2016/12/07(Wed)Trofeo Palladio(14歳以下パッラディオ杯)

Sabato scorso, abbiamo partecipato alla gara a Vicenza.
Categoria Ragazzi / Allievi (39 partecipanti)
Samuele 7°
Riccardo 27°
Lorenzo 35°
Categoria Bambine / Giovanissime(39 partecipante)
Anna 39°
Categoria Prime Lame(44 partecipanti)
Filippo 39°
Categoria Esordidenti(26 partecipanti)
Luca 18°
Francesco 21°
Lorenzo 26°

Samuele è stato bravissimo; ai piedi al podio.
E' stata una buona esperienza anche per gli altri.
I ragazzi ed i bimbi di Penta Modena sono bravi, piano piano crescono.


私の声がつぶれた

先週の土曜は、モデナから150kmほど北上の町Vicenza(ヴィチェンツァ)であった14歳以下のオープン大会に子ども達が参加し、帯同しました。
15230811_1365611460148035_2660440724392125861_n.jpg
2003年・2004年生まれのカテゴリア(39名参加)では、サムエレがどれも接戦ばかりで7位に入賞、表彰台にも一歩足が登りかけていました。
CIMG9014-2016Vicenza②
エペ専門のリッカルド(画像中、一番背が低い)は、一つトーナメント勝って27位、、、上手くいかない時、時々、ムキになってしまい手に負えなくなるのですが、一生懸命な選手で、「今から僕の試合始まるよー。」って、一人じゃ淋しく、わざわざ私を呼びに来てくれます。
去年の11月からフェンシングを始めたロレンツォ(私の左手横)は、ベスト32の前で負けてしまいましたが、アタックのラインが決まりだして5本連続で取れたりと、、、ですが、1セット目で大きく点差が開いていたので逆転できず。

2005年・2006年生まれのカテゴリア(39名参加)では、去年10月から始めたアンナがベスト32の前、1本勝負で負け、最下位…おっとり屋で、まったくアタックにいかないので、これが課題。
CIMG9020-2016Vicenza③
2007年生まれのカテゴリア(44名参加)では、私の教室メドッラからのフィリッポ(緑のグローヴ)を初参加させましたが、、、最終結果は39位、なかなか簡単ではないです。
アップの時から、フィリッポの動きが何だかふわふわしてて、極度に緊張しているのを心配してましたが、不安的中で、7名総当りの予選では、全敗、フィリッポも呆然で、私も、もうフェンシングを嫌いになっちゃうかもと、また心配。
だいぶ励まし、笑かし、2回目の6名総当りでは2勝出来、共に抱き合って喜んだほどです。フィリッポの笑顔もようやく出て、アタックができるようになり、私も嬉しかったです。 帰りの車の中でも、楽しくお喋りし、試合を振り返ることもできました。その後の教室も休まず来て、試合中とは打って変わって、動きがいいじゃないですか、、、それを試合でやってくれーと、私は心の中で叫びました
メドッラの教室は、週一の練習、5名という少人数、、、工夫しないといけません。

2008年生まれのカテゴリア(26名参加)では、一番小さいルカフランチェスコ(メガネの子)が7名総当りでそれぞれ3勝できたものの、2回目の総当りではそれぞれ1勝だけ、疲れか集中力が切れていました。
去年10月に始めたクルクル金髪のロレンツォは、昨シーズン終わりに腕の骨折をし、あまり練習ができておらず、2つの予選とも、全敗で、最下位…腕の位置をしっかりさせないといけません。
最終結果、ルカ18位、フランチェスコ21位、ロレンツォ26位。。。
2007年と2008年のカテゴリアは、出場者皆、メダルを貰えるので、子ども達は嬉しそうにしていました。
モデナの教室の2008年生まれは8名もいて、アタックが良いオススメ選手一人いるのですが、今回参加せず、これが残念でした。

朝6時半に出発して、夜家に着いたのは21時過ぎ、、、朝から晩まで、引率私一人で、応援でのどがガラガラ、風邪の引きかけ状態だったので、翌日から3日間、声が出なくなりました
ですが、試合中ハラハラドキドキがあったり、課題がはっきり分かったことや、さらに、日本人とイタリア人のハーフちゃん(2005・2006年のカテゴリアで8位入賞!)も頑張っている姿を観ることができました
子ども達には、もっともっと経験を増やせないといけないし、試合中の声かけや、イタリア人にはもっと褒めて育てるとかも含めて、私が指導力を上げないといけません

スポンサーサイト

2016/12/04(Sun)Gubana(グバーナ)

Per Natale ho provato a preparare la gubana fra tre ricette. Non è livitato tanto, ma il gusto è molto ricco e buono!
Ho preparato anche il Presepio. Quest'anno ho comprato delle pecorelle.
Ogni anno comprerò qualche personaggio del presepe. Il prossimo anno, aggiungerò un pastorello come Peter.


ナターレの準備

ナターレのお菓子で、パネットーネやパンドーロは、もう日本でも見かけることが増えてきていると思いますが、こちら、お隣りにはオーストリアがあるフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア地方発祥のお菓子、
Gubana(グバーナ)
に挑んでみました。
CIMG8989-2016Gubana③
渦巻き型のかたつむりみたいな形が特徴で、発酵させた生地を薄く広げて、その上に木の実と干しぶどうなどドライフルーツが混ざったものをのせ巻きます。それをさらに渦巻きにしてから、オーヴンで焼きます。

〈材料〉直径約20cm
[生地]・薄力粉 250g  ・砂糖 65g ・卵 半個分 ・牛乳 100ml ・BP 中さじ1 ・バター 50g ・レモンの皮すりおろし 半個分 ・塩 少々 ・バニラ粉末 小さじ1
[フィリング]・グラッパ(又はラム酒) 20ml ・干しぶどう 90g ・ドライプルーン(又は干しイチジク) 25g ・胡桃 25g ・松の実 10g ・アマレッティ(又はアーモンド) 25g ・蜂蜜 小さじ1 ・レモンの皮すりおろし 半個分 ・オレンジの皮すりおろし 半個分・バター 20g ・砂糖 40g ・ビターチョコレート 50g ・シナモン(お好みで) 適量
〈作り方〉
下準備:
粉類はふるいにかける。ぬるめの牛乳にBPを加えておく。干しぶどうをグラッパでやわらかくしておく。チョコレートはみじん切り。バターはやわらかくしておく。
① 生地作り: 薄力粉と砂糖を合わせ、とき卵を加え混ぜ、牛乳とBPを入れ、さらに混ぜる。
② ①にバターとレモンの皮、塩少し、バニラを加えて混ぜ、生地を丸めて、1時間ほど休ませる。
③ フィリング作り: ミキサーで、干しぶどうとドライプルーンを細かくし、胡桃、松の実、アマレッティ、蜂蜜、レモンとオレンジの皮、お好みでシナモン適量を加え、ミキサーで混ぜる。
④ ③にバターと砂糖、チョコレートを加え、よく混ぜる。
オーヴンシートの上で、の生地を3,4mmに伸ばし、のフィリングをのせ、カタツムリのようにくるくるに巻く。
丸型に入れ、2時間休ませる。
生地の上に、材料分外の牛乳と砂糖を塗り、160℃のオーヴンに入れ、約40分焼く。
オーヴンに入れたまま、冷ます。

CIMG0525-2016Gubana①
↑これは、生地を作った時、バターを抜いたもので、一枚目画像のバターを使ったのと比べると、カチッと固そうですが、中はやわらかいです…オーヴン入れる前、表面に牛乳と砂糖を塗る作業を忘れてしまいましたが。。。
材料が多く、生地を休ませたり、洗い物もちょっと面倒ですが、とーっても美味しいです
フィリングを作る時、ミキサーを使って洗うのが面倒であれば、材料を細かく切るのも、出来上がりのフィリングに食感があって、それはそれでオススメです。
何より、柑橘類やアルコールのおかげで香りがとても良く、作ってから5時間も経っているのに、仕事から帰ってきたMaxが「トルタの匂いがする~♪」とニンマリしたほどです…子どもかっ(笑)

チョコを入れないレシピや、ヘーゼルナッツを加えているレシピなど色々あり、3つくらいのレシピを混ぜたので、画像の本のようにはなりませんでしたが、しっとりした、リッチなパン生地のお菓子に出来上がりました。
ただ、ドライフルーツや木の実などは、割とお値段高めなので、作らず、既製品、買った方が安いんじゃ?とも思ったり。。。
スーパーでは、7ユーロくらいで、同じような大きさ(20cmほど)が売られています。

せっかくなので、セットしたばかりのプレゼーピオの前に置いてみました…キリストは、もう降誕済みです(笑)、、、
CIMG0522-2016Gubana②
毎年、5ユーロ以内で少しずつ買い足しているプレゼーピオ、、、今年は、羊の群れ24匹が加わりました
CIMG0514-2016Presepio.jpg

羊の毛はもともと付いていなく、綿をボンドでくっつけたのですが、結構手間がかかり、しかも、下に敷いてあるコケ(乾燥)が、羊の体にひっついて厄介でした…買ったまま、並べれば良かったと、ちょっと後悔。。。
まだまだ、天使や馬や牛なども来年あたり買おうと思っていて、羊がいっぱいいるなら、ピーター(羊飼いの)も必要だなと、物語がハイジになりかけたりもします

ナターレの準備は、始めてますか?
12月25日間近になったら、さらにもう一度、グバーナを作ろうと思います

2016/12/01(Thu)I miei brani preferiti del 2016(今年のお気に入りソング)

Belle queste musiche! Congigno ai giapponesi una cantante italiana: Francesca Michielin. Perchè in Giappone, non si sentono tanto le canzoni italiane.


2016年もあと一ヶ月、今年のお気に入りをば

The Strumbellas(ストランベラズ)…カナダ
Spirits

“ふと「銃」が頭に浮かんで離れない”という、文章は何とも言えませんが、聴くと、サビが頭から当分の間離れませんでした。

Sia(シーア)…オーストラリア
Cheap thpills

“そりゃお金は持ってないけど アタシにはアンタがいるの”、、、お金も大切。

Soler Álvaro(アルバロ・ソレル)…スペイン
Sofia

イタリアでも大人気の彼は、スペインのバルセロナ出身ですが、父親はドイツ人、母親はカタルーニャ人とベルギー人のハーフ。
10歳の時に父親の仕事の都合で東京へ移住し、17歳まで滞在。日本ではドイツ人学校へ通っていたとのこと。

宇多田ヒカル
花束を君に

私、長らくファンです

イタリア語がだいたい分かってくると、イタリアの音楽も好きになってきます、、、
去年は、イタリアの好きな歌手Elisa(エリーザ)を紹介しましたが、今年は、伸びやかな歌声に引き寄せられる、
Francesca Michielin(フランチェスカ・ミキエリン)
michielin_fotogrammi_con_post_foto-5-1150x720.jpg
1995年にイタリア北部の街バッサーノ・デル・グラッパ(蒸留酒グラッパの名産地)出身で、2011年にイタリア版Xファクターに出演し、見事勝利した若手21歳、、、見た目もとってもかわいい。優勝した時は、ソニー・ミュージックとの契約と優勝賞金30万ユーロ(約3800万円)を獲得したとか!
今年の2016年には、イタリアの大きな音楽祭サンレモに出場し、これまた見事準優勝し、ユーロビジョン2016イタリア代表として選ばれました。 
去年発売のですが、おすすめのL'amore esiste(ラモーレ エジステ)をどうぞ↓

日本でも、イタリアの曲流れるといいのに。。。

来年も素敵な曲に出会いますように

過去の関連記事
2012年のはコチラ→ 『2012♪』
2013年のはコチラ → 『2013♪』
2014年のはコチラ → 『2014♪』
2015年のはコチラ → 『2015♪』

2016/11/28(Mon)イタリアのカッフェ 5

Prima di andare in palestra a Modena, ho preso un cappuccino.
Disolito non lo prendo spesso perchè è un pò pesante per lo stomaco, ma in questo di inverno, ha riscaldato il mio corpo e il mio cuore.
Una volta ho preso un cappuccino allla piazza Grande, Bar Degustazione Cagliari, un barista non sapeva disegnare e mi ha detto che questa bar fa qualche disegno solo mattina. Penso che un barista debba avere questa capacità !
Poi un altro giorno, ho preso un cappuccino ad un bar molto viccino a piazza Grande, Caffe' dell'Orologio. La barista ha fatto un disegno molto carino; sono contenta!


豊かな気分に

カッフェの香りを嗅ぐだけで、心と体が解きほぐされ、仕事前などでは「さぁやるぞ!」と気合いが入ります。
昔から大好きでよく飲み、毎日働いていた時は一日4,5回は飲んでいました。
と言っても、今でこそイタリアに住むようになって、エスプレッソを飲む頻度が多くなりましたが、昔は、インスタントやドリップ式で、砂糖やミルク多めの健康に悪い飲み方。それでも、毎日のように、仕事後、フェンシングの練習に通っていたので、何とか、カロリー消費ができていたのだと思います。
活動量が減った今、昔のように、甘~いカッフェ生活を続けていたら、どんな病気になるやら。。。

さて今回は、日本人にも昔から人気、
Cappuccino(カップチーノ)…本来の発音は、カップッチーノ
153512-2016Cappuccino.jpg
私は、寒いこの冬の時期しか飲みませんが、ふわふわと柔らかなフォームドミルクは、何だか幸せな気分にしてくれます。
今さら説明するのもアレですが、元々ここイタリア発で、エスプレッソにミルクを足したものを言い、1ショットのエスプレッソに対し、3分の1の量のスチームドミルクと、同じく3分の1の量のフォームドミルクを使用…そのお店によって差異があるようですが。 そして、そのフォームドミルクは、カッフェの風味を閉じ込める蓋の役割りがあるのです。
言葉の由来は、カトリック教会の一派であるカプチン会の修道士のことを指し、彼らが着ていたフードの付いた茶色の修道服「Cappuccio(カップッチョ=頭巾、フード)」にちなむとされています。

ちなみに、イタリアのフェンシング解説本には、試合当日の朝、午前の試合開始の場合、ミルク量が多いカップチーノは控えるべきと記されています…胃が重くなるから。
だけど、、、選手本人が、リラックスして試合に臨めるのであれば、カップチーノであろうとコーラーなど炭酸であろうと、何でも良いような気がします…人によって、リラックス方法は色々ですから。
ただ、あの強い選手がそうしているから、と思ってマネするのはダメですね、胃もそれぞれ違うんでしょうから。。。
カップチーノ1杯当たりのカロリーは、約110Kcalで、糖質が6g、、、カロリーを下げたい場合は、無脂肪の牛乳を用いると良いです。

上の写真は、モデナのチェントロのバールにて、、、モデナのフェンシング教室に向かう前で、子ども達相手にハイテンションでいくために…まぁ、エスプレッソの方が気持ちがピリッと切り替えれるのですが
チョコソースでツリーを描いてくれ、小さなアマレット(マカロンのようなアーモンド菓子)、そして、パンナ(生クリーム)が付いて、1,5ユーロ(200円もしない)。このバールは、世界遺産のグランデ広場からメインストリートに出る前、Caffe' dell'Orologioというバール、バリスタが親切です。
バリスタが皆、ラテアートできるかと言えばそうでもなく、他のバールで訊いてみたら(しかもグランデ広場に面している)、「あー、僕は描けないけど、すごく美味しいカップチーノは淹れることはできるよ!」と言うもんだから、注文したら、普通のカップチーノで、ちょっとミルク配分が多いかなと、やはり胃が重くなりました。
彼はラテアートできないけど、このバールに午前中勤務するバリスタは得意だそうです。グランデ広場で、ドゥオーモを眺めながら、一息つきたい方は、午前中に!Bar Degustazione Cagliariというバールで、お土産用の、バルサミコ酢やチョコレートなどは品揃え良く、バルサミコ酢は味見できます。

モデナも少しずつナターレの準備、、、
ポルティコ(回廊)の天井は、Modenaの「M」で飾られています
154321-2016モデナ
結論、、、日本のバリスタの方が、ラテアート、レベル高し

関連記事『イタリアのカッフェ 1~4』
『Caffè d'orzo』
『Pan di Zenzero』
『Caffè al Ginseng』
『Caffè corretto』

2016/11/25(Fri)Aceto Balsamico(バルサミコ酢)

Consiglio ai giapponesi come usare l'aceto balsamico.
A me piace molto il sugo di carne al balsamico.


モデナ特産

ここモデナ地方で、11世紀から作られている伝統的な醸造酢、
Aceto di Balsamico(アチェート・バルサミコ)
はご存知だと思います…イタリア語で、「Aceto=酢」「Balsamico=芳香がある」という意味。
↓モデナのチェントロのあるお店前、と、催しがあった時の↓
CIMG0930-2016バルサミコ酢①
バルサミコ酢は、ワインとブドウ果汁の濃縮したものを樽で、長期に渡り熟成されて作られます。
さらに、使用される樽の木は、栗、桑、樫、トネリコ、桜の順に毎年移し替えられ作られるというので、手間がとってもかかります…画像にも、小さな樽が並んでます。
熟成年数は、2~5年、6~10年、12年以上の3つに分類され、それぞれの製法により格付け、分類され、
Aceto balsamico tradizionale(アチェート・バルサミコ・トラディツィオナーレ)は、最低12年の熟成が必要とされ、原料のブドウの種類、その他細かな製法が法律で定められているバルサミコ酢です。
エミリア・ロマーニャ州のここモデナ、またはお隣の県レッジョ・エミリアで作られた12年物と25年物の2種類のみの、トラディツィオナーレだけがDOPの指定を受けることができます…DOPとは、イタリアの厳しい食の法律。
モデナ産トラディツィオナーレの中でも、25年以上の熟成を経たものは「Stravecchio(ストラヴェッキオ)=たいへん古い)」と呼ばれ、珍重されています。
ストラヴェッキオの中には、50年や100年などの長期熟成を経たものもあったり。

日本では、黒酢が健康効果の高いイメージですが、なんとバルサミコ酢のポリフェノールは、黒酢の3倍以上というから驚き
香り高い風味と甘み、、、オリーブオイルと合わせドレッシングにするのはもちろん、イタリアでは、チーズ、ピッツァ、果物、ジェラートにトッピングして食べられています。
CIMG2601-2016バルサミコ酢②
チーズやピッツァ、ジェラートには、熟成期間の長い、ドロドロのバルサミコ酢がおすすめですが、、、
もし、安くて、サラサラしたバルサミコ酢が手元にあったら、上の画像のように、お肉の絶品ソースに早変わり。
バルサミコ酢、バター、蜂蜜(お好みで)を煮詰めるだけでとっても簡単、、、私は、味見のつもりでどんどんスプーンですくっては舐めてしまうので、もう一度、後からソースを作り直したり、、、それくらい美味しいんです
Maxの会社すぐ近くにバルサミコ酢の工場があり、毎年、ナターレのプレゼントの一つに必ず入ってます…サラサラの安いのですが。。。
この絶品ソース、もちろん魚にも合いますよ
実家の母には、毎回帰国の時にバルサミコ酢を買っていくのですが、母が言うには、酢豚などにも入れると、味がとてもまろやかにになるそうです。

是非、絶品ソースをお試しくださいませ!!!
CIMG9624-2016バルサミコ酢③

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”からブログ名、変更しました。

最新記事

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

プチ月別アーカイブ

株価&為替ボード

翻訳

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!