“青の洞窟”で、自分で撮った動画をFC2ブログにアップする方法を

Spiego ai giapponesi come fare video-upload su questo blog.
Per tutti gli altri, questa spiegazione forse non interessa; comunque questo é un video della Grotta Azzura a Capri, risalente al 2009.
Bellissima, stupenda!


こんなに簡単だったとは

はじめに、、、
FC2でブログをしていない人には、むしろブログ自体していない人には、完全に関係の無い興味の無い話なので、説明(オレンジ色の文章)はスルーして、動画だけご覧くださいまし♪
ちなみに、2009年に訪れたカプリ島“青の洞窟”をアップしています。
前の女性が、随分とおおぴろっげですが、頭を下げていないと、洞窟に入る時、岩にぶつかってしまうからです、、、
[広告] VPS

あまり、キレイに撮れてませんが、後半、入り口を撮影したところは、青さが本当に美しかったです…もう一回行きたい

さて、、、
先日の『ABBA SHOW』の記事で、初めて、5年ブログしていて初めて、自分で撮った動画をアップしてみたわけですが、
ブログ始めた頃も、確か試みたはずで、その時は何だかよく分からなくて、
今回すんなり成功したので、FC2でブログされている方で、まだ一度も動画アップしたことない方の為に、と。

〈やり方〉
事前にログインして、いつものように記事を書くページを開きます。
① 「FC2動画投稿ツール」をクリックします。

FC2動画アップ方法-1


② 「動画ファイル選択」をクリック。
FC2動画アップ方法-2


③ 「アップロード」をクリック。
FC2動画アップ方法-3
アップロードには、3分ほどかかります…この“青の洞窟”は約1分間の動画、3分半かかりました。


基本情報を入力。
FC2動画アップ方法-4


⑤「送信する」をクリック。
FC2動画アップ方法-5


記事に投稿。
FC2動画アップ方法-6
これで、動画の投稿が完了しました。
投稿直後は、しばらくデータ変換中の状態ですが、記事に動画投稿は出来ます。データの変換が終わると公開されます。



プレビューで確認。
FC2動画アップ方法-7
これで先ほどの、7年前に撮影した“青の洞窟”の動画が無事アップできました。
簡単ですね!


色んな動画が手元にあり、アップしたいのですが(結婚式のとか、カマキリがカメムシを捕らえた瞬間のとか(笑))、とりあえず思い出の“青の洞窟”で説明してみました…大ゲンカした後で訪れたので、ものすごく思い出に残ってます
その記事は、『Isole di Capri(カプリ島)』へ飛んでくださいませ~
スポンサーサイト

サクラ(Sakura)

Qualche giorno fa, Sakura, il mio cane giapponese, ci ha lasciato; aveva 16 anni.
Per i miei genitori era come un figlio. La mattina, quando i miei genitori si sono svegliati, Sakura sorrideva ancora, ma dopo qualche minuto si è addormentato per sempre. E' stato come se Sakura avesse aspettato i miei per salutarli ancora. Secondo me non ha sofferto; menomale.
Anch'io quest'anno ho potuto fortunatamente salutare Sakura.


大きな存在でした

約2週間前、日本の実家で飼っていたサクラが、天国へ行きました。
高齢だったし、食欲低下、お腹は膨張、トイレの数が減り、歩き方も弱く、先日の一時帰国中もかなり心配していました。
サクラは、真ん前の近所の人が、引っ越し先に連れて行けないというので、10年以上も前に私の両親が里親になった訳ですが、 あまり躾けがされてなく、鳥にさえもものすごく吠える犬でした。
↓2011年のサクラ…振り返ると、やはり若かったです、、、
CIMG1172-2016サクラ①
すごく吠えるけど、お目めが愛くるしく、近所の人にも愛され、散歩中もよく声を掛けられていました。
両親が旅行などで預けていた犬の幼稚園に頻繁に行くようになると、色んな犬と遊べるようになったり、賢くなってもきました。
↓2013年、2014年のサクラ…少し、首のたるみが出てきてましたが、お腹の膨張はなく、散歩に行く時も、引っ張る力がまだものすごくありました、、、
CIMG2011-2016サクラ②
私の両親にとっては、大切な家族の一員で、去年からすっかり弱ってしまったサクラを介護していましたが、父が7月に言っていたように、今年の夏は越せれないかもという言葉が的中してしまいました。
母の話によると、、、
8月7日の朝、両親が起きると、サクラは、そのかわいい目で両親を見つめ、その後5分くらい両親が目を離した間に、どうやら息を引き取ったようです。きっと、両親が起きるまで、それまで頑張ったのでしょう。
膨らんでいたお腹が破裂せず、静かに安らかに逝ったことは、何よりも幸いです。
私も訃報を聞いた時、たまに一緒に行った散歩や、垂れたサクラの耳をぷらんぷらんしたりしたことを思い出し、涙が出ました。

これから心配なのは、毎日2回サクラと散歩する習慣があった父ですね、運動不足にならないか。。。
葬儀はその日に済ませ、小さな仏壇をサクラが居た部屋にまつっているようです。家の中にあったサクラの眼差しや吠える声が無くなり、父も母もやはり淋しいようですが、犬好きな父は、またすぐにでも欲しいと、母はもう十分と。。。
↓今年7月のサクラ…一緒に海辺へ散歩に行った時ので、引っ張る力はほとんどなかったし、散歩もすぐ疲れてました、、、
CIMG0842-2016サクラ③

サクラ、、、ありがとうねー

出発

明日、伊へ出発です

飛行機アクシデントがありませんように
スリに遭いませんように
大きな病気にかかりませんように
世界的に経済が安定しますように
みんなが健康で幸せでありますように
日本が元気いっぱいの国でありますように

行ってきまぁす

Buon Natale !

街はクリスマスムードで何だかウキウキしますね…ちなみに伊語でクリスマスはNatale(ナターレ)

キリスト生誕を祝うナターレは、キリスト教総本山バチカン市国がある伊では、一年のうちで最も重要なイベント。
12月に入れば、駅や大きな広場に巨大なAlbero di Natale(アルベロ・ディ・ナターレ=クリスマスツリー)が飾られ、街路には華やかなイルミネーションが灯り、街全体はナターレムード一色に…2005年に伊ツアーでクリスマス時期に訪れた時、日本の煌びやかさと違い、荘厳で美しかったことを思い出します 

伊では、ナターレの飾りつけにクリスマスツリーも当然ですが、Presepio(プレゼーピオ)が一般的 
大体、明日12月8日の祝日(聖母の無原罪の御やどり)以降、教会や町中でプレゼーピオの飾りが始まり、コンテストまであったりします。
プレゼーピオとは、キリスト生誕の場面をテラコッタ製の人形で再現した飾りで、カゴに入った生まれたばかりのキリストや驚くマリア様、喜ぶ天使たち、厩を取り囲む羊や馬など、いわゆる「フィギュア」を並べたもの。
手のひらサイズから、人間より大きなフィギュアが並ぶ壮大なものまで、大小様々ですが、出演者と並び順には聖書に沿ってある程度決まりがあり、まるで日本のお雛様のような感じの置物。伊最大の教会サン・ピエトロ大聖堂(バチカン市国)前の広場をはじめ、主に各教会に飾られますが、南伊地方は各家庭でも飾る家も多く残っています。

伝統の飾りプレゼーピオの本場はナポリと言われます。
ナポリの下町には、何代も続く老舗のプレゼーピオ工房が並んでいることで有名な通りサン・グレゴリオ・アルメーノ通りがあります。厩の背景にまでこだわり、滝や流れ星が流れたりと楽しい仕掛けのあるものなど、職人さんが趣向を凝らして作るプレゼーピオが展示販売されるこの通りは、12月中、どの店もプレゼーピオグッズを買う人で満員御礼だそうです

ツリーはナターレの25日以後も1月6日のEpifania(エピファニア)とよばれるお祭りの頃まで飾り付けられています
この時期嬉しいことは、通常日曜日はお休みとなる店やデパートの多くもナターレ直前の24日までは開いているところが多くなること。ショッピングの時間帯が増え、お買い物が楽しくなるシーズン…ただし、年2回の大バーゲンセールは大体1月7日以降

12月25日頃は、南伊にあるMaxの実家に帰省予定なので、プレゼーピオに買い物に料理に楽しみたいと思います
CIMG0372-2011プレゼーピオ
2009年に訪れた南伊マテーラのサッシ内で、展示されていたプレゼーピオ…キリストがどこか分かるかな

準備

もうすぐ伊永住が始まるので準備や手続きをしている最中です

転出届 → そのままだと住民税や国民健康保険を払わなくてはいけない。
国民年金 → 任意加入へ…もし一人で生きていくことになったら、を考えて。
戸籍謄本と出生証明書の取り寄せ → 結婚に必要な書類。
DoCoMo携帯解約 → 12月13日からは、このブログにか、Yahooアドレスに連絡くださいね。
愛車のCUBE → 今年1月車検したので、引き継いで父が乗る予定(主に犬のサクラを病院に連れて行ったり、大荷物を乗せたりと雑用)…新車で購入して約12年で約13万km以上、頑張ったねCUBE

あとは部屋の片づけや伊へ持って行く物と置いていく物の仕分け、、、
アルバム → 重いし多いから悩むところ
フェンシング道具 → 無事子どもが出来、望んだら、そのうち持って行こう
持っていった方が良いもの、、、
カイロ → 伊で売っているのを見かけない
わさび、お好み焼き粉などの和食材 → 中国食材店で見かけることもあるがちょっと高いので
かぜ薬など → 外国製品はちょっと成分がキツイらしい

宅急便で送りたいけど、信用できないし高いしで、頑張って大荷物を自力で運びます

持っていく和食材、お菓子の一部
CIMG1970-2011渡伊
嫁ぐって大変ですね

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!