雛罌粟なモノ 6

E' arrivata la primavera!
Cominciano nuove cose!!


春うらら

こちらも暖かくなってきて、土筆や梅に桃と、続々、草花が開いてきています
この季節になると、服のデザインにヒナゲシが用いられているのをよく見かけます。イタリアやフランスなどヨーロッパは、ヒナゲシを愛する人が多いせいかも知れません。特に、マルゲリータと合わせているのが多いです。
いくらヒナゲシ好きな私でも、ミニスカートなどこれはムリだというのも多く(Foto by Google)、、、
2017ヒナゲシなモノ①
でも、若い人だけでなく、おばあちゃんだって、ヒナゲシがドカーンと描かれたワンピースを着こなしていたりします。

こちらは、アンティーク市で見かけたドレス(alla Fiera di Modena)、、、
CIMG8955-2017ヒナゲシなモノ②
以前の、私のブログのカバーみたいで。

ということで、私も、お気に入りMangoの店で、去年買ったヒナゲシのTシャツを着て、春うららに過ごしています
プリムラから優しい甘い香りが、、、
CIMG9585-2017ヒナゲシなモノ③
今は、うすーいピンクが好きな色、、、昔から緑色が好きなのですが、時期によっては、はまる色がコロコロ変わって。
まぁまた、はまる色が変わるだろうから、やたら買い込まないようにしています。

こちらは、去年、近所で見つけた野生の、ピンク色パパヴェロ、、、
CIMG9875-2017ピンクパパヴェロ
赤と違ってインパクト弱いですが、可愛いです

私にとって、春は行動開始の季節、、、
月2回2時間ずつ、プライベートで日本語会話レッスンをすることにしました。フェンシング関係の友達なので、レッスン代は安く、月5ユーロと大きなトルタをお願いしました…関西弁を教えないようにはしていますが、発音がそうなっているかも。。。
また、毎週月曜は、ボローニャのフェンシングクラブに、17時から21時半、指導へ行くことになり(指導者講習の勉強も兼ねて)、
火曜は、3人に減ってしまった隣町メドッラの教室、
水曜と木曜はモデナの教室、
と、随分忙しくなりました。ボローニャとモデナは、行き帰りに時間がかかるので、すぐその日が終わってしまう感じです。また電車やバスの乗り継ぎ時間により、散策も出来るので、無駄遣いをあまりしないように気をつけます。
色々始めましたが、悩み過ぎず、時の流れに任せて、進んでいこうと思います
スポンサーサイト

ポピーシードを使って 20

Ho fatto a mano le tagliatelle con la buccia di limone e i semi di papavero. Poi ho aggiuto dei carciofi.
A mio marito pieace molto la pasta al limone.
Allora questo piatto gli è piaciuto, meno male.


ポピーシード、こんな使い方も

イタリアに住みだして、カルチョーフィ(アーティチョーク)を食べることが多くなり、パック入りで下処理済みのや、冷凍または缶詰などを買ったりもしますが、自分で選んで下処理した方が美味しいです。
しかし、最近、生野菜がとっても高ーい、、、2月に入って、随分と寒さが和らぎましたが、1月はどこもかしこも凍ってましたから、野菜高騰になっています。
で、一個1,45ユーロ(190円ほど)するカルチョーフィを2個使って、、、
Tagliatelle ai carciofi, limone e semi di papavero(カルチョーフィ、レモンとポピーシードのタリアテッレ)
111949-2017ポピーシードを使って20②
カルチョーフィのことは、過去の記事で紹介してます→ 『イタリアの野菜 1』


〈材料〉2人分
・小麦粉 100g ・卵 1個 ・レモン(皮すりおろしと搾り汁) 2個分 ・ポピーシード 適量 ・下処理したカルチョーフィ 1個分 ・EXVオリーヴオイル 適量 ・塩 適量
〈作り方〉
[手作りタリアテッレ]
ボウルに強力粉、塩を入れて混ぜ、中央をくぼませる。
卵、オリーブオイル(大さじ1)、ポピーシード、レモンの皮(少し残しておく)と混ぜ合わせる。
生地が滑らかになるまでこねる。
ラップで包み、20分以上寝かせる。
まな板に打ち粉(強力粉適量)をふり、綿棒で厚さ1mmに伸ばす。
⑥ ⑤を1cm幅に切る。
4~5分茹でる。茹で汁(大さじ2)はとっておく。
[ソース]
下処理済みのカルチョーフィを薄切りし、レモン汁を入れた水に浸す。
フライパンを熱し、オリーヴオイルを入れ、カルチョフィを5分ほど炒める。
③ ②にレモン汁も加え、汁気がなくなったら火を止める。
④ ③にパスタの茹で汁を入れ、茹でたパスタを加え、すりおろしたレモンの皮を加え、出来上がり。
095848-2017ポピーシードを使って20①

筍のような食感、またパスタがレモン風味で爽やかで美味しいです。Maxも、レモンのパスタが大好きなので、美味しいと言ってもらえました
もう一個のカルチョーフィは、皮を花のように開いていき、軟らかい上の部分を少し切り取って、その部分はパスタの具に使い、残りは素揚げに。塩少々ふって、レモン汁垂らして、カリカリ、ジューシー、美味しいです…画像のは、皮を剥きすぎて、花のようには開けなかったですが。。。

手作りパスタ、楽しいです、パスタマシーン買うかな

過去記事の『ポピーシードを使って 1~19』では、、、
レモンマドレーヌ / リンゴのパウンドケーキ / カレー風味の煮っ転がし / あんパン / ポピーシードロール / 洋梨チーズケーキ / コロッケ / マロンケーキ / シュピーゲル / チーズスティック / クロスタータ / スコーン / ミッレフォーリエ / プリンケーキ / ベーグル / クロストーリ / チャンベッラ / 蒸しパン /  南瓜とサルシッチャのリゾット
で~す

気分一新、ヘッダー画像変更

Ho cambiato il degine della mia pagina. Ho usato una foto di una visita a Chianti qualche anno fa.
Viti, coline e papaveri, infondevano tranquillità.
Ora spiego ai giapponesi che usano lo stesso site per creare il loro blog come editare.


もっとオリジナリティを

ブログのヘッダー画像をようやく変えました。
2, 3年前、トスカーナ地方はキャンティの葡萄畑で撮った一枚を油絵風にPCでアレンジし、余白は白でシンプルに見易くしました。
この一枚が元、、、
ヘッダー画像元CIMG4479
以外に簡単でした。
あと、プロフィール画像も新しくしてます

FC2のブログで、もっと自分らしさを出したい方にはおすすめです
〈やり方〉
先に、使いたい画像をファイルアップロードしておきます。
テンプレートの設定公式(又は共有)テンプレート追加でお好きな作品(変更OKの)を選択→詳細追加テンプレート管理→選んだテンプレートの編集スタイル編集まで、順番にクリックしていってください。
スタイル編集の、hedarbackground部分を探します。
urlの()内には、ファイルアップロードしたの(http://~)をコピーします。urlと記していない場合(色の番号が書かれているなど)は、自分で足し、元にあった記号は消します。
2017ヘッダー画像変更
すると、プレビューでどうなっているか(画像が大き過ぎとか)分かります。
更新をクリックすると、保存できています。
あとは、適用をクリックすれば、完了です。


どうです、ブログ全体は少し見易くなりましたか?
前は、各記事の画像が横のプラグ(カレンダーや項目など)で邪魔されていて、見づらかったと思われます

今年も、毎月、ブログ開設した10日(月命日みたい?)は、雛罌粟に関する話などを何かにこじつけてアップしていきま~す

またPapaveroを咲かせる 2

2 mesi fa, ho piantato dei semi di papavero che sono molto carini, ma non crescono bene.
Sul mio balcone, alcune piante sono fiorite. Ho preso la mantide e l'ho portata sul mio balcone, ma prima del'inverno è molta.
Spero che almeno le mie piante superino l'inverno.


カマ子の一生 

今年の春は、2年連続、大きなチューリップや、ヒヤシンスがきれいに咲いてくれました
CIMG9261-2016植物①
ですが、夏に球根の掘り上げ作業が遅れた為、腐ってしまい来年の分はありません

10月中旬までは、暖かく、後半は豪雨があったりで、せっかく夏の終わりに蒔いて、育っていたカルフォルニア・ポピー、アイスランド・ポピーの芽がその激しい雨にやられしまい一つも残りませんでした
11月中旬には、また暖かさが戻りましたが、その後、霧の深く、ぱっとしない日が数日続き。。。
11月最後の週には、気温はぐんと下がったけれど、やっと晴れまが広がりました。
遅いかなとは思ったけど、10月末に蒔いた、コーラルピンクのかわいいオリエンタル・ポピーの芽が、 この鉢だけは、日当たりの良い駐車場に置いているおかげか、 ゆっくりゆっくり育っています…ベランダは北向きなので、冬は全く日が当たらなくて。
CIMG8754-2016またパパヴェロ

日当たりの悪いベランダでも、色んな花が咲いてくれてますが、今年咲いてくれなかったのは、黄色の小菊、、、アブラムシがいっぱい付いていて、対処しなかったからだと思います。なので、ピンクの小菊を安かったので追加しました…こんなに大きいのに、2ユーロ(250円くらい)!
CIMG8709-2016植物②

さて、10月中の一ヶ月、ベランダで放し飼い(?)にしていたカマキリのカマ子(オスだけど)、、、飛ぶことができない様子でした。どうやら、カマキリは、脱皮する時に失敗すると、飛べなくなるようです…カマ子の抜け殻は、植木鉢の間に落ちていました。
今年は、イタリア中、カメムシが異常発生した年で、ウチのベランダにもいっぱいいました…ニュースでも出ていて、アジアのカメムシが年々多くなってきているとか
カマキリは肉食、、、カマ子が、美味しそうにカメムシをむしゃむしゃ食べている姿を見た時は、ちょっとエイリアンのようで不気味で、ある時は、カメムシが出していったお汁(尿?)をチューチュー一滴も残らず飲んでいたのを見ていると、ホントに美味しいんかいってツッコミ入れたり…観察していると、かわいいもんです(笑)
ある日、またカメムシを食べるかなと与えると、一度捕らえたのに、カメムシに逃げられてしまい、「逃げられたん?」って、つい口に出して責めてしまいました。作り話でなく、その瞬間、カマ子は後ろ向きになり、翌日から、姿を消したのです…実は飛べたのか、鳥に連れ去られたか。。。
↓一代目カマ子↓
CIMG8649-2016植物③
その後、二代目カマ子を捕まえ、またベランダに、、、一代目よりも大きいメスで、攻撃的で、手を何回か、チクっと噛まれました。
そんな二代目カマ子も、寒くなったり雨が降ったりの中、日に日に弱々しくなり、死んでしまいました
カマキリというのは、寒い冬を越えることはできないようで(卵状態だと可能)、そしてカマキリのほとんどは、お腹の中に寄生虫がいて、ある程度お腹で育ったこの寄生虫は、水辺のある場所に宿主(カマキリ)を導き、カマキリのお腹を裂いて、またはお尻から出て行くようです。そして、寄生虫から用がなくなったカマキリは死んでしまうのです。そんな理由からも、カマキリの生涯は短いとか。
と、カマキリに詳しくなったそんな秋でした(笑)…いや、Maxも「カマ子、ゲンキー?」とよく相手してくれたもんです
ちなみに、カマキリは、なんと、ゴキブリと同じグループに属しているんですねー

ベランダの植物達は、何とか越冬してもらいたいものです

ポピーシードを使って 19

Ho preparato un risotto alla zucca con salsiccia e semi di papavero. Poi ho fatto anche dei dolci di zucca.
Mi sembra che la zucca giapponese sia più dolce di quella italiana.


切るの大変

ポピーシードを使うのは、お菓子作りがほとんどですが、イタリアでは、リゾットやパスタにふりかけるメニューもあります
何でもハンガリーでは、パスタにポピーシードと砂糖をふりかけるレシピがあるようですが、パスタと砂糖って、想像つかないです。。。

さて、旬の南瓜を使って、、、
Risotto alla zucca con salsiccia e semi di papavero
(ポピーシードをふりかけた南瓜とサルシッチャのリゾット)

を用意しました。
そしてチーズもふんだんに、、、
CIMG8828-2016カボチャリゾット
二つのレシピを組み合わせて作りました。

〈材料〉2人分
・1cm角切り南瓜 200g ・米 120g ・サルシッチャ(イタリアのソーセージ) 150g ・玉ねぎみじん切り 4分の1 ・ブロード 約500ml ・白ワイン 4分の1カップ ・バター、ポピーシード、パルミジャーノレッジャーノ、イタリアンパセリ 適量
〈作り方〉
熱したフライパンにバターを溶かし、みじん切りの玉ねぎとサルシッチャを炒める。
② ①に米を加えさらに炒める。
③ ②に白ワインを加え、アルコールを飛ばし、ブロードと南瓜を加え、吹きこぼれないよう中火で煮る。
お好みの米の硬さに茹でたら、お皿に盛り、ポピーシード、パルミジャーノレッジャーノ、イタリアンパセリを振りかけてお終い。

画像では、イタリアンパセリが無かったので、ベランダ栽培の水菜にしました。
そして、サルシッチャでなくても、パンチェッタやベーコンでも美味しいです。
結果的に、ポピーシード意味あるんかと思いましたが、イタリアのレシピにあるもんですからー

イタリアの南瓜って、日本のと比べてそれほど甘くないような気がします。
余った南瓜で、カップケーキやスイートパンプキンも作りましたが、レシピより少し砂糖多めにしました。
ぶ格好なスイートパンプキン、南瓜に見えますかね~ 
CIMG8833-2016スイートパンプキン
本当は、南瓜をジャック・オー・ランタンにしようと思ってたのですが、切るの大変で、こんなになっちゃって
以前、日本のある女優の方が、南瓜を切ろうとして手首を誤って負傷し、自殺未遂かと騒がれたけど、、、
ほんとに危うく切りそうでしたよ、手
南瓜を料理する時は、急がず慌てずにですね。。。

ところで、、、
以前も書きましたが(その記事)、イギリスでは11月11日は『Remembrance Day』で、英霊記念日。第一次世界大戦の停戦協定が1918年11月11日に結ばれたことから、戦没者記念日停戦記念日とも呼ばれ、この日に最も近い日曜日には慰霊式典が行われます。
このイベントがだいぶ肥大化してきて、テレビに出る人などは全員、記念日前の一週間は、義務的に、ポピーのバッジなどを身に着けていなければならないようで、着けていないと、戦没者に感謝の念を抱いていないとか、愛国的でないとか、とんだトラブルに遭う羽目になるかも知れないということです。(Foto by Google)
ポピーの日
サッカーでは、プレミアリーグのこの時期、各チームは毎年、期間限定、赤いポピーが刺繍されたユニフォームを着用し、英国在郷軍人会への募金活動(ポピーアピール)を支援しています。
いかなる政治的、宗教的、商業的メッセージの着用を禁止しているFIFA(国際サッカー連盟)から、警告通達が出ているようですが、、、
イングランド代表は、明日11日のスコットランド戦で予定通りポピーが描かれた黒の喪章を着けるそうです

ちなみに、11月初め、2泊3日でイギリス出張だったMaxは、飛行機の遅延で、おまけにロストバゲージ、3日間同じ服で過ごして散々だったよう。
彼が訪れた時は、まだポピー一色ではなかったようですが、ポピーのデザインがあしらった広告などをちらっと見かけたようです。

過去記事の『ポピーシードを使って 1~18』では、、、
レモンマドレーヌ / リンゴのパウンドケーキ / カレー風味の煮っ転がし / あんパン / ポピーシードロール / 洋梨チーズケーキ / コロッケ / マロンケーキ / シュピーゲル / チーズスティック / クロスタータ / スコーン / ミッレフォーリエ / プリンケーキ / ベーグル / クロストーリ / チャンベッラ / 蒸しパン
で~す

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!