Modena(モデナ) 7 ~ Il Giardino Ducale Estense(エステ家の庭園)

A meta di settembre, finalmente ho visitato l'orto botanido del Giardino Ducale Estense.
Questo orto botanico è aperto solo di mattina nei giorni lavorativi.
Nei giardini ci sono fiori che emanano profumi di tutte le stagioni.
Venite e rilassatevi anche voi !


モデナ憩いの場所

9月半ばのことですが、モデナのチェントロ(中心街)の、エステ家の大きな庭園内の植物園へ、、、
CIMG0712-2017OrtoBotanico①
サボテン類がいっぱい、、、
CIMG0702-2017OrtoBotanico②
↑左側は子だくさん、右側は、黄色の髪飾りをした奥様と、初老の旦那様って感じでしょうか(笑)↑
3本とも、高さ50cmはありました

冒頭の画像の建物内には、すら~と背の高い植木が並んでいたり、建物前の池には、睡蓮が咲いていました。
CIMG0714-2017OrtoBotanico③
プニプニ、多肉植物がかわいい!

小高い丘の上を登ると、ベンチだけがあって、特に見晴らしが良かったわけではありませんが、上っていく途中、足元にシクラメンが健気に咲いていたり、下りる時には、竹やぶもあることに気づきました。
CIMG0726-2017OrtoBotanico④
もみじに松、、、和を感じ、まだ色づいていないイチョウの木もありました…イタリア人って、銀杏食べるのかしら?
写真に収まりきれないほどの植物です。

庭園も紹介、、、
今年の春(La primavera di quest'anno)には、青空に木蓮がきれいでした。
CIMG0774-2017Giardino春
3月には、もう、アヤメが咲いていたのでびっくりしました。
池には、いつも二羽の鴨が仲良く泳いでおり、魚もいっぱいいます。

こちらは、今年の初夏(Prima del'estate)、色とりどりの草花を眺めて、時を忘れそうになります。
CIMG0282-2017Giardino初夏
ニワトリが自由奔放に散歩していたり、パニーノを食べていると、一羽の鳩が寄ってきて、パンくずをあげた途端、たくさんの鳩が寄集まってきたり(笑)

そして先月(Meta di settembre)、好きな花コスモスの種類が豊富。
CIMG0698-2017Giardino秋
夏の草花もまだ残っていました。

庭園自体は、夏季4月中旬から10月末まで、朝6時半から23時半までと長く開放しているものの、植物園は、平日の午前中だけ。ちなみに、庭園について、冬季は、朝7時に開き、夜20時半には閉まってしまいます。
庭園には、バールがあり、ベンチもたくさんあるので、学校帰りの生徒達、遊具で子どもを遊ばせるママ友グループ、犬の散歩、お年寄りの方々、アフリカ系の移民の人々、などなど、常に、結構の人が出入りしています。
この6月までは、夕方から始まるモデナのフェンシング教室に行く時、バスの乗り換えの間に、時々、立ち寄っていたのですが、今回は、午前中にモデナで用事があったので、久々に来て、そしてやっと植物園に入ることができたわけです。庭園も植物園も無料、Wifiもフリーです。
四季折々の草花を楽しめる素敵な庭園に植物園で、植物園の人には「日本人でしょう?植物に詳しそう!」と訊かれ、私は、胸を張るほど植物を知らないけど、父が詳しいです、と答えました。

こちらのドゥカーレ宮殿から少し歩いたところに、この庭園があります。
CIMG0776-2017軍学校
ドゥカーレ宮殿と言えば、ヴェネツィアのが世界遺産で有名ですが、「ドゥカーレ」とは、もともと、「○公の宮殿、○○総督」という意味なので、ヴェネツィア以外の場所でも存在します。
現在は軍学校となっている、このモデナのドゥカーレ宮殿は、1634年に建築され、その後、2世紀にわたりエステ家の居城として使用されました。

帰りにジェラート、Bioのイチゴ、カッフェ、ズッパイングレーゼの3味を選びました、、、
CIMG0778-2017モデナ
一人で、こうやって、庭園をぶらぶら、美しい植物達に触れ、青い空を見上げて、同じくのんびりしている人達を眺めていると、なぜか「恵まれているな~、幸せだな~。。。」と心から感謝するのでした
今はきっと、木々は紅葉し、秋の草花が見ごろだと思われます

モデナの町紹介(過去記事)、、、
『モデナ 1』『モデナ 2』『モデナ 3』『モデナ 4』『モデナ 5』『モデナ 6』
スポンサーサイト

Sala di scherma ・ Medolla(メドッラ・フェンシング教室) 11

Domenica scorsa, al palazzetto dello sport di Medolla, abbiamo fatto attività promozionale per la scherma.
In questa stagione, ci sono già aggiunti 3 nuovi bimbi.
Quando i bimbi crescono, si interessano a tante cose, poi però cambiano idea in fretta; ma se loro avranno imparato qualcosa nella sala di Medolla, allora ne sarò contenta.
Noi adulti dobbiamo aiutarli nella crescita.


大志を抱け

先週の日曜、隣町メドッラで、スポーツ体験教室があり、フェンシングも参加しました。
2週間前、開催予定にしていましたが、2週続いて日曜が悪天候で、やっとです
やっぱり、体育の日あたりって晴れるんですね~、イタリアには、そんな日はないけども。。。
この3名は3年目突入、続けてくれて、ホント嬉しいです、、、
CIMG0826-2017Festa①
背の高い子は、年齢的に、今シーズンから14歳以下の公式戦にデビューです。
ただ、教室は週一なので、月一回、モデナの教室にお邪魔したり、週一回彼の家に訪問レッスンをし始めました(笑)…近所なんで、そして、7人兄弟で広いお家って、聞いたもんで。
10月末に試合がもうあるのだけれど、まだ準備ができていないし、遠い場所なので保護者の意向で見送り、
12月中旬、もしくは1月初旬の試合に向けて、準備中です。

他のちびっこ2人は、ヴァカンツェ中も、時々、クッションを相手に剣で突いていたそうです、、、
CIMG0836-2017Festa②
アタックの時、構えて後ろになる手がまだまだ振れていないし、ずっとグーにしたままなので、リラックスできるように声かけが必要な2人です。

バスケットボール、空手、ダンスなどの教室も参加しており、5,6歳から中学生までの子ども達は各種目をまわって体験しました。
CIMG0843-2017Festa③
こうやって体験だと、フェンシングは、「かっこいー」「面白そー!」とか、わりと人気があるのに、教室に来るまではなかなかどうしてです
道具代が高そうとか思うのでしょうか??? 実際、高いですけど
冒頭の画像の3名には、剣だけ、負担してもらっていますが、他の道具は全部貸しています…クリスマスあたりに、グローヴ買ってもらうか検討中ですが。
11歳までは、またそれ以上の年齢でも、新登録から2年目くらいまでは、道具にかかる費用はある程度負担してあげたいと、、、ちなみに、今シーズンは、新しいメタルジャケット一枚を買って追加しました…そうして、少しずつ、道具を増やしていこうと思っています。

今シーズンの出だしは、思いの外、順調で、新しく3名が9月から登録し、続けてみるようです…あっ、昨シーズン始まりも、同じようなこと言ったかも。。。結局、残るのは、やっぱり3名か
普段の教室、、、
CIMG0863-2017Medolla.jpg
今は、その3名が、私を助けてくれるので、初心者が入ってきても、とてもやりやすくなりました。

そんな3名も、他の子ども達も、これから、色々なことに興味が増え、他にやりたいことができ、フェンシングをやめる日が来るかも知れませんが、この教室で、少しでも、学ぶことがあり、子ども達の成長の手助けになれば良いなと思うのです

Tortelli(トルテッリ) と 再会

Qualche giorno fa due miei amici sono venuti a Mirandola per organizzare un evento di musica orchestrale.
Ci eravamo incontrati circa 4 anni fa. Loro continuano a collaborare con la scuola di musica di Mirandola per sostenere la poporazione colpita dal terremoto del 2012.
Abbiamo pranzato insieme; io ho schelto un piatto di tortelli alla cipolla di tropea con semi di papavero, che buono !
Poi la sera, abbiamo mangiato le pizze.
Abbiamo chiacchirato tanto !

今度も協力できると良いな

先日、私の初通訳仕事で関わることができた愛知学泉大学オーケストラ団のマネージャーさん、そして、通訳の永田さんが、私の町ミランドラに、音楽学校との今後の打ち合わせの為に来られました。
2012年5月に、この地域は大きな地震に遭い、ミランドラの町は半壊状態になったのです…幸い、私のアパートは、新しい建物だったので、少しのダメージで済みましたが。
その復興支援として、2014年3月に、学生オーケストラ団が来られ、コンサートを開き、今もなお、日本とイタリアをお互い行き来しながら繋がっているのです。

昼食に、リストランテにて、モデナの名物トルテッリを、皆注文し、お2人はカボチャの具が入ったのを、
私は、甘いトロペアの玉ねぎとリコッタチーズがフィリングのトルテッリが珍しいと、そして、ポピーシードがふりかかっていることも、これまた興味が沸き、選びました。
123416-2017トロペア玉ネギとポピーシードのトルテッリーニ
1個が結構大きく、そして玉ねぎがホント甘く、ポピーシードのプチプチ感が面白かったです…トロペアの玉ねぎのことは、以前の記事にて(こちら)。

Maxは、黒トリュフのトルテッリ、、、見た目悪く、味見でもらった1個はとっても美味しかったけど、お皿一杯は食べられないクセのある味でした…もう、食べないカナ、私は(笑)
ランブルスコがきれいな色です、、、
121959-2017ホテルピコ
盗撮みたいな画像ですが、カボチャのは、文句なし、、、甘~くて美味しい、この地域、カボチャが美味しいんです…あと、スイカもメロンも

夜は、私達のアパートに来ていただき、ピッツァを頼みました
204758-2017再会
たくさん、お喋りできて楽しかったです
また、甘えて頼んだ焼きそばソースに加えて、どろソース(初めて!)、すし太郎、などなど、お土産を頂き嬉しかったです

ところで、
日本もイタリアも、毎年のように、大きな自然災害があり、アマトリチャーナの地震(去年の8月)、リヴォルノの洪水(今年の9月)は、日本人の方にも記憶に新しいところ。
ある団体(イタリア内の)が集めた募金は、アマトリチャーナ(周辺の被害があった町も)には、一年経った今でも、一銭も届いていないということを最近のニュースで知り悲しくなりました。
募金となると、そのお金はどのように使われていくのか、被害に遭った方々にも少しでも行き渡っているのかどうか、心が狭くなり、気になるようにもなりました。
イタリアでは、電話会社を通じて募金する方法もあり、私とともに、Maxが一緒に募金してくれたのですが。。。

と、話の軸がずれましたが、、、
イタリアと音楽で、
イタリアとフェンシングで、
色々な分野で、これからもどんどん繋がると良いなぁぁと思いました
来年、コンサートがまたここミランドラで開催されるようなので、楽しみです

関連の過去記事
『ミランドラと東北共に再建の道へ』

Prima prova Open 2017-2018(第1回オープン大会)

Ho partecipato alla gara di prima prova di quarificazione nazionale ad Ancona.
Eravamo 254 fiorettiste, ho terminato alla prima diretta.
Per 3 anni di seguito questo è stato il mio risultato, non soddisfacente.
Ma una cosa molto positiva è che ho una buona maestra e delle brave compagne, in precedenza avevo galleggiato da sola a quasi tutti gli incontri.
Da questa stagione ho cambiato la società, per molteplici motivi.
Peccato che non ho portato un buon risultato, però sono stata bene con loro; grazie Magda e brave ragazze !


スットコでしたが

先週の土曜日、マルケ州アンコーナ県で開催された、6月のイタリア選手権につながる第一回予選会に出場しました。
ここ2年、64位以内に入れず、今年こそと思ってましたが、128位以内にも入れず、最終結果133位でした。
州別の予選がないオープン大会なので、出場者数は、なんと 254 名と今までよりも多かったです。128名のトーナメントから出場するスーパーシード16名を除いての予選では、自分のランキング(55位)が、一番上であったのにもかかわらず、4勝2敗で、その2敗も、0とか1とか、スットコドッコイで。。。
トーナメント1回戦では、第1セットリードしていたのに、2セット目入ってすぐ追いつかれ、3セットで追いつけず、10対15で敗退。
ホント、この試合だけは、進化することができなくて、、、ぅう~、悔しい、後からぐぐっと。。。

さて、今シーズンから(イタリアは9月より新シーズン)、クラブ登録をボローニャに変えました…昨シーズン、週一で指導に行っていたクラブです。
今シーズンは、毎週火水曜日と、月2回の金曜、指導に行くことになっています。
全く、役に立つのかどうか分からないけど、こうやって、呼んでくれることに感謝です。少しずつ、車椅子フェンシングの指導も含め、イタリアの指導法と、日本のと、ミックスしながら、力になりたいと思っています。
今までのクラブでは、女子フルーレの選手がいないに等しく、ほとんどの試合を一人で出場していました…あっ、Maxが専属お付きではありましたが、彼は、フェンシングを知らないので。でも、「頭を使え。」「急ぐな。」とか助言してくれたり、ありがたかったです。
なので、今回は、マエストラとそして若い選手達と一緒に出場できて、心強かったです…初参加の14歳のビットリア(画像中、一番左)が、私と同じくトーナメント一回戦で敗退だけど、ベテランの選手に勝つなど、予選3勝したことも、とても嬉しかったです。
あー、せめて64位以内に入って、結果で恩返ししたかったな(Foto by F.I.S)、、、
22045769_10157102841148018_4440421792730936852_n-2017Ancona②
ちなみに、クラブを変えたのは、簡単な判断ではなくて、、、
モデナの子ども達もかわいく、以前も書いたこともありますが、2008年生まれの子ども達が期待できそうな子達がいたので、余計。
幸い、私の住む町の隣りメドッラの教室は、引き続き指導することが許可され、前のクラブにありがたく思っています…というより、指導者がいない。。。
ボローニャに変えたのは、ボローニャへの電車が、モデナへ行くバスよりも、当然、本数があり、夜遅くても一人で帰ってこれること、そうすれば、モデナに迎えに来てくれていた仕事終わりのMaxに負担がかからなくなると思ったのが一つ…Maxの仕事量が、倍増しているので。
そして、ボローニャのマエストラには、以前から、本当に良くしていてもらっていて、彼女からたくさん学びたいと思ったのが一つ。
それから、あちこちのかけもち指導をせず、じっくり、同じ子ども達を見たかったからです。

今回の試合結果は、バッティーニ選手が優勝、準優勝になんと16歳のファヴァレット選手、そして、3位にテオ選手とヴォルピ選手です(Foto by F.I.S)。
22046101_10157103624278018_5911165925663748327_n-2017Ancona①
出産したばかりの強い2選手が不在ではありましたが、以外は、代表皆出場している中、、、
ファヴァレット選手やりました…イタリアも、日本と同じく、若い選手がぐんぐん力をつけてきています。
ちなみに、今回、男子フルーレの出場者数は354名、女子サーブル128名、男子サーブル165名でした。
男女エペは今週末に開催で、男子392名、女子263名の予定、、、エペに関しては、ランキング上位を抜いた州別予選会がありました…そうでないと、男子エペなんて、一日で終われないかも。。。
それにしても、やはり、エペの競技人口が多いですね

さてさて、今までは、がチームカラーでしたが、これからは、、、、
働き蜂のように子ども達の指導を、阪神タイガースのように愛いっぱいで(ファンじゃないけど)、そして、常に、挑む学ぶ気持ちで、積極的に動き回るシーズンにしたいと思います

Modena(モデナ) 6 ~ MUSEO FERRARI(フェッラーリ館) ~

Dopo aver visitato Zibello, ho accompagnato i turisti giapponesi alla Galleria Ferrari.
Uno di loro, ha deciso di comprare un modello, la F599 !
Ho fatto questo lavoro, mi sono divertita molto e questi ragazzi erano bravi.


彼らとは、本当に良い出会いでした

Zibello(ジベッロ)村のトラットリアで、クラテッロの美味しさに唸りをあげたその後、Maranello(マラネッロ)にあるMUSEO FERRARI(フェッラーリ館)へ、日本人旅行者3名をお連れしました
CIMG0644-2017Ferrari①
私は2回目の訪問です。

10年前はチケット6ユーロ、私が1回目に行った2009年は11ユーロ(運良く、無料でした)、そして今は16ユーロに値上がってます。ファンの方はどうぞお早めに、、、
CIMG0645-2017Ferrari②
Maxが、エンジン部分にも10分かけてじっくり眺めていたこと思い出したり、、、
CIMG0652-2017Ferrari③

今年2017年が70周年であるフェッラーリ、これが記念モデル、、、
CIMG0662-2017Ferrari④

この辺で飽きてきます、私、、、
CIMG0663-2017Ferrari⑤
ですが、この大広間、パノラマに展示されていて見やすく、別の日本人の方、ビデオで撮影しまくってます。
壁には、歴代の優勝者やトロフィーがずらり
シューマッハ、スキー転倒事故から4年、いまだ療養中です、、、
CIMG0671-2017Ferrari⑥

あるカップル、座り込んで見とれています、、、
CIMG0673-2017Ferrari⑦
青い車体も素敵
お連れした方々、試乗することも希望されていたのですが、国際免許証をお持ちでなく諦め、「ドライバーの隣りに座って楽しめますよ」と、促すと、「運転出来ないなら意味がないな~」と、
館内でも、テレビ画面を見ながらドライバーになって楽しめるのですが、そこでも「走らないのなら意味ないな~」と(笑)

そして、「そ、それでいいの?」と聞いたくらい、30分ほどで、サクサク見学し、時間が余ったので、モデナ市内の新しい方のフェッラーリ館(2012年設立)へ、こちらは、創設者エンツォ・フェッラーリ氏の生家跡です…こちらも、チケット16ユーロですが、マラネッロの方と同時にチケット購入すると、割引有りです。
CIMG0683-2017Ferrari⑧
館内のバールで、皆はビール、私はクレーマ ディ カッフェ(コーヒーシェイクみたいなもの)をご馳走になり、もう車にもお腹一杯だったので、「心ゆくまま楽しんできてくださいまし~」と、お見送り…私より、フェッラーリに詳しい方がいらしたので、ガイド丸投げ
「こっちの博物館の方が見やすかった~」と、
お一方、10年ほど前のモデル599GTBフィオラノを購入することに決めたようです
CIMG0687-2017Ferrari⑨
今回の3名のお客様、日本の北部から来られて、
一人は、来年、ニューヨークにイタリアンレストランと寿司バーをオープンする予定のシェフ、
一人は、その後押しをする大牧場の主で、300名も従業員をかかえる大金持ち、
そして、フェッラーリ購入を決めた方、
と、かなり男気いっぱいの3名でした
私などの庶民は、トラットリアや、専属ドライバーへの支払いなどが気になり、その都度、「少々、高くなってもいいですか?」って、初めの方はお伺いしてたけれど、いやいや払いっぷりも、さすがっ!
ランブルスコの樽ごと買いたかったようですから…残念ながら、お好みのカンティーナ(ワイナリー)がお休みで交渉出来ずだったようですが。。。

翌日は、ジェノヴァやトリノの観光もあった彼ら、引き続き、良い旅になったことと思います。
彼らのおかげで、私も素敵な旅になりました
また機会があれば、ガイドの仕事、引き受けるつもりでいます

モデナの町紹介(過去記事)、、、
『モデナ 1』『モデナ 2』『モデナ 3』『モデナ 4』『モデナ 5』

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週3回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!