fc2ブログ

Rimini(リミニ) 2 ~ Cattolica(カットーリカ)の水族館 その1 ~

Qaluche giorno fa, ho visitato L'Acquario di Cattolica.
Ho visto tutti i padiglioni ed ho fatto tante foto al padiglione Blu sto ancora sistemando le foto, vi mostererò le altre foto la prossima volta.
Vorrei una lucertola o una iguana !!!


癒された

ここエミリア・ロマーニャ州は、リミニ県リミニ市の隣りCattolica(カットーリカ)の町には、2000年創業のアドリア海最大の水族館があり、年明けに行ってきました。家から約200㎞、少し遠いですが、一度はイタリアの水族館に行きたかったので。。。
これが、Maxからのナターレのプレゼント、、、子どもか(笑)!

イタリアでは、ジェノヴァ水族館に次ぐ規模で(敷地面積ではジェノヴァのよりも大きいとか)、こちらのカットーリカ水族館は、4つのパビリオンで各ジャンルに分かれています。
ヴェルデ(緑)のパビリオンは、私の好きな爬虫類
まぁ何て凛々しいお顔!
171533-2022Cattolica-Verde①

まず、どこにいるのか見つけるのに時間がかかって、、、
170816-2022Cattolica-Verde②

保護色で分かりにくい、または擬態していてです。
170940-2022Cattolica-Verde③

平和ですね~
171207-2022Cattolica-Verde④

トカゲ類の他に、蛇はもちろん、蛙、巻貝など、もっといっぱいいたはずですが、見つけられなかったり。。。
この画像中の最後は、すべて枝のような昆虫。
昆虫類で目立ったのは、テカテカ黒い嫌われ者のゴキちゃんで、世界最大級ものがたくさんいましたが、苦手な人がいるでしょうから載せないでおきます
170545-2022Cattolica-Verde⑤

ジャッロ(黄)のパビリオンは、ワニとカワウソ
強面ですが、お手てがカワイイ!
172304-2022Cattolica-Giallo.jpg
カワウソは、、、まったくいませんでした。。。Maxが「ショーペロ(ストライキ)じゃ?」と(笑)

ヴィオラ(紫)のパビリオンは、深海生物
ほぼ全部、模型や写真、映像で、ちょっとガッカリ。。。
体長13mのダイオウイカや、シーラカンス、マンボウ、チョウチンアンコウ、ナマコなどが展示されていました 
貝が好きで、家にも細々飾っていますが、耳にあてれば波の音が聞こえてきそうな大きな貝が並んでいました。
173023-2022Cattolica-Viola.jpg

実は、水族館であるブルー(青)のパビリオンを最初に回ったのですが、そこで2時間くらい魚を眺めていたので、他3つのパビリオンは、閉館前で駆け足での見学だったのでした 
162624-2022Cattolica-Blu①

水族館は、ペンギンから始まって、、、ピューと泳いで綺麗に撮れなかったですが、可愛かったです
泳ぎながら、フンをブシューと何回かしてくれました(笑)
140138-2022Cattolica-Blu③

色んな種類の魚が泳いでいて、やはり泳ぎが速くて、上手く撮れなかったのですが、200枚くらい撮ったかと思います
140427-2022Cattolica-Blu④

イタリアで、ウニを食べたのはまだ一回です。。。
150512-2022Cattolica-Blu⑤

今年52歳になるMaxもうっとり眺めています
右上は、クラゲの一種です
160144-2022Cattolica-Blu⑥

マングローブの根の下も、魚がいっぱい!
142227-2022Cattolica-Blu⑦

この日は、外は結構な雨で悪天候、シーズンでないので通常より5ユーロ安い一人16ユーロだったのですが、それでも家族連れや若いカップルが多かったです。50歳前後の私たちよりも、さらに上、定年のカップルもいたりとほのぼのでした。
家族連れでは、子どもたちが色んな魚の水槽に食いついて眺めていましたが、多くの子どもたちは、海のプラスチックごみ問題や網にウミガメが絡まっていたりという、そういった大切な展示物は素通りで、これは親または大人の問題でもあるなと思いました。
142413-2022Cattolica-Blu②
長くなるので、水族館の模様は次回に

最後は、キリッとしたこのトカゲちゃんでしめます
170959-2022Cattolica-Verde⑥

あ~、トカゲ類が可愛かった~、飼ってみたい欲が(笑)
日本語レッスンの生徒が、トカゲ5匹、陸亀11匹を飼っていて、見せてもらったら、とっても癒されたんですよ~

関連記事
『リミニ 1~市内散策~』
スポンサーサイト



Ferrara(フェッラーラ) 4 ~ Gli astri di Schifanoia ed il Castello estense(スキファノイアの星とエステンセ城)~

Ho visto uno spettacolo di videomapping al centro di Ferrara.
C'era un po' di nebbia ma proiettavano belle opere e la storia di Borso d’Este.
Faceva freddo ma ho preso un bicchiere di vin brulè.


ここ3年間の年末年始の恒例

もう去年の暮れのことですが、お隣の県Ferrara(フェッラーラ)のチェントロ(中心)で開かれていたビデオマッピングを観に行きました
183815-2021Ferrara①

イタリアで初めてビデオマッピングを観たのは、2019年のお正月に観賞したラヴェンナのお祭りで(その話)、2020年の年末は、隣町のカルピで観て(その話)、、、機会があれば、こうやって観に行くようにしているのですが、今回は霧があったせいか、ぼやっとしていて残念、でもストーリーは奥が深かったのでした。
184202183815-2021Ferrara②

Castello Estense(エステンセ城)の壁を使用したこのビデオマッピングは、12月28日から1月2日までの18時から23時まで30分周期で開催されました。
ディアマンテ宮に保存されている美術作品や、エステンセ城から1㎞ほど離れたスキファノイア宮殿のフレスコ壁画の作品など、古代の占星術を想い起こさせるような画像が映し出されていました。
185243183815-2021Ferrara③
そのスキファノイア宮殿フレスコ壁画には、初代フェラーラ公であるBorso d’Este(ボルソ デステ)の命で描かれ、12ヶ月の場面がひと月ごとにあるそうです。
でも、フェラーラ公となって4ヶ月後、マラリアによって死去(享年58歳)。
そんなこんなで、このビデオマッピングは、ボルソの生誕550周年祝いが兼ねられています。

あまり綺麗に撮れなかったので、こちらで今回のビデオマッピングが紹介されています。少し長いですが、良かったら、、、


ボルソが作らせたもので有名なのは、La Bibbia di Borso d'Este.(ボルソ デステの聖書)で、過去に、私はモデナのエステ宮の美術館で観賞することが出来ました(レプリカですが)。色とりどりな豪華な聖書で、15世紀半ばルネッサンス期における彩飾写本の最高峰と言われているようです
モデナで観たもの、、、
141322183815-2021Borso.jpg

エステンセ城のすぐ近くにあるドゥオーモ、Cattedrale di San Giorgio Martire(聖ジョルジョ マルティーレ大聖堂)は、ファザード真ん中部分が修復中で、大きなツリーが前の広場に堂々立っていました。
192023183815-2021Ferrara④

ツリー向こうは、クリスマスの屋台が並んでいて、寒かったので、私たちはVin brulè(ヴィン ブリュレ)を飲み、暖をとりました。
カトリックでは、1月6日のエピファニア(公現祭)までがナターレ(クリスマス)。ベファーナおばあさんが箒に乗って、良い子にはお菓子、悪い子には炭を靴下に入れるという言い伝えがあり、ベファーナの人形があちこちで売られていました。
192620183815-2021Ferrara⑤

エステンセ城は、ぐるりと水堀を巡らせて、跳ね橋があり、ガシッとしたお城、、、
普段はそんなお堅い印象ですが、お堀の下に飾られていたこのプレゼーピオを観て、解れた気持ちになりました。
193826183815-2021Ferrara⑥
ナターレの飾りは、1月6日後に撤去されていくのですが、私の住む町では、いまだイルミネーションがキラキラ、大きなツリーがドーンと立ったままです(笑)
こういうこともあって、イタリアの年明けって、大みそかから元日にかけては、花火が上がったりや爆竹の音が大きかったり、普段食べないような量またはメニューであったりしているものの、1月2日からは日本ほど新年を感じられない私です

フェッラーラのこのイベントでは、屋外もマスク着用になっていたのですが、大半は守られていてホッとしました

関連記事
『フェッラーラ 1~チェントロ散策~』
『フェッラーラ 2~コマッキオとベファーナ~』
『フェッラーラ 3~コマッキオ散策~』

トスカーナ料理で新年のお祝い♪

Ho festeggiato il Capodanno con i miei. Per la prima volta ho preparato la Ribollita, zuppa tipica toscana; era buona!
Come antipasto ho preparato schiacciata con kiwi, pancetta e mozzarella; come secondo piatto: fiorentina e fritto di patate di dolci ed insalata.
Mio marito ha preparato il tiramisù a forma di Zuccotto.
Quindi abbiamo mangiato i piatti toscani con un vino toscano che ho ricevuto in regalo a natale.
Ci siamo divertiti ed è iniziato bene il nuovo anno!
Auguri a tutti!!


2022年もよろしくお願いします

新年の始まりは、
トスカーナ産のワインをナターレのプレゼントで頂いていたので、お正月に義両親をランチに呼んだ時に、早速開けました
ワインに合わせて、トスカーナ料理を用意しました
宴(うたげ)のはじまり、、、嫁、頑張る
124018-2022Capodanno①

アンティパストは、Schiacciata(スキアッチャータ)という薄いフォカッチャのようなものを、、、フォカッチャと違う所は、焼く前に生地を指で押して広げるところ、塩とローズマリー、オリーブオイルをかけてオーヴンへ入れます。
本来は、塩味にする場合は、先に書いたように、ピッツァのように具をたくさんのせるのではなく、シンプルに、お菓子の場合は、10月頃に食べられる葡萄のスキアッチャータが有名で、さらに見た目がまったく変わる、フィレンツェの百合の紋章が入ったオレンジ風味のスポンジケーキのスキアッチャータがあります。
私は、試しに、近所の無料植物園で収穫したキウイを使い、モッツァレッラ、パンチェッタと一緒に焼きました。
あっさり軽い仕上がりで、前菜に良かったです
113554-2022Capodanno②
隣りの魚型のお皿は、これもまたナターレに、スキアッチャータをのせた大きな丸皿と一緒に友達から頂いたもので、、、これには、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノで仕上げたロマネスコ、プロヴォラという燻製モッツァレッラ、ピリ辛サラミです。

スキアッチャータに使ったキウイ、、、小さいのもあるけれど200個以上収穫でき、りんごと一緒に置いていると、より甘くなって美味しいです
1月2日も獲りに行きました!
122526-2021Natale③

プリモピアットは、野菜たっぷりのRibollita(リボッリータ)、、、「リ=再度」「ボッリータ=煮込んだ」となり、何度も煮込んだという意味になり、繰り返して煮込んで旨味が増し、ますます美味しくなる一品 って初めて作ったのですが、とても気に入った一品に
ニンニク、人参、セロリ、タマネギと少量のペペロンチーノのソフリットを作ってから、角切りじゃが芋、ざくざく切ったカーヴォロ ネーロ(黒キャベツ)、キャベツ(本来はヴェルツァという、ちりめんキャベツ)、ビエトラ(フダンソウ)を加え、茹でておいた白豆の半量をマッシュしたもの(私は茹で済みのものを使用)ともう半量の白豆、トマトソースなどが具で、かたくなったパンを染み込ませて混ぜて食べます。
義父は糖分制限があるので、リボッリータに加えたパンは食べ過ぎないように少量にし、全粒粉のものを使いました。
125647-2022Capodanno③
11月頃から2月まで旬のカーボロ ネーロは、近所ではあまり売っているのを見かけず(実際、今回はボローニャのメルカートで購入)、あまり食べないのですが、、、
大みそかに食べたコテキーノの油が残っていて、排水溝や生ごみに捨てることが毎回気が引けるので、それでも沢山は摂取したくない油なので、ちょびちょび炒飯などに使ったりし、初めて、カーボロ ネーロと炒めてみたら、香ばしく、とても美味しい炒めものになったことが発見でした!
カーボロ ネーロ、、、乳がんの予防になるとか聞きます。11月に受けたマンモグラフィーの結果が先日届き、問題なしで良かったです。私の住む地域では、46歳から毎年無料で検査が受けられ、50歳からは2年ごととなっています。

さて、話を戻して、、、
セコンドピアットは、キアニーナのステーキに、コントルノ(副菜)には、少量の油で揚げたさつま芋、サラダ菜・ラディッキオ・ラディッシュ・ミニトマト・フィノッキオ・オレンジ・黒オリーヴのサラダです。
キアニーアは、世界最古の牛で、大きさは世界で一番です。プロテインが多く、コレステロール値が低く、低カロリー!
グリルパンで焼いたので、やはり炭火焼きには負けますが、丁度良い焼き具合いと褒めてもらえたので良かったです。
ホント、濃い赤ワインと合うな~
132126-2022Capodanno④
義両親は、初めてさつま芋を食べたようで、高血圧やコレステロールに気を付けている義母は、さつま芋の栄養や効果を知っていながらも試したことがなかったらしく、「あら、美味しいわ!」とパクパク食べていました
ちなみに、こちらで見かけるさつま芋は、切るとオレンジ色のものが多く、見るからにβカロテンが多そうです

ドルチェは、たまには何か用意せよとMaxに任せて、、、彼は、ティラミスしか作れないので、ティラミスのZuccotto(ズッコット)
型はラーメン鉢を使ったのですが、少し歪な形に、、、
103416-2022Capodanno⑤
3年前に私が手抜きで作ったズッコットはコチラ → 『ナターレのお祝いに』…ズッコットは、主にナターレ時期に食べられるお菓子です。
ティラミスを用意している時、Max、何とマスクしながら作っていました。高齢の義両親への配慮です

ズッコットの断面はキレイな仕上がり、リコッタとマスカルポーネを半分ずつのクリームがとっても美味しいです。
義母が持って来てくれたリンゴのトルタと一緒に、、、
140638-2022Capodanno⑥

年末年始の天気は、私の住む地域は霧が多く、湿度が高くイマイチでしたが、こんな風にのんびり過ごすことが出来ました。
準備は忙しかったですが、作る私も楽しめました
いつもありがとうございます。
今年からは、一週間に一回更新と、さらにマイペースにブログを綴っていけたらと思っていますので、お暇な時にお寄りくださいませ

クロスステッチ作品 4 ~ ゆく年くる寅年 ~

L'anno prossimo sarà l'anno della Tigre!
Ho ricamato un disegno con una tigre ed un gattino per il nuovo anno. Ho comprato un kit tutto completo, ma sono passati più di due mesi per finire il lavoro.
Il Natale l'ho transcorso con i miei ed ho mangiato tanto!
Per il capodanno preparerò qualcosa io.
Spero che il nuovo anno porterà finalmente rinascimento.


来年に備えて

2022年は寅年、、、猫が虎の上にちょこんと乗っていてカワイイ!とすぐ気に入った、全刺しのキットをアマゾンで購入しました
色とりどりの刺繍糸がいっぱい、針以外どう使うのか分からない小道具の上に、さらに中国語で説明があって、ぱっと見た時は、う~んと。。。
143936-2021Puntocroce(老虎遊泳)①

それでも、もう何度かクロスステッチしているので、中国語が分からなくても、何となく伝わってきて、何となく自分がやり易いと思ったところから始めました。
図案に、使う糸の数字が記されているので楽~と思っていたら、虎や猫の顔あたりはホント細かかったです
途中経過、、、
141912-2021Puntocroce(老虎遊泳)②

修正を含め、2ヶ月半かかり出来上がり、ぬるま湯に浸すと、まわりにある説明書きや記号・数字、そして下書きがきれいに消えました。
キットでないと、こんな細かく影を出すこと出来ないな~と、今後の参考にもなりました
この寒い時期は、よくなる霜焼けの防止に手先を動かさないといけないし、今回のキットの刺繍糸が半分余っているので、次は何をステッチしようか考え中です
134501-2021Puntocroce(老虎遊泳)③

さて、ナターレの話、、、
12月24日は、試合後(前回の記事)の疲れと体の痛みがまだ残っているだろうと、先に予想していたので、冷凍の魚介パスタソースを解凍してリングイネに絡め、夜は、これも冷凍のゼッポリーネ(海藻入りフリット)、燻製モッツァレッラ、サラダで簡単に済ませました
予想通り、キッチンに立つのも股関節と膝の痛みがひどく、初めて、こうやって冷凍モノに頼ったのですが、正解でした
Maxも、私が体が痛いことを知っていたので、「冷凍でも美味しいね!」と、特にゼッポリーネは、モチモチで揚げたてをすぐ食べたので美味しかったです。以前、一から作ったこともあるんですが(その記事)、揚げ物なので、食べ過ぎにホント注意です。

こちらは、食後に食べた、ナターレ時期の私の細やかな楽しみの一つ、ナポリ名物モスタッチョーリ…私が以前作って、カチッとなってしまったのはコチラ
私の住む近所のお店には、3年前に出来たお店一軒だけしかこのお菓子が売っていなく、ナターレ時期に入ったらいつ売り出すかチェックして、20個も買いました
あ~、美味しい
130448-2021Natale①

12月25日のナターレは、義両親宅のランチにお呼ばれし、遅れて来た義兄も含めて、、、
前菜には、ンドゥーヤ(唐辛子が入ったペースト状のサラミの一種)をのせたブルスケッタ、オリーヴ、パルミジャーノ・レッジャーノ、生ハム、
プリモピアットは、ほうれん草とリコッタなどが詰まったカンネローニ
セコンドピアットは、豚肉のローストと野菜の付け合わせ、
そして、16ユーロもするふわふわのパネットーネや果物などなど、たら腹食べました。
義両親にも、モスタッチョーリを花鉢と一緒に手土産に持って行ったら、義母がやはり探していたようで喜んでくれました。Maxが3歳になるまでナポリ近くに住んでいた義両親も、このお菓子が大好物だと知っていたので、義父は糖分制限があるものの、喜んでもらえて良かったです
124505-2021Natale②
右下の画像は、義母のプレゼーピオ、、、画像には入ってませんが、羊飼いはもちろん、音楽隊など色んな人形がまわりにいました
合わせたワインは、2週間前、病気で亡くなった義父の友人の手作りワインで、とてもフルーティーで美味しかったです
亡くなった方とは、私も二度お会いしていますが、非常に残念です。

義兄は、このご時世なのに、エジプトの紅海で年越しをする様子、、、今は、よっぽどの緊急性がない限り、飛行機は乗りたくないけども、私は。。。
私も、今年の12月31日に期限切れになるターキッシュ航空のオープンチケットを使って一時帰国したかったのですが、こりゃ無理だと思って、期限を延長できるか航空会社のイタリアの窓口に、12月入って問い合わせしたら、親切に長々と対応してくれ、延長は来年5月いっぱいまで、さらに全額返金も出来ると言ってくれたので、迷わず返金にしてもらいました。後は、入金を待つのみ、、、さぁ、どうかな。。。

12月31日は、お昼に年越しそば、夜は、一年金運には困らないという縁起担ぎのレンズ豆と、コテキーノ(大きな豚肉ソーセージ)を食べる予定です。

元旦は、義両親を呼んで、私がランチを作ります
メニューを決めて、買い出しが終わったので、明日はキッチンでほぼ過ごすのではないかと。。。

2022年の寅年は、優しい寅を表す「壬寅(みずのえとら)」だそうで、家族を大切にして、他人にも心を開くと良い年になるということです。
なので、この人苦手だな~とか思う相手に対しても、理解する気持ちを持てるように心掛けたいと思っています。
122329-2021Puntocroce(老虎遊泳)④

では、良いお年を~

Prima Prova Nazionale 2021-2022(一次全国大会)

Domenica scorsa ho partecipato ad una gara nazionale di scherma ad Erba.
Nel girone ho avuto 3 vittorie, 2 sconfitte e sono arrivata 43a (su tot. 93 atleti nel fioretto femminile).
Sono abbastanza contenta di questo risultato. Tuttavia, dopo la gara, le articolazioni ed i muscoli mi dolgono, rendendo difficile camminare e ci vuole tempo prima che passi.
A questa età, sono felice di poter giocare a questo alto livello di competizione.
Grazie, Maestro Filiberto e grazie a tutti i Zinella!!!


それなりに満足

12月19日は、ロンバルディア州コモ県はErba(エルバ)の町で開催された、一次全国大会の女子フルーレに出場しました。
この試合は、10月末にあった二つのゾーンでの各通過者と、昨シーズンのイタリア選手権の上位、そしてカデ・ジュニアの代表候補選手が出場できる試合でした。
朝は、男子フルーレからで、同じクラブからは16歳のシモーネが出場しました。左は、今回、私たちに帯同してくれたマエストロのフィリベルトです。
16400321581941215-2021Erba①
シモーネの予選は1勝で予選落ち、でも、ロンドンオリンピックの金メダリスト(男子フルーレ団体)と試合が出来、良い経験になったと言っていました。

男子の優勝者・入賞者はこちら(Foto:FIS)↓
16400345245083220-2021Erba②

男子が少し長引いていて、女子は13時30分から試合開始だったのに、40分ほど待たされました
私の予選プールは、一人当日棄権が出ていて、6名総当たりに、、、初戦は、何年も前に5本勝負で勝って、去年の1月に15本勝負でけちょんと負けた相手、「5本なら何とかなるかも~」と思い切ってアタックしたら、よく突いていて、5対3で勝ち、良いスタートが切れました。
2試合目は、手の長い左利きの選手に1対5で呆気なく負け、3試合目はむちゃくちゃよく動く選手に5対2で勝ち、「よし!2勝出来たからトーナメント上がれそう!でも、もう一つ勝って確実に!」と、4試合目は1本勝負を勝ち、これで3勝。最後の試合は、代表選手の左の選手にガツンとアタックを5本決められ、何も出来ず0対5で負けました。。。
女子フルーレは93名の出場者数で、代表選手達も予選から出場していました。72名が決勝トーナメントに進むことが出来、私は40位通過、すぐに64以内に入ることが出来、すでに今回の目標が達成出来たのでほっとしました。
32位に入るトーナメントの相手には、9本も一気にリードされ、これ出来るかもと気付いた頃は時遅し、3セット使ったものの、5対15で敗退。
最終結果43位でした。

優勝候補の選手がベスト8で負けたこと以外は、大波乱は無く、強い選手はきっちり勝っているという大会でした
女子の優勝者・入賞者はこちら(Foto:FIS)↓
16400345764138478-2021Erba④

この結果によって、3月初旬に開催される二次全国大会への通過者が決まり、通過出来なかった選手は、2月中旬のゾーン別に出ることになります。さらに、今回の一次と3月の二次の結果で、イタリア選手権(6月)への通過者が決まります。通過出来なかった選手は、州予選(4月)からのイタリア杯(5月)でイタリア選手権への切符を掴む、、、という感染予防対策下においての今シーズンの流れです。

この年で、この高いレベルの試合に出場出来ることは嬉しかったし、負けましたが、楽しく試合が出来ました
IMG-20211219-WA0000-2021Erba③

試合後の体の痛みは半端ではないですが、出来るところまで来年も頑張ろうと思います

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週4回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

プチ月別アーカイブ

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!