FC2ブログ

Campionati Regionali 2019(州別選手権大会)

Domenica scorsa sono andata a Modena per vedere una gara di Campionati Reginali.
Per la nostra società (Zinella), la partenza del 2019 non è stata buona, ma stiamo salendo piano piano.
Complimenti a tutti !!


少しずつ上昇中

先週の日曜は、モデナで開催されたエミリア・ロマーニャ州選手権大会に、ボローニャのクラブから男女14名が参加したので、応援に行きました。
フルーレとサーブルの2種目については、他の大会に繋がらなければ、ランキングのポイントに関わらない試合なので、毎年、参加数が少なく、去年は開催されませんでした。
エペは、イタリア選手権(6月開催)の第二次選考(3月末開催)の予選にもなっているので、大事な試合になっていて、毎年、出場数が多いです。

今年、女子フルーレは6名の出場者数で、5名がボローニャから、1名はモデナの選手でした。私は、左股関節の休養中なので、出場しませんでした。
団体戦で一緒に組んでいるヴィクトリアが優勝し、同じくメンバーのイザベッラが2位、3位にエリーザ
私の隣も、同じくメンバーのジュリア、、、今回は審判員でした。
51904376_401755177264504_4498586343974109184_n2019-Modena①

男子フルーレは、17名の出場者数で、7名がボローニャからで、
51645263_2151535518241300_9111733682074288128_n- 2019Modena④
シモーネが優勝し、ベスト8に2名入りました。
51832483_10216654184021219_8038010944908951552_n2019-Modena③

女子エペ(出場者数56名)には、今シーズン、他のクラブから移籍してきたアレッサンドラが出場し、結果30位で健闘しましたが、第二次選考には通過できずでした。
男子エペ(出場者数116名)には、ロレンツォが出場し、結果15位で、第二次選考に通過しました。彼は、ヨーロッパ選手権にも出場したこともある腕前、でも、仕事で練習量が少ないので、若い選手の勢いにやや押されていました。
アレッサンドラロレンツォ、、、
51737894_145299176417450_1273878095878684672_n2019-Modena②

残念だったのは、今シーズンから、シニアの試合に出場するようになったルカが、胃痛で棄権したことでした。
まぁそれが1週間前だったらと思うと、、、というのは、2月初め、サルデーニャ州はカリャリで開催された地中海選手権大会のカテゴリア15歳以下の、イタリア代表だったからです。
結果は、見事、銀メダルを獲得し、良い経験になったようです。
大差で負けたイタリア人同士との決勝は、苦い思い出でしょうが、代表に選ばれるだけでも、大したもんです
ルカは、下の画像中、一番背が高い選手(Foto by FIS)、、、
51344446_10158815539293018_6406129951765954560_o - 2019Cagliari

ここ一ヶ月分の試合結果を振り返ると、、、

1月12~13日の北部予選は、第二次選考(3月末開催)への通過者なし、
1月20日のマスター戦は、おばはん私達2名優勝(30代と40代のカテゴリアで)、おっさん3位(30代カテゴリアで)
1月26~27日の14歳以下大会は、男子2005年生/2006年生でシモーネ3位、女子2008年生でナイーデ8位、
2月1~3日、ルカの地中海選手権大会15歳以下で銀メダル、
そして、この州選手権大会(2月10日)で、男女フルーレ個人優勝、ロレンツォがエペの第二次選考に通過、
州選手権大会の前日(2月9日)、ローマで開催された、車いすフェンシング国内混合大会(体に不自由がない選手も参加できる)では、金メダル4つ、銀メダル2つ、銅メダル2つ、
51659891_2059977067627215_4330456065306001408_n20019-Roma.jpg

と、年始めこそつまずきましたが、少しずつ、のんびり上り調子のボローニャのクラブです
久々に、モデナのクラブの人達ともお喋りでき、楽しい一日でありました
スポンサーサイト

Seconda prova interregionale GPG 2018-2019(第2回州別14歳以下大会)

Domenica scorsa ho accompagnato i ragazzi di Zinella (Bologna) ad una gara a San Giorgio di Nogaro.
Complimenti a Simone (nel fioretto categoria allievi/ragazzi), Naide (8a nel fioretto categoria bambine) e a tutti gli altri !


勝負は紙一重

先週の日曜は、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州は、ウーディネ県San Giorgio di Nogaro(サン ジョルジョ ディ ノガーロ)で開催された、第2戦目の州別14歳以下のランキング試合に帯同しました。
この州別大会は、4つの州(エミリア・ロマーニャ州、ヴェネト州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州、トレンティーノ州)を組み合わせている大会です。

男子カテゴリア2007年生(参加数52名)に出場したリッカルドは、6名総当たりの予選では、初戦に1敗しましたが、あとに3試合1本勝負で勝っての4勝1敗、これらの1本勝負を取れてなかったらと思うと。。。
同じカテゴリアのルカは、3勝2敗、彼も1本勝負が一つあり取れて良かったです。
トーナメント1回戦は難なく二人とも勝ち、ルカは2回戦で負け、リッカルドは1本勝負を制して3回戦へ。
3回戦の前半、背のとっても高い選手に遠いところからアタックに入ってしまい、届かず、そういった失点を重ね、最後は間合いの詰め方を見つけたものの、間に合わず、7対10で敗退。
リッカルド 12位、ルカ 24位でした。
121032-2019S.GiorgioDiNogaro①

女子カテゴリア2009年生(参加数23名)に出場したナイーデ、6名総当たりは2勝3敗とイマイチ。でも、トーナメント1回戦は快勝、2回戦は1本勝負を勝ち、3回戦は、これは1本勝負に持っていけず、8対10で負けました。
ナイーデ、初めての入賞トロフィに喜びいっぱいで、私も嬉しかったです
この試合の3戦目は3月中旬なのですが、帰りの車の中で、「マンマ、3月の試合申し込みしといてね!」と、まだ時間スケジュールも、試合案内さえも出ていないのに、今のところ、やる気満々です(笑)
50703014_2051527158472206_5667012130763702272-2019S.GiorgioDiNogaro②_n
同日、朝一に女子2005/2006年生のカテゴリアに一人出場する予定だったのですが、インフルエンザに罹り、棄権で残念でした。
こちらも、流行っています。

前日の土曜日は、他のコーチが帯同し、男子2005/2006年生(参加数55名)のカテゴリアで、シモーネが3位に入り表彰台へ、同じカテゴリアのフェデリコは残念ながら35位、
女子2008年生(参加数34名)では、カミッラが33位でした。
50827989_2051527231805532_3904432748772720640-2019S.GiorgioDiNogaro③_n

サン ジョルジョ ディ ノガーロ、、、この町にフェンシング留学している友達がいるのですが、アメリカのワールドカップの試合出場のため、不在で会えず、残念でした。
きれいな町ですが、去年、ピッツェリアで、サン ダニエーレの生ハムが盛られたパスタがとっても美味しかったことを覚えていますが、
しかし、特に何もないですね~、、、フェンシングに集中するにはいいかも知れませんが、ちょっと退屈ですね。安全そうですが。
ホテルと試合会場の通り道にあったドォーモ、、、窓のステンドグラスは、剣を持っている騎士で美しかったです。
101433-2019S.GiorgioDiNogaro④

試合は、1本勝負があると、人の試合と言え、ドキドキです。
1本勝負、、、予選だと、通過順位に響くこともあるし、トーナメントで負けると、かなりショックが大きい。
この日は、1本勝負はどれも落としていなかったので、試合会場に行く前に、サン ジョルジョ ノガーロのドォーモで、お祈りしたのが良かったかも知れません(もちろん、イタリア語で、お祈り)

Terza prova Master 2018-2019(第3回マスター・サーキット戦)

Domenica scorsa, ho partecipato alla gara di Master a Bologna.
Ho vinto nella categoria 1. Sono contenta perchè anche la mia compagna della Società(Zinella) ha vinto nella categoria 0.
Prenderò una pausa dalla scherma per la mia anca e programmerò un intervento.


勝つと、やっぱり嬉しいのです

先週の日曜は、ボローニャで開催された第3戦目のマスター戦に出場しました。
予選は10名総当りで、8勝1敗、、、この1敗は、テル二出身のアッティーリ選手で、マスター選手権で、ここ2年連続優勝していて、去年の6月のマスター選手権では、準決勝で負けた相手。2歳年下の彼女もまた、私と同じく、若い選手と組んで、セリエA2の団体戦で頑張っている選手です。
予選では、アタックをバシバシ決められ、2対5でした。
なぜなら、予選すべての試合を、自分の痛んでいる左股関節のため、私からの攻撃は控え目にして、守りに徹しようとしていたからです。
準々決勝、準決勝と、勝ち進み、
172050-2019Bolona②
決勝は、そのアッティーリ選手と。
この試合後、当分、休養を取ることを決めていたし、ホームのようなボローニャの地では負けられないという気持ちが強く、
“攻撃は最大の防御”
と、私のモットーをまた引き出してきて、自分から仕掛けるようにしました。かと言って、ガンガン、前にアタックいけるほど、今の私は力がないので、距離に入った時だけする速いアタックと速攻アタックを使い分け、切り返されてアタックにこられても、簡単にカウンターを出さないよう耐えて耐えました。
始まりはシーソーゲームでしたが、1セット目終わりから相手のミスが出だし、2セット目に入って点数をどんどん重ね、10対4で勝ちました。
久々に彼女に勝ったので、とても嬉しかったのと、休養前に勝てて安堵し、声を出すかわりに、涙目になりました。
175830-2019Bolona③

そして、さらに嬉しかったのは、一つ若いカテゴリアで、私と団体戦を組んでいるジュリアも優勝したことでした
黄色のTシャツがジュリアで、真ん中は、応援に来てくれたボローニャのマエストラ、、、
183612-2019Bolona①
副賞は、赤ワインです

こうやって勝つとやはり嬉しいから、やめられないのですが、
とりあえず、2月と3月は試合に出ず、4月末にあるセリエA2の団体戦の、力になるよう頑張ろうと思います…ベンチ温め係でも。
それでも、教室では指導があるので、子ども達とファイテイングする時は、反対側(右側)で、相手をするようにします。

それから、今朝行った、整形外科では、やはり手術が必要だということでした。
手術は、骨切りでも人口股関節でもなく、大腿骨頭に金属を埋め込むもの…Maxには、「ターミネーターみたいだね!」って、、、オイ!
ただ、大腿骨頭の一部が、血流の流れが悪くなったりして引き起こす骨壊死(こつえし)の疑いがあり、MRIの予約を入れることになりました。→[追記2月2日] 骨壊死ではなく、他の問題でした。
そうでなきゃいいのですが、
大腿骨頭壊死症とは、こんな感じだそうです(画像はGoogleより)↓
DZykjvsV4AAoS7n.jpg
イタリアでか日本でか、処置や手術を考えていましたが、今回、巡り会った整形外科医さんは、どうやら優秀な方のようです。
先日、FBで、いろんなコメントを頂いてから、とっても悩みましたが、手術前後、経過処置、リハビリ等すべて考慮し、今のところ、イタリアで手術に挑もうと思っています。
朗報は、フェンシングを続けても良いということ、手術後も、それぐらいに回復できるということ、でした。
でも、常に、自分の体に耳を傾けなさいということ

勝ったからだけでなく、前向きな気分で、心晴れやかな今です

Prova Qualificazione Zona Nord 2018-2019(イタリア北部予選大会)

Domenica scorsa ho partecipato alla gara di qualificazione Zona Nord a Zevio.
Sono arrivata 34a su 94 fiorettiste; non mi sono qualificata per la seconda prova nazionale.
L' inizio del nuovo anno è andato un po' male.
Alla mia anca sinistra ho gia sintomi di coxartrosi. Inoltre la schiena è un po' scoliotica.
Forse meglio fare una pausa dalla scherma ma non devo perdere tono muscolare.
Dopo la prossima gara ci penserò tanto.


これは、また岐路が訪れたのか

先日の日曜日は、ヴェローナ県Zevio(ゼーヴィオ)の町で開かれた北部予選大会に、ボローニャの選手達と一緒に出場しました。
女子フルーレは94名の参加で、53歳の方が最高年齢(男子フルーレは58歳の方!)でした。

6名総当たりの予選は、初戦にすぐ1敗をしてしまい、あとは4勝しましたが、この試合は、特に予選がとても大事。
ベスト32に入って敗退しても、予選の通過順位が良ければ、順位決定戦にまわれるからです(出場数で変動あるけども)。
トーナメント1回戦はなしで、2回戦は、左利きのスラッと背の高い選手、手先でさばかれ、10対15で負けてしまいました。
なので、今年は、3月末の第二次全国予選に行けず…それによって、大きくランキングも落とします

一緒に出場した選手達は、左側から、
イザベッラ57位、私、マエストラ、ヴィクトリア43位、アレッサンドラ83位、画像にはいないけど、グレタ89位で、誰も通過できず、、、
160729-2019Zevio.jpg
前日にあった男子フルーレでも、8名出場しましたが、誰も通過できず、
2019年の出だしが悪いです

この試合結果の後に書くと、言い訳にしか聞こえませんが、
12月末の、左股関節と腰のレントゲン検査で、左の変形性股関節症 が始まっていると診断されました…年齢的には、ちょっと早い進行期段階です(Foto by Google)。
2019変形性股関節症hip_oa1
再来週に、隣町の整形外科(公立)の予約が取れたので、手術が必要か、無しなら、どんなトレーニングを、フェンシングはもう無理か、色々、聞かないといけません。ちょっと、コワイです。。。
ちなみに、ミランドラの整形外科(公立)は5月までいっぱいで予約取れずで、私立であれば、早く診てもらえるけど、診療代がとても高いのです。
もっとちなみに、手術というのは、進行段階によって、骨切り人口股関節 ということで、ますます震えます

お尻の筋肉を落としたらいけないので、主治医や、クラブのマエストラ(理学療法士)からは、自転車こぎや水泳(平泳ぎはダメ)を勧められ、ジョギングは、絶対、禁止…走ることには、自信があった方なので、これなら、若いうちに、ホノルルマラソンに挑戦しとけば良かったと、悔いが。。。
体重増加もダメ、、、以前にも書きましたが、股関節は、片足立ちをしただけで(静止状態で)、体重の三倍の荷重がかかるからです。
また、フェンシングは、足を踏み込むのが強く、かなりの負荷が股関節や膝にかかるスポーツです。
今、週2でフェンシングをしていますが(自分自身の練習としては)、そのうちファティングは計3時間。選手としては少なすぎますが、これでも、練習後は、ひぃひぃです。
まだフェンシングができるなら、もう試合に出るのは、マスターの試合だけにとどめようかと思っています…50歳まで、一般の試合に出る気持ちでいたのに。

先日は、私が子どもの頃に、側弯症(前から見て、脊椎が10度以上曲がる状態)と言われていたことを姉が思い出してくれ、それで、小さい時に、水泳(背泳ぎのみ)を習ったこともあったなーと。これによって、足の長さも差が少し出てきます。
レントゲン検査では、股の位置がずれていることがはっきり確認できました。
背骨は、今、ちょっとした曲がり具合ですが、老いとともにどうなっていくかわからないので、これもまた気をつけなくてはいけません。
特に、腰は、夜間痛のひどい時があり、うつ伏せになったり、横になったりと寝る姿勢をころころ変えなきゃ辛く、なかなか寝付けなかったり、熟睡できなかったりです

去年の夏の帰国から、なかなか体重が減らず、苦労していましたが、これでダイエットのやる気が出てきました
現役選手時代の時に比べたら、体重は4,5㎏も増えていて、体脂肪なんて10%近くも違いが
明確な、目標や目的がないと頑張れない人間なので、
試合参加の為に地味なトレーニングを頑張る、自分の足(骨)でいつまでも元気に歩く、
と、あと半分くらいの人生を生きていけたらと、Maxに余計に迷惑かけたくないし。

私は、35歳から一気に筋力や体力の低下、股関節の痛みが始まりました。
スポーツしている人だけでなく、同じ姿勢が続くデスクワークなどや、重い物を持ったりの重労働、どの人も酷使している部分があると思うので、皆さんもお気をつけて

今回の試合については、
ここ3年、この試合は通過していたので、ちょっと、くよくよ、
年末には、ロス・オリンピック金メダリストのヌマ・マエストロがボローニャのクラブに来て、レッスン講習会を開いてくれ、おまけに個人レッスンまでとってもらったのに、私も含めクラブ全員が生かされず、非常に申し訳ないなと思いました。。。

Sala di scherma ・Medolla(メドッラ・フェンシング教室) 14

Alla sala di Medolla ho iniziato con 5 ragazzi in questa stagione.
L' 8 dicembre Matteo ha partecipato ad una manifestazione a Vicenza. Ha fatto grande esperienza e si è divertito tanto.
Il 15 dicembre 3 ragazzi (Matteo, Alessandro e Filippo) hanno partecipato ad una festa di Penta Modena e hanno tirato con divertendosi.
Il 20 dicembre abbiamo festeggiato con il gruppo di basketball ed abbiamo chiuso per le vacanze.
Per il nuovo anno ricominciamo dal 7 gennaio.
Nella sala siamo pochi, ma non vorrei lasciarli, anche se solo un allievo vuolesse fare scherma.
Buon Anno a tutti ♡

行く末、不安ですが

夏休みを終え、9月中旬からメドッラのフェンシング教室が再開し、夏休み前 7名いた子ども達は、予想通り、2人は音楽教室へ、1人はサッカーを始め、1人はバスケに戻りました
3名が残り、新しく2人(1人はバスケから、もう1人はサッカーから)が入ってきました
差し引き、現在 計 5名なんですが、、、

今、フェンシング歴4年目に入ろうとした1人が、小学校の同級生の影響を受け、サッカーへ心変わりを、、、
ずっと一緒にミニ試合に出ていた親友マッテオは、はじめショックを隠せずにいましたが、
12月8日、一人でも試合に出ると言って、ヴィチェンツァであった11歳以下のミニ試合に連れて行ってきました。
ボローニャの子ども達と一緒にアップをして、、、
IMAG1208-WA0008-2018Vicenza②
マッテオの予選、7名総当りは3勝3敗で、一本勝負の一敗がとても残念でした。それでも、最初の2試合をすぐ落としても、気持ち切り替えて、あとに3勝したのは大きなことでした。
通常、この年齢の子ども達は、2回総当りして終わりなのですが、参加人数が50名と多く、他のカテゴリアの試合もあったので、5本勝負のトーナメント戦が始まりました。マッテオは、残念ながら2対5で敗退。
ボローニャの2人は勝ち、それぞれトーナメント2回戦に進みました。が、このカテゴリア、もう時間切れ、トーナメント1回しただけで試合自体が終了し、全員、参加賞のメダルをもらい、お開きでした。
ちなみに、同時進行していた、2005/2006年生のカテゴリアで、ボローニャの選手が準優勝し、とても嬉しかったです。
モデナボローニャの子ども達と、、、
IMAG1208-WA0024-2018Vicenza①

12月15日には、モデナのクラブ内のフェスタに参加し、ミニ試合をしました。
顔見知りが多いので、マッテオは、ヴィチェンツァの時よりのびのびしていました。
そのおかげか、優勝しました~
200135-2018Modena①
2009年生と2010年生の混合カテゴリアで、12名の参加、4名総当たりを2回しました。
実は2008年生まれのアレッサンドロ(↓眼鏡の子)、10月からフェンシングを始めたのですが、体が大きいのと、左利きということで4位に入りました…剣さばきがむっちゃくっちゃだったけど、すごく楽しかったと言ってました。
フェンシング歴1年のフィリッポは3位、彼も、表彰台に上がれた~と言って満足そうでした。
200318-2018Modena②

12月20日には、ナターレのお祝いをバスケ教室の子ども達と一緒にしました。
ファイティングを少ししてから、ゲームして遊び、クラブのTシャツかジャージをプレゼントし、2018年最後の練習日をしめました
172050-2018Medolla②

新しく入ってきた2人のカテゴリアは、もうすでに協会主催の公式試合が始まっているのですが、3ヶ月ちょっとのフェンシング歴では公式試合に出場させるのは少し無理があるので、楽しみもなく続くかな~と、? でも、大事に育てたいと思っています。
うちサッカーからきた1人は、運動能力が高い!バスケからきた子ども(アレッサンドロ)は、ちょっと動作が遅いけど、左利き!!彼が教室に来だした時は、物は無くすわ、壊すわ、言うこと聞かないわで、やれやれだったのですが、最近は、話を聞くこともできるようになり、何より、 に惚れたようです(笑)
かかと と 膝 に、少し問題を抱えているので、深く構えるのに時間がかかるのですが、少しずつ少しずつ、形になればと思っています。

だいたい、9月から1月いっぱいまでの分、2月から5月いっぱいまでの分と、二期に分けて、保護者はレッスン料を支払っているので、
2月に向けて、新入の子どもにも期待して、私も待っているだけでなく、何か、フェンシングを広める努力をしなければいけません。
前にも書いたけど、たまに、レクター博士“羊たちの沈黙”の)に見えるマッテオ、、、無邪気で本当にかわいいです。できれば手放したくないし、フェンシングが大好きな彼にも、私が頑張らねば
将来がまったく見えないメドッラの教室ですが、私と続けたい子どもが1人でもいる限り、教室を閉めないようにしたいと思っています。
163150-2018Medolla①
それでは、
新しい年が皆様にとって、素敵な一年になりますように

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週4回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

プチ月別アーカイブ

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!