Granita e Sorbetto(グラニータ と ソルベット)

Fa caldo! Ho preso una granita di mango.
Spiego ai giapponesi, l'origine della granita e del sorbetto.
L'ultima foto è una granita giapponese, si chiama KAKIGOORI. Molto diversa da quella italiana.

どちらも、頭キーン、虫歯キーン

気温30度超え、日中は、37,38度という日が続いているので、ジェラテリアで、マンゴー味のGranita(グラニータ)を注文しました。
世界遺産モデナ大聖堂前にて、、、
CIMG0029-2017Granita①

グラニータは、簡単に言うならイタリア風カキ氷です。
イタリア語で、「Granire(グラニーレ)=粒状にする」が語源で、これまたイタリアでよく食べられる氷菓子Sorbetto(ソルベット=シャーベット)や、日本のフローズンより、ザラザラした粒が残っています…溶けかけたカキ氷という感じです。
シロップは、一般的なエスプレッソやレモンとか、他にも、アーモンドやピスタキオなどナッツ類、オレンジやレモンなど果物系、それからミントなどなど、バリエーションいっぱいです。
GRANITEと書いてある下には、たくさんの種類があり、最後のTamarindo(タマリンド)という聞いたことない名前も、、、
CIMG0028-2017Granita②
夏が始まる少し前から、イタリア中の、どのジェラテリアでも(南イタリアだとバールでも)食べることができますが、実はシチリア生まれだそう、、、ジェラートの発祥もシチリア。
こちらは、アマレーナ(さくらんぼ)味と、フルーツミックス味を、、、
151751-2017Granita③
その歴史は、シチリアがアラブ人に支配されていた、9~10世紀頃に遡ります。
果汁やバラで風味付けした冷たい飲み物、シャーベットの語源の“シャルバート”をすでに愛飲していたアラブ人は、そのレシピを、砂糖の栽培法と共にシチリアに持ち込みました…イスラムの古典物語、『千夜一夜物語(アラビアンナイト)』に、シャルバートのことも語られているそうです。
そして、冬の間、エトナ山やネブロディ山脈に積もった雪を洞窟に保管しておき、夏に、その万年雪を取り出して、果物や花のシロップをかけて楽しんだのだそうです。
ちなみに、シチリアで食べられていたものがフランスに渡って洗練されたものが、Granité(グラニテ)です。

先に、グラニータソルベットの、氷の粒状の違いをさらっと書きましたが、実は差が曖昧、Maxは「ソルベットはもっとなめらかかな、グラニータの方が味が豊富かな。」とか適当なことを言います

こちらは、スーパーにて、定番のシチリアレモン味、大好きなマンゴー味、そして、常温で売っているので、お土産にもできるベリーとザクロ味のソルベットを。
レモン味は、ピッツァや重たい料理を食べた後にとってもよく、このマンゴー味は、完熟マンゴーかと思うほど、実の味がしっかり。常温で売っているのこのタイプのは、よく振ってから、ひっくり返して凍らせます。3時間冷凍と記載されてましたが、5時間ほどかかりました…この味、とっても、美味しかったです!
他に、カッフェ味、ストロベリー味、青リンゴ味など、ソルベットにはありますが、グラニータの方がやはりバリエーションが多いです。
Maxの言う通り、口当たりなめらかで、ジェラートに近いです、、、
CIMG0597-2017Sorbetto.jpg
古い文献には、ソルベットもまた、古代ローマ時代から食べられており、暴君で名高いローマの皇帝ネロは、スミレなどの花水、果汁、蜂蜜、樹液などをブレンドして作ったソルベットを好んでいたことから、ローマ市民に広がっていったとも

最後に、昨夏の帰国時に食べた、ふわふわかき氷、、、こういうのは、こちらでは見かけないですね~
CIMG0837-2017GranitaGiapponese.jpg

グラニータソルベットの違いはどうであれ、どちらも、夏に欠かせない、、、私は、ソルベット派です
スポンサーサイト

Le mascherine di Carnevale(カーニヴァルのマスケラお菓子)

Ho preparato le mascherine di Carnevale. L'anno scorso ho visitato il carnevale di Venezia e Cento.
Vorrei rivisitarli.
Adesso ogni weekend, sono impegnata per le gare di scherma. Quando cucino qualcosa di carino, mi rilasso bene!


今年は、地味にイベントを味わう

イタリアが好きな人はもちろん、そうでない人も、ヴェネツィアのカルネヴァーレ(カーニヴァル)の写真を見たことがある人は多いと思います。
ヴェネツィアのカルネヴァーレは、アクイレイア(現ウーディネ県の町)の総主教との抗争に、ヴェネツィアが勝利した1162年に始まったそうで、18世紀に衰退、1979年には再開し、現在では300万人もの人が訪れるという世界三大カルネヴァーレの一つ。
期間は、2月から3月にかけての2週間ですが、パスクア(イースター)同様、その年によって開催される日程が変わります…今年2017年は、2月18日~2月28日(火)までです。 最後は火曜日と決まっており、その日はMartedì grasso(マルテディ グラッソ=脂の火曜日)と言われ、カルネヴァーレのクライマックスで、ヴェネツィアでは花火も上がり、とても盛り上がります。

↓去年のCarnevale di Venezia 2016(ヴェネツィアのカルネヴァーレ)、、、ツンデレな感じが素敵な方でした(笑)
CIMG8854-2017Carnevale③
トレヴィーゾであった子ども達の試合の後、急いでヴェネツィアへ向かったのですが、すでに18時過ぎ、、、それでも、仮装した人達でいっぱいでした。
昼間は、賑やかで素敵でしょうが、夜は、幻想的で、イルミネーションの効果で、仮装している人達を、より一層、際立たせてくれます。
マスケラは、お手頃なものから高価なものまで、いっぱい売られています、、、
CIMG8825-2017Carnevale②
もともと身分や階級、年齢を超えて、平等にカルネヴァーレを楽しむことが許され、仮面は素性を隠すためだけでなく、日頃抑えられていた欲望を解放させる役割を果たしていたようですが、、、現在は、もはやコスプレのイベントに近いです。

今年は、ヴェネツィアまで行けそうもないので、家で簡単に楽しみました。
スーパーには、この期間によく食べられる揚げ菓子がいっぱい売っているのですが、油摂取控えめにするため、マスケラ型で簡単クッキーにしました。
Maxは、どんなに出来栄えが悪くても、何でも美味しいと言ってくれるので、ありがたいです
123921-2017Carnevale①

ちなみに、ヴェネツィアだけでなく、イタリア各地でカルネヴァーレのお祭りがあり、私の町ミランドラは明日25日に、モデナのチェントロは、昨日開かれたそうです。
面白い山車が出て、カルネヴァーレによく似ている春祭りも、各地域で3月4月にあり、盛り上がって楽しいので、イタリア旅行を計画されている方は、その町のお祭りの日程もチェックしておいた方が良いかと思います。

↓去年観た Carnevale di Cento 2016(チェントのカルネヴァーレ)、、、チェントは、私の町ミランドラとボローニャの間の町で、今年は、2月12,19, 26日、3月5,12日にお祭りがあり、見物にはチケット(15ユーロ)が必要です。
CIMG8971-2017Carnevale④

ところで、、、
世界三大カルネヴァーレは、ヴェネツィア、リオと、、、もう一つご存知でしたか?
トリニダードなんですね!!!こちらは、自分の好きなチームに参加料を払えば、衣装をもらえ、パレードに参加できるようですよ

関連記事
『ヴェネツィア 1 ~家族と~』
『ヴェネツィア 2 ~2時間だけ散策~』
『ヴェネツィア 3 ~カルネヴァーレ~』

ヴァレンタインデーには

Ho preparato il soufflè al cioccolato per San Valentino.
Qualche giorno fa, c'erano i mercatini del cioccolato al centro di Modena. Ho comprato una chiave 12/13 ed un ingranaggio di cioccolato. Bene, perchè mio marito è un ingegnere. A lui questo è piaciuto molto!


喜ぶモノって言ったら

今年のヴァレンタインデーには、Soufflè al cioccolato(チョコレート・スフレ)を準備しました
初めて作りましたが、まぁまぁの出来具合、、、
〈材料〉
・刻んだチョコレート 50g ・卵 2個 ・ふるった薄力粉 15g ・生クリーム 120cml ・砂糖 20g ・粉砂糖 適量 ・型用のグラニュー糖 適量 ・型用のバター 適量
〈作り方〉
[下準備]

卵は卵黄と卵白に分け、卵白は冷蔵庫に入れて冷やしておく。
バターを型に薄く塗って、グラニュー糖をまぶしておく。
オーブンは180℃に予熱しておく。
[スフレの生地作り]
 鍋に生クリームを入れ中火にかけ沸騰したら火から下ろし、細かく刻んだチョコレートを加え、ゴムべらで混ぜて溶かす。
② ①に卵黄、ふるった薄力粉を加え、その都度泡立て器でよく混ぜる。
ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立て、全体が白っぽくなったら、砂糖を3回に分けて加えて、ツノが立つぐらいまでしっかり泡立てメレンゲを作る。
④ ②のメレンゲを加え、ゴムべらで泡をつぶさないようにさっくりと混ぜ合わせる。
[スフレを焼く]
型に生地を4等分して入れ、180℃のオーブンで約15分焼き、様子を見て十分膨らんだら取り出す。粉砂糖を茶こしでふりかけ、アツアツを食べる。

104416-2017ヴァレンタインデーには①
ふんわりとふくらんだ生地が、口の中でしゅわしゅわと溶けていく、スフレの美味しさは焼きたてが一番、ですが、冷やしてからも美味しく、しゅわしゅわでした
ベリー類をもっとキレイに並べたかったのですが、何しろ、すぐ、しゅ~としぼんでしまうので、急いで並べたらこうなってしまいました
とにかく大事なことは、メレンゲをしつこく泡立てることで、これが膨らむかどうかの決め手

ヴァレンタイン少し前、モデナのチェントロでは、チョコレート市が3日間開かれていて、私もMaxのプレゼント用に買いました
153316-2017ヴァレンタインデーには②
ハート型のチョコとか、そんなの買いません、、、
一番上の画像に不自然に写っている、チョコレートで出来たスパナナット、、、エンジニアなので、こういう工具や機械類などマニアックなのです。
155252-2017ヴァレンタインデーには③
ネジ見て「いい形してる~」とか、くねくねしたLED電球見て「かわいい~」とか、普通に言います(笑)
ちなみに、スパナは、たまたま買ったのが12と13のサイズで、「スパナは、サイズ13が一番よく使われているんだよ~」と、どうでもよい情報を教えてくれたり

皆様、素敵なヴァレンタインデーを過ごしましたか~

Gubana(グバーナ)

Per Natale ho provato a preparare la gubana fra tre ricette. Non è livitato tanto, ma il gusto è molto ricco e buono!
Ho preparato anche il Presepio. Quest'anno ho comprato delle pecorelle.
Ogni anno comprerò qualche personaggio del presepe. Il prossimo anno, aggiungerò un pastorello come Peter.

ナターレの準備

ナターレのお菓子で、パネットーネやパンドーロは、もう日本でも見かけることが増えてきていると思いますが、こちら、お隣りにはオーストリアがあるフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア地方発祥のお菓子、
Gubana(グバーナ)
に挑んでみました。
CIMG8989-2016Gubana③
渦巻き型のかたつむりみたいな形が特徴で、発酵させた生地を薄く広げて、その上に木の実と干しぶどうなどドライフルーツが混ざったものをのせ巻きます。それをさらに渦巻きにしてから、オーヴンで焼きます。

〈材料〉直径約20cm
[生地]・薄力粉 250g  ・砂糖 65g ・卵 半個分 ・牛乳 100ml ・BP 中さじ1 ・バター 50g ・レモンの皮すりおろし 半個分 ・塩 少々 ・バニラ粉末 小さじ1
[フィリング]・グラッパ(又はラム酒) 20ml ・干しぶどう 90g ・ドライプルーン(又は干しイチジク) 25g ・胡桃 25g ・松の実 10g ・アマレッティ(又はアーモンド) 25g ・蜂蜜 小さじ1 ・レモンの皮すりおろし 半個分 ・オレンジの皮すりおろし 半個分・バター 20g ・砂糖 40g ・ビターチョコレート 50g ・シナモン(お好みで) 適量
〈作り方〉
下準備:
粉類はふるいにかける。ぬるめの牛乳にBPを加えておく。干しぶどうをグラッパでやわらかくしておく。チョコレートはみじん切り。バターはやわらかくしておく。
① 生地作り: 薄力粉と砂糖を合わせ、とき卵を加え混ぜ、牛乳とBPを入れ、さらに混ぜる。
② ①にバターとレモンの皮、塩少し、バニラを加えて混ぜ、生地を丸めて、1時間ほど休ませる。
③ フィリング作り: ミキサーで、干しぶどうとドライプルーンを細かくし、胡桃、松の実、アマレッティ、蜂蜜、レモンとオレンジの皮、お好みでシナモン適量を加え、ミキサーで混ぜる。
④ ③にバターと砂糖、チョコレートを加え、よく混ぜる。
オーヴンシートの上で、の生地を3,4mmに伸ばし、のフィリングをのせ、カタツムリのようにくるくるに巻く。
丸型に入れ、2時間休ませる。
生地の上に、材料分外の牛乳と砂糖を塗り、160℃のオーヴンに入れ、約40分焼く。
オーヴンに入れたまま、冷ます。

CIMG0525-2016Gubana①
↑これは、生地を作った時、バターを抜いたもので、一枚目画像のバターを使ったのと比べると、カチッと固そうですが、中はやわらかいです…オーヴン入れる前、表面に牛乳と砂糖を塗る作業を忘れてしまいましたが。。。
材料が多く、生地を休ませたり、洗い物もちょっと面倒ですが、とーっても美味しいです
フィリングを作る時、ミキサーを使って洗うのが面倒であれば、材料を細かく切るのも、出来上がりのフィリングに食感があって、それはそれでオススメです。
何より、柑橘類やアルコールのおかげで香りがとても良く、作ってから5時間も経っているのに、仕事から帰ってきたMaxが「トルタの匂いがする~♪」とニンマリしたほどです…子どもかっ(笑)

チョコを入れないレシピや、ヘーゼルナッツを加えているレシピなど色々あり、3つくらいのレシピを混ぜたので、画像の本のようにはなりませんでしたが、しっとりした、リッチなパン生地のお菓子に出来上がりました。
ただ、ドライフルーツや木の実などは、割とお値段高めなので、作らず、既製品、買った方が安いんじゃ?とも思ったり。。。
スーパーでは、7ユーロくらいで、同じような大きさ(20cmほど)が売られています。

せっかくなので、セットしたばかりのプレゼーピオの前に置いてみました…キリストは、もう降誕済みです(笑)、、、
CIMG0522-2016Gubana②
毎年、5ユーロ以内で少しずつ買い足しているプレゼーピオ、、、今年は、羊の群れ24匹が加わりました
CIMG0514-2016Presepio.jpg

羊の毛はもともと付いていなく、綿をボンドでくっつけたのですが、結構手間がかかり、しかも、下に敷いてあるコケ(乾燥)が、羊の体にひっついて厄介でした…買ったまま、並べれば良かったと、ちょっと後悔。。。
まだまだ、天使や馬や牛なども来年あたり買おうと思っていて、羊がいっぱいいるなら、ピーター(羊飼いの)も必要だなと、物語がハイジになりかけたりもします

ナターレの準備は、始めてますか?
12月25日間近になったら、さらにもう一度、グバーナを作ろうと思います

Aceto Balsamico(バルサミコ酢)

Consiglio ai giapponesi come usare l'aceto balsamico.
A me piace molto il sugo di carne al balsamico.

モデナ特産

ここモデナ地方で、11世紀から作られている伝統的な醸造酢、
Aceto di Balsamico(アチェート・バルサミコ)
はご存知だと思います…イタリア語で、「Aceto=酢」「Balsamico=芳香がある」という意味。
↓モデナのチェントロのあるお店前、と、催しがあった時の↓
CIMG0930-2016バルサミコ酢①
バルサミコ酢は、ワインとブドウ果汁の濃縮したものを樽で、長期に渡り熟成されて作られます。
さらに、使用される樽の木は、栗、桑、樫、トネリコ、桜の順に毎年移し替えられ作られるというので、手間がとってもかかります…画像にも、小さな樽が並んでます。
熟成年数は、2~5年、6~10年、12年以上の3つに分類され、それぞれの製法により格付け、分類され、
Aceto balsamico tradizionale(アチェート・バルサミコ・トラディツィオナーレ)は、最低12年の熟成が必要とされ、原料のブドウの種類、その他細かな製法が法律で定められているバルサミコ酢です。
エミリア・ロマーニャ州のここモデナ、またはお隣の県レッジョ・エミリアで作られた12年物と25年物の2種類のみの、トラディツィオナーレだけがDOPの指定を受けることができます…DOPとは、イタリアの厳しい食の法律。
モデナ産トラディツィオナーレの中でも、25年以上の熟成を経たものは「Stravecchio(ストラヴェッキオ)=たいへん古い)」と呼ばれ、珍重されています。
ストラヴェッキオの中には、50年や100年などの長期熟成を経たものもあったり。

日本では、黒酢が健康効果の高いイメージですが、なんとバルサミコ酢のポリフェノールは、黒酢の3倍以上というから驚き
香り高い風味と甘み、、、オリーブオイルと合わせドレッシングにするのはもちろん、イタリアでは、チーズ、ピッツァ、果物、ジェラートにトッピングして食べられています。
CIMG2601-2016バルサミコ酢②
チーズやピッツァ、ジェラートには、熟成期間の長い、ドロドロのバルサミコ酢がおすすめですが、、、
もし、安くて、サラサラしたバルサミコ酢が手元にあったら、上の画像のように、お肉の絶品ソースに早変わり。
バルサミコ酢、バター、蜂蜜(お好みで)を煮詰めるだけでとっても簡単、、、私は、味見のつもりでどんどんスプーンですくっては舐めてしまうので、もう一度、後からソースを作り直したり、、、それくらい美味しいんです
Maxの会社すぐ近くにバルサミコ酢の工場があり、毎年、ナターレのプレゼントの一つに必ず入ってます…サラサラの安いのですが。。。
この絶品ソース、もちろん魚にも合いますよ
実家の母には、毎回帰国の時にバルサミコ酢を買っていくのですが、母が言うには、酢豚などにも入れると、味がとてもまろやかにになるそうです。

是非、絶品ソースをお試しくださいませ!!!
CIMG9624-2016バルサミコ酢③

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!