Verona(ヴェローナ) 3 ~アペリティーヴォと屋外オペラ鑑賞~

Lo scorso weekend, ho incontrato una amica ucraina a Verona. Abbiamo fatto un aperitivo davanti all'Arena.
Poi io e mio marito, abbiamo visto una opera famosa "Madama Butterfly". Per la prima vorta, sono stata all'opera, mi sono emozionata.


万雷拍手

先週末、ヴェローナのArena(アレーナ)前で、久々に、ウクライナ出身の友達と会いました
ご近所さんだったのに、約1年前、ヴェローナにお引越ししたので、なかなか会えなかったのです。彼女とは、イタリア語教室からの、もう4,5年のお付き合いで、頭もスタイルも良い、そして、人の悪口とか絶対に言わない美しい性格が表情に出ている、そんなエレガントな彼女は、変わらず、仕事も頑張っていて、元気で何よりでした…ホント、言うことナシのイリーナちゃんです。
アペリティーヴォと、お互いの近況を話しながら、盛り上がっているところを惜しんで中断し、彼女とお別れした後、Maxとアレーナへ向かいました。
192808-2017Opera①

そう、この日、公演が始まったMadama Butterfly(マダマ・バタフライ)のオペラ作品を、鑑賞するためです。
開演する40分前に入ったのですが、自由席で、舞台が少しでも見やすい所は、もういっぱいの観客でした。この日、一番安い24ユーロの席をオンラインで購入したのですが、舞台真ん中に設置してあった屋敷内の様子は見れずでも、想像していたよりも、ずっと舞台が近かったので嬉しかったです。
開演が近くなると、真ん中の一番値段が高い席(土曜日だと、204ユーロ)も、ドレスアップした人々で埋まっていきました。
事前に配られたキャンドルに灯を点し、、、21時頃でも、こんなに明るいです、今、、、
CIMG0372-2017Opera②
マダマ・バタフライ~蝶々夫人~は、ジャコモ・プッチーニ作曲、2幕もののオペラで、長崎を舞台に、没落藩士令嬢の蝶々さんと、アメリカ海軍士官ピンカートンとの恋愛の悲劇を描いた作品です。
ピンカートンは、長崎で、元士族の娘、15歳の少女・蝶々さんと結婚します、、、蝶々さんが貫禄あり過ぎて、♪15歳なの~♪と歌う姿は、その風貌からちょっと無理があるなぁと思いましたが、まぁ、細かったりしたら、声が出ませんもんね、と。。。
212042-2017Opera③
ピンカートンが戯れにした結婚とは知らず、蝶々夫人は、ピンカートンがアメリカに戻ってからも、ただひたすら信じて帰りを待ち続け、3年後に裏切られたことを知ります。クライマックスは、自分とピンカートンとの間に生まれた息子の未来を、夫ピンカートンとアメリカ人の本妻に託し、自殺するのです。
なぜ自殺を選んだのか、、、
赤いヒナゲシを髪の毛にさして、待ちわびて待ちわびて、そして夫に裏切られたと判った時に、一度は、日本を捨ててまでアメリカ人の妻となった身、元の芸者稼業に戻るのは、死よりも辛いことと。大切な息子を夫と真の妻に託し、自らは誇りを守るために父の形見の短刀で自刃したのでした、、、
そんな蝶々夫人の姿は、当時の日本人のイメージそのもの、“世界中で稀に見る誇り高き民族”だったようです。

日本が舞台ということもあり、プッチーニの作品の中では、特に日本人になじみ易い作品で、第2幕の、有名なアリア“ある晴れた日に”では、蝶々夫人の切ない思いが強く感じられ、聴き入ってしまう場面です。
※アリアとは、器楽伴奏 つきの旋律的な独唱歌のこと
“Un bel dì vedremo~ある晴れた日に~”

日本人からしたら、とても懐かしい雰囲気を感じられるのは、話の舞台が日本と言うことでなく、プッチーニが、オペラの中に、日本の旋律を随所に取り込んでいるからでもあります。

熱波が再びきて、気温が37,38度だったヴェローナのこの日、、、終了30分前の23時半頃、ようやく涼しい風が吹き出しましたが、日中からの、熱のこもった石の席は、なかなか冷めずで、お尻がずっと温かかったです。ちなみに、凸凹になっている箇所があり、これまたお尻が痛くなるので、クッション持参です。忘れた場合も、アレーナ前、またアレーナ内でも、1~3ユーロで売っています。
例えば、アレーナ内をさらっと見学したい、ものすごく興味がある訳ではないけれど、オペラも少し味わってみたい、そんな方は、一番安い席で、アレーナ見学ともにするのがおすすめです。またチケットを提示すれば、オペラ公演中でも、出入り自由です。
それから、イタリア語と英語で、歌詞が字幕で出るのですが、アレーナの一番上にスクリーンが、2箇所、設置されているので、字幕見て、そして下にある舞台観てと、目を上下にしないといけなくなるので、やはりちゃんと内容を理解していないと楽しめませんね…ブログ内、上から2枚目の画像に、細長いスクリーンが設置されているのが、確認できます。

演技が終わったら、スタンディングオベーションで、拍手がなかなか鳴り止まらなかったです。
特に、蝶々夫人の息子役の子がとても愛らしく、台詞はないものの、十分な存在でした。蝶々夫人にほっぺに熱~いチューされた後、すぐさま腕でふき取った姿には、分かった観客には笑いが起きました…ちょうど、座っていた私の角度を向いてしたので、私も見逃さずでした。
CIMG0384-2017Opera④
アレーナを出ると、前には、舞台道具がゴロゴロ無造作に置いてありました。
そして、初オペラ鑑賞だったこともあり、余韻に浸りながら、ジェラートを食べ帰りました。

蝶々夫人の曲は、フィギアスケートでもおなじみで、2012年、ヴェローナのこのアレーナで、オペラ・オン・アイスが開催された時、荒川静香選手が、“ある晴れた日に”を披露されたようです、、、2012年はもう、私はイタリアに住んでいたので、氷を張ったアレーナを、そして荒川選手の演技を生で観たかったなと、心から思いました。
家に着いたのは、夜中2時で遅くなったけれど、お尻だけでなく、感動で胸も熱くなり、素敵な夜を過ごせました
スポンサーサイト

Saturnia(サトゥルニア) ~サトゥルニア露天温泉~

Qualche giono fa, sono andata alle cascate del mulino a Saturnia. L'acqua era tiepida, ma le cascate erano come l'idromassaggio.
Mi sono rilassata molto. Accesso libero a tutti, andateci anche voi!


いい湯だな、ハハハン

日本のガイドブックにも、最近出てくるようになったSaturnia(サトゥルニア)の温泉、有名ホテルのテルメスパ&ゴルフリゾートには、世界中のセレブリティが訪れます。
そのホテルより少し下ったところにある、Le cascate del mulino(レ カスカーテ デル ムリーノ)には、温泉川から滝となって流れこんだ、いくつもの美しい石灰棚の湯船があります。
24時間無料、自然の露天温泉です、、、
CIMG9845-2017Satrunia①

ジャグジーのように腰をマッサージ、一本滝から肩に打たせている人とか、ブッダのマネしながら、修行中の人も見かけたりしました(笑)
Maxも、どっぷり浸かってます
CIMG9814-2017Satrunia③
おっと危ない、ちゃんと手も使って石灰棚を渡らないと、泥で滑ったり、踏み外すこともあります。
おすすめは、上の方、小さな建物(風車小屋)の隣り、一番、滝の流れが強く速く、お湯が熱め、、、画像中、岩と同化してますが、滝の端に私もいます。

目の前は、なだらかな丘、周りも長閑な景色が広がっています。
CIMG9842-2017Satrunia④
このお犬様は常連さんでしょうか?
石灰棚の下も、緩やかな川となってますが、かなりぬるいです。全体的に、寒がりの日本人からしたら温度が低めでしょうが、人肌から39℃位、医学的に適温だと言うことです…日本の温泉は、ちょっと熱すぎ。
上流は熱く、下に行けば行くほど、温度が下がっていくので、自分好みの温度で浸かれます。

今の時期は、年配の方や家族連れでたくさんの人です。でも混雑していても、結構広いので、ゆったりできる場所を見つけられると思います。
私達が行った5月初めの祝日の夕方は、帰っていく人も多かったのですが、まだまだ入浴中の人もいっぱいでした。ちなみにアジア人は、私だけでした。
それから着替える場所はなく、水着着用。他に必要なものは、バスタオルかバスローブ、川岸は石がごろごろしているのでビーチサンダル、防水のカメラもあれば、私よりもっと楽しい写真が撮れるはず。
交通手段は、電車は通ってなく、公共バスがありますが、バスの時間など考えると、それに山の中なので、レンタカーで行くのが一番です。
CIMG9797-2017Satrunia②
冬場は入浴者が少なく、貸切状態になるようですよ。

イタリアも日本同様、火山が多く、各地で温泉が沸いてます。
以前、イスキアの無料天然温泉も紹介していますが(その記事→ 『イスキア島』)、ここもおすすめ
3000年前に発見された、自然の恵み溢れるサトゥルニア温泉、自分で泥パックも出来るので、是非!

Verona(ヴェローナ) 2

Durante Pasqua, ho visitato Verona, questa era terza volta. Ogni volta sento che una bella città.
Sopratutto il belvedere dalla collina di Castel san Pietro, mi è piaciuto molto.
Ho camminato quasi 10 km.
Questa estate vorrei vedere un'opera all'Arena.


古都トコトコ歩く

4月16日のパスクア(復活祭)には、ヴェネト州はヴェローナ県の県都Verona(ヴェローナ)を訪れました。
2000年11月に世界文化遺産に町全体が登録されていて、またミラノとヴェネツィアの中間に位置していることもあり、イタリアでベスト5に入るほど観光客の多い都市になっています。
そして、アルプス源流の、国内2番目に長い川、アディジェ川がS字に流れる美しい町です。
サンピエトロの丘からの一枚、
CIMG9757-2017Verona①

散策は、Porta Nuova(ポルタ ヌオーヴァ)の門から始め、そこから真っ直ぐ750mほど、
CIMG9699-2017Verona②
大きな時計に、風格のある門、I Portoni della Brà(イ ポルトーニ デッラ ブラ)をくぐり抜けます。

Piazza Brà(ピアッツァ ブラ)
CIMG9706-2017Verona③
名前の通りブラブラと沢山の人が歩いていて、ナッツやドライフルーツ、お菓子を売っているテントが並んでいたり、オープンテラスでワイングラスを片手にお喋りを楽しみ、噴水近くではパニーノにかぶりついている人など、の~んびりしている広場です。

そして、すぐ、ドカーンとArena di Verona(アレーナ ディ ヴェローナ)が姿を現します。
CIMG9712-2017Verona④
立派な市庁舎から撮った一枚です。
紀元前1世紀に造られたこの古代ローマの円形競技場は、収容人数20000人ほど、また保存面では世界一だそうです。大きさは、ローマのコロッセオ、ナポリの円形劇場に次いで、国内3番目。
夏は、ほぼ毎日、日替わりでオペラが上演され、チケットも、後部の自由席だと22ユーロからと手ごろなので、次回、“アイーダ”とか“リゴレット”を観にオペラデビューしに訪れたいと思ってます…まずは、内容を勉強しておかないと。。。

外側に、舞台道具なんかも無造作に置かれていた、直径152mのアレーナをぐるっとし、
CIMG9707-2017Verona⑤
ヴェローナのブランド通りVia Mazzini(ヴィア マッツィーニ)を通ります。

Casa di Giulietta(カーザ ディ ジュリエッタ)へ、
CIMG9722-2017Verona⑥
『ロメオとジュリエッタ』、、、シェークスピアのこの有名な戯曲は、14世紀この地で実際にあった話を基に作られたと言われています。ジュリエッタのモデルとなったと言われるカプレーティ家の娘が住んでいたこの邸宅にあるジュリエッタ像、、、この日は、押されて押してのごった返しで、さらっとお胸を触っただけにしました。
以前、平日に来た時は、一人ひとり順番に撮れたのに。。。

ロメオの邸宅は、ほとんど人気無いのに、ジュリエッタの方はものすごいです。
先ほど、話の舞台は、このヴェローナと書きましたが、
実はヴィチェンツァの町という話もあったり、
シェークスピアヴェローナを訪れたことがないとか、
観光名所の一つジュリエッタの墓には誰が眠っているの?という疑問もあったり、
ということを耳にしていても、やはり皆が観ているモノは観たくなります(笑)

さて、ジュリエッタの家から170mほどPiazza delle Erbe(ピアッツァ デッレ エルベ)へ、
古代ローマ時代から存在したというこの広場には、沢山のバールや、野菜や果物、お土産などのお買い物をする人々でいっぱい、2000年前も、このような活気だったのでしょうか。
また、画像はイマイチですが、フレスコ画が一面にある建物がこれまた味があります。
CIMG9772-2017Verona⑦
エルベ広場で目立つのがこの塔、Torre dei Lamberti(トッレ デイ ランベルティ)
登るのに長い列があったので、諦めました。
塔の裏側を通り抜け、ロメオの邸宅もさらっと通り過ぎ、550m進むと、
Cattedrale Santa Maria Matricolare(カッテドラーレ サンタ マリア マトリコラーレ)、いわゆるヴェローナDuomo(ドゥオーモ)です。
CIMG9740-2017Verona⑧
なかなか派手な造りです。

教会の裏から350mほど、この町で一番古く、ローマ時代からある石橋、Ponte Pietra(ポンテ ピエトラ)を渡り、目指すは、細長い木がたくさん立っているところ、
CIMG9746-2017Verona⑨
300mほど階段道を登っていきます。
ヴェローナの町内至る所で、フレスコ画の一部が観れたりします。

そして、今回の目的地、冒頭の画像もそうですが、La collina di Castel san Pietro(サンピエトロの丘)から、
CIMG9753-2017Verona⑩
アディジェ川に囲まれた、レンガ色の瓦屋根や、渡ったばかりのピエトラ橋に、先ほどのドゥオーモの鐘楼など、一望できました。

ベルヴェデーレ(ナイスビュー)を堪能しながら、リンゴをナイフで剥いて食べ、一休みした後、ツツジなど色んな花を観ながら丘を下っていきました。
CIMG9764-2017Verona⑪
1,2kmほど歩いた先、Giardino Giusti(ジャルディーノ ジュスティ)に到着。
その立派な庭園を観たかったのですが、花はそれほどないということと、回るのに1時間以上かかるとのことで、入り口で引き返しました。

1,3kmくらい、また町に戻るように歩き、マチェドニアが美味しそうだったエルベ広場を通り抜け、
CIMG9725-2017Verona⑫
Porta Borsari(ポルタ ボルサーリ)をくぐりました。

600mほど進み、14世紀のスカラ家の居城Castelvecchio(カステルヴェッキオ)が右手に現れます。
現在は、市立の美術館になっている荘厳なレンガ造りの城で、対岸へ渡るPonte Scaligero(スカリジェロ橋)がこれまた美しいです。
画像は、橋を渡って、下から撮ってみたところ、
CIMG9781-2017Verona⑬
Ponte di Castelvecchio(ポンテ ディ カステルヴェッキオ)とも呼ばれています。

画像が大変多くなりました
撮った枚数はもっとで、一枚一枚載せたいのですが、この辺で。。。
スカリジェロ橋をまた渡って、帰路に、
CIMG9791-2017Verona⑭
暑かったので、ジェラートを、、、イチゴ味と、上は、Bonèt(ボネッ)味です。
このフランス語のボネッは、、ピエモンテ州で有名な濃厚ココアプリンのことです。
むちゃくちゃ美味しかった~

かなり歩きました、駐車したのが駅近くで、往復約10kmほどトコトコ歩いたのです
アレーナと、ジュリエッタの家だけでない古都ヴェローナ、、、日本のツアーだと、この二つのスポットを観て、数時間でさらりとお終いが多いでしょうが(私の、2005年で行ったツアーがそうだった)、実は見所が広い範囲であり、一日はかかります。
一緒に、散策した気分になっていただけたでしょうか? 私のオススメは、サンピエトロの丘で町を眺めてゆったりすることですので、是非

過去記事
『Verona(ヴェローナ) 1~前半編~』
『Verona(ヴェローナ) 1~後半編~』

Chioggia(キオッジャ)

Ho visitato Chioggia, città carina.
Ho cenato a vase di pesce pesce pesce !
Tutti i piatti erano buonissimi, ma ho mangiato troppo !!!
E' stata una bella giornata con mio marito.


たくさん歩いて、たくさん食べて

先日、ヴェネト州ヴェネツィア県の町Chioggia(キオッジャ)を散策しました
ヴェネツィア本島から約50㎞南下に位置し、ラグーナ(潟)に浮かぶこの街の人口は約5万2000人、アドリア海沿岸で最大の魚港として有名な街です。
まずは、夏場は、ヨーロッパからの観光客で溢れる海水浴場地帯のSottomarina(ソットマリーナ)の浜辺を歩きました、、、
CIMG9638-2017Chioggia①

防波堤には、小さな小屋がいくつも並んでいて、お食事処のようになっています。仕掛け網で獲れた魚をすぐ調理でき、合理的だなと思いました、、、
CIMG9650-2017Chioggia②
音楽を聴きながら、皆くつろいでいて、時間がゆったりと流れていました。

ソットマリーナから1kmちょっと歩くと、キオッジャの歴史的中心地区に着きます。
歩いていると、ムラーノ島やブラーノ島へ行くトラゲットの駅がありました、、、
CIMG9654-2017Chioggia③
カラフルな町ブラーノ島にはまだ行ったことがないので、そのうち観光したいと思っています。

キオッジャの中心に着きました。
やはりヴェネツィアに似ていますね、、、
CIMG9659-2017Chioggia④
本島よりも素朴ですが、良く言えば、穏やかで趣のある町、違うところは車もバイクも走っていることです。それでも、規制が厳しいので、ソットマリーナに比べ車通りは少ないです。
CIMG9660-2017Chioggia⑤
地元の人たちの間では、キオッジャ住人のことは“キオジョッティ”ソットマリーナ住人のことを“マリナンティ”と呼び合っているそうです。

さて、夕食には、当然、魚介、魚介、魚介づくしっ
アンティパスト、プリモ、セコンド、ワイン500ml、水1Lのセットメニュー(28ユーロ)と、蟹のピッツァ(8ユーロ)を頼み、二人で半分ずつしました、、、
CIMG9664-2017Chioggia⑥
最初の一切れ、蟹のピッツァは、ものすごーく美味しかったのですが、すぐお腹が苦しくなって辛くなりました。二人で、一つのセットメニューだけで十分で、ピッツァは必要なかったです。
魚介のフリットが私の目当てだったのですが、すでにお腹パンパン、でも残さず美味しく頂きました。
一ヶ月分の魚介を食べた気分に

ソットマリーナの浜辺では、約4km、キオッジャ中心への往復2kmほど、結構歩きましたが、消費したエネルギーは、夕食で余分に補いました。
ソットマリーナキオッジャも、リストランテやトラットリアがいっぱいで、下調べせずに選んだのですが、このお店は、お味は、上に近い中レベルで、値段や量のことを考えると、バッチリだったと思います。
ちなみに、行き当たりばったりで、各リストランテの、外に出ているメニューを眺めていると、「ここはマズイよ、魚がキオッジャのじゃないよ、冷凍だよ。○○が安くて、地元の魚でオススメだよ!」と、壁塗り職人の東欧人に言われたりもしましたが、勧められたお店は少し高かったです…呼び込みだったのか?
私達が行ったお店は、『Al Porto(アル ポルト)』
住所は、Fondamenta Canal Lombardo, 30015 Chioggia VE です。
また、画像中、リストランテの壁に飾っている絵の風景は、このお店近くで見つけられます…残念ながら、せっかく撮った一枚、ブレいたので載せられません。

本当は、ランチをお腹一杯食べて、たくさん歩く予定だったのですが、なにぶん、連れがイタリア人だと、出発が遅くなることも多々で、キオッジャに着いたのが15時頃だったわけです。
夜もまた素敵な町、、、
CIMG9671-2017Chioggia⑦
ヴェネツィア観光から、もし時間に余裕があるようでしたら、キオッジャまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか、オススメしたい町です

Comacchio(コマッキオ) 1 ~Befana(ベファーナ)~

Ho visitato la festa della Befana a Comacchio.
Lo spettacolo è divertente.
Il Natale è finito, ora cominciamo un po’ di dieta!


これで、ナターレお終い

ここはヴェネツィア?
いえ、フェッラーラ県は、Comacchio(コマッキオ)という町です。
CIMG9455-2017コマッキオ①
エミーリア・ロマーニャ州のアドリア海沿岸にあり、ポー河の三角州に近く、干拓地が広がり、町中に運河が交差していることから、小さなヴェネツィアと呼ばれているのです。

3箇所の上り階段がついていることが名前の由来のTre ponti(トレポンティ)という橋、、、
CIMG9456-2017コマッキオ②
この橋の裏側で、前回お話したBefana(ベファーナ)のイベントが1月6日にあったので、観に訪れたわけです。
CIMG9357-2017コマッキオ③
イベントが始まるまで、少し散策、クッキーや温かいワイン、ホットチョコを無料で頂きました。

橋に戻り、小劇やダンス、ショーが次と次と始まり、
CIMG9392-2017コマッキオ④
そして花火が豪快、
CIMG9400-2017コマッキオ⑤
動画…横向きでスミマセン、
[広告] VPS

最後には、橋の真ん中にあった大きな紙人形べファーナが焼かれてしまいました、、、
CIMG9437-2017コマッキオ⑥
ちょっとずれて撮ってしまってますが、とにかく花火がバンバン、
[広告] VPS


ちなみに、コマッキオの町は鰻の養殖が有名で、イベントの始まりに、スクリーンで鰻の話が20分ほど映像と共に流れていました、、、イタリア料理では、ぶつ切りに焼いたのやら、トマト味などで、蒲焼はやはりここでは頂けません。鰻の蒲焼が和食の中で一番好きな私にとっては、蒲焼のタレを売れこみたいくらいです
あと、まだ味わったことがない、サラマというスプーンですくって食べるサラミが特産です。
CIMG9445-2017コマッキオ⑦
コマッキオの夏は、蚊が多いですが、海に近いので、観光客が多く、小さな小さな町なので、すぐ周れます。

終わってしまいましたナターレ、、、次は、パスクア休暇まで、イタリア人はお仕事頑張ります

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!