Coppa Italia Nazionale 2018(イタリア杯)

Scorso weekend ho partecipato alla Coppa Italia nazionale ad Ancona.
Non mi sono qualificata per la diretta. Mai ho tirato così male in questa gara, come "un giorno perso".
Non sono riuscita a tirare secondo il mio stile. Testa e mano non erano fasate bene, quindi non ho potuto concentrarmi.
In questa stagione è rimasta una gara di Master a giugno.
Devo tornare subito alle tecniche di base.


棒に振ったような一日

先週の金曜、マルケ州はAncona(アンコーナ)県で開催された、コッパ・イタリア(イタリア杯)の大会に、同じクラブの若い選手達4名に33歳のシモーネと出場してきました…右端の上に写っているのは、週一指導のマッシモ、別クラブの帯同コーチで、サーブル団体戦の為に来ていました。
590132914712855-2018CoppaITA①
この大会は、10月にあった第一次選考と、3月にあった第二次選考の合計点25位からの数十名(各種目で異なる)と、州別大会の通過者が出れる試合で、この試合でどの種目もベスト16に入ると、6月のイタリア選手権の切符を得ることができます。
女子フルーレは、98名の出場者で、毎年、朝8時半から試合というスケジュール
私は、、、
寝てんのかっ!って言うような動きの予選2勝4敗で、75名通過なのに、77位で予選通過出来ませんでした
この試合では、初めての予選落ちです
何だか、頭と手が繋がっていない感じで、去年の10月の試合(第一次選考)でもそんな試合をしたな~と思い出すと、その時もこのアンコーナでした…場所は関係ないけどさ。。。
2週間前に出場した団体戦が無事終わって気が抜けた訳じゃなければ、どこか痛い訳でもなく、試合2日前の練習ではクラブの皆に勝って仕上がり良く、今回は他の試合より準備できていたはずだったのに、、、私の場合、どこか体の不調があったり不安がちょっとある方が、動きの一つ一つに注意して試合に臨めるのかも知れません。
それにしても、この日、湿度が高かったせいか、非常にだるく感じ、息苦しい一日でした…皆、同じ条件だけどさ。。。
590132931379520-2018CoppaITA②
クラブの選手達は、アニータは予選0敗、男子3名皆、予選1勝で、私同様、トーナメントに進めずで、団体戦で組んだヴィットリアだけが予選通過しましたが、トーナメント1回戦で負け51位。
ヴィットリアのお母さんが、昨シーズン、14歳以下の試合で負けた左の選手に、今回は予選で勝ったことが嬉しく、「去年までクラブに左利き居なかったから、左利きのマキと練習したおかげね!」と言ってくれたことが、この日、私にとって救いの言葉でした。

優勝は、私の予選にいた33歳のエルバ選手で、去年に出産し、すぐ復帰した元代表選手です。男子フルーレでは元代表でオリンピック金メダリストバルディーニ選手が出場していて3位でした…強い選手は、復帰してもやはり強いですね(Foto by FIS)。
32314111_10157955750548018_9093121621685698560_n-2018CoppaITA③

帰りには、アンコーナからセニガッリアの海辺をドライブし、降りて、少し散歩もしました
花粉症持ちのMaxは、海の新鮮な空気でリフレッシュできたようで良かったですが、せっかく休み取ってくれたのに、結果悪くて申し訳なくて。。。
142840-2018アンコーナ
日本は遥か遥か東だなーと、アドリア海を、、、
142135-2018セニガッリア
海岸に咲く花を眺めたり、ジェラートを食べたりして、気持ちを癒しました。

今までの経過を無駄にしたような、つまんない一日でしたが、
14歳以下の全国選手権大会がこの水曜から始まるので(日曜までで全日程は帯同しないけど)、
は全部私が背負ったよ!
と前向き(?)に考え、子ども達の試合に力を注ぎ、その後は、今シーズン最後のマスター選手権までに基本に戻りたいと思っています。
あー今年も、どの種目も40名しか出れないイタリア選手権の出場は叶いませんでした…もう、一生ムリか???
スポンサーサイト

Squadre Serie B1 2017-2018(セリエB1団体戦)

Sabato scorso ho parteciapto a squadre di serie B1, la nostra squadra arrivata al 3 °posto.
Siamo promosse in serie A2 per la prossima stagione.
Le mie compagne di squadra mi hanno aiutato molto perchè ero molto stanca, proprio come loro.
E' stata una bella giornata. Grazie alle mie compagne ( Giulia, Isabella e Vittoria ) e a Magda.


今シーズンの目標達成

先週の土曜日は、ヴェネト州ロヴィーゴ県Adria(アドリア)の町で開催されたセリエ B1の団体戦に出場しました。
15チーム出場し、3決を勝って、セリエ A2に上がりました~
191121-2018SeriaB1①

女子フルーレについては、セリエ B2まであり、私のボローニャのクラブは B1から上がったことがなかったようなので、帯同してくれたマエストラも喜んでくれました。ちなみに、競技人口が多いエペ男子はセリエ C1まであります。
予選は、3勝0敗で全体3位通過、8位かけはミラノのチームに45対12、準々決勝はモンツァのチームに45対34、準決勝は優勝したリヴォルノのチームに39対45で負け、3位決定はブレーシャのチームに45対39で勝ち、表彰台に上がれました。
優勝じゃないけど、セリエ A2に昇格でき、そして勝って終われて良かったです…個人戦で言えば、5本勝負の計21試合、かなり疲れました
金髪の女の子ヴィットリアは、まだ14歳、、、表彰台へ上ることに慣れてほしい選手の一人です
10157913936978018_6965625017072241667-2018SeriaB1③_n

今シーズンも、年齢を気にせず、シニアの試合にどんどん挑んで、若い選手と剣を合わせたこと、メンバーの選手と一緒に練習出来たこと、仲が良いこと、、、その結果で、久々に楽しい団体戦が出来ました
悔やまれるのは、準決勝で、私が一発目にベネズエラ出身の選手に2対5の負けから始めたことです。彼女は、先日のヴェローナで開催されたジュニア・カデ世界選手権にて、両方のカテゴリアでベスト16に入った選手で、なかなかどっしりした左利きで守りが上手でした。
はたから見れば、イタリア国内の団体戦なのに、外国人同士が戦っているそんな変わった光景かと、、、イタリアにフェンシング留学している若い外国人選手、多くなってきている近頃です。
10157913938408018_2436313060128524551-2018SeriaB1②_n

団体戦の獲得ポイントは大きいので、これまた嬉しいことで、、、
今シーズンから、ボローニャのクラブに加入した私は、いくら個人戦で結果出せても、移行から3年間は前のクラブ(モデナの)にポイントが入るので、この団体戦で頑張るしかなかったのでした。
ポイント、ポイントって?というのは、次のシーズンに入る前に、前シーズンの合計ポイントによって換算されたお金が各クラブに還元されるからです。協会主催の、シニア・ジュニア・カデの試合、マスターの試合、アンダー14歳の試合(団体戦除いて)などが対象になり、14歳以上は誰がどれだけポイント獲得したというのも、ちゃんと提示されます。

ちなみに、クラブの男子チームは、6位で残念ながら昇格なりませんでした、、、
10157912976163018_6336473600239979658-2018SeriaB1④_n

終わった~って、少し気が抜けますが、今シーズン、まだ個人2試合残っているので、体の痛みがあろうが疲れが残っていようが、地味にランニングなどのトレーニングをすぐ再開します

嬉しいから、もう一枚
10157913938283018_9061956840739017420-2018SeriaB1⑤_n

Terza prova interregionale GPG 2017-2018(第3回州別14歳以下大会)

Sabato scorso ho accompagnato i ragazzi di Zinella alla gara interreggionale under 14 a Faenza.
Complimenti a Luca (1°nel fioretto categoria allievi/ragazzi, 3°nella spada) , Riccardo (2°nel fioretto categoria maschietti), a tutti gli altri !
Sono contenta del risultato, allora ma miglioriamo per i campinati italiani under 14 di Riccione !!


心の叫びが多かった私

先週の土曜日、エミリア・ロマーニャ州ラヴェンナ県の町Faenza(ファエンツァ)で、第3戦目の州別14歳以下のランキング試合があり、帯同しました。
この州別大会は、4つの州(エミリア・ロマーニャ州、ヴェネト州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州、トレンティーノ州)を組み合わせている大会です。

やばいなーと思いながらの私、、、なぜなら、クラブのマエストラが、所用でこの試合に一緒に帯同しないことが分かってから、誰も結果出なかったら、私の責任だーと、数日前から気が重い日々でした
一人ジュニアの選手を私の助っ人で連れて行ったけど、朝から9名が一気に試合開始で、、、助けてくれ~って感じでした
写真ぼけてて残念、、、
30708518_1871485406476383_6547408820748943360_-2018GPGFaenzan①

そんな私を救ってくれたのは、やはり、ルカで、優勝してくれました~
でも出だしは、、、
予選は、きっと問題ないだろうと放って他の選手に付いていたら、1本勝負を落とし4勝1敗と、本人もよく分からんみたいなこと言っていたので、やばいなー、やっぱりマエストラいないとダメかーと、私も心の中で。。。
さらに、8位かけのトーナメントも、左利きの選手と中盤までごっつ危うく15対9で勝ち、そして準々決勝はヴェネツィアのなかなか強い選手とで15対9、準決勝は優勝候補の選手、1月にあった第2戦で負けたので、どうなるかと最後までヒヤヒヤで、15対13で勝利!
決勝は、予選で負けた相手とでしたが、15対6で難なくでした。
ルカ、ほんと耐えました。
試合中、簡単に済ませようとすることもあれば、点差があると諦めそうになったりで、我慢せーいっ!と、「Pazienza(パツィエンツァ)ーーー!!」を私は何回繰り返したか。。。
30712513_1871484573143133_8198506777474498560_-2018GPGFaenzan②n
44名出場のルカと同じカテゴリア(男子2004/2005年生)には、クラブから他6名参加し、12位シモーネ、15位エンリコ、27位フランチェスコ、35位ミケーレ、38位フェデリコ、39位マッテオでした。
同じく朝から始まったカテゴリア(女子2006年生)は、39名出場で、18位にチェチーリア
カテゴリア(女子2007年生)は、33名出場で、20位にビアンカで、イマイチ。
昼から始まったカテゴリア(女子2004/2005年生)は、31名出場で、20位グレタ、25位サビーナ、28位イレーネ、29位マルティーナで、これまたイマイチ。

そして、カテゴリア(男子2007年生)は、54名出場で、
予選4勝2敗とまぁまぁのリッカルドは、1本勝負を2回勝ってコマを進め、準優勝
決勝は、同じ左利き同士で、やりにくそうにしていて、うちのクラブ、左利き不足だなーと思いました。
180739-2018GPGFaenzan③
他は、17位ルカ、50位マッテオでした。
15時から始まったカテゴリア(男子2006年生)は、39名出場で、9位ケイタ、31位マッテオでした。
ケイタは、1本勝負で左利きに負け、8位入賞できず、非常に残念でした
昼過ぎから、サーブルで帯同していたマッシモ(週一でうちのクラブ指導)が、助けてくれたのでありがたかったです。

マエストラに電話で結果報告したら、ほんとに喜んでくれ、私も嬉しかったです
ファイナリストのベンチに、2回入れたことも、私にとって良い経験で、マエストラに感謝です。
ちなみに、翌日はエペの試合があり、ルカが3位入賞(102名中)し、これまた嬉しいことでした。
14歳以下の協会主催の試合は、5月初めの日曜に州別選手権、5月中頃から始まる最後のイタリア選手権と、、、
子ども達の試合、自分の試合とこれから続きますが、あと一ヶ月半で今シーズンも終わるので、さらに精進していきます

世界ジュニア・カデ選手権の観戦

Sabato scorso sono andata a Verona per vedere i campionati modiali di scherma dei giovani.
Ho incontrato tanti amici giapponesi.
Mi sono emozionata sentendo l'inno giapponese perchè una ragazza giapponese è arrivata al primo posto ! Dopo un giorno lei ha preso un'altra medaglia l'oro nella categoria cadetti, incredibile !
Ho visto tante tecniche della scherma, così potrò provare ad insegnarle ai ragazzi.
Complimenti a tutti i giapponesi e a tutti gli italiani.


ふるえた

4月7日は、ヴェローナで開催された世界ジュニア・カデ選手権大会の観戦に友達家族と行きました。
せっかくの休日に、フェンシングをしていないMaxを、一日つき合わせるのはかわいそうだと思い、彼は、家でお留守番…私達の 6 周年結婚記念日だというのに(笑)
30421672_10213791164365295_452053978_n --2018世界ジュニアカデ⑤
一緒に行っ た友達、ウズベキスタン出身(ロシア領だった時)のヴィクトリアの旦那さんは写ってないけど、武器検査でこの大会に関わっていました…そのおかげで、私も観戦料払わずに入れました、たかだか5ユーロのことですが。。。
娘ちゃん2人もエペを始めたところです。

さてさて試合は、
女子フルーレ個人ジュニアのカテゴリアで、大分出身の上野選手が、イタリアのFavaretto(ファヴァレット)選手を大逆転から1本勝負で優勝(Foto by FIS)
30412120_10157848662968018_5270086209629527549_n-2018世界ジュニアカデ②
彼女の戦い方を観たことがなかったので、観戦に行く前からとても興味あったし、ファヴァレット選手もとても強く、今シーズン始まりの第一回イタリア全国シニア大会では、代表選手をバサバサ切り倒し、準優勝と伸び盛りだからです。
上野選手もファヴァレット選手も、まだカデ(アンダー17歳)のカテゴリアで、この翌日のカデの試合でも、上野選手が優勝、ファヴァレット選手が3位でした。
イタリアで大きな期待の、そのファヴァレット選手、、、ジュニアの準決勝では、膝の痛みからか、途中棄権しましたが、2ヶ月ほど前の国内試合でも同じようなことがあったので、大きな故障を我慢してだったかも知れません。また、国内試合で見かける時は、元気いっぱいで気魄もすごいのに、今回は、顔がむくんでさえてなかったりと、ホームでの試合で重圧もすごかったのでしょうか。。。
とにかく、どちらも素晴らしいです
友達ヴィクトリアは、日本のフェンシングスタイルが好きで、上野選手が優勝を決めた時、涙ぐんでいました。
今回、ウズベキスタン出身の女子選手が、コーチ無し連れ無しの一人で出場していたので、許可を得て、ヴィクトリアがその選手のベンチに入ってました。残念ながら、トーナメント一回戦でイタリアの選手に負けてしまいましたが。左利きで背が高く、まだまだ伸びしろがあり、しかも大事な試合なのに、コーチ無しとはひどい話です。

和歌山北高校の後輩達は、今回、個人も団体も自分達の目標に辿り着かなかったかも知れませんが、戦っている姿がたくましくて、とてもかっこ良かったです。
私が母校で練習していた頃は(7年くらい前)、まだ小学生か中学生だった彼女達、、、
皆に言われ過ぎてストレスになっているかも知れないけど、東京オリンピックでの活躍、期待していますし、応援しています
まずは、国内代表争いが大変ですが。。。(一部の画像は、日本フェンシング協会FBより)
30262059_1008897725952869_655566396264022016_n-2018世界ジュニアカデ③
そして、3大会連続オリンピック出場の菅原コーチにも何年ぶりかに会え、とっても嬉しかったです…もらった固焼きせんべいは、観戦中、バリバリ食べていたので、美味しくて一袋すぐ無くなりましたけど(笑)
もう一人は、ペスカーラで修行中のチカさんにも2年ぶりに会うことができ、近況など聞いたり、お喋りを楽しめました。
他にも久々にお会いすることができたコーチがいっぱいです、、、写真がなくて、残念

ちなみに、試合会場には、古いフェンシング道具も展示されていたり、、、随分と進化しましたね、今
110547-2018世界ジュニアカデ④
今回の観戦は、私の教室指導の勉強にもなりました。特に、同時突きの時の足の入り方、手の入り方、そして切り返し方、自分の試合でも意識して取り組んでいることです。あとは、教えている子ども達に上手く伝えることができるかです。

何と言っても、イタリアで “君が代” を聴けたことが嬉しいというか、ふるえました(Foto by FIS)、、、
30415576_10157848662203018_2511323514395789449_n-2018世界ジュニアカデ①
素晴らしい日に居合わせることができたと共に、とっても良い一日を過ごせました

Seconda prova GPG 2017-2018(第2回全国14歳以下大会)

Lo scorso weekend ho accompagnato i ragazzi di Zinella alla gara nazionale under 14 ad Assisi.
Complimenti a Luca (3°nella categoria allievi) , Keita (7°nella categoria giovanissimi), a tutti gli altri !
I ragazzi stanno crescendo dal punto di vista tecnico e sportivo. Sono contenta !!


技術も心も成長中

先週の土日は、ウンブリア州ペルージャ県の町アッシジであった14歳以下の全国大会に、ボローニャの子ども達の帯同コーチで行きました。

初日は、、、
出場者数が164名という多い中、カテゴリアGiovanissimi(男子2006年生)に出場したケイタ(日伊ハーフ君)が7位入賞したことが嬉しいことでした。
一番大変な対戦だったのは、64位内に入るトーナメントで、同じクラブ同士で、4対7と相手に先制されていた一戦でしょうか。10本勝負なので、この3本差を詰めるのはきつかったでしょうが、練習ではいつも勝っている相手だけに、1本取られるごとに焦ったと思います。
次は、表彰台に上がれますように、と、なんとまぁ、メダルがプラスチックという、全国大会なのに、何でこんなにしょぼいの(Foto by FIS)、、、
29541368-2018GPGAssisi①
他は、ケイタに負けたその選手が113位、
カテゴリアAllieve(女子2004年生)に出場した3名は72名中、47位、68位、71位とイマイチ、
カテゴリアMaschietti(男子2007年生)に出場した3名は165名中、53位、67位、156位とこれもイマイチ、
カテゴリアBambine(女子2007年生)に出場した一人は93名中、51位とまぁ、
と、とにかく一日目はケイタの日でした

2日目は、、、
カテゴリアRagazzi(男子2005年生)に出場した2名は143名中、23位、77位で、
カテゴリアRagazze(女子2005年生)に出場した一人は、1本勝負で何とか64位内に入って63位(83名中)、
カテゴリアGiovanissime(女子2006年生)に出場した一人は、こちらは1本勝負で32位内に入れず49位(119名中)、
カテゴリアAllievi(男子2004年生)に出場した4名は129名中、64位、82位、117位、そして、
クラブのエース、ルカが、予選で強い選手2名倒し全勝、トーナメントもとんとん上がり、3位!(Foto by FIS)
29597477-2018GPGAssisi②
準々決勝からは、私は電車の時間の都合で先に帰り、観れなかったのですが、知らせを聞いて、それは嬉しかったです。準決勝は、優勝した相手に12対15という、あともうひとふん張り、、、いやぁ観たかったな。。。
前に(1月あたりか)、ルカには練習の15本勝負でまだ負けたことがないし、これからも良い左利きの練習相手を務めようと、ブログに書きましたが、
実は、2月中、もう完全に抜かれたと思ったことが2回あり負けました。でも、この試合前は、私も意地で、そうくるならこうね、と勝っていましたが、、、いやぁとっても嬉しいです、なんせ全国大会ですから。
ということで、二日目はルカの日でした

さて、
宿泊先では、2日間美味しい夕食を、お腹苦しかったけれど、アンティパストから最後のドルチェまで平らげました…ワインも甘めで美味しかったです。
一日目、
201935-2018GPGAssisi④
二日目、
202445-2018GPGAssisi⑤
試合から帰ってからは、お蕎麦をすすって胃の休憩を。。。

アッシジ、、、観光は、一日目の試合後、ほんの40分程でしたが、夕暮れの町をマエストラと眺めることができました。
180637-2018GPGAssisi③

試合では、コーチも色んな思いをさせてもらえます。
今回は、3位と7位の入賞が大きかったですが、他の選手の成長も見られました(Foto by FIS etc)。
29512323-2018GPGAssisi⑥
特に、私もつい悔しく涙がくっと出たのが、1本勝負で32位以内に入りそこねた、感情の起伏が激しいチェチーリア(私と2人で写っている女の子)、
練習でも試合でも、自分の思い通りにならなかったり、または負けると、もう一人のマエストラとすぐケンカになって言うこときかなかった彼女が、ちゃんと耳を傾け、最後まで話を聞き、6対9から1本勝負に追いつけたことです…あーホント勝たせてあげたかった。。。
皆、フェンシングの技術だけでなく、心も成長しているんだなと思った2日間でした

14歳以下の試合は、また4月中旬に3戦目の4州合同ランキング大会、5月下旬に最後の全国選手権大会とあるので、今回よりさらに上にいけるように、子ども達と一緒に頑張ります。
カトリック教の大事な行事、パスクア休暇(イースター休み)が邪魔だけど、、、休み明け、ご馳走で太って練習に出てくるから。。。

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!