・ロマーニャ地方の、生ハムやサラミなどを挟んだ揚げパンが屋台で出ていたり、、、
CIMG1621.jpg

時には、パレードしている人が、「Auguri(アウグーリ=おめでとう)!」と言いながら寄ってきて、大量の紙ふぶきをぶっかけてくれたり、キャンディをポーンと投げてくれたりします、、、
CIMG5536-2013春祭り③
Maxも、まみれ、犬にだって春の訪れを祝ったり、、、
払い落として帰ってきても、ポケットや靴の中、上着のフードの中などからパラパラ落ちて、トイレや寝室にも。。。

パスクワが終わってからあるこの春祭り、みんな楽しそうで、私もとっても面白かったです
※現在は、宗教的な意味を関係なくして、このようなお祭りのこともCarnevale(カルネヴァーレ)と呼んでいるそうです。

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!