ポピーシードを使って 25

Ho preparato dei muffin per San Valentino.
Perchè fra poco mio marito partirà per il Brasile.
Questa domenica pranzeremo al ristorante.
Così lui si ricaricherà per la missione.


ちょっと早いですが

もうすぐMaxがブラジルへ出張に行くので、ヴァレンタインの為、
Muffin con semi di papavero(ポピーシード入りマフィン)
を作りました 
114220-2018Muffin①
バラでも一緒にと思ってベランダ見たら、枯れかけていたので、花びらのみ散らして

作り方は簡単、、、
薄力粉、BP、カカオパウダー、卵、泡立てた生クリーム(砂糖入り)、ポピーシード、レーズン、ラム酒
を混ぜて、焼くだけです。
110516-2018Muffin②
紙カップが大きいこともあり、カカオの方は生地が足りず、きれいに膨らまずで。。。
オーヴンに入れて10分ほど経過したら、割った板チョコ、アーモンド、ピスタチオをのせました。
見た目イマイチですが、白の方はポピーシードとレーズン入りで、そしてカカオ入りの2味です。
どちらも、時間が少し経った方が、ラムの風味が増して美味しかったです。

大きなトルタでも用意しようかと思っていたのですが、この数日前に、駅バールで立ち食いした、このポピーシードマフィンがとっても美味しかったのです、、、
143436-2018Muffin③
そもそも、マフィンカップケーキとの違いってご存知ですか?
マフィンはパン、カップケーキはケーキ、
マフィンは朝食に、カップケーキは昼食後に、って感じでしょうか?
ちなみに、マフィンはバターを使わなければ、砂糖控えめ、
そして、カップケーキのように、生地の上にアイシングやデコレーションがされていない代わりに、マフィンには、ナッツやドライフルーツなどトッピングが中に入っていたりします(私は、のせたりもしましたが)。
ですが、カップケーキのデコレーション具合にもよりますが、生地だけで考えると、マフィンの方が、薄力粉の量が多いので、カロリーが高めなんです…やはり、朝に食べた方が良さそうですね。。。

さらに、名前の由来なんかも調べてみると、、、
カップケーキは、そのまま、「Cup + Cake」の組み合わせになっているのに対し、
マフィンは、16~18世紀頃のヨーロッパで、使用されていた毛皮製の円筒状の防寒具 マフ が由来という説があります。
そのマフに両手を差し込んで手を温めていたのが、代わりにパンを両手で持って暖を取るようになり、そのパンがマフィンという名前になり、そのまま食べられるようになったようです。

この日曜には、リストランテでランチでもと思っています。
そうやって充電させて、ブラジルに旅立ってもらいましょう

過去記事の『ポピーシードを使って 1~24』では、、、
レモンマドレーヌ / リンゴのパウンドケーキ / カレー風味の煮っ転がし / あんパン / ポピーシードロール / 洋梨チーズケーキ / コロッケ / マロンケーキ / シュピーゲル / チーズスティック / クロスタータ / スコーン / ミッレフォーリエ / プリンケーキ / ベーグル / クロストーリ / チャンベッラ / 蒸しパン /  南瓜とサルシッチャのリゾット /  タリアテッレ /  ビュッシュ・ド・ノエル /  パン ド カンパーニュ /  きのこのストゥルーデル /  鮭のピスタチオ焼き 
で~す
スポンサーサイト

ポピーシードを使って 24

Ho preparato dei piatti per il nuovo anno come gli Osechi-ryōri(お節料理), ma senza box.
Gli Osechi-ryōri sono dei cibi tradizionali giapponesi tipici del capodanno. Gli Osechi sono facilmente riconoscibili grazie alla presenza di box chiamati jūbako, simili ai piccoli vassoi bentō.
Poi ho preparato anche Zōni(雑煮) che una zuppa giapponese contenente mochi.
Il nostro Capodanno è stato con un po' di tradizione giapponese.

お正月には

昨年同様(その記事)、お皿にのせただけのお節料理をお正月に用意しました
124453-2018Osechi①
折り紙で作った犬の箱には、黒豆が入っています…中国産の黒豆、ちっちゃい、
海老、なます、いなり、マグロの手鞠寿司、イクラ(レモン漬け)の軍艦巻きです。
そして、真ん中にあるのは、
Salmone in Crosta di pistacchi(鮭のピスタチオ焼き)

もともとは、シチリア地方の、マグロを使ったレシピなのですが、中途半端に魚を焼いてお腹痛になったら困るしな、と、また刺身用のと思っても、近くのスーパーでは売ってないしで、鮭の燻製で代用しました。
粉々にしたピスタチオと、オイル漬けドライトマト(細かくして)、パン粉、そしてポピーシードを振りかけて、表面を焼くだけです。
CIMG1371-2018Osechi②
ピスタチオが香ばしく美味しい、ポピーシードはプチプチ、濃厚なドライトマトの味も、これまた、、、簡単なのでおすすめ
焼いてから鮭を2等分にするのは、きれいに切れなかったので(画像にもちらっと見えてますね、隠せば良かったのに(笑))、焼く前に分けておけば良かったと後悔もありますが、ピスタチオ好きのMaxに好評だったのでとりあえず良かったです

お雑煮も作りました、、、
年末、日本から出張で来られた方に、お餅をお願いしたら、切り餅 2kg も買ってきてくれ、お餅大好きの私は、年末から、お餅パクパク食べています。
白みその雑煮以外に、きな粉餅、ぜんざい、そして、お餅を小さく切って揚げておかきにも、、、
CIMG1384-2018Mochi.jpg
ほんと、餅、美味ひぃぃぃ幸へぇぇぇ、って、はふはふ食べました(笑)
小さな鏡餅も同じく貰い物、、、橙(だいだい)もなければ、普通のミカンは大きい。。。なので、金柑に葉っぱ(ニセモノ)をつけて飾っておきました。
三方の台座は、やはりこちらでは揃えないし(まして、ミニサイズはさすがに)、折り紙じゃ、重さでつぶれるので、木の小皿にのせて、です。
鏡餅があると、よりお正月気分になりますね~。
私の力作の折り紙も、お見逃しなく~、ダックスフンドは箸置きにもなるんです

あー、大晦日には、ちゃんと、年越し蕎麦も用意しましたよ、お昼にですが、、、
CIMG1327-2018Toshikoshisoba.jpg
お蕎麦も、お餅同様、同じ方が持ってきてくれたもので、年末年始、少しでも日本風に祝えることができたので、ほんと感謝しています。

皆さんも、たくさんお正月料理を頂きましたか?
イタリアで、「お腹にちょっと肉がついたなー。。。」は、
Ho un po' di pancetta(オ ウンポ ディ パンチェッタ).
と言ったりします。
パンチェッタは、豚バラの塩漬けのことで、生ベーコンとも。
ちなみに、お腹のことは「Pancia(パンチャ)」です

そんなこんなで、今、ジョギング週間です

過去記事の『ポピーシードを使って 1~23』では、、、
レモンマドレーヌ / リンゴのパウンドケーキ / カレー風味の煮っ転がし / あんパン / ポピーシードロール / 洋梨チーズケーキ / コロッケ / マロンケーキ / シュピーゲル / チーズスティック / クロスタータ / スコーン / ミッレフォーリエ / プリンケーキ / ベーグル / クロストーリ / チャンベッラ / 蒸しパン /  南瓜とサルシッチャのリゾット /  タリアテッレ /  ビュッシュ・ド・ノエル /  パン ド カンパーニュ /  きのこのストゥルーデル 
で~す

フラワリーランドで、Papaveroを咲かせる 1

A fine estate ho piantato semi di fiori misti.
Cosmos, marigold, testa di gallo, ora stanno crescendo i papaveri. Speriamo che possano sperare l'inverno.
I ravanelli italiani sono cresciuti al 100 %, poi li ho mangiati con le foglie.


期待裏切らず、かも

日本の通販で買った、フラワリーランドという、30種類ほどの花種がミックスされたパックから、いろいろ咲いてくれています
123233-2017フラワリーランド①

8月31日に、種まきをし(紙パックを土の上にのせるだけ)、パックの紙が溶けるように水をまんべくなくやり、
そして、9月3日には、もう芽がピョコピョコと、特にコスモスの芽がぐんぐん育ちました。
CIMG0860-2017フラワリーランド②
そして、10月15日、第一号のコスモスが咲きました
コスモスは、好きな花でもあるので、次から次と咲いてくれるのが嬉しいです…旬を過ぎた今は、小ぶりだけども。

黄色のケイトウも、コスモス同様、早いうちから芽が出て、色んな葉に覆われ小さいですが、負けずに育っていて、
10月30日には、何と言う名前か黄色の花も咲き始め(百日草かな?)、咲くとすごく長持ち、マリーゴールドは、もう2,3日したら、花開く感じです。
CIMG0964-2017フラワリーランド③
パパヴェロ(ヒナゲシ)は、、、
今は葉っぱがわんさかで、オリエンタルポピーアイスランドポピーの葉が見られますが、越冬して春まで持つかな~と心配です

イタリアで買ったラヴァネッロ(ラディッシュ)の種も、8月末、別の鉢に蒔くと、100%芽が出て、根が失敗せず膨らみ、10月9日から収穫、、、
葉っぱも食べれるというので、スープに入れたり、ごま油と炒めたりして、15株ほどあったでしょうか、どれも無駄なく頂きました。
でも、しっかり葉っぱを見ないと、アオムシがついていて、、、一度、スープで浮いていたり
CIMG0857-201712月
あとは、ミニトマトも収穫したり、どこから種が飛んできたのか黄色の花(これも百日草か?)も、次から次と蕾をつけ長~く咲いてます。
そして、多肉植物の蕾がポコポコ出てきて、もうすぐ咲かせそうです…もうかれこれ3年は、毎年咲いてくれ、丈夫です。
他の多肉植物を凍らせダメにしたことがあるので、気をつけないと、と

楽しい、このフラワリーランド、、、種蒔きは手が汚れず、間引きも肥料も必要なし、さすがにパッケージのようにはいかないけども、何かしら咲いてくれている、面白いですよ~

ポピーシードを使って 23

Ho preparato lo Strudel ai funghi.
Lo strudel italiano è venuto dall'Austria. Lo strudel austriaco è venuto dalla Turchia e si chiama "Baklava".
Giusto?
Comunque era buono e ho sentito il gusto dell'autunno.

そして、世界は繋がる

秋の味覚、色んな種類のきのこを使って
Strudel ai funghi(きのこのストゥルーデル)
を作りました、、、
CIMG0807-2017ストゥルーデル①
ついでに、マッシュルームのアヒージョも、一緒に、オーヴンへ

Strudel(ストゥルーデル)は、イタリアの伝統ドルチェの一つですが、ご存知ですか?
パイ菓子で、フィリングはリンゴが一般的、リンゴの生産が有名な、トレンティーノ=アルト・アディジェ州(州都トレント)や、ヴァッレ・ダオスタ州(州都アオスタ)、またヴェネト州(州都ヴェネツィア)などで、よく食べられるドルチェ。日本の、サクサク生地のアップルパイより、しっかりしています。
ここエミリア・ロマーニャ州のリストランテでも、メニューにあり、家庭でもよく作られるドルチェです。
でも、ストゥルーデル、、、イタリアの名前ぽくないですね。。。
実は、オーストリアから伝わったドルチェだそうで、イタリア人も異議なしということです。
オーストリアだと、“シュトゥルーデル”と呼ばれ、意味は、「渦巻き」

では、作り方、、、
〈材料〉
[パイ生地]・バター 100g ・薄力粉 200g ・水 70g ・タイム 2枝 ・塩 少々
[フィリング]・色々なきのこ 380g ・エメンタールチーズ 180g ・スカニョーロ 1個 ・タイム 2枝 ・EXVオリーヴオイル 適量 ・塩 適量 ・黒こしょう 適量
・卵 1個 ・牛乳 12g ・ポピーシード 適量
〈作り方〉
[生地]
薄力粉と、角切りにした冷たいバター、塩少々、タイムの葉を大まかに混ぜる。
② ①を台に出し、山にして、真ん中にくぼませ、水をゆっくり流す。そして、よく混ぜる。
丸く整え、ラップをし、冷蔵庫で40分休ませる。
[フィリング]
スカニョーロを薄切りにし、熱したフライパンに、オリーヴオイルで炒める。
きのこを薄切りし、とタイムの葉を加え、蓋をして20分炒め、火を消して、熱を取る。
⑥ ③の生地をめん棒で、40cm×50cmに伸ばす。
生地の上に、チーズを乗せ、その上にフィリング、またチーズを乗せる。
生地を巻き、両端を閉じる。
牛乳で溶いた卵を生地の表面に塗り、ポピーシードをまぶす。
180℃、約45分、オーヴンで焼く。

CIMG0799-2017ストゥルーデル②
一日経った方が美味しかったです

オーストリアから伝わった、イタリアのストゥルーデル、、、さらに遡ると、トルコのBaklava(バクラヴァ)というお菓子から生まれたということです。
↓これがバクラヴァ、、、細かく刻んだナッツ類がフィリングで、これはアーモンドのバクラヴァ、何十層にもなったサクサクのパイ生地で、これは重ねたタイプですが、ロール状のもあるようです。
甘いシロップがかかっているので、かなり甘いです。
145413-2017ストゥルーデル③
このお店は、ボローニャ中央駅から、シンボルの2つの斜塔に向かう道にあり、人気なのか、結構、人の出入りが多いので、前から気になって行ってみました。
色んなアラブ系のお菓子があり、他も試してみたいので、そのうち、このバールの話が出るかも…今回、トルココーヒーを一緒に頼んだのですが、これはイマイチ

色んな起源を知っていくと、何だか世界が繋がっていくようで、興味深いですね
あっ、ポピーシード、、、ふりかかっているだけで、完全に脇役でした。。。

過去記事の『ポピーシードを使って 1~22』では、、、
レモンマドレーヌ / リンゴのパウンドケーキ / カレー風味の煮っ転がし / あんパン / ポピーシードロール / 洋梨チーズケーキ / コロッケ / マロンケーキ / シュピーゲル / チーズスティック / クロスタータ / スコーン / ミッレフォーリエ / プリンケーキ / ベーグル / クロストーリ / チャンベッラ / 蒸しパン /  南瓜とサルシッチャのリゾット /  タリアテッレ /  ビュッシュ・ド・ノエル /  パン ド カンパーニュ
で~す

Tortelli(トルテッリ) と 再会

Qualche giorno fa due miei amici sono venuti a Mirandola per organizzare un evento di musica orchestrale.
Ci eravamo incontrati circa 4 anni fa. Loro continuano a collaborare con la scuola di musica di Mirandola per sostenere la poporazione colpita dal terremoto del 2012.
Abbiamo pranzato insieme; io ho schelto un piatto di tortelli alla cipolla di tropea con semi di papavero, che buono !
Poi la sera, abbiamo mangiato le pizze.
Abbiamo chiacchirato tanto !

今度も協力できると良いな

先日、私の初通訳仕事で関わることができた愛知学泉大学オーケストラ団のマネージャーさん、そして、通訳の永田さんが、私の町ミランドラに、音楽学校との今後の打ち合わせの為に来られました。
2012年5月に、この地域は大きな地震に遭い、ミランドラの町は半壊状態になったのです…幸い、私のアパートは、新しい建物だったので、少しのダメージで済みましたが。
その復興支援として、2014年3月に、学生オーケストラ団が来られ、コンサートを開き、今もなお、日本とイタリアをお互い行き来しながら繋がっているのです。

昼食に、リストランテにて、モデナの名物トルテッリを、皆注文し、お2人はカボチャの具が入ったのを、
私は、甘いトロペアの玉ねぎとリコッタチーズがフィリングのトルテッリが珍しいと、そして、ポピーシードがふりかかっていることも、これまた興味が沸き、選びました。
123416-2017トロペア玉ネギとポピーシードのトルテッリーニ
1個が結構大きく、そして玉ねぎがホント甘く、ポピーシードのプチプチ感が面白かったです…トロペアの玉ねぎのことは、以前の記事にて(こちら)。

Maxは、黒トリュフのトルテッリ、、、見た目悪く、味見でもらった1個はとっても美味しかったけど、お皿一杯は食べられないクセのある味でした…もう、食べないカナ、私は(笑)
ランブルスコがきれいな色です、、、
121959-2017ホテルピコ
盗撮みたいな画像ですが、カボチャのは、文句なし、、、甘~くて美味しい、この地域、カボチャが美味しいんです…あと、スイカもメロンも

夜は、私達のアパートに来ていただき、ピッツァを頼みました
204758-2017再会
たくさん、お喋りできて楽しかったです
また、甘えて頼んだ焼きそばソースに加えて、どろソース(初めて!)、すし太郎、などなど、お土産を頂き嬉しかったです

ところで、
日本もイタリアも、毎年のように、大きな自然災害があり、アマトリチャーナの地震(去年の8月)、リヴォルノの洪水(今年の9月)は、日本人の方にも記憶に新しいところ。
ある団体(イタリア内の)が集めた募金は、アマトリチャーナ(周辺の被害があった町も)には、一年経った今でも、一銭も届いていないということを最近のニュースで知り悲しくなりました。
募金となると、そのお金はどのように使われていくのか、被害に遭った方々にも少しでも行き渡っているのかどうか、心が狭くなり、気になるようにもなりました。
イタリアでは、電話会社を通じて募金する方法もあり、私とともに、Maxが一緒に募金してくれたのですが。。。

と、話の軸がずれましたが、、、
イタリアと音楽で、
イタリアとフェンシングで、
色々な分野で、これからもどんどん繋がると良いなぁぁと思いました
来年、コンサートがまたここミランドラで開催されるようなので、楽しみです

関連の過去記事
『ミランドラと東北共に再建の道へ』

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!