Quarta prova Master 2017-2018(第4回マスター・サーキット戦)

Sabato scorso ho partecipato alla gara di Master a Roma.
Ho vinto nella categria 1ed anche la maestra della mia società ha vinto nella categoria 2.
Ci siamo divertite con il sostegno di suo marito e dei suoi 2 cani.
Dopo la gara ho fatto una piccola passenggiata al centro di Roma ed ho lanciato una moneta alla fontana di Trevi di nuovo.
Poi sono tornta col treno italo.. L'ho preso per la prima volta, ma se si prende Smart, allora meglio il treno frecciarossa.


棚からぼた餅で

先週の土曜日、ローマで開催されたマスターのサーキット戦に、クラブのマエストラと、彼女の旦那様と、彼らの犬2匹とで行ってきました。
申込時点では、強い選手全員(4名)が登録していたのに、あら、当日になると、3名キャンセルでした。
8名総当りは、1本勝負一つありましたが、全勝でき、
決勝は、左利きの背の高い、フォッジャ県のクラブのマエストラ、、、5対5まで競っていましたが、10対6で勝つことができました
28058707-2018RomaMaster①

10歳年上の、うちのクラブのマエストラも、カテゴリア2で優勝…予選では3敗していたので、毎週末の試合引率で疲れているのか、と心配しましたが、さすがトーナメントになると、しっかり勝ちますね
私の週末も5週連続フェンシング関連でしたが、この試合で少しひと息つけて、、、マエストラは、ジュニア組を連れてまたローマですが。。。
それから、今年は戌年なので、2匹のお犬達が強い味方でもありました
28058447-2018RomaMaster②
ローマは、私が住んでいる北部より、やはり暖かく、桃の花など咲いていて春を感じました

試合前日には、ペルージャ県のCittà di Castello(チッタ デル カステッロ)という中世の名残がある小さな町を一緒に散歩もしました。
145156-2018Città del Castello
↑これは、馬を繋いでおく為で、古い町ではどこでも結構見かけますが、ここのは馬の形でとてもかわいいです
夕食には、キャビアのせサーモンのリゾットを、、、鮭のおかゆみたいで、胃に優しく、試合前に重たいものを食べたくない私にはばっちりの選択でした…高かったけども。。。

試合後は、試合会場近くの駅でさよならし、マエストラ夫婦とお犬達はウンブリア地方へ小旅行に、
私はメトロに乗って、コロッセオ駅の次の駅カヴールで降り、またローマに戻って来れるよう、やはり今回も、トレヴィの泉にコインを投げに行きました。
153030-2018RomaMaster③
その後は、電車の時間が迫っていたので、テルミニ駅までひたすら歩き、適当に写真を、、、ずっと前にも記事にしましたが、ローマの噴水は芸術作品ばかりです
154941-2018RomaMaster④
ローマからボローニャ間は、列車のフェッラーリ、そう italo. で帰りましたが、Smart(エコノミー席)を選ぶなら、訳すと赤い矢!のfrecciarossaの席の方がゆとりがあるような気がしました。
残念なことに、最近、アメリカに売買されることが決まった italo. 、、、イタリアのモノがどんどんヨソの国のモノになるようで、何だか嫌ですね、、、頑張れイタリアです

強い選手不在でラッキーな優勝でしたが、あんまり滅多に剣を合わすことができない、左利きでしかも背の高い選手と戦えたことは良かったです。
今度は、プライベートでもっとローマをゆっくり散策したいな、と
161942-2018RomaMaster⑤
スポンサーサイト

Maschere in pedana a Padova(パドヴァ・11歳以下大会)

Sabato scorso ho accompagnato i bimbi di Zinella a Padova per partecipare ad un saggio carino.
Ci siamo divertiti molto e c'erano anche delle frittelle; hanno organizzato bene.
Dopo questa manifestazione, ho fatto una passenggiata al centro di Padova.
Bella città !


フリッテッレを持って笑顔笑顔

先週の土曜日、パドヴァで開催された11歳以下のミニ大会に、ボローニャの子ども達が参加しました。
私は、住んでいるミランドラから、朝7時発の電車とバスで一人で向かったのですが、ミランドラ~ヴェローナ間は時間通り、ヴェローナ~パドヴァ間が30分の遅れ
余裕を持っての出発だったので、まぁギリギリ間に合うかなと思っていたのですが、パドヴァ駅を出て、バスを乗り間違い、違う方向へ、、、結局、タクシーを拾い、無駄な出費 
とりあえず、試合開始15分前には何とか到着出来て良かったですが…帯同コーチが私一人だったし
これだから、指導している教室と住んでいる所が遠いと(70km以上もある)、試合に行く際、一緒に行けずで困ります。。。

気をとりなおして、
試合は、2008年生まれのPrime Lame(プリメ ラーメ)から始まり、クラブからは4名が参加し、計36名の出場数でした。
134123-2018Padova①
6グループに分かれ6名総当り戦(4本勝負)から始まり、2回目は、1回目の上位6名、7~12位、13~18位・・・とまた6名の総当たり戦です。
2回目の総当りは、4名とも1,2グループには入れずで、3グループにエレナナイーデ、5グループにガブリエレ、最終グループにレオナルドでした。
エレナは3勝でまずまず、ナイーデは1勝、ガブリエレは0勝、レオナルドは1勝と、普段の練習が結果に出てしまっています。
要するに、エレナは真面目に練習するけど、ナイーデは時々しか来ない、ガブリエレはいつもふざけている、レオナルドはキレることが多く剣が暴れやすい、、、ということです。
103125-2018Padova②
でも、参加者全員カップを貰って、皆喜び、さらに、カルネヴァーレ真っ最中なので、ヴェネト州のお菓子フリッテッレを無料で配られ、頬張って笑顔でした

昼からは、2009年生まれのEsordienti(エゾルディエンティ)が始まり、クラブからは2名参加、計18名の出場数でした。
2008年生まれのカテゴリアと同じ試合形式で、
1回目6名総当りでは、アニータが全勝で2位通過、リッカルドが3勝で10位通過、
2回目6名総当りは、1グループ紅一点のアニータが、なかなか上手だった1位通過のトレヴィーゾの選手に勝って、4勝1敗、
リッカルドも2グループで4勝1敗で、なかなかの結果でした。
アニータの隣りは、姉のチェチーリア、、、
132306-2018Padova③
アニータはよく泣くのだけど、今回一敗した時は涙出さず、怖~いと言いながらも、先に2本取られた時も、果敢に攻めて、それはそれは頼もしかったです。
リッカルドは、ガブリエレ同様、練習中よくふざけているので、キツイ言い方ですが、左利きでやりにくいだけの結果かなと思っています、性格もなかなかのずる賢さなので、面白いことは面白いですが。
アニータリッカルドもまた、フリッテッレを貰って喜んでいました。

私にとっては初パドヴァ訪問だったので、試合後、一人で散策しました
世界遺産のヨーロッパ最古の植物園に前々から行きたかったのですが、冬場は17時に閉まってしまうことで時間が無くて、、、まぁもっと季節が暖かい方が良いだろうと次回にとっておくようにしました。
それでも、広々と開かれていたメルカート(市場)を眺めることができたり、ドゥオーモが美しく(ミサが始まったのですぐ出ましたが)、、、
170119-2018Padova④
街並みが洗練されていて、絶対に再訪問だなと決心を!

この2月から週2回指導になったメドッラの町の子ども達は、一人はボーイスカウトの行事で来れず、もう一人はインフルエンザ、ボローニャの日伊ハーフ君もインフルエンザで来れずで、非常に残念でしたが、、、
他のちびっ子達にとってはとっても良い経験で、主催のコミーニパドヴァクラブのパレストラ(体育館)が素敵で、オリンピック金メダリストのBorella(ボレッラ)夫妻もいらっしゃって、参加させて良かったなと思いました

Gran Prix Kinder + sport a squadre-14 2017-2018(14歳以下団体戦)

Lo scorso weekend ho accompagnato tre squadre di Zinella a Roma.
Nella categoria allievi/ragazzi, la nostra squadra A è arrivata 12a su 39, ha battuto una squadra forte. Un'altra nostra squadra B ha terminato in prima diretta, 35a.
Un giorno dopo nella categoria giovanissimi/maschietti, la nostra squadra è arrivata 18a su 56. Nel girone ha tirato al 100 % con 3 vittorie su 3, ha sperato in prima diretta, poi purtroppo ha perso in seconda, molto peccato. Ma mi fido di loro.
I ragazzi hanno fatto grandissima esperienza.


結果はどうであれ、彼らを誇りに思う

先週の土日は、ローマで開催された一年にたった一回だけしかない、14歳以下の全国団体戦にボローニャの子ども達が参加しました。
土曜日、39チームが出場したカテゴリア(2004年生・2005年生)には、ウチからは2チームを参加させ、1つは、順調に予選2勝の全勝…中でも、トレヴィーゾの強いチームに勝つという白星。
そして、トーナメント1回戦、またそのトレヴィーゾと、、、何と、接戦でまた勝つことができました。
ですが、トーナメント2回戦は、シラクーサの強いクラブ(コーチがマフィアみたいで怖い(笑))とで、メンバー2人の力の差が大きく敗退。
なんせ、ウチの方は、2番手が熱で欠席だったので、やはり彼の不在が痛かったです。
それでも、39チーム中の12位
27332616_1840870122871245_2850281059331051544_n-2018GPGRoma①
もう一つのチームは、予選全敗、トーナメント1回戦負けで35位、、、チームの一人は、まだ2年目の初心者なので、良い経験になったと思います。
1840870122871245_2850281059331051544_n-2018GPGRoma②

翌日は、カテゴリア(2006年生・2007年生)の団体で、ウチからは1チームのみ参加、、、
083339-2018GPGRoma③
2人は2007年生、2人は2006年生と、他が2006年生ばかりで組んでいるチームが多い中、何と、予選で3勝(全勝)し、トーナメント1回戦はなしでした。
でも、トーナメント2回戦で、パドヴァの良いチームに、最後2試合で逆転負け、とても残念でした。
子ども達の泣いている姿を見ると、さらに私も悔しくなりました。
56チーム中の18位は、大きな結果、健闘を称えたいし、これからのバネになるのではと期待しています
27718312_10213859527275161_1330857747_n-2018GPGRoma④
日伊ハーフ君がいることもあり、試合前ごとに日本っぽく円陣組んでみました。

試合前日、ローマ中心を一人散策した時、スペイン階段上の教会で、子ども達の試合祈願をしましたが、ところどころで小さなミラクルもありました(笑)
また、トレヴィの泉では、またローマを訪れることができるよう、当然、コインを投げました。
まぁ、この2週間後もまたローマに、マスターの試合で来ることは決まっているのですが、、、
160650-2018GPGRoma⑤
そのマスターの時は、観光できそうもないので、コインを再び投げることができないだろうけど、
ローマを訪れる機会を必ず作ろうと思っています。
いやぁ、カルボナーラに、アマトリチャーナのパスタ、美味しかったぁぁぁ

応援で、のどがガラガラ、、、自分の試合以上にエネルギーを使うので(念力送ったりして)、疲れました。。。

Prova Qualificazione Zona Nord 2018(イタリア北部予選大会)

Domenica scorsa ho partecipato alla gara di qualificazione Zona Nord con i ragazzi a Zevio.
Sono arrivata 20a su 115 atleti, ma mi sono qualificata per la seconda prova nazionale di Caorle a marzo.
Ero stanchissima però mi sono divertita.


とりあえず

先日の日曜日は、ヴェローナ県Zevio(ゼーヴィオ)の町で開かれた北部予選大会に、ボローニャの選手達と一緒に出場しました。
27332676_1838231139801810_1507493644196604328_n-2018ZonaNord①
女子フルーレは115名の参加で、
予選は、1本勝負が2つあったものの、何とか全勝、
トーナメント1回戦はなしで、2回戦は15対7で勝ち、3回戦は、今回、準優勝したビアンキン選手とで敗退。
1セット目は良かったものの、2セット目に入ると肩口ばかり攻められ、対処できず、5対15で、さらっと負けました…ホント、上手に突くわね、と感心してしまったり。
本来の試合ならこれで終わりなのですが、これは3月の本大会への予選大会。
予選の上がりが悪くなかった私は、17~22位の決定戦にまわることになり、上位22名が本大会へ行けるのです(出場者数で毎年変動有り)。
決定戦一つ目で、15対6で勝てたので、これで終了、そして、今シーズンも切符を得ることができました…この本大会で、6月のイタリア選手権の出場が半分くらい決定。
この北部予選、、、去年は、こんな私のような年寄りでも3位に入り、表彰台に上がれたのですが、今年は20位で終わっちゃいました。
負けた試合だけでなく、予選から、肩口に何本も突かれているので、せっかく出れる本大会までに、ちゃんと取り組まないとダメです
ちなみに今回の優勝は、34歳のベテランママ、カンミレッティ選手でした。

クラブの若い選手達はというと、一人64位内に入り、一人トーナメント1回戦落ち、後の4名は予選落ち、
男子は、35歳の選手が30位(162名中)で、本大会に通過(男子フルーレは上位40名が本大会へ)、後の5名は予選落ち、という若い選手達には 試練試練 の大会でした。
26993321_1838231029801821_1655081750426293186_n-2018ZonaNord②

女子フルーレは、北部、中部、南部、どの予選会を見ても、私が最高年齢…いつも出ている10歳上の方が、他の試合が重なっていたのでいなくて、ちょっと淋しかったです。ちなみに、男子フルーレでは、58歳が最高年齢でした。
でも、最高年齢だからと言っても、若い選手達と同じように、挑む気持ちを心がけています…むしろ、イタリアに挑む気持ちか
とにかく通過して、やれやれです。

最後に、私の右手の指が4本だけしかない怪奇現象、、、
124450-2018ZonaNord③
両手の薬指とも第二関節が中に曲がっているので、力を入れて手を開いたら、薬指がさらに中に入ってしまうんです(笑)

今週末と来週末は試合の引率、その次はマスターの試合、と、週末は大会ばかりで、ブログの内容もフェンシングばかりになってしまいますが、ご了承くださいましー

Terza prova Master 2017-2018(第3回マスター・サーキット戦)

Domenica scorsa ho partecipato alla gara di terza prova di master a Cividale del Friuli.
Ho vinto nella categoria 1. L'anno nuovo inizia bene, ma non ho tirato bene.
Dopo la gara, ho visitato il ponte del diavolo con mio marito.
Poi siamo passati a Palmanova che è appena entrata nel patrimonio dell'umanità.
Purtroppo non ci sono delle foto di questi luoghi. Perché ho perso da qualche parte la mia fotocamera, che peccato...


最後にしくじった

フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州は、ウーディネ県東部に位置する町Cividale del Furiuli(チヴィダーレ デル フリウリ)で行われた、3戦目のマスターの試合に出場しました。
この地域は、スロベニアとの国境にとっても近いので、道路標識はイタリア語とスロベニア語の両方で記されていて、ウーディネは、イタリア語では「Udine」、スロベニア語では「Udin」と、これはそう変わらないけど、全く分からない地名も多々でした。

さて、試合は、、、
予選8名総当たり全勝、そして決勝も勝ち、優勝しました~、私のカテゴリア1(1969~1978年生)は8名しかいなかったし~
115349-2018Cividale①
でも、2位の選手とは、予選1本勝負、決勝ではシーソーで10対8、内容もちょっとよろしくなくて。。。

こちらは、久々に会った、前のクラブの仲間ファブリツィオと、、、私の決勝では、急ぐな足速いとジェスチャーしてくれ、助かりました。クラブが変わっても、こうやって応援してくれるってありがたいことです
115743-2018Cividale②
貰った副賞を、「応援したんだから、コレ、僕のでしょ?」と指差してますが、、、
134657-2018Cividale③
私は初めて見る食べ物で、Frico(フリコ)というこの地域の郷土料理、ジャガイモとモンタジオチーズのお焼きのようなものだそう。表面をカリッと焼いて食べるということで、きっとチーズが濃厚で美味しいだろうなと、、、後日、美味しく頂きます。

さて、フェンシングショップのカルミマリで、こんなかわいいクッション(竹刀でいう鍔の裏に当ててある布)達が売られていたので、
当然、日本のを購入
4ユーロと、ちょっと普通のより2倍近く、、、
121615-2018Cividale④
そして、あんまり自分の剣とマッチしていないという、、、ヒルト(グリップ)の滑り止めがオレンジだからか。。。
ちなみに、このヒルトは、今は、日本でもどこでもあんまり使われていない型ですが、フェンシングを始めた時から使っているこの型、これ以外、私は持てない(力がうまく入らない)のです…あっ、もう何回か買いなおしているので、高校からのヒルトではないですよ、そこまで物持ち良くないです(笑)
親指と人指し指が当たるところは、滑り止めで、商会さん(東京目白のお店)に丁寧に削ってもらったものです。
ありがとうございます、大事に使っています、もう買えないだろうと思って

さてさて、
試合が午前中に終了したので、せっかくミランドラから約280kmも移動したのに、試合だけではもったいないと思い、試合会場から3kmほどの、歴史的地区を散策、また悪魔橋と呼ばれる有名な橋を渡りました…川の水が、とーっても綺麗でした。
その後、30kmほど移動し、去年、世界遺産に登録されたばかりの、Palmanova(パルマノーヴァ)という上空から見ると綺麗な星形になっている城塞都市を訪れたのですが、
橋や建物など、キレイな青空と共に写真に残したのに、
帰り道、トイレ休憩の為に最後に入ったお店(大型スポーツ店)で、ダウンのポケットに入れていたであろうデジカメをどうやら落としたようで、自分の荷物を見ても、車内を探しても、見つかりません。。。店内かどうかも定かでなく、もしかしたら最後に写したパルマノーヴァの広場かも知れないしで。。。
パルマノーヴァの観光中、この町を詳しく知らなかったので、「何で、この町がユネスコなんだろうね~。」と言うと、「分かってないね、もっと勉強したら。」とMaxにお説教されたこともあり、きっとパルマノーヴァも怒っちゃったのかも、そして罰が当たったかも知れません

という訳で、試合については、内容がイマイチでも、2018年始まりが1位発進で良かったけども、
デジカメを失くしたことはものすごく痛いことでした…このブログも写真多く載せるしで。
8インチのタブレットは、時には写しにくかったり、出し入れが面倒だったりで、デジカメが便利な時も多かったのです。
今年の夏は、一時帰国予定なので、デジカメ買わないと

※世界遺産に登録されたのは、パルマノーヴァだけでなく、
「15~17世紀におけるヴェネツィア共和国防衛施設群:スタート・ダ・テーラと西スタート・ダ・マル」
として、イタリア・クロアチア・モンテネグロの3か国が共同で推薦し登録された世界文化遺産です。

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!