Modena(モデナ) 6 ~Acetaia Giuseppe Giusti(アチェタイア ジュセッペ ジュスティ)~

Qualche giorno fa, ho visitato L'Acetaia Giuseppe Giusti.
Ho studiato la storia del'aceto Balsamico ed ho assaggiato aceti di diverse annate, erano buonissimi.
L'aceto Balsamico di mele e l'aceto Balsamico bianco, penso che vadano bene per fare il riso base del sushi.
Ho comprato 3 creme, base di aceto Balsamico al gusto di mele, vaniglia ed uva bianca. Proverò tante ricette.
Acetaia Giuseppe Giusti
strada Quattro Ville 155 Modena


歴史が詰まった味

先日の試合で頂いた副賞の一つに、バルサミコ酢醸造所の見学券が入っていたので、遠くもないし、せっかくなので、行ってきました。
CIMG0555-2017AcetaiaGiusti①
バルサミコ酢は、葡萄果汁から造られるイタリアの伝統的なお酢で、以前も、使い方について記事にしました。
定められた厳しい基準を満たしていないとその名を名乗ることは許されず、生産される地域も、ここエミリア・ロマーニャ州、モデナとお隣レッジョ・エミーリアの町に限定されています。
その限定地域内には、いくつかのバルサミコ酢醸造所がありますが、今回、訪れたのは、
Acetaia Giuseppe Giusti
(アチェタイア ジュセッペ ジュスティ)

という、1605年に設立した、世界最古と言われているバルサミコ酢のメーカーです。

月曜~日曜、一日に4,5回のスタッフによるガイドがあり(無料)、この日は15名ほど集まってきて、中にはシンガポールからの観光客もいました。
ガイドさんは、親切に丁寧に、バルサミコ酢が製造される工程、醸造所の歴史を、イタリア語、又は英語で説明してくれます。
要予約ですが、混んでない日であれば、私達のように飛び入りでも大丈夫なようです。
CIMG9977-2017AcetaiaGiusti②
赤ロープに囲まれた、楕円型の樽は、エッフェル塔が建設されたパリ万博に出展された樽の一つ。

こちらは、今も尚使われている100年熟成貯蔵部屋で、モデナ最古1700年代の樽達でいっぱい、、、
CIMG9988-2017AcetaiaGiusti④
大きな樽から、小さな樽へ、少しずつ継ぎ足していく創設者の伝統的レシピは、現在に至るまで17代に渡り受け継がれていて、世界で初めて、バルサミコ酢のレシピを書面で残したことも有名です。
大きめの樽からは、ツーンと酸っぱい匂いが少し、小さめの樽になるにつれて、芳しい匂いが。
ガラス製の樽がカワイイですね…次の貯蔵部屋にあったものですが。

その次の貯蔵部屋は、、、
CIMG0547-2017AcetaiaGiusti⑤
チョット、中は暑く、湿度が高く、床は、蒸発での糖分で靴がネチネチ引っ付いたりで。

製造過程は、、、
甘味が強いのが特徴のトレッビアーノ種というモデナ地方特産の白葡萄が原料で、
これを潰し種子や皮も付けたまま桶に静置し、麻袋に入れて自然にこし、葡萄液を取出します。
すぐに銅鍋に移し、細心の注意を払って半分にまで煮詰めます。
CIMG0002-2017AcetaiaGiusti③
そして静置して、よく冷まし、滓(かす)を除き、樽に移して熟成に入ります。
熟成中は、毎年材質の違う樽(樫、桑、栗、桜、ネズ等) に移し替えられる、トラヴァーゾと呼ばれる作業が行われます。
樽に吸収されたり蒸発したりして、減量した分を、この1年ごとのトラヴァーゾの度に少しずつ小さな樽に移し替え、10年から15年長いものでは100年と熟成されます。
かわいい絵で説明されているのは、子ども達の社会見学でよく使われるからです。

ガイドさんの話が終わったら試飲があり、熟成期間は、6年(銀メダル1個)、8年(金メダル2個)、12年(金メダル3個)、15年(金メダル4個)、20年(金メダル5個)、と、ラベルにあるメダルの数で表されています。
私達は、全て試すことができ、最後は50年ものも味見できました。個人的には、15年ものが、程よい甘さで、赤肉料理にピッタリだと思いました。ちなみに、20年ものは、お寿司や刺身にも合いますよ、と言ってました…とろっとして、たまり醤油みたいな感じです。
124321-2017AcetaiaGiusti⑥
↑飲み屋のカウンターで、お酒をついでもらってるように、Max、喜んでおります(笑)
酢ばっかり味見しても、ってお思いでしょうが、安いものと比較できない、とっても素晴らしいお味と経験で、年代モノは、もはや酢ではないような甘さに、ほんのり木の香りも。

試飲させてもらった部屋では、たくさんのバルサミコ酢が販売していて、冷房の効いた大きな樽部屋も隣接していました。
エキストラヴェッキオと呼ばれる、25年熟成されたもの、、、たった100mlですが、100ユーロ(12500円ほど)のお値段、
CIMG0574-2017AcetaiaGiusti⑦
100年仕様の樽で作られたジュスティ・リセルヴァの50年ものは、290ユーロ(36250円ほど)、同じくジュスティ・リセルヴァの100年ものは、490ユーロ(61250円ほど)!!!
※どの値段も、5月28日レート〈1ユーロ124~125円〉で計算しました。

試飲の一つにあった、バンダ・ロッサと呼ばれる赤帯のあるものは、250mlが40ユーロ(5000円ほど)で、2015年ブリュッセルで開催された味と質の国際大会にて受賞、、、人気商品なので、試飲できてホント良かったです。
他にも、万博記念ものがあったり、画像にあるお中元用みたいな木箱に何本かセットされたものは、200ユーロ(25000円ほど)です。
CIMG0573-2017AcetaiaGiusti⑧
安心してください、お手頃価格もありますし、かわいい小さなボトルに入ったのもあります。でもお土産には、ビン類は重いので、クリームタイプにしてあるのがオススメ(5~6ユーロで、150ml)。
私は、迷いましたが、白葡萄味、リンゴ味、そしてバニラ味の3本購入、、、ジェラートや果物、白魚、クセのあるチーズとかに合いそうです。
このクリームタイプは、味の種類が豊富で、全部で14種類、どれもこれも美味しく、リゾットにかけたりと、料理の仕上げなどに役立ちそうです。
黒トリュフ味と生姜味が、これまたインパクトあり美味しかったです。
ちなみに、フィキは、日本語でイチジクと呼ぶことをスタッフさんに言うと、その単語の響きが「カワイイ!!」と、気に入ってました。
クリームタイプでない、サラサラ状の、リンゴのバルサミコ酢に、ホワイトバルサミコ酢は、ミツカンの寿司酢に似ていて、代用できそうです…どちらも、7~10ユーロほどです。
どなたか欲しい方いましたら、来年、一時帰国予定にしておりますので、お土産にご用意しますよ~、、、あっクリームタイプのを。

昔のモデナの多くの家庭では、屋根裏部屋をバルサミコ酢を熟成する場所として使っていたのだそうです。
今でもモデナに昔から住むお宅に食事に呼ばれると、必ずと言うほど熟成期間の長いバルサミコ酢をかけたパルミジャーノ・レッジャーノを出してくれます。
また、イタリア王族やヨーロッパの貴族からも愛されてきて、 「公爵の酢」「黄金の液体」「調味料のキャビア」 などと世界で最 も高価で気品のある酢と呼ばれてきたそうです。
121910-2017AcetaiaGiusti⑨
ブリュッセルだけでなく、アメリカやドイツなど、各国で数々の賞を受け、
“死ぬまでに買うべき101個のうちの一つ”
としても選ばれているようですので(他の100個は分かりません(笑))、是非、一生のうちに一回は、伝統あるバルサミコ酢をご賞味くださいませ~

関連記事
『Modena 1』
『Modena 2』
『Modena 3』
『Modena 4』
『Modena 5』
『Aceto Balsamico(バルサミコ酢)』
スポンサーサイト

Bologna(ボローニャ) 9

Che buon panino! Provatelo, costa 6 euro, ma è molto grande e il prosciuto crudo è buonissimo.
LA PROSCIUTTERIA → Via Guglielmo Oberdan, 19/a, 40125 Bologna


うまっ、でかっ

ボローニャ中央駅前から真っ直ぐ、シンボルの2塔に向かって歩いていると、Prosciutteria(プロシュッテリア)、いわゆる生ハム屋さんが見つかります。
とても気さくで面白いお姉さん達が迎えてくれ、生ハム、モッツァレッラ、トマト、サラダが入ったパニーノをお願いしました。
出来上がると、注文時に聞かれていた名前を呼ばれます、「マキー、出来たわよー!」みたいな、、、
143436-2017Bologna8②
写りは普通のパニーノに見えますが、かなり大きく、2人で食べてもよさそうです。6ユーロと少し高いですが、やわらかい生ハムいっぱいで美味しいっ
3分の1残して、フェンシング教室後の楽しみに取っておきました、ホント、食べ応えあります

天井から、生ハムやサラミなど、ぶら下がっていて、前から入ってみたいと思っていたのです。
143523-2017Bologna8①

そして、2塔を横目に
家を出た時は、曇っていたのですが、晴れてきて、パニーノ食べて、この青い空を見るとやる気が出てきます
145238-2017Bologna8③
2塔は、、、
前にも書きましたが、それぞれ12世紀のもので、高い方がTorre degli Asinelli(アシネッリの塔)で高さ97m、498段あります。低い方のTorre Garisenda(ガリセンダの塔)は高さ48mですが、過去、傾き過ぎて、上の部分削ったという話です。

アットホームなお店で、ワインも美味しく頂ける様なので、ふらっと気軽に立ち寄るのにいいですよ
ボローニャ観光の際に、是非!!

ボローニャ関連記事
『Bologna(ボローニャ) 1』
『Bologna(ボローニャ) 2』
『Bologna(ボローニャ) 3』
『Bologna(ボローニャ) 4』
『Bologna(ボローニャ) 5』
『Bologna(ボローニャ) 6』
『Bologna(ボローニャ) 7』
『Bologna(ボローニャ) 8』

Bologna(ボローニャ) 8

Ho mangiato una crepe di Venchi al centro di Bologna. Uhmmm, buona!! Ma si può fare anche a casa con la nutella.

至福の一瞬でしたけども・・・

日本ではそれほど馴染みのないVenchi(ヴェンキ)
ボローニャでは、中央駅前にもお店があるのですが、チェントロの、私の好きなDorapperie(ドラッペリエ)通りに入る前の方がオススメ、、、
144033-2017Bologna9①
Venchiは、1878年トリノで創業された老舗チョコレートメーカーで、創業者はシルヴィアーノ・ヴェンキ氏。
ジャンドゥイヤのチョコやラム酒のクリームが入ったチョコなど、今はパスクア(イースター)が近いので、卵型やうさぎ型のチョコも並んでいました。

で、初めてクレープを試してみました、、、重くなくて、ペロッともう一つくらいいけます
CIMG9600-2017Bologna9②
一時、幸せになりましたが、でも、トッピングをのせて4,10ユーロはちょっと高くないかなーと、、、だいたい同じ値段でヌテッラ一瓶を買えば、どんだけクレープできるやら、と、夢のないことを思いながら。。。
私は、その場で頂きましたが、かわいいパックに入れてくれ、食べ歩きもできます。

そしてやっぱり、ジェラートが美味しい、、、
コーンに2味で3ユーロと、もちろんジェラートも、他のジェラテリアに比べれば0,50ユーロ割高ですが、やっぱりやっぱり美味しい!!!…あっ、クレープとジェラートはそれぞれ別の日に食べたんですよ。
144320-2017Bologna9③
トリノの有名な、3層のミルクチョコレートCremino(クレミーノ)と、マンゴ味!
始めはクリーミー、終わりはさっぱり、が私の注文パターンです

Venchiのお店横は、EATALYがあり、先ほどのドラッペリエ通りは、季節の花や、新鮮な野菜果物、生ハム屋などが並んでいて、ついつい足が止まってしまいます。
150414-2017Bologna9④
ジェラートでお腹が冷えたら、Venchi前は、COIN(コイン)という中型デパートなので、安心してください、トイレあります。で、COIN覗いたら、和食器が売られていました…た、高いです

Venchi(ヴェンキ)、、、日本語では、 便器 を思い出してしまいますが、ベンキと発音せず、ヴェンキと発音しましょう…変わらない?
また、日本ではヴェンチと記載されていることもあるようですが、イタリアでは通じませんので

ボローニャ関連記事
『Bologna(ボローニャ) 1』
『Bologna(ボローニャ) 2』
『Bologna(ボローニャ) 3』
『Bologna(ボローニャ) 4』
『Bologna(ボローニャ) 5』
『Bologna(ボローニャ) 6』
『Bologna(ボローニャ) 7』

Dozza(ドッツァ)

Ho fatto una bella passenggiata a Dozza. Mi è piaciuta molto!
C'era anche una opera giapponese.
La prossima volta, assaggiarerò qualche vino nel castello.


かわいい屋外美術館

先日の休日、Maxがきっと気に入るからと言うので、昼食後、聞いたことない町へ。
Dozza(ドッツァ)、、、人口約6400人の、中世の面影を濃く残す小さな集落で、ボローニャから車で少し南東に、イモラからは7km…イモラは、F1サンマリノ・グランプリの開催地のところ。
城壁に守られていて、早速、最初の入り口で、面白い標識が、、、
小さい村なので、20km/h走行、バス禁止、車の高さ3m以内、祝日13~19時は住民など許可がない車進入禁止、などなどは分かりますが、
えっ、馬車禁止???
こんな標識初めて見ました、昔からの名残?それか今も馬車がこの付近を通るのでしょうか?
CIMG9496-2017Dozza①
進んでいくと、壁画がいっぱい、↑こちらは、ベランダがあるように見えます

リラ時代(ユーロになる前)の切手とか、
CIMG9498-2017Dozza②
この村では、1960年から始まった芸術活動が有名で、2年に一度、コンテストで優勝したアーティストがこの村の家の壁に絵を描けるのだそうです。

西日が射してきました、
CIMG9500-2017Dozza③
↑犬が、女性のスカートの中に潜りこもうとしています、

画像多いですが、しばらくお付き合いを、
CIMG9508-2017Dozza④
まだまだ続きます、

ムニチピオ(村役場)付近、
CIMG9512-2017Dozza⑤
何を引っ張っているのか、、、凧でした↑、

ホラー系、、、女の子の顔ごっつ怖いんです、
CIMG9523-2017Dozza⑥
↑このタイトルは“砂浜で昼休み”ですが、何だか不気味、

13世紀に建てられた要塞があり、見学が出来ます…私達はしませんでしたが。
地下には、エノテカがあり、エミリア・ロマーニャ州立のワイン販売所で、州内の主要ワインが揃っているそうです。かなりの安価で試飲もでき、試飲会や料理教室も、開いている日があります。
CIMG9535-2017Dozza⑦
要塞前には、カラビニエリ(国軍警察)の交番があり、イタリア国旗でした、

要塞を出て、下っていきます、、、
CIMG9546-2017Dozza⑧
今回は、画像の編集が大変でした…一枚一枚載せたいところですが。。。
これでも、10作品ほど載せてません(選んでしまって、ちょっと、アーティストの方に申し訳ないけども)。

要塞から、人懐こいニャンコがすり寄って来て、他のニャンコにも呼ばれ、
160537-2017Dozza⑨
先ほどのニャンコがモデルでしょうか?また、本物の窓にカーテンの絵を描いているのも素敵です、

“ピカソの作品ではないよ”と書かれています、
161100-2017Dozza⑩
様々なタッチで描かれていて、飽きません、

私の気に入った5作品、
161637-2017Dozza⑪
↑日本人アーティストも!1995年作MISAO ONOとあります、、、何だか、日本が恋しい、

ポーランドの方の作品で散策終了、
161428-2017Dozza⑫
作品を観ながら散策、たとえ要塞内を見学しても1時間ほどでまわれる小さな村です

Maxに言われた通り、とても気に入りました
どれか、家の壁に飾りたい作品はありましたか?あのホラーな女の子だけは、飾りたくないですね~
選んだ絵から、潜在意識とか何か分かると面白いですけどね~。
次回は、今年も新しい作品が増える年なので、それを観に、そしてワインの試食に参加できたらなーと思ってます。

Comacchio(コマッキオ) 2 ~Salama da sugo(サラマ ダ スーゴ)~

Ho mangiato la salama da sugo ferrarese. Ho sbagliato perchè ho lasciato nel piatto il liquido di cottura.
Per me era molto salato ed un po' stucchevole. Forse è la prima ed ultima volta...


イタリア料理でも、それほど好き嫌いはないのですが

数日前の天気が良かった日、再び、モデナのお隣、フェッラーラ県はComacchio(コマッキオ)へ、、、
Lido di Volano(リド ディ ヴォラーノ)の波打ち際を歩いていると、日焼けしました。
135857-2017コマッキオ①
先日もこの町の話(『コマッキオ~ベファーナ~』をしました。

そのベファーナの残骸が、、、骨組みだけになって、、、何だか切ない、、、
135859-2017コマッキオ②
Treponti(トレポンティ)を上っての眺め↑

橋を下りていき、、、
132426-2017コマッキオ③
橋の下には、プレゼーピオ…大体、1月半ばまで飾られていたようです。

ヴェネツィアの人気のないところに似ていますが、気に入った一枚
133228-2017コマッキオ④

小道の散策が楽しく、あちらこちらに小舟が浮かんでいます、、、
133002-2017コマッキオ⑤

さて、ようやく今回の本題、、、
Salama da sugo(サラマ ダ スーゴ)という、やわらかいサラミが特産のここフェッラーラ県で、6分の1の量を買って試してみました。
真空パックに入っていて、通常よりも短時間で茹で上げることができ、これは、60分必要でした。
CIMG9458-2017サラマ①
ポピュラーに食べられている組み合わせ、ジャガイモのピューレと、、、
まっ、まっずー
フェッラーラの人達には悪いけど、ほんと、まずい、匂いも生臭い(血のような)。。。
間違えたのは、真空パックに茹でるために入っていたこの赤いスープは、お皿に盛りつける前には捨てるそうです。
いや、スープどうこうでなく、美味しくない。。。
Maxは、以前、もちろんフェッラーラ県のリストランテで、食べたことがあり、もっとやわらかくて甘みがあって美味しかったと言います。

こうやって、吊られているのを見ると、他のサラミ同様、魅力いっぱいなのに(画像は、以前、フェッラーラに来た時の)、、、
CIMG7401-2017サラマ②
もう食べないかな、、、これっきり。
日本の料理でも、納豆とクサヤと奈良漬とかの臭いもの以外は何でも好きで、イタリア料理も同じ、ほとんど好きなのですが。

そんな失敗した話でしたが、、、
是非、お味が気になる方は、まずは、小さいのを買って試してくださいませませ

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!