FC2ブログ

すごいぞ!パクチー、意識変えて!中国人

I semi di Coriandolo stavano cominciando a crescere sul mio balcone, quindi ne ho raccolto in fretta le foglie.
Ho preparato il Tom Yang Kung e dei Ravioli cinesi, ecc. Ho anche aggiunto il coriandolo agli spaghetti.
Ci sono 3 mercati asiatici nel quartiere e sono felice che possa trovare vari condimenti e ingredienti.
Tuttavia, l'igiene del negozio e del personale non è sufficiente.
Quando mi è capitato di andare in un negozio in cui non ci andavo spesso, due impiegati stavano pulendo ogni parte del maiale a mani nude. Quando ho chiesto se c'erano delle verdure, uno di loro mi ha guidato verso il frigorifero e ha cercato di prendere la verdura con le mani non lavate. Ho rifiutato delicatamente ed ho scelto io le verdure. Prima di pagare, questo impiegato si è lavato le mani, ma senza sapone. Mi sono ricordata del film "Contagion".
Penso che i cinesi debbano cambiare parecchio le abitudini in tema di igiene pubblica e privata.


私も中国人頼みとも言える

ベランダ栽培のパクチー、、、花が満開なのは知っていたけど、よく見ると、種子が出てきていて、葉っぱ、ほとんど食べてないのにーと思い、急いで収穫しました
イタリアでは、英語のように、「コリアンドロ」と呼びます。
112142-2020コリアンドロ①

花や種子が出てくると、イタリアンパセリのような葉のふさふさ感がなくなり、コスモスのような、人参のような葉っぱみたいになっていました。
花は、小さくて、白くて、可愛らしいです…こんなに、臭いのに(笑)
112144-2020コリアンドロ②
前に並んでいるのは、ひょろひょろバジリコが3鉢、、、育つといいのですが。間引きしたのも、もったいないから食べています。
パクチーの横には、水菜で、まだ高さ5㎝ちょっとです。
パクチー水菜の長鉢の横は、オリヅルランです。株分けをして、子株を取り除くと、すぐに茎が伸び、新しい子株たちが出てきて、白い花も咲きました。オリヅルランは、時々、鉢の下を見ないと、根がぼうぼう出てきていて、小さな大根のような太い根もあるので、びっくりします

さて、パクチー、、、
家籠り中にした本整理で、Maxが、出張で来たタイ人に貰ったという、タイ料理のレシピ本を見つけ、
133615-2020コリアンドロ③
パクチーも使わなきゃで、有名なトムヤムクンを、春雨入りで作ってみました
エビは、スカンピという、イタリア料理でもよく使われる手長エビです。他の具は、きのこ、トマト、エシャロットで、味付けは、豆板醤、ごま油、ナンプラー、鶏ガラスープ、レモン汁などです。
130201-2020コリアンドロ④

ムール貝を使って、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノも、、、オリーヴオイルにニンニクの香り付けする際、パクチーの刻んだ茎も投入します。とっても美味しかったです
123905-2020コリアンドロ⑤

餃子にも!
冷凍の皮が売り切れだったので、皮も一から作ろうとすると、薄力粉がなく、パン用の強力粉と、片栗粉の代わりに使っているタピオカ粉を混ぜました。ごっつ成型しにくく、ひだを作る余裕がありませんでした
具は一般的、ミンチ、玉葱、生姜、にんにく、鳥ガラスープの粉末、ごま油、醤油、タピオカ粉、塩に、茎も刻んだパクチーです。
192531-2020コリアンドロ⑥
タピオカ粉のおかげで、皮がモチモチどころか、餅になり、お焼きになりました(笑)
これはこれで美味しく、Maxもビールとともに喜んで食べていました。肝心のパクチーの味は、ほのかに香る程度で美味しかったです。
ちなみに、セロリも、餃子に入れると美味しいです。もっとちなみに、私は、ラグー(ミートソース)を作る時に、セロリが無ければ、フィノッキオの茎を代わりに入れたりするのですが、餃子にフィノッキオの茎を入れてみたところ、残念ながらあまり味がしませんでした。。。

この餃子の具が残ったので、肉団子にして、フォーっぽくして食べました。
124355-2020コリアンドロ⑦

別の日には、レモンのスパッゲティに、スカンピを添えて…たくさん買ったので。
スカンピパクチーの花束を持たせて。で、そうしていると、パクチーの葉を散らすのを忘れての一枚…食べ物で遊んでいたらダメですね
エビとパクチー、とても合いますが、葉は3,4枚の少なめで、充分に味わえます。
123220-2020コリアンドロ⑧

パクチーには、栄養素がいっぱいで、葉だけでなく、茎も花も、根さえも食べることができるそうです(※食べる際は、自己責任でお願いします)。
ビタミンB1、B2、C、 Eの他に、体内でビタミンAに変わる、βカロテンが豊富に含まれています。免疫力を高め、体を疲れにくくし、肌をきれいにしてくれる栄養素です。美容のためなら、パクチーは加熱せずに生で食べることが一番とか。
デトックス効果もあるということですが、解毒作用があるので、人によっては食べ過ぎで下痢を起こしてしまうことがあるそうです。
何でも、適量が大事です

少し前の記事で、住んでいるアパートから半径2㎞以内で、9件も大・中型スーパーがあるのでありがたい、と書きましたが、アジアンマーケットも3件あるので(一つは行ったことないけども)、とっても助かります。
なのに、餃子を作る時は、行った馴染みのお店では、皮が売り切れで、、、家籠り中、中国人も、考えることが同じかと思いました(笑)
今、家にある貴重なアジアな食材、、、減塩しょうゆ、ナンプラーらしきもの、ごま油、豆板醤、タピオカ粉、春雨、きくらげ、鶏ガラスープ、黒ごま、白ごま、竹の葉、なんと言っても、カレールゥも!
142401-2020アジアンマーケット
餃子の皮を求めて行き、売れ切れだったそのお店では、「日本はどう?イタリアは、お店開いたりするのちょっと早いし、もうたくさんの人が歩いているし、怖いね?」とお姉さん。
いや~、中国人に言われても・・・と、ちょっと差別的な感情がふっと湧きましたが、
いやいや、こうやって、この人たちがお店開いてなかったら、私は、ここイタリアで、アジアの味を気軽に作れない!
ありがとう!!
こんな中でも、商売、頑張って!!!あと、だしの素も置いてくれたら、なお嬉しい

と、心の中で思いました
このお姉さん一家が、このお店のオーナーになってから、カレールゥもそう日本の製品がかなり多くなり、ミツカン酢、日本酒、てんぷら粉、蕎麦、うどん、和菓子なども売っています。
感謝しているけど、冷凍の餃子や肉まん、魚介類は、いつのか分からないので、買わないけども。あと、ヤクルトを常温で売っていることが、どうなのか。。。

お焼き、もとい餃子を作った3日後、別の方のアジアンマーケットへ行くと、餃子の皮があったので(四角形だったけど)、即買いました…皮を手作りする必要なかったなと
で、各部位に分けられていた豚の掃除を、素手 でしていた中国人父娘に、チンゲン菜はあるかと訊くと、娘、そのまま野菜室に案内、その手で、チンゲン菜を触ろうとしたのを「私が選ぶね」とやんわり阻止しました(私は、ビニール手袋を着用)。でも、野菜を入れるビニール袋を一枚「はいどーぞ」と、その手で!
その後、会計で、お金を手に取る前に、軽く手を石けん無しで洗っていたけど、その洗う意識があるなら、野菜室へ行く前に洗ってぇ〜、というか、手袋して豚の掃除してぇ~〜と、心の中で。
家に着いて、着けていたビニール手袋は捨て、すぐ手を石けんでいつもよりよく洗い、そのチンゲン菜が入っていたビニール袋も洗い、買ってきたものと共に消毒しました

というのは、2週間前だったか、ウイルス感染を題材にした映画『コンテイジョン』を思い出したからです。
コウモリ→豚→人間、の感染経路だったような。。。
あ~コワイ

パクチーの話から逸れましたが、日本から色々送ってもらわなくても、中国人がお店開いてくれるから、こうやって色んな料理を、作りたい時に作れて嬉しいけれど、まるで、イタリア経済のように、頼ってるなぁとも思うのでした
でもって、中国人も、衛生面について変えていかないと、イタリアでの検査が厳しくなってくるよ、と言いたかったです

最後に、冷凍の皮で作った焼き餃子と蒸し餃子、今回は、パクチーとイワシをタネにあっさりと、、、皮は、タピオカ粉入りの方が美味しかったかな
125653-2020コリアンドロ⑨
スポンサーサイト



こんなに海が綺麗な国だから

Anche se si può andare in spiaggia dal 18 maggio, ho ancora un po' di paura.
Comunque, in Italia, ci sono bellissimi mari; ho visitato tantissimi luoghi di mare ma mi mancano quelli della Sardegna.
E' così bella l'Italia, che dopo il COVID-19 i visitatori ritorneranno e rinascerà l'economia del turismo.

イタリアは必ず復活する

前にも書きましたが、長い外出制限の間は、PCに保存している2008年から今まで分の大量の写真を、少しずつ整理していました
観光先や植物園などでは、一日で50枚以上も撮ったりするので、ボケているのはもちろん、同じようなのはサクサク削除していきましたが、時々は、思い出に浸りながら、また旅に行けない気持ちからか、とっても長引きました
ようやく終わり、先日の『お気に入りの場所』『イタリアのニャンコ達 1』『イタリアのニャンコ達 2』のように、いくつかシリーズでアップしていて、これが最後です

イタリアは、なんと言っても、海が素晴らしい 

もともと私の実家は、海の近く、歩いて10分もかからずで、小さい頃は、海水浴はもちろん、潮干狩りや、犬の散歩コースであったりで、海で育ちました。
そんな思い出が多い私の海でも、潔く、イタリアの海の美しさには負けるな~と思うのです。

それぞれ、過去記事のリンクにも飛ぶようになっているので、よろしかったら、、、

まずは、
リグーリア州
2009年8月には、かわいい港町、『Cinque Terre(チンクエテッレ)』へ。
CIMG0104-2020イタリアの海①

2010年4月には、神戸にいるような気分になった『Genova(ジェノヴァ)』へ。
CIMG0807-2020イタリアの海②

2015年4月、試合後に、『Sestri Levante(セストリ レヴァンテ)』“Baia del Silenzio(静寂の湾)”へ。
CIMG4033-2020イタリアの海③

トスカーナ州
2009年8月の、『Isola d'Elba(エルバ島)』、もっと楽しめば良かったなと後悔。
PICT2881⑤

Grosseto(グロッセート)県では、
2015年5月に、エレガントなリゾート地『Porto Ercole(ポルト エルコレ)』へ、このキリスト像が、この後、天気を回復してくれました。
CIMG4617-2020イタリアの海④

カンパーニャ州
2009年8月、とにかく青い!!!『Isole di Capri(カプリ島)』にて。
PICT2939-2020イタリアの海⑧

2013年8月、『Isola di Ischia(イスキア島)』は、ホテルの温泉より、この無料の自然温泉が面白いです。
CIMG6791-2020イタリアの海⑦

Costiera Amalfitana(アマルフィ海岸)にて、
2009年8月、『散策』では、夜景にうっとり。
PICT3108-2020イタリアの海⑨

2013年8月、ソフィアローレンが育った町『Pozzuoli(ポッツォーリ)』で、夕日を眺めながら。
CIMG6747-2020イタリアの海⑥

カラーブリア州
Cosenza(コセンツァ)県にある義両親の小さな別荘にて、
2011年8月の、『Amendolara(アメンドラーラ) 1』
2012年8月の、』Amendolara(アメンドラーラ) 2』 
2013年8月の、『Amendolara(アメンドラーラ) 3』
2014年1月の、『Amendolara(アメンドラーラ) 4』
夕日が沈んだら、空はピンク色に染まり、
CIMG6722-2020イタリアの海⑪

2016年8月、活気がある町『Trebisacce(トレビサッチェ)』の海では、童心に戻り、飛び込みしまくりました。
CIMG8172-2020イタリアの海⑩

2016年1月には、Vibo Valentia(ヴィボ・ヴァレンツィア) 県、『Tropea(トロペーア)』へ、夏にまた訪れたいです。
CIMG8373-2020イタリアの海⑫

プーリア州
2015年1月の、Lecce(レッチェ)県にて、
『Sanata Maria di Leuca(サンタ マリア ディ レウカ)とOtranto(オートラント)』では、深い青深い緑の海の色をしばらく眺めました。
CIMG2513-2020イタリアの海⑭

Foggia(フォッジャ)Gargano(ガルガノ半島)のビーチは、自然地形そのものが多かったです。
2016年8月、『ビーチ巡り』、ほんとに素晴らしいビーチばかりでした。
CIMG8368-2020イタリアの海⑬

マルケ州
試合でよく行く、『Ancona(アンコーナ)』は、2012年5月に訪れた州立公園にて、花がたくさん咲いていました。
CIMG3456-2020イタリアの⑮

エミリア・ロマーニャ州
南イタリア生まれのMaxは、あまり好きじゃないけど、
2012年6月、家族連れには大人気『Rimini(リミニ)』へ、大地震のストレスを癒す為に訪れました。
CIMG3613-2020イタリアの海⑰

同じくリミニ県のこのCattolica(カットリーカ)、こちらの海の方がリミニ中心より好きです。
PICT3388-2020イタリアの海⑯

シチリア州
2012年4月の新婚旅行では、レンタカーで一周しました。
この、犬の形の島が面白い!『Palermo(パレルモ)とCefalù(チェファル)』
CIMG2871-2020イタリアの海⑱

美しい、その一言、『Isole Eolie/Lipari(エオリエ/リーパリ諸島)』
CIMG2979-2020イタリアの海⑲

このScala dei Turchi(トルコ人の階段)が忘れられない『Agrigento(アグリジェント)&Marsala(マルサラ)』
CIMG3260-2020イタリアの海⑳

私の住むエミリア・ロマーニャ州は、5月18日から、州内の海に行けるという話ですが、もし、また感染者数が増加したら、分かりません。
隣のマルケ州に、南のシチリア州は、先に規制が解け、たくさんの人が砂浜で、のんびりしている映像をニュースで見て、ますます行きたくなりましたが、海解禁になっても、しばらく様子を見てから、行こうと思います
もう一度、リーパリで観た一枚を、
CIMG3001-2020イタリアの海㉑

北イタリアだけしか観ていない人は、できれば南も観るべし、南しか知らない人は北も知るべし
イタリアは面白い、なので、いつかコロナが終息したら、また多くの観光客が訪れて、少しずつ取り戻すでしょう

ポピーシードを使って 38

Ho preparato il Poundcake ai semi di papavero con glassa di formaggio.
Comincia il caldo e questo dolce è molto fresco e profumato al limone. Mio marito è allergico e per lui va molto bene poichè contiene Vitamina C.
Poi ho realizzato dei quadri di fiori pressati utilizzando i fiori del mio balcone come ricordo di queta quarantena.


いつかこんな時期も思い出に、できれば

4月後半は、何日か雨が降り、気温がぐんと下がった日もありましたが、今は、春の日差しがきらきら、もう暑いくらいです
そして、ケサランパサランを見つけれるんじゃないかと、白い綿毛がいっぱい、空中をふわふわしています。
そんな中、花粉症持ちのMaxは、3度ほど、ひどい症状が出て不機嫌で、陽気な天気でも外に出れず(と言っても、アパート敷地内)、窓も開けれず、かわいそうでした

花粉症にはビタミンC!ということで、レモンを使ったお菓子をと思い、
Poundcake di semi di papavero glassa di formaggio
(チーズフロスティングのポピーシードパウンドケーキ)

を作りました。
104513-2020パウンドケーキ①

〈材料〉30cmパウンド型1台分
【ポピーシードケーキ】・牛乳 180ml ・ポピーシード 30g ・砂糖 180g ・バター 180g ・薄力粉 300g ・BP 16g ・卵 3個 ・レモン 小1個
【フロスティング】・クリームチーズ 150g ・粉砂糖 150g ・絞ったレモン汁 小1個分
牛乳を沸騰させないくらいに加熱し、ポピーシードを加え、15分間放置しながら冷ます。
その間、大きなボウルで、バターと砂糖をクリーム状になるまで混ぜる。
③ ②に卵を1つずつ加え、そこに、ふるった薄力粉とBP、を交互に入れ、よく混ぜる。最後にすりおろしたレモンの皮を追加する。
④ ③を型に注ぎ、180度に予熱したオーブンで約35分間焼く。
チーズ、粉砂糖、レモン汁を、ダマが無くなるまで混ぜる。
ケーキが冷めてから、のフロスティングでケーキ上部を覆う。冷蔵庫で、冷やしてからいただく。

165107-2020パウンドケーキ②

パウンドケーキ自体は、どしっとしているのですが、フロスティングの酸味が爽やかで、重くはありません。
お店で売っているような、フロスティングを生地の中に入れるのも、美味しそうです。
ちなみに、フィラデルフィアのチーズは、カロリーが高めですが、糖質は、他のクリームチーズに比べると少ないようです。でも、カロリーが気になる人は、同社のライト版が良いです。もちろん、Kiriなど他のクリームチーズでも
何と言っても、ケーキの見た目がフレッシュで、暑くなってくるこの時期に良いです
花粉症にと言いつつ、症状を悪化させるチーズ、バターを結構入れないといけないので、まったく対策になりませんでしたが、レモン好きなので、喜んでもらえました

材料の画像の、クリームチーズと写っているのは、PANEANGELI(パーネアンジェリ)社のベーキングパウダーです。
ベーキングパウダーは、イタリア語で「Lievito(リエーヴィト)」と呼び、ピッツァやパンを作る時も、リエーヴィトと呼ばれるイーストを使います。
呼び分け方は、
お菓子用イーストは、「Lievito per dolci」
生酵母は、「Lievito fresco」
ビール酵母は、「Lievito di birra」
天然酵母は、「Lievito madre」、または、「Lievito natura」
となっています。
私は、お菓子やピッツァを焼くのは、週一なので、生酵母を使うのは数えるほどで、いつもは粉末状のものです。
調理時短できそうな液体状の「Lievito liquido」も売っていますが、まだ使ったことがありません。
外出制限中は、スーパーの、お菓子用またパン・ピッツァ用のリエーヴィトがすぐ完売になるという地域もあったようですが、私の小さな町は大丈夫でした。なんせ、半径2㎞以内に9店もスーパーがあるので助かります

西陽がよく当たるベランダでは、日差しが強くなるにつれ、アイスランドポピーの元気がなくなってきた頃、小さな小さなナガミヒナゲシが、4月17日から次から次と咲かせています。
親指の爪くらいの花の大きさなので、半日しかもたず、夕方前には散っていきます。
ケシ坊主に栄養を取られないように、咲かせた後の茎をチョキンと切ってやると、翌朝には、別の蕾が開いていて、今はもう18本目で、まだまだ蕾があります。
145527-2020FioriPressati①
週一の買い物以外は外に出ていなかったので、ヒナゲシの季節が始まっているのに観ることができなく残念だな~と思っていたら、こうやって、すでに枯れてしまったミニバラの鉢から、こぼれ種が勝手に芽を出し、思いのまま育っていくこの小さなヒナゲシが、気を取り直せと言ってくれているようです…あー、とうとう植物の声が聞こえるようになってきたか、と思わないでください、まだ頭も心も大丈夫です(笑)

アイスランドポピーがあまりに美しかったのと、この小さなヒナゲシがとてもかわいらしかったので、それらに加え、他に咲かせた花、またアパート敷地内に咲いていた花と一緒に、押し花にしました
左から、上段、しば桜、ナガミヒナゲシ、オレガノ、下段、名前の分からない木の葉、アイスランドポピー、ヒナギクです。
170308-2020FioriPressati②

後でじっくり見ると、軸がずれていたりして、バランスが悪いのもありますが、背景を和紙の折り紙にしているので、部屋の和洋折衷な雰囲気に合っています。
押し花は、イタリア語で「Fiori pressati(フィオーリ プレッサティ)」と言います。
170129-2020FioriPressati③
乾燥、配置、貼付けまで、結構、時間がかかるもので、やはりこの期間でしかやらない、やる気が出ない作業でした。
ちなみに、この中では、しば桜とヒナギクが乾きやすかったです。

また、パンジーは、乾ききらないとちょっとアンモニアっぽい臭いで、パクチー(白い小さな花)は押し花にしても、カメムシの臭いがします(笑)
170045-2020FioriPressati⑤

ドライフラワーと違って、何年も長持ちしないようだけど、こんな家籠り期間もあって、その時咲いていた花の思い出でもと思ったのです。
作業をしていたら、Maxが隣りで、くしゃみし出したり・・・本人は、花のアレルギーではないと言うのですが、どの花でも、少々、影響あるんでしょうか

5月4日から規制が少し緩くなり、今まで通り、予防には気を付けていますが、罹っても負けないように、バランスの良い食事、適切な睡眠時間を取り、太陽の光を浴び、体を動かし、たまにホラーやサイコ系の映画を観るものの、気持ちが明るくなるものを見たり、そんな行動を心がけます
イタリアで感染が広がり始めた頃は、本音として「イタリア国内・邦人初感染者」になりたくなかったのと、私が感染すれば、一人で指導しているフェンシングの子ども達はどうなるかと考えたら、絶対の絶対に罹りたくないという想いが一番で、約2ヶ月の長い規制期間を何とか凌げました。
でもまだ、これからも です。
いまだ、色んな真実がはっきりしないウイルスだけに、変異が著しいウイルスだけに、困ったものです。
170016-2020FioriPressati④

皆様も、引き続きお気をつけくださいね


過去記事の『ポピーシードを使って 1~37』では、、、
レモンマドレーヌ / リンゴのパウンドケーキ / カレー風味の煮っ転がし / あんパン / ポピーシードロール / 洋梨チーズケーキ / コロッケ / マロンケーキ / シュピーゲル / チーズスティック / クロスタータ / スコーン / ミッレフォーリエ / プリンケーキ / ベーグル / クロストーリ / チャンベッラ / 蒸しパン /  南瓜とサルシッチャのリゾット /  タリアテッレ /  ビュッシュ・ド・ノエル /  パン ド カンパーニュ /  きのこのストゥルーデル /  鮭のピスタチオ焼き /  マフィン /  シフォンケーキ /  松風焼き /  カスタニョーレ /  サーモンのチーズケーキ /  スブリチョラータ /  グリッシーニ /  ちぎりパン /  リース型パイ /  リンゴのチョコレートケーキ /  シミット 
で~す

イタリアのニャンコ達 2~ 北部からトスカーナまで ~

Questi gatti sono tutti quelli che ho incontrato in tanti luoghi del nord fino alla Toscana.
Vi piace particolarmente qualche gatto? Amo i gatti ma anche i cani.


気持ち少し緩くなる

5月4日から規制が少し緩和されたイタリア全土、友達と会うのはダメだけど、さすが、アモーレの国、恋人に会うのはOKという(同じ州内であれば)、、、パトロールの前だけ、即席カップルが増えるんじゃないかと
これは、壁画の町Dozza(ドッツァ)にて、
Finalmente possiamo vederci dopo la quarantena perché siamo fidanzati
(やっと会えたにゃ〜)”

160833-2020Dozza.jpg

前回、『イタリアのニャンコ達 1~ 中部から南部まで ~』をアップしましたが、
今回は、北イタリアは、Varese(ヴァレーゼ)県からトスカーナ地方まで、また近所で出会ったニャンコ達を紹介します
今回も、“・・・”の言葉は、軽く流してくださいませ

Varese(ヴァレーゼ)県は小さな町にて、
Chi sei, sei venuto da un'altra regione
(見かけない人ね、他の州から来たでしょ)?”

CIMG0473-2020Orino.jpg

試合で、Caorle(カオルレ)の町に行ったら、
Non sforzarti troppo (prima della gara)
(ハッスルしすぎにゃいようにね!)”

221218-2020Caorle.jpg

Burano(ブラーノ)島にて、まったく動じない、
Non mi interessa niente
(興味にゃい・・・)”

172541-2020Burano.jpg

Parma(パルマ)のお城にて、
Da qui in poi comando io
(ここから先は、私が指示を出すにゃ)”

134851-2020Parma.jpg

Sestri Levante(セストリ レヴァンテ)にて、
Ti sei perso?
(あらあら、道に迷ったのかにゃ?)”

CIMG4046-2020Sestrilevante.jpg

Grosseto(グロッセート)で泊まったB&B裏、
Oggi cè troppo polline
(今日は、花粉がひどいにゃ)”

CIMG4612Grosseto.jpg

Firenze(フィレンツェ)のボーボリ庭園にて、
Lascio la panchina agli anziani
(お年寄りに席を譲るにゃ)”

CIMG0728-2020Firenzie.jpg

Cinque Terre(チンクエ テッレ)にて、
Ierisera mio marito non è rientorato
(昨日、うちのダンナ、帰ってこにゃかったのよ)!”

CIMG0115-2020Cinque Terre

同じくCinque Terre(チンクエ テッレ)にて、
Ho bevuto troppo
(昨日、飲みすぎちゃったにゃ)”

CIMG0116-2020Cinque Terre

Ferrara(フェッラーラ)散策、車の上、
Meglio non guardare
(見ぬふりが一番にゃ)”

CIMG7370-2020Ferrara.jpg

Pisa(ピサ)にて、
Non chiamarmi senza motivo
(むやみに呼ぶにゃー)!!”

082924-2020Pisa.jpg

ここからは、近所にて、

Miao
(にゃ~は、私のネタにゃ~)”

CIMG0807-2020Mirandola⑦

E poi
(で、オチは)?”

CIMG3574-2020Mirandola②

Il mio nome è Charlie Chaplin 
(ひげダンスも出来ます)”

CIMG6157-2020Mirandola①

Se cercate rogne, eccole
(売られたケンカは買うにゃ)”

CIMG8716-2020Mirandola③

Sto investigando
(家政婦のにゃ田です)”

CIMG8949-2020Mirandola④

Che fatica in questo mondo
(にゃんとも、この世界、厳しいっすね〜)”

CIMG9394-2020Mirandola⑥

ワンコも好きなのですが、道端で会う時はたいがい飼い主と一緒に居るので、写真を撮りにくいです
その点、ニャンコ達は、自由
今回もいかがでしたか?
自分が一番癒されるという・・・
なんで、こんなに伸びるんでしょう?
CIMG9511-2020Mirandola⑧

イタリアのニャンコ達 1~ 中部から南部まで ~

Questi gatti sono tutti quelli che ho incontrato in tanti luoghi del centro e del sud Italia.
Vi piace particolarmente qualche gattino? Amo i gatti ma anche i cani.
Prossimamente farò un aggiornamento con i gatti del nord.


写真でアニマルセラピー

イタリアは、中部オルヴィエート県から、南はシチリア州まで、出会ったニャンコ達を紹介します
今回は、自分への癒しの記事、、、でも、2008年から保存していた多量の写真の中から、また、たくさんのニャンコの写真の中から、選ぶのになかなか苦労しました。まぁ、外出制限中の時間があった時だからこそ出来たこと
なお、時々、私の気持ちの代弁でもある “・・・” の言葉は、軽く流してくださいませ

Orvieto(オルヴィエート)の、あるトラットリア前で、呼び込みに引っ掛かり、
Vieni a provare un piatto a base di cinghiale (davanti ad una trattoria)
(ここのイノシシの煮込み、たまらにゃいよ)!”
CIMG8077-2020Orvieto①

Civita di Bagnoregio(チヴィタ ディ バニョレージョ)のお土産屋さんには看板娘が、
Se entrate, qualcosa comprate
(冷やかしは御免にゃ)”

CIMG8103-2020Civita di Bagnoregio②

Perugia(ペルージャ)のトラジメーノ湖にて、
La mia cena è un po' lontana
(晩飯が遠いにゃ)”

CIMG7893-2020Perugia③

Pozzuoli(ポッツォーリ)は、港にて、
Vorrei incontrare qualcuno
(そろそろ誰かに会いたいにゃ~ん)”

CIMG6740-2020Pozzuoli④

同じくPozzuoli(ポッツォーリ)
Bisogna ancora tenere la distanza sociale
(まだまだソーシャル・ディスタンス、守ってにゃ)”

CIMG6741-2020Pozzuoli⑤

Capri(カプリ)島の路地にて、
Di quì non si passa
(ここより入るべからず)”

CIMG0214-2020Capri⑥

Matera(マテーラ)のサッシ住居にて、、、家に籠っていると、忘れがち・・・
Che giorno è
(今日、何曜日かにゃ)?”

CIMG0355-2020Matera⑦

Metaponto(メタポント)(マテーラ県の小さな村)の海辺にて、
Non capisco che vita è
(日常が分からなくなってきた)”

CIMG8137-2020Metaponto⑧

Potenza(ポテンツァ)県は、Pietrapertosa(ピエトラペルトーザ)の山にて、見知らぬこの黒猫が道案内してくれたり、
OK, la tariffa per la guida è un tonno
(ガイド料はツナで)”

CIMG2654-2020Pietrapertosa⑨

Cosenza(コセンツァ)県の海沿いの町、Amendolara(アメンドラーラ)の避暑宅前、義母がエサにチーズの端をあげていたり、
Oops, vi ho trovato
(おっと、見つかったにゃ)”

CIMG0296-2020Amendorala⑩

Lecce(レッツェ)の海岸にて、これよりももっと猫がいました・・・
Qualche problema
(にゃにか問題でも)?”

CIMG2479-2020Lecce⑪

同じくLecce(レッツェ)にて、
è l'ora di mofumofu
(もふもふタイムにゃ)”

CIMG2525-2020Lecce⑫

Cefalù(チェハルー)にて、
A sinistra
(左よーし)”

CIMG2968-2020Cefalù⑬

同じくCefalù(チェハルー)にて、
Basta bilichinate
(もういたずらはしませ~ん)”

CIMG2994-2020Cefalù⑭

これもCefalù(チェハルー)、兄弟でしょうか、気持ち良く並んで昼寝、
Amate le cose importanti
(幸せにゃ時間を大切に)”

CIMG2982-2020Cefalù⑮

Siracusa(シラクーサ)にて、ちっちゃい!!
Piacere di conoscerti
(初めましてにゃ)”

CIMG3077-2020Siracusa⑯

Marsala(マルサラ)は、あるトラットリアの裏側にて、
La riunione di miao è terminata
(にゃん会議終了~)”

CIMG3282-2020Marsala⑰

Gargano(ガルガーノ)半島にて、
Ecco l'ho preso
(捕ったど~)”

CIMG4062-2020Gargano⑱

これもGargano(ガルガーノ)半島、毛づくろい中、
Fare spesso la toilette
(手洗いこまめに)!”

CIMG8430-2020Gargano⑲

またまたGargano(ガルガーノ)半島、頭に寝汗が、、、
Speriamo che la prima metà del 2020 sia come un incubo al mattino
(2020年上半期がただの悪い夢で終わってほしいにゃ)”

CIMG8431-2020Gargano⑳

4月26日に発表された都市封鎖解除について、
イタリア全土の移動制限は、5月3日までで、その後、大きく変わるのは、

同州内で、距離の関係なく、移動ができるようになること!…ん、申告書がまだ要るようだけども。。。
他の州への移動は、証明される業務上の必要性、極めて緊急性の高い事態、健康上の理由を除いて禁止…なので、別荘を持っている人は、他の州だと行けないという、、、かわいそうに、まさにウチの義両親、カラーブリア州に避暑宅があるのです。
私の住むミランドラの町は、6㎞ほど進めば、ロンバルディア州の区域になるのですが、もちろん入れません。。。

他に(州によって違いもあります)、、、
親族と会う時や、子どもを公園に連れて行く時(公園、植物園入園可能に!)、また他の外出時も、マスク着用の義務、社会的距離を保つこと、
葬儀等は、15人以内で出来れば屋外、教会での礼拝は引き続き禁止(反対意見が多いですが)、
ランニングやサイクリングなど、個人でできる運動は可能(団体練習は、5月18日からの予定ですが、フェンシングは対人競技なのでどうなのか・・・)、
企業活動は段階的に順次再開、美術館や図書館などの利用も順次、
理美容院、バール、レストランの店内営業再開は、5月18日からの見込み(訂正)、
学校は9月から、

など、まだ細かくあります。
こうみると、緩和されたと言っても、日本よりもまだまだ厳しいですが、感染者数も死亡者数も桁違いですから、仕方がないですね。。。
イタリアのコンテ首相は、ウイルスとの共存が必要 と訴え、それを踏まえ、一人ひとり責任ある行動をと、もう一度呼び掛けています。
こういったイタリアの状況になったのは、コンテのせいだ!と言う弁護団や政派がいるようですが、私は、前のレンツィやベルルスコーニじゃなくて、リーダーシップがあり、国民想いのコンテ首相でほんとに良かったと思っています

ニャンコの話に戻って、、、
しかし、いろんな表情、べっぴんが多いイタリアのニャンコ達
お気に召されたニャンコはいましたか?
そのうち、北部イタリアからトスカーナまでで出会ったニャンコをば

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週4回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

プチ月別アーカイブ

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!