FC2ブログ

Venezia(ヴェネツィア) 4 ~ Torcello(トルチェッロ)島 と 本島 ~

Dopo aver visitato Burano, sono andata a Torcello.
Ho appreso la sua lunga storia e l'ho visitata tranquillamente.
Poi ho fatto una passenggiata a Piazza San Marco che è sempre una bella piazza.


浸水のヴェネツィア、一度も観たことないけども

2012年、イタリアの結婚式の為、私の両親が日本から来て(おじおばと一緒に)、式後、イタリア旅行(ボローニャ、モデナ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、ナポリ、カプリ、ポンペイ)を楽しんだ父が一番気に入ったのが、この水の都ヴェネツィアでした。
私も好きな場所のひとつで、こうやってイタリアの素敵な所に来ると、ここに住んでいて幸せだなと思うのですが、、、
日頃は、イタリアに政府はいるのか?とか、税金の高いこと、泥棒・落書き・ゴミが多いこと、などなど、幻滅することもあります
210930-2018Venezia⑤

さて、
Burano(ブラーノ)島から一駅の、ヴェネチア発祥の地というTorcello(トルチェッロ)島に着き、
歩いて行くと(道は一つしかない)、石造りの古い橋、Ponte del Diavolo(ポンテ・デル・ディアーヴォロ)いわゆる「悪魔の橋」があります…画像では、奥の塔の下あたりにアーチ型の橋が見えるのが、そうです。
175233-2018Torcello①
この不気味な名の由来は2つあり、
「橋が一晩で出来上がっていた」
「この橋を境に海水と淡水とに分かれている」
という言い伝えからということですが、真実はよく分からないようです。
その橋を過ぎ、進んでいくと、リストランテやバールなどもあり、どなたかの結婚パーティーが始まったところでした。

島の奥まで進むと、ヴェネツィアで一番古い教会だというSanta Fosca(サンタ フォスカ教会)があります。なんと、本島の有名なサン マルコ寺院よりも200年も古いのだそうです。隣りにはCattedrale di Santa Maria Assunta(サンタ マリア アッスンタ聖堂)が建っているのですが、画像切れていてすみません。。。
私達が着いたのは18時過ぎ、すでに閉まっていたので、残念ながら内部は観れませんでした。
175947-2018Torcello②
この島が衰退したのは、マラリアが蔓延した為で、人々は他の島へ移住し、建物もほとんど解体されてしまったのだそうです。
現在は、時間がゆるやかに過ぎていくような島ですが、5~10世紀には、貿易上の重要拠点として栄え、最盛期は2万人超の人口だと聞きます。今は、60人ほどの住民しかおらず、先ほどの教会と聖堂が一つずつ建ち、ヴェネツィアの原風景を残した静か~な島でした。

トルチェッロ島の後は、本島に戻りました。
トルチェッロ島散策の頃は、もうすでに歩き疲れていたので、気力も落ちたせいか、写真があまり撮れていませんが、今になって、もっと撮っておけば良かったと後悔しています

↓こちらは、12時過ぎの日差しが強い時、本島サンタ ルチア駅で電車から降りてすぐ、ムラーノ島に行く前のです。
124051-2018Venezia②
↓そして、ムラーノ島ブラーノ島トルチェッロ島の観光を終え、20時少し前の本島です。
194739-2018Venezia③
ヴェネツィア本島は、もうこれで5回目の観光で、今まで、リアルト橋が修復中の時が多かったのですが、今回やっと観れました~
210651-2018Venezia④
リアルト橋からの眺め、、、冒頭の画像で見えるゴンドラ2隻が橋の下を通り越したのが、下の画像です、
211215-2018Venezia⑥

サン マルコ広場には人がいっぱい、
213258-2018Venezia⑦
時を告げるムーア人、
214208-2018Venezia⑧
Maxも私も足が辛かったので、サン マルコ広場からサンタ ルチア駅まで歩かず、ヴァポレットに乗りました。
ヴァポレットに乗る前、、、Basilica di Santa Maria della Salute(サルーテ教会)が幻想的…まだ内部観たことないので、そのうちに、また戻ってくるぞ~、と、、、
215415-2018Venezia⑨

9時間ほどで、ムラーノ島ブラーノ島トルチェッロ島ヴェネツィア本島少しをまわったわけですが、本当は、前泊する予定でした。
ミランドラが、6月4日、7日と2日間豪雨で、地下にある私達のガレージが15cmほど浸水し、その掃除やらで、前泊(6月8日)するのをキャンセルし、このような時間的に余裕のない日程になってしまったのです。隣りのお宅のガレージでは、1mの浸水で、2台の車が浮いてぶつかり、使えなくなってしまったそうです。
ヴェネツィア観光では、一度も、アックア アルタ(高潮)に遭ったことないですが、ガレージで見舞われたのでした。。。

とにかく、ヴェネツィアは、何度来ても、魅力いっぱいですね

関連記事
『ヴェネツィア 1 ~ 家族と ~』
『ヴェネツィア 2 ~ 2時間だけ散策 ~』
『ヴェネツィア 3 ~ カルネヴァーレ ~』
『ヴェネツィア 4 ~ ムラーノ島 ~』
『ヴェネツィア 4 ~ ブラーノ島 ~』
スポンサーサイト

Venezia(ヴェネツィア) 4 ~ Burano(ブラーノ)島 ~

Ho visitato Burano per la prima volta.
Fantastica questa isola, vorrei vivere qui !


ヴィヴィットな島

Murano(ムラーノ)島観光の次は、Burano(ブラーノ)島に来ました、、、
170758-2018Burano①

ヴァポレットから降りると、魚介フライが食べられるお店とピンク色の家が並んで建っているのが、目に飛び込んできたのは、フライの匂いに釣られてでなく、建物の色がカラフルだったからです
暑かったので、この悩ましい銅像が代弁してくれているようでしたが、歩いて行くと、すぐ気持ちが上がりました
161954-2018Burano②
小さな路地もかわいく、窓に花が見合っていて、つついてもまったく起きないニャンコ、などなど、
163254-2018Burano③
進んでいくと、この橋にたくさんの人が、
163833-2018Burano④
なるほど~と、橋から眺めてみます、
164038-2018Burano⑤
別の方向、
163907-2018Burano⑥
来た道を眺めると、水面にもカラフルの影がうつっていますね、
163846-2018Burano⑦
壁のペイントは、漁業関係者が家に辿りつくために目印にしたことがきっかけで、霧の深い冬季は、この鮮やかな色彩が家を見つける為の頼りになったということです。

色がはげかけの壁もまた味が出ています。
ピサの斜塔のように傾いている鐘楼がある教会では、結婚式が執り行われていました…6月ですから、多いですね
165359-2018Burano⑧
漁の網作りの技術が発展したのが、女性達の「メルレッティ(レース編み)」です。
172445-2018Burano⑨

人口3,000人ほどの小さな島で、一時間もあれば島中はある程度歩けるぐらいの大きさですが、ムラーノ島と同じく、いやいやここも、もっと時間を見といた方が良いですね。
目を覚ますような色鮮やかな島でした、次回また来れるなら、もっとのんびりしたい!

次は、ブラーノ島からヴァポレットで5分の、Torcello(トルチェッロ)島に向かいました

関連記事
『ヴェネツィア 1 ~ 家族と ~』
『ヴェネツィア 2 ~ 2時間だけ散策 ~』
『ヴェネツィア 3 ~ カルネヴァーレ ~』
『ヴェネツィア 4 ~ ムラーノ島 ~』

Venezia(ヴェネツィア) 4 ~ Murano(ムラーノ)島 ~

Sabato scorso con mio marito abbiamo visitato Murano, Burano, Torcello e Venezia per il mio compleanno.
Volevamo dormire a Venezia la notte prima ma, a causa del mal tempo, siamo stati costretti a svoltare di pulire e disinfettare il garage allagato dalla pioggia.
A Murano, volevo incontrare un artista giapponese che purtroppo non c'era ma sua moglie mi ha mostrato il suo lavoratrio e commentato tante delle sue belle opere: che melaviglia !


職人の島

誕生日一日前に、Murano(ムラーノ)島Burano(ブラーノ)島Torcello(トルチェッロ)島、そしてVenezia(ヴェネツィア)本島に連れて行ってもらいました。
ムラーノ島の駅Colonna(コロンナ)でヴァポレットから降りると、すぐ色彩豊かなガラス工芸店が並んでいて、お寿司も見つけました~
135742-2018Murano①

2時間もあればムラーノ島観光は大丈夫と、どこかの記事に書いているのを見かけましたが、お土産にと各ショップでうっとり眺めていたりすると、すぐ時間がなくなっていきます
134445-2018Murano②
どんどん進んで行くと、San Pietro Martire (サン ピエトロ マルティーレ)教会があり、中に入って、座って内部をしばし眺めました。
教会は、1348年に建築を開始し、1417年に献堂式が行われましたが、1474年に大火に見舞われ、1511年に再建されたそうです。
134556-2018Murano③
この教会近くに、San Stefano(サン ステファノ)広場があり、煉瓦造りの歴史ある時計台前には、青いオブジェが目立っています。ムラーノガラスで作られたオブジェ、Cometa di Vetro(コメタ ディ ヴェトロ)で、「コメタ=流れ星」「ヴェトロ=ガラス」を意味します。
140259-2018Murano④
来た道を引き返して、
144651-2018Murano⑤
そう言えば、フェンシング繋がりで知り合うことができた、日本人だた一人このムラーノ島で工房を構えている土田康彦さんがいらっしゃるはずと、、、たまたま入ったお店で訊いてみると、日本人の店員さんで、確かあの辺・・・と教えていただき、そのあの辺に着き、またあるお店で訊ねると、僕の友達だからと店に鍵をかけずに、工房があるスキアヴォン・ガラス社のお店までわざわざ案内してくれました。
残念ながら、本人はご不在でしたが、奥様が、これまでの作品や作りかけの新作品(いいもの見せてもらったゾ!)、GLAYTERUさんと共演したこととか、沖縄の琉球ガラスとの仕事など活動のお話、工房まで見せていただき、ありがたかったです。
土田さんの作品を観ていると、和を感じられリラックスできたり、ゾクゾクと鳥肌立ったり、ほんわりしたりと、感情が忙しかったです
奥様と~、、、娘ちゃんは、フェンシング頑張ってて強いんですよ~
145647-2018Murano⑥

この後、Burano(ブラーノ)島に向かいました、また次回の記事に~
162652-2018Venezia①

関連記事
『Venezia(ヴェネツィア) 1 ~ 家族と ~』
『Venezia(ヴェネツィア) 2 ~ 2時間だけ散策 ~』
『Venezia(ヴェネツィア) 3 ~ カルネヴァーレ ~』

Roma(ローマ) 4 ~散策~

Sono a Roma per accompagnare i ragazzi schermidori.
Ho fatto una passenggiata. L'ultima volta ho visitato Roma circa 3 anni fa.
Ho lanciato una monetina alla Fontana di Trevi per tornare di nuovo.
Roma è sempre interessante.


いつ来ても魅力的

この土日に開催される14歳以下の団体戦の為、ローマに来ています
子ども達は、クラブのマエストラと車で来て、私は電車で、彼らより少し早めに着きました。
せっかくなので、少しぶらりと一人散策、、、2014年の9月に、おば3名と一緒に観光したのが最後なので、もう3年以上ぶりです。

まずは、Piazza di Spagna(スペイン広場)、、、
20180203060214abb.jpg

3年前は修復中で、彫刻を間近に見ることができた、Fontana di Trevi(トレヴィの泉)、、、
201802030602147dd.jpg

そして、Colosseo(コロッセオ)、、、
20180203060214e90.jpg

コロッセオからメトロに乗って、試合会場 兼 宿泊ホテルに向かいました。

雨予報でしたが、曇りで免れました。
ローマ、やはりイイですね~、いつ来ても
団体戦、、、2番手が発熱で欠席という災難ですが、クラブの子ども達にとって良い経験になりますように

ローマ関連の過去記事
『Roma(ローマ) 1~前半~』
『Roma(ローマ) 1~後半~』
『Roma(ローマ)1~ローマの噴水』
『Roma(ローマ) 2 ~再会~』
『Roma(ローマ) 3 ~肉食女子を連れて~』

Verona(ヴェローナ) 4 ~散策~

Qualche giorno fa ho visitato Verona con un ospite giapponese.
Nell'Arena mostravano i presepi delle varie regioni e dal mondo.
C'erano tanti mercatini di Natale.
Bella Verona, mi piace molto!


何度来ても好きな町

先日、Maxの会社へ、日本から出張で来られた方 I さんと一緒に、Verona(ヴェローナ)観光しました。
雨予報でしたが、何とか曇りで免れました、、、
CIMG1238-2017DiceVerona①
アレーナ外には、このクリスマスの時期だけ現れる、大きな星が、、、2005年12月のイタリアツアーに来た時もあったな~と思い出したり

アレーナ前のブラ広場では、たくさんの屋台が開かれ、甘~い匂いが漂っていました。
Maxは、I さんと共に、アレーナ内の見学へ、、、
CIMG1179-2017DiceVerona②
来年4月には、フェンシング競技のジュニア・カデ世界選手権が、このヴェローナで開催されるので、このアレーナも一役買うのかな、と。
遠くないので、せめて一日くらいは観戦に行きたいですが、毎週末、試合がある4月なので、検討中です。。。

Max達がアレーナ内見学をしている間、私はというと、同じくアレーナ内で開かれていたプレゼーピオ展に、、、
私の住んでいるエミリアーロマーニャ州他、州別で展示されていて、
CIMG1218-2017DiceVerona③
プレゼーピオ好きな私は、どれもじっくり魅入ってしまいました。
特に、カンパーニャ州の、Pulcinella(プルチネッラ)がたくさんのプレゼーピオが面白かったです(画像真ん中)。
プルチネッラとは、イタリアの伝統的な風刺劇コメディア・ デラルテに登場する道化師。ナポリのシンボルとも言えますね。

世界別も、
上は、クロアチア、エクアドル、
中は、スペイン、デンマーク、ロシア、
下は、ベトナム、アルゼンチン
CIMG1217-2017DiceVerona④
画像真ん中、デンマークのは、何だかレゴに見え、
ベトナムのは、日本にもありそうな人形ですね。
そういや、日本、中国、韓国、アメリカの作品は見かけなかったです。。。

アレーナ見学の後は、お決まりジュリエッタの家へ、、、着くまでもものすごい人で、I さんがジュリエッタのお胸タッチするのに一苦労でした。
CIMG1244-2017DiceVerona⑤
毎日タッチされ、ジュリエッタも困ったもんでしょうね(笑)

そして、エルバ広場で買った焼き栗を食べながら、ドゥオーモへ、、、
CIMG1247-2017DiceVerona⑥
ドゥオーモは画像右側の教会、、、外の喧騒を遮断し、教会内は静かで厳かで、心が落ち着きました。

この町で一番古く、ローマ時代からあるピエトラ橋上の、並んでいた屋台を眺めながら渡り、
CIMG1262-2017DiceVerona⑦
少し遠くからピエトラ橋を振り返ると、とても美しい眺めが、、、
CIMG1263-2017DiceVerona⑧

Vin brulé(ヴィンブリュレ)いわゆるホットワインを飲み、身体を温め、
CIMG1267-2017DiceVerona⑨

スカリジェロ橋を渡って帰路へ、、、
CIMG1270-2017DiceVerona⑩
私は、ヴェローナを訪れるのは、今年はもう3度目、、、でも飽きません、大好きですから、ヴェローナの町
この時期、ヴェローナ中心内の広場や橋上、どこもクリスマス市が開かれて、それらを眺めたり、またサラミやチーズを試食しながら、ぶらぶら散策とても楽しかったです
名所の細かい説明は、以前の記事で何度も書いていますので、今回は割愛させていただきます

最後に、ヴェローナのショッピングセンター内で頂いたランチ、、、
CIMG1175-2017DiceVerona⑪

幸せだ~

過去記事
『Verona(ヴェローナ) 1~前半編~』
『Verona(ヴェローナ) 1~後半編~』
『Verona(ヴェローナ) 2~散策~』
『Verona(ヴェローナ) 3~アペリティーヴォと屋外オペラ鑑賞~』

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

プチ月別アーカイブ

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!