FC2ブログ

東京 2 ~ 大江戸温泉物語・品川ナイトヨガ ~

Sono andata all'onsen di Odaiba con la famiglia della mia amica.
Questo onsen - amusement mostra come era l'epoca Edo.
Dopo ho partecipato ad una lezione di Yoga a Shinagawa.
E' stato un giorno di relax a Tokyo.

リラックス~

日本旅行中の友達イタリア人家族を連れ、お台場の大江戸温泉物語へ、、、
DSCN2411-2018大江戸温泉物語①
私も初めて行ったのですが、初めは、時代劇で観るような江戸の町の感じが出て、おぉ~と声が出たのですが、食べ物屋ばかりで、ま、一回行けばいいかなというのが感想。。。
DSCN2403-2018大江戸温泉物語②
中国人など他国の人も結構見かけましたが、平日だったせいか混んでなく、のんびりできたことが良かったです
ネットで入場料を予約したので、500円ほど割安になり、一行も喜んでいました。
DSCN2404-2018大江戸温泉物語③
足湯では、敷いてある石が痛く、皆、悲鳴あげたり、、、
DSCN2418-2018大江戸温泉物語④
この温泉パークだけでなく、結構あちこちで見かけましたが、風情あります、風鈴
DSCN2416-2018大江戸温泉物語⑤

他の所に連れて行きたかったのですが、夕方、フェンシングの練習に参加すること(娘ちゃんが)、私も、他の友達と会う約束があったこと、遠出は出来ずでした。また、品川まで(他、新宿など)無料バスがあることがいいですね。
一行は、次は、北海道か沖縄か、でも富士山に、ジブリ美術館も行きたいと言っているので、日本3回目でも、まだまだ東京を外すことはできないようです。
日本大好きと言われると、やはり嬉しいものですね

品川で一行と別れ、友達とお茶し、シーズンテラスで開催されたナイトヨガに参加しました
(講師の方の2枚と、記念写真の画像は、講師の方のFBより)
DSCN2424-2018品川②
台風の影響もあってか、連日の猛暑が和らぎ、心地よい風の中、気持ち良く、楽しめました
37864405_1762972983788336_947351643832188928_n-2018品川①

その後、その友達と夕飯を食べ、東京駅まで見送ってもらい、夜行バスで和歌山に帰りました
夜行バスも、中年にはもうキツイなぁ・・・と痛感、
でも、温泉にヨガ、リフレッシュできました~

関連記事
『東京 1 ~ 吉祥寺・靖国神社・東京タワー ~』
スポンサーサイト

愛知 ~ 名古屋城・トヨタ博物館・徳川園 ~

Con la famiglia italiana abbiamo visitato Aichi.
Il giardino Tokugawa e` bellissimo. Il giardino fu ideato per essere osservato girando attorno al lago al centro; e’ strutturato per rassomigliare un corso d’acqua pura che scende attraverso la valle e sfocia in mare, come rappresentazione della natura giapponese. Molti giardini di casate di Daimyo dell’era Edo (1603-1868) erano costruiti in questo stile.


実は、お初の名古屋観光でした

名古屋城へ、、、天守閣の木造復元工事の為、登れずで残念だったけど、美しいお城~
DSCN2285-2018名古屋城①

9年に及ぶ復元を経て完成された本丸御殿、、、豪華!
DSCN2250-2018名古屋城②
天井の絵も素晴らしく、一枚ずつアップしたいところですが、、、
DSCN2271-2018名古屋城③
2020年8月頃に、天守閣の工事が終わる見込みだそうですが、東京オリンピックで外国人観光客が増えるでしょうから、7月には間に合って欲しいですね。
DSCN2280-2018名古屋城④

名古屋中心から離れて、トヨタ博物館も訪れました
私は、荷物番して入りませんでしたが、、、
DSCN2225-2018トヨタ博物館
行ったことがあるMaxは、2時間は観るのにかかると言っていたけど、あら、1時間ちょっとで出てきましたよ。。。

泊まっていたゲストハウスが大曾根駅近くだったので、歩いて、徳川美術館にも連れて行きました。
館内の展示物は撮影禁止だったので、写真はこんな程度ですが、連れて行ったイタリア人3名、源氏物語の説明のビデオをしっかり観ていました、日本語説明なのに…お父さんのTシャツ、天下統一(笑)
DSCN2175-2018徳川美術館
絵巻の一部(真ん中の画像)を観て、「頭に何しているの?」と訊かれて、答えられませんでした…ゴリゴリ???

クーラーが効いた所から出たくなかったのですが、徳川園へ、、、
DSCN2176-2018徳川園①
日本らしい景色で癒されます
DSCN2208-2018徳川園②
涼しそうに見えますが、ホント暑かったです
黄色の睡蓮、初めて見ました、、、
DSCN2198-2018徳川園③
蝉の抜け殻がいっぱいの所と、鯉の辺りで、イタリア人家族は写真撮るのに時間を費やしていました、私もですが…特に、金色の鯉が美しかったです。
そして、小皿がかわいく、買っていこうかと思いましたが、100円ショップにも、かわいい小皿売ってるし、、、と、イタリア料理って、小皿使う機会があまり無いということで、無駄に買わないことに

なかなかの美しいお庭で、新婚さんが立派な着物で記念撮影をしていました。
秋もきれいな景色を楽しめるのでしょうね、きっと、、、
DSCN2183-2018徳川園④
イタリアでも、もみじの木を植えているお宅を見かけるのですが、葉の色が最初から茶色のがほとんどです

私は、徳川園が一番気に入った名古屋観光でした

大阪 ~ チームラボ 学ぶ!未来の遊園地(Learn & Play! teamLab Future Park In Osaka) ~

Ho incontrato una amica ad Osaka. Lei era una forte schermitrice ed ha gareggiato ai mondiali.
Sono contenta che lei stia bene.
Non ho fatto tante foto perchè abbiamo chiacchierato sempre e tantissimo.

変わらず、おもろい娘だ

先日、大阪に住む友達と、あべのハルカス美術館で開催中のチームラボ・アイランド~ 学ぶ!未来の遊園地 ~を観に行ってきました
創造性を培う新感覚の体験デジタルアート展、、、むちゃくちゃ暑い日だったのですが、たくさんの人でした。
IMG_20180714_142011-2018ハルカス①

まずは、HPからの画像を(Foto by HP)
12788-2018ハルカス③
チームラボとは、2001年東京大学大学院の学生を中心に活動開始。 デジタル領域の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を超えて活動している、ということです。大河ドラマ「花燃ゆ」のオープニングなどなど…ミラノ万博2015の日本館も手掛けたのですね。
ハルカス美術館では、7月13日(金)~9月2日(日)まで開催中です。

長く留まっていたのはグラフィティネイチャー山と谷の部屋、、、なぜなら私が描いた花の絵をすぐに見つけることができず、その反省を生かそうと、もっと分かりやすく蛙を青く塗ったのに、なかなかどうして簡単に見つけられずだったからです。友達の蝶の絵、黄土色の蛙はすぐ見つけられたのに
他の部屋でも、絵がかわいく、たくさんの子ども達が楽しんでいました、えー40代の私達も(笑)
でも、持って行った母のタブレット、暗い所ではいまいち良い写真がとれずで。。。
IMG_20180714_102354-2018ハルカス②

その後、ハルカス近鉄内で、美味しい鰻重(当然、国産!鹿児島!)を食べました…前日も鰻、翌日も鰻の3連チャンで、鰻大好きの私、まだ食べたいです。
心斎橋近くでは、カキ氷で涼をとりました
そして、ぷらぷら難波駅まで、、、
IMG_20180427_232410-2018大阪①
友達は、フェンシングの同期(学校は違うけど)、今も指導に携わっています。日本とイタリアのフェンシングの良い所悪い所など、やはりフェンシングばかりの話になりましたが。喋りすぎて時間も忘れ、喉いがいがに(笑)
久々に楽しかったぁ、忘れてた、日本にも、年齢を忘れさせてくれる友達がいたこと。ハルカス美術館で、「クレヨンこんな書きづらかったっけー」と絵を一緒に描いていた時、「私達いったいいくつだよ!」って…イタリアでは、そんな童心に戻れる友達は、中国人の友達だけですが。
個性的でオシャレな友達から、、、プレゼントの皮で作ってくれた名前入りのMのキーホルダーも素敵
忙しいのに、時間も作ってくれてホントありがと~
091833-2018大阪②

私の方が、かなり老化がきてること(老眼とか)はツラかったけど、会えてうれしかったぁ、またね~

白浜(Shirahama)

Ho visitato Shirahama.
Shirahama è una località turistica, a sud di Wakayama.
Sandanbeki è una attrazione naturale costiera. Questo luogo è famoso per la storia di 2 amanti, che si sono giurati amore, ed hanno scritto la loro promessa su una pietra; qualche tempo dopo, i loro amici hanno trovato la pietra e vi hanno inciso indelebilmente le loro parole.
Il mare di Shirahama si mostra con acque limpide e cristalline e vanta una spiaggia con sabbia pulita e bianchissima.
L'isola di Engetsu è arco roccioso naturale sito appena al largo delle coste di Shirahama.
Al tramonto, si può vedere il disco del sole calante "entrare" all'interno dell'arco: un'immagine molto suggestiva.
Purtroppo io non sono riuscita a vederlo, poiché l'orizzonte era un pò velato. Comunque ho visto un bel cielo al tramonto.
Venite anche voi!


やっぱり、夏は海

実家がある和歌山県には、リゾート気分がちょい味わえる場所があります。
日本三古湯として古い歴史を持ち、温泉だけでなく、白い砂浜、迫力ある断崖絶壁、動物園、新鮮で美味しい魚料理が味わえるなど、レジャー施設がわりと充実。
先日、その白浜に一泊旅行しました…実家から90kmくらい

まずは、畳敷の南海岸にそそり立つ高さ50mの断崖、三段壁(Sandanbeki)へ、、、
大岩壁が約2kmも続くので、ダイナミックな景観、地下36mには海蝕洞窟が形成されており、断崖上から地中をエレベーターで降りると洞窟内部を観覧できます…私達は、入らなかったけども。。。
CIMG0071-2016白浜①
恋人の聖地とも呼ばれています
また、レッドブル主催のハイダイビング(高飛び込み)世界選手権が、今年10月16日に日本で初めて開かれることになっていて、町や地元の経済団体は「自殺の名所という三段壁のイメージを変える好機」と歓迎しているようです。

何で、自殺の名所、又は恋人の聖地になったのかは、こんな話も関係しているのかも、、、
昭和25年6月10日に、義兄妹口紅心中が起きたのです。
白濵の海は今日も荒れてゐる 一九五〇・六・一〇 定一 貞子
CIMG0087-2016白浜②
1950年に、当時22歳の定一さんと、18歳の貞子さんが、岩に口紅で遺書を書いた後、三段壁から飛び降りて情死したのです。
後日、この遺書を発見した両親が、友人の彫刻家に頼んで、翌年同じ日に、口紅に沿って字を彫ってもらったそうです、二人の思いが成就するようにと。
実は、定一さん、貞子さんは、それぞれ定一さんの父、貞子さんの母が子連れで再婚した血の繋がらない兄妹。
血が繋がっていないのだから結婚も可能だったのですが、若い二人はそれを知らなかったらしく、誤解による許されぬ恋を哀しんで心中してしまったそうです。
口紅の碑とも呼ばれるこの石碑は、茂みの中にあり、少し見つけにくいです。
って、6月10日、、、私の誕生日。。。

気を取り直して、
ビーチ白良浜へ、懐かしいえびせんと共に、、、
CIMG0110-2016白浜⑤
延長640mの穏やかな遠浅の浜、真っ白でサラサラの砂、夏にはパラソルが並び、弧を描く浜辺にそって椰子の木が並んでいます…2000年には、ハワイのワイキキビーチと姉妹浜になったようです。

夕方には、白浜のシンボル、円月島(L'isola di Engetsu)に、、、
正式名は高嶋、南北130m、東西35m、高さ25mの小島ですが、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから円月島と呼ばれ親しまれています。
円月島に沈む夕陽は「和歌山県の夕日100選」に選ばれているので、観に行ったわけですが、この日は晴れたり曇ったりで、最後、円の中に夕日が入るところで雲の中に消えてしまって、、、
CIMG0135-2016白浜③
でも、日が沈むまでも、火の玉が落ちるような素晴らしい景色で、夕日の角度に合わせて、左にじわじわ移動しながら、何枚も写真を撮っていました

御船足湯という、円月島を眺望しながら足湯を楽しめるスポットもあり(無料)、ビールを飲んで夕日を眺めている人達もいました
CIMG0133-2016白浜④
足湯の底には石が並べられていたので、足つぼマッサージも楽しめました

泊まったホテルでは、夕食朝食がビュッフェ式でお腹いっぱい食べられました
それに、貸出浴衣もあり、大浴場の温泉はもちろん、足湯もあり、リフレッシュできました
CIMG0160-2016白浜⑥
翌日は、快晴で、色とりどりのハイビスカスが青い空にピッタリでした

また白良浜へ行き、気温も高かったので、泳ぐこともできました。
海水は透明度は高く、魚が波打ち際まで近寄り、浜辺もゴミがほとんどなくキレイで、無料のシャワーに更衣室がありがたいのですが、、、
残念なのは、海がせっかくキレイなのに、周りのホテルなどの建物の外観が悪く、台無しにしていることです…画像では、何とか建物類を入れないよう撮影
例えば、イタリアなら、カラフルな家が並んでいたり、建物の統一感があるのですが…ゴミはいっぱいあるけれど、落書きも。。。
CIMG0186-2016白浜⑦
もうすぐ本格的に夏が始まります
とにかく、色々楽しめることは間違いないので、是非、お越しくださいませませ!

浦和(Urawa)

Sono andata ad un sacrario ad Urawa , cittadina di Saitama non lontana da Tokyo.
Questo sacrario porta fortuna nello sport e nell’affrontare esami, eccetera.
Nel sacrario, si vedono tanti oggetti incentrati sul coniglio, perché in questo sacrario si prega la luna ed i giapponesi credono che il coniglio sia un angelo della luna.
Questo non era il solo motivo della mia visita; infatti, il segno del mio anno di nascita è il coniglio.


ツキよ来い

東京出張のMaxにつき合っている間、浦和に2泊しました…結構、デパートが多く、買物に不自由なくて住みやすそうです。
その泊まったホテルの近くに、地元では「つきのみや」という愛称で親しみを込めて呼ばれている調(つき)神社へ、朝散策してみました。
兎の置物があちこちに、、、
CIMG0031-2016浦和①

鳥居がないこと、狛犬ではなく兎が置かれていることで、全国的にも珍しい神社、、、
鳥居がないことについては、伊勢神宮に奉納する貢物を運搬するのに邪魔になってしまうからという伝えがあるそうで、
狛犬改め狛兎だけでなく、境内の至る所に兎が見られるのは、月待信仰が古くからあるため、月の使者である兎をモチーフにしていることからだそうです。
CIMG0036-2016浦和②
見つけることが出来た兎は画像に載せた分だけ、、、他にも隠れていそうです。。。
そして、ここでも、あじさいを楽しめました

「つき=ツキ」で、ツキを呼ぶ、勝負運の神社としても有名、、、浦和レッズは、毎年、新年の必勝祈願をしているそうです。
私も、Maxの仕事運、自分が卯年ということもあってお参りしてきました~

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

プチ月別アーカイブ

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!