実家にて

Sono stata a casa mia circa un mese e mezzo.
I miei stanno bene, anche i gatti, ma il cane non sta bene, sono molto in ansia.
Nel giardino, mio padre ha aggiunto tanti fiori ed anche il suo orto è sistemato bene.
Abbiamo parlato tanto, soprattutto sono contentissimi di aver visto mio marito, ma siamo stati insieme pochissimo tempo. Mio marito è venuto per onorare la memoria di mia nonna che da poco ci ha lasciato.
Speriamo che il prossimo incontro verrà presto.


イタリアに戻ってます

1ヶ月と2週間の一時帰国、あっと言う間に終わりました
父の庭いじり、畑は、ますます本格的で、何を植えたか、育ち具合、成果など記録をつけているところが本気です(笑)
画像にまとめられないほどの植物達、、、
6月初旬に帰ったので、色んな種類のアジサイを楽しむことができ、、、
CIMG0256-2016実家①
睡蓮が咲いた頃は、丁度、Maxも泊まりに来ていた時だったので、彼も何枚か撮っていました

イタリアのどのお宅でも見かけるペチュニア系もいっぱい、、、
CIMG0802-2016実家②
↑どれかの画像に、小さなカマキリが威嚇しているのが見つかるかな???

もうちょっと、見てあげてください、、、
CIMG0363-2016実家③
私や姉の部屋も、色んな植物で占領されているんです。。。

特に、2年前に私がプレゼントした、顔の大きさほどある赤と白のタイタンビカスは、年々、蕾の数が増え、朝一番に「今日は5個も花開いてる!」とかで盛り上がってました…ただ、半日くらいでしぼみ、それで終わりなので残念
CIMG0245-2016実家④
面白い模様の葉があるんですね~

野菜は、、、
ゴーヤがこれから食べ放題という時に、イタリアに戻ったので、5,6回しか食べれずでしたが、、、
CIMG0744-2016実家⑤
実は、イタリアにゴーヤ2本、ししとう10本をスーツケースに忍ばせてたら、無事に潰れず持って帰れました。
梅雨で雨が多く、かなりスイカのことを心配していた父ですが、とても甘く大きなスイカに育ち、美味しかったです
もっとたくさんの植物と野菜が植えられているのですが、おさまりきれないので、この辺で、
育てていると成長がかわいいのが分かるのですが、たまに頼まれた水遣りが大変で、終えるのに1時間もかかったという。。。

両親だけでなく、犬のサクラも、黒猫のプッチも、皆、高齢者で、特にサクラは何も食べることが出来ず、寝てばっかりの日が続き、点滴や食欲増進剤をもらいに病院へ行く日が多いです。そんな時、私の愛車だったキューブに乗せて行くのですが、車の中、毛がいっぱいで掃除が大変でした…ちなみに、キューブは17年前に購入し、16万km以上走ってます
とにかく、車が毛だらけになろうと構わないから、サクラにはもうちょっと長生きしてほしいなぁと、息がしんどそうだと、切なくなります。
プッチも、ほとんど家の中で過ごし、歩く時もトボトボで、猫の機敏さがなく行動がもっさり。でも病気をあまりしないので、丈夫そうですが、なにぶん16歳で人間なら80歳!
CIMG0763-2016実家⑥
そして、先日から、保健所で安楽死されそうになった野良のトラ猫を飼いはじめ、病弱なのでこれまた寝てばっかり。体もまだガリガリで警戒心が強かったのですが、3日経ってやっと手で触っても、シャーと怒らなくなり、喉もゴロゴロするようになりました。尻尾の付け根上をトントンすると、とっても喜んでくれます。
ちなみに、名前は「ミーちゃん」と、ありきたりの名前を母が名づけてましたが、私がイタリアに戻ってからきたメールに、「ミーシャ」に変更したとあり、「おしゃれでしょ~」と。
サクラも、プッチも、ミーシャも、暑い夏頑張ってほしいです

そんなこんなで一時帰国が無事終わり、今はイタリアでダラダラしています。
今回の帰国は、ペットも含めて家族との時間を大切にしたつもりだったので、とってもリラックスができました
スポンサーサイト

美味しかったー、そして胃拡張

Durante le mie vacanze in Giappone, ho mangiato tante diverse pietanze; sopratutto, SUSHI, SASHIMI, KABAYAKI, RAMEN, eccetera. Tutti buonissimi!!!
Ho anche incontrato tante amiche; sono contentissima.
Con i miei genitori, abbiamo mangiato WAGYU (bovino giapponese) con il vino italiano che gli ho regalato.
Ora ho messo su un po’ di pancetta......


美味しいもん食べてばっかりで、ゴメンなさい

食べて食べてで幸せでした(笑)
でもこれでも、2年前に帰国した時に比べて、外食する回数は控えめにしました…2年前は、後半、胃がしんどくなって。。。
しかしながら、法事があったこともあり、手の凝った美しい和食が堪能できたり、先日アップしたような本格イタリアンとか、今回は量より質という感じで
食器も美しい和食、、、
CIMG0272-2016美味しかったモノ①

和歌山ラーメンも外さず、今回は丸田屋さん、とかとか、色々食べることが出来、画像はないですが、最終日は、大好きな蒲焼のお弁当でしめました、、、
CIMG0522-2016美味しかったモノ②
ある日は、イタリアからお土産に持って帰ったワインを開ける為、和牛ステーキにしてもらいました。付け合わせに、野菜がいっぱい食べれるカポナータを作りました…「上げ善据え膳でなく、たまには、イタリア料理作ってみて!」、と両親に言われたもんで。
カポナータには、父の畑で取れた、ナス、玉ねぎ、ピーマン、トマト、ニンジン、そしてキュウリも加えて…ズッキーニやセロリ、そしてバジリコやオレガノが無かったのは残念だけど。味付けするバルサミコ酢ももちろんお土産で買ってきたもの。
さらに、少しもったいないですが、そのワインを少し使って、ボロネーゼソースを作り、ペンネと合わせました。やはり、美味しいワインを使うと、コクが出て美味しいです。

デザート類を食べたのは、わりと控えめ、、、
CIMG0526-2016美味しかったモノ③
団子など和菓子がやっぱり美味しい

そしてフレンチも、『隠れ家アンジュ』さんで、、、
CIMG0631-2016美味しかったモノ④
こちらのシェフは、あのL'Arc〜en〜Cielhydeさんの伯父さんだそうで、素顔のhydeさんの写真がお嫁さんと一緒に玄関に飾られていました(素顔なので、撮影禁止でした)。
『隠れ家アンジュ』のHP → http://angeange.web.fc2.com/

4月に体調壊し数日ほとんど何も食べられなかった時、美味しいものが美味しく感じられなくなるって、終わりだなと痛感しました。
なので、今回はガツガツ胃に入れず、一口一口美味しく味わいながら頂きました。

1ヶ月と2週間の間、走りもせず、フェンシングを練習したのも4回なので、若干、お腹に肉が目立ってますが、日本の味を充電できました。
皆様も、暑さで食欲失せる時があるでしょうが、しっかり栄養摂って暑い夏を超えましょう

めでたい電車

Su una linea ferroviaria di Wakayama c’è un treno speciale: il “MEDETAI DENDSHA”.
MEDETAI è un nome composto di 2 parole: MEDE e TAI.
MEDE significa auguri e fortuna,come OMEDETOU; TAI è un pesce rinomato, di ottima qualità e buonissimo. Infine DENSHA significa treno.
Ogni ora da casa mia posso vedere passare il MEDETAI DENSHA; è carino e di colore rosa.


毎日、めでたいモノが目の前を走ってます

2年ぶりに一時帰国してビックリしたものは、このめでたい電車、、、実家の真ん前を通るんです
CIMG0579-2016めでたい電車①
今年の4月から、泳ぎだした(運行した)この和歌山市~加太線の電車、よく目立ちます
私には、鯉のぼりの鯉にしか見えませんが、加太を代表する海の幸がモチーフ
せっかくなので、磯ノ浦駅から加太駅まで乗ってみました…一人で行く予定が、母も付いてきて(笑)

外装だけでなく、床、座席シート、木彫りの飾りなど、随分、内装も凝ってます。
CIMG0533-2016めでたい電車②
↑この下の画像だけ、Googleから拝借、、、なぜなら、乗客がわりと多く、大きく撮れなかったからです。。。
魚のつり革が揺れて、かわいいです、ハート型もあったりで

加太駅に着き、女性の神様淡島神社へ歩いて行きました。
人形のお祓いでも有名、、、なので、日本人形だけでなく、動物の置物などもいっぱいで、それらを画像に収めるのがちょっと怖いので、羽子板だけにしました…髪の毛が伸びる人形は、確かこのお堂の中にあるはず
CIMG0534-2016めでたい電車③
神社の裏側に出て、しばらく友ヶ島を眺めました。
帰る途中、ノラ猫達が寄ってきて相手してしまったので、乗ろうとしためでたい電車に間に合わず、普通の電車で、また磯ノ浦駅に帰ったのでした

その磯ノ浦駅からすぐ、老若男女のサーファーがいっぱいのビーチが広がっていて、小さな子どもだってサ-フィンを楽しんでますCIMG0316-2016めでたい電車④
↑堤防から見ためでたい電車

この2両1編成だけのめでたい電車、、、イタリアじゃないから、落書きとか、ゴミとかですぐ汚れないでしょうが、いつまでもキレイに保っていてほしいですね

Il Ritrovo(イル・リトロヴォ)

Con le amiche, siamo andate a una pizzeria napoletana a Wakayama; si chiama "Il Ritrovo".
La pizza era molto buona; il pizzaiolo, giapponese, ha imparato a fare la pizza proprio a Napoli, presso la famosa "Pizzeria Starita". Inoltre, lui ha lavorato a Tokyo, Fukuoka, NewYork, eccetera; nella pizzeria, c'è una fornace di pietra che lui ha portato da Napoli: è un pizzaiolo veramente bravo!


本格ピッツァ

和歌山大学近く、本場ナポリで修業された岡崎祥幸さんのピッツェリア『Il Ritrovo(イル・リトロヴォ)』で、友達とランチを楽しみました
「たまり場」の意味を込めて、名づけられたこのお店、、、その名の通り、落ち着いてお喋りが楽しめました。
CIMG0569-2016Il Ritrovo①
師匠は、ナポリの名店ピッツェリア『Starita(スタリータ)』アントニオ・スタリータ氏、、、本格ナポリの石窯近くにこのスタリータ氏の写真が飾られているので、焼き具合を見張っている感じがします。そして、窯の上、お店の名前上に、スタリータのロゴも入ってます。
壁に掛けられていたかわいい時計、一時間遅れていて、、、わざと、イタリア風なんでしょうか?

生ハムなどの前菜の後、この店自慢の揚げピッツァを、、、ジュ~シ~
ふわっとした生地の中には、トマトソース、豚バラ、バジル、モッツァレラ、リコッタ、、、
CIMG0571-2016Il Ritrovo②
ピッツァの後、皆は、ドルチェを頂いてましたが、私はエスプレッソでしめて、、、なぜなら、先に団子を買っていて、それを食べたかったから

友達が選んだピッツァやパスタも美味しそぅでした~、、、
CIMG0572-2016Il Ritrovo③
高校の同級生なので、面白い思い出がいっぱい、楽しかったです、また遊んでね~

私が選んだランチメニューは、前菜・ピッツァ(又はパスタも選べる)・ドリンクで1500円、
友達は、さらにドルチェ付きの1800円、
とお手頃でした。ピッツァかパスタ、ドルチェ、ドリンクも、何種類かから選べるので、これまたイイです
是非~

『Il Ritrovo(イル・リトロヴォ)』のHP → http://il-ritrovo.com

I Bologna(イ・ボローニャ)

Con le mie amiche, abbiamo pranzato al ristorante italiano a Wakayama; si chiama I Bologna.
Il cuoco, giapponese, ha imparato a cucinare ad Asti.
I suoi piatti sono raffinati e buonissimi.
Ci siamo divertite molto.


本格イタリアン

北イタリアはピエモンテ州、ワインの町Asti(アスティ)には、『I Bologna(イ・ボローニャ)』という有名なトラットリアがあります。
そちらで修業を積まれた小林清一シェフのお店、和歌山の『I Bologna(イ・ボローニャ)』へ、友達とランチに行ってきました

一階には、カレー専門店が入っていますが、オフィスビルの5階なので、お店がどこにあるのか、なかなか目立たず。。。
お店入り口も小さいのですが、中に入ると、緑いっぱいのテラスがあり、和歌山城も見える素敵な空間でした。
CIMG0404-2016本格イタリアン①
まずは、ブラッドオレンジジュースやビールで乾杯

Stuzzichino(ストウッツィキーノ)には、アスパラガスのオムレツが出てきて、イタリアらしい外はしっかり焼け、中はふわっとしたオムレツで、味が濃く美味しかったです…ストウッツィキーノとは、日本で言うお通しみたいなもので、前菜より量が多くなく、一口で食べれるようなもの。
CIMG0405-2016本格イタリアン②
パスタは5,6種類から選ぶことが出来、私は自分では絶対作らないであろう、ウサギ・ラグーとズッキーニのタヤリンにしました。
タヤリンとは、ピエモンテ州以外の地域では、タリオリーニと呼ばれている平打ちの細いパスタ…焼きそばソースも、合いそうです、この麺(笑)
この過去記事(『Barbaresco(バルバレスコ) 2』)でも、タヤリンを食べていて、この時は、コクのある猪のラグーソース、、、今回のウサギのは、あっさりで、お代わり出来そうでした。
他の人は、同じくタヤリンでソースはバジル味、牛肉ミンチやパルミジャーノ・レッジャーノなどが詰まったラヴィオリを頼み、盛り付けが美しかったです。

この後、シェフから、パンナコッタのサービスが出てきて、カラメルソースが濃厚でとってーーーも気に入ってしまいました
そして、ヘーゼルナッツのクッキーと、栗のケーキに、エスプレッソ…久々のエスプレッソ、、、食後は特に美味しい!
CIMG0412-2016本格イタリアン③
↑小林シェフと一緒に

各お皿が出てくる度、話が盛り上がり、話題が尽きずでした。
久々の友達に会えたことはもちろん、洗練されたイタリアンを、久々に食べることが出来、満足満足でした~
お近くにお住いの方、又はピエモンテ料理を楽しみたい方、是非、オススメで~す

ちなみに、私達が選んだランチコースは1800円で、飲み物は別注文になります。
お店情報
和歌山の方 → http://www.trattoriaibologna.jp/
イタリアのお店の方 → http://www.trattoriaibologna.it/chisiamo.php
(小林シェフが写ってます)

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!