FC2ブログ

Lightsaber Combatに挑んでみた

Nel mese di marzo con mio marito ho provato delle lezioni di Lightsaber Combat ed ho visto una gara a Modena.
E' molto diverso dalla scherma; sembra più vicino al Kendo. Anche diverso dal legoramento di Lightsaber francese, da come ho sentito.
Mio marito era interessato piùttosto su come costruire quest'arma, perchè lui è ingegnere.
Io...a me piace di più il fioretto.
Ma prima devo guardare il film Star Wars perchè non l'ho mai visto, ahahaha.


私は、一度も『スターウォーズ』シリーズを観たことがないのですが

3月中の週一回、Maxと一緒に、ライトセーバーの無料体験に通っていました
車で15分の体育館と、近かったこともあってです。
214640-2019Lightsaber①

今年の2月、フランスのフェンシング連盟が、映画『スターウォーズ』に登場するライトセーバーのレプリカを正式なスポーツ競技として認可したことは、日本でも報道されたことと思います。
フェンシングは、今まで、フルーレ、エペ、サーブルと3種目で行われてきましたが、フランスでは、新たに、ライトセーバー・デュエリングが加わることになった訳です。2024年のパリ・オリンピックを目指しているのでしょうか
報道の記事を読んで、私が理解したのは(間違ってたらスミマセン)、
試合は、サークル状のコートで行われ、1対1、互いが相手を攻撃し合い、得点は、頭と胴が5点、腕と脚が3点、手は1点獲得とし、15点先取した選手の勝利となるようです。
攻撃の際は、ライトセーバーの剣先を自分の身体の後ろまで振りかぶらなければならないことは、通常のフェンシングと異なります。これによって速攻で攻撃はできませんが、大きく振り回すことになり、剣も光っていることもあって、動作がより華麗に見えます。
マスクや防具も着衣ですが、通常のフェンシング道具とはまた違うようですね。

今回、習ったのは、イタリア式のライトセーバーで、
フランスの「デュエリング=戦い、決闘」を、イタリア語で意味する「Combattimento(コンバッティメント)」が名前にくっついていますが、
楽しく行うスポーツを意味するLudo Sport(ルード スポーツ)が一番のモットーのようです。
イタリア式とは書きましたが、世界大会もあるようです。
モデナで開催された試合後の練習風景、、、
113831-2019Lightsaber④
イタリアでは、2006年にミラノで始まり、ここエミリア・ロマーニャ州には2014年に来ました。
エミリア州内での最初の体験会は、フェッラーラ県のチェント市で行われ、その時の生徒達がコーチとなっていき、現在130名以上の選手と12名のコーチがここの州にいるようです。
2017年には、エミリア州内でトーナメントの試合も初めて開催されたようです。
先に説明したフランス式との違いは、得点が体のどの部位(肘から下、膝から下は含まれない)でも1点で、3セットマッチ、得点を取られた方は、「O(オ)」と発し(声で)、もし、無効面にライトセーバーが当たった場合には、「I(イ)」と発します。
さらに、基本の構えは、両手でライトセーバーを支えて、はじめから剣先が相手に向けていることも、フランスのと大きな違いです。剣道に似た構えです。上級者は、片手でも良いそうです。
マスクも防具も着用しませんが(未成年はマスク着用)、滑り止め又は手の甲に当たったら痛いので手袋着用は義務、目に当たったら危ないと思う人は、ゴーグルを付けても良いそうです。
私が、フェンシング経験者だと伝えると、「通常のフェンシングは忘れてね、ファント(前足を前に大きく出してアタックにいく姿勢)と、突きは禁止だからね。」と。
突くことができないことは、少しストレスですが、ファントができないことは、股関節が痛い私には良いことだと、はじめは思っていました。

練習風景、、、
223056-2019Lightsaber③

Maxはというと、初回のレッスン後に、「次の体験会にも行く?」って訊くと、「すぐ忘れてしまうし、まだ好きかどうか分からないから行く。」と、珍しく、やる気でした  
家の中でも、こうだったっけとか思い出すようにしたり、この方がやりやすいとか自分に合った動きを模索して動いたり、
動画で、ライトセーバーの作り方までじっくり見ているではありませんか!さすが、エンジニア、自分で作りたいか?
ちなみに、競技大会で認可されているライトセーバーは、イタリアでは、現在、一社だけなので、そのお店で買うとなると、300~400ユーロもします。証明書がないライトセーバーは、もっと安いですが、練習で使用できても、試合では使用不可となっています。
214215-2019Lightsaber②

特に趣味がないMax、、、車や家の改造など、テレビで観るくらい、昔は、バイクを直したりするのが好きだったそう。。。
仕事は、国内・他国出張も時々あるけれど、普段は、オフィスで、機械製造のデザインなどPCとにらめっこ、ずっと座っていて。。。
こうやって、腰をひねったり、腕をまわしたり、ルールも複雑でなく、楽しく体を動かせるスポーツが見つかって良かったです。
フランス連盟の会長が狙った通り!
“ソファから腰を上げて、スマホやPCで指だけ動かしていないで、運動不足、健康増進を目指す”
ウチのMaxにも、当てはまること、、、そんなこんなで、4月からの3ヶ月、通うことになりました

少々、レッスン料が高く、近所の町では、たった週一のレッスンなので、それじゃあ上達しないなと思っていたら、他の町のレッスンも参加して良いそうです。それに、メンバーの人達、最初はそうでもなかったですが、少しずつフレンドリーになり、メンバーの中では一番年上になってしまったMaxも、それほど年齢の差を感じさせないアットホームな雰囲気で、それが何よりです。

それでも、Maxにとって、ちょっとムリだなと思うこともあります
生徒さん同士の会話が、「このカードは貴重、100ユーロもしたんだよ!」と、ポケモンカードみたいなのが、このライトセーバーにもあるようで、生徒さん達も良いお年なのに、そんな話をしているので、かなり引いてしまったようです。また、他の会話内容も、ファンタジーの世界が広がっているので、ちょっとついていけない時もあるようです(笑)

イタリア全国内で見ると、来シーズン(9月)から、ライトセーバーのスクールを開校する計画があったりと少しずつ規模を大きくしているようですが、
まぁ、まだまだ小さな団体なので、このエミリア州内では、体育館を借りるのも、それほど高くない町を選んでいることから、Maxは助けてあげたいという気持ちから、続けることにしたようです。

私はですね、、、
やっぱり突きがあるフルーレが楽しいかな、と。
Maxが続けたいなら、夫婦で何か楽しめるものを探していたので、ちょうどいいと思っていたのですが、思っていた以上に動くので、やはり、股関節が痛くなりました
これまで、社交ダンスに行くか?とか(ちょっと冗談)、テニスは?とか(スカッシュが良かったんだけど)、卓球台セットを買って家で遊ぶ?とか、色々、誘っては、断られていたので、Maxが興味を持っていることはうれしいです。
まぁ、4回の無料体験会中、Maxと1本勝負を3回して、私が3回とも勝ちましたけどもねっ(笑)
スポンサーサイト

Coppa Italia Regionale(イタリア杯州別大会) 2019

Sabato scorso ho partecipato alla gara di Coppa Italia Reginale a Soliera.
Questa gara era varida come qualificazione per Coppa Italia Nazionale ad Ancona.
Ho vinto e mi sono qualificata.
La mia prossima gara sarà a squadre in Serie A2.
Il mio obiettivo è restare in Serie A2. So che sarà durissima ma vedremo.


一つ終わって、また次へ

先週の土曜日は、モデナ県はSoliera(ソリエラ)という町で、州別イタリア杯イタリア杯予選があり、ボローニャのクラブの若手選手達と参加してきました。
結果は、、、
私が出場した女子フルーレは、9名の出場者数で(内、8名が同じクラブ)、その3割(3位まで)が通過で、
優勝出来、5月初旬にアンコーナであるイタリア杯も通過です
18527-2019Soliera①
予選も、トーナメントも、すべて同じクラブの選手達とだったので、大変やりにくく、声も出しにくく、ガッツポーズも控えめになってしまいましたが、でも、
「生徒達よ、まずは私を倒さないと、外でも勝てないよ!練習中、お喋り控えめに、真面目に練習せよ!」
と、手抜きなしで、
また、どの試合が最後になるか分からないので、落ち着いて、気持ち込めて、戦いました。

男子フルーレは、出場者数16名で6名通過のところ、ボローニャからは9名参加し、1,2,3位と獲れ、その3名が通過でき良かったです
57094393_10217075367510543_2003768261249859584_n - -2019Soliera③
他種目、、、
男子エペは、32名通過(96名中)、同クラブからは1名(1名中)が19位で通過、
男子サーブルは、8名通過(22名中)、同クラブからは参加者無し、、
女子エペは、17名通過(49名中)、同クラブからは1名(1名中)が15位で通過、
女子サーブルは、3名通過(9名中)、同クラブからは参加者無し、
てな感じでした。

そのアンコーナであるイタリア杯で16位以内に入ると、日本で言う全日本選手権みたいな、シーズン締めくくりの国内試合、イタリア選手権に出場でき(6月初旬)、今年は、シチリア州はパレルモという素晴らしい場所であります。

副賞のミニバラ、、、他はプリムラですが、1位のみミニバラです
プリムラのシーズンは終わりになってきているので、暑さに強いミニバラがもらえて嬉しいです
副賞のミニバラの後ろの鉢も、赤のミニバラで、4,5年前にMaxからもらったもの、、、冬の間は放ったらかしだったのに、新葉がいっぱい出てきています
093953-2019Soliera②

次は、4月後半にあるセリエA2の団体、メンバーの一人がバイクで転倒し足を怪我しているというので、心配ですが、団体に向けて、若手選手達と共に頑張ります。まずはセリエA2残留が目標です
団体の翌週はマスター選手権、その翌週はイタリア杯と続きます。
股関節になるべく負担がかからないようにするために、少しでも無駄な動きを減らし、正確に突けるようにすることが良いのですが、なかなか難しいですね

Tisana della Sera (サンタ マリア ノヴェッラ薬局のおやすみハーブティー)

Ho comprato un pacco di Tisana della sera alla Farmaceutica di Santa Maria Novella di Firenze.
Da qualche sera, non riesco a dormire, qundo ho mal di schiena o male all'anca oppure dopo essere ritortnata da Bologna.
Gli ingredienti sono: Passiflora, Asperula, Fiore di arancio, Escolzia e Camomilla.
Mi porteranno qualche giovamento.
Questa negozio di farmaceutica c'è anche in Giappone, a Tokyo e a Kyoto.

美しい薬局

先日のフィレンツェに寄った最大の目的は、現存する世界最古の薬局という、
Officina Profumo - Farmaceutica di Santa Maria Novella(サンタ マリア ノヴェッラ薬局)
の本店に行くことでした 
まず先に、 前回の記事で画像アップした駅前側とはまったく別の顔を持つ、Basilica di Santa Maria Novella (サンタ マリア ノヴェッラ大聖堂)を眺め、
125850-2019SMN①

そして、サンタ マリア ノヴェッラ薬局へ、、、入り口、思わず、通り越してしまいそうです
103824-2019SMN②

最後に入った、Tisaneria(ティサネリア(兼 ティールーム))から紹介を
1700年代から、ゲストをもてなすためのティールームとして使われているそうです。
122741-2019SMN③

お目当てで、味見したかった、夜に飲むハーブティー、
Tisana della Sera(ティサーナ デッラ セーラ)
とっても美味しかった、オレンジと蜂蜜のトルタをつけて、計8ユーロです(ハーブティーだけだと、5ユーロ)。
チョコレートは、アルケルメス酒が入ったもので、ハーブティーにもれなくついてきますが、買うとなると、一粒1ユーロです。
セラミック製の白ティカップも素敵です。
123436-2019SMN④
このハーブティーの原材料は、
緊張や不眠の治療に用いられ、高い鎮静効果がある、時計草
沈みがちな気分を明るく、神経性の胃痛の緩和に良い、クルマバ草(ウッドラフ)
不安や緊張を解きほぐす、オレンジフラワー
気分を鎮静させ、不眠症を和らげる、カリフォルニアポピー(エスコルシア)
ストレスや不安、不眠を解消、気分を落ち着かせ、体を温める効果もある、カモミール
の5種類のハーブです(Foto: Google)。
2019SMNTisana①
股関節と腰の夜間痛で眠れない時にと、
ボローニャの指導日(火曜水曜)は、夜、家に着くのが23時過ぎで、疲れているのに目も頭も覚めたままで眠れない時が多く、木曜が非常に辛いのです
それから、疲れてきたり、忙しく水分不足のせいか、脳が動くような、後頭部の頭痛が起きることも時々あるからです。
もちろん、冷え症にも効きそうだしで。
色々、あるわね、って?中年になってきたら仕方がないです(笑)

ひと箱買いました、100g 12ユーロです。
カップ1杯くらいの沸かしたお湯に、スプーン一杯分の茶葉を入れ、10分注入、ランチ後と就寝前の、一日2回飲むことを勧めています。
093432-2019SMN⑤
お味は、カモミールが一番強く感じ、上品な味です
効果は、、、確かに、香りで、ふぅ~と一息リラックスできます。
ちょっと息詰まっていたことも前向きに考えようと、もっと先を見ようと冷静に判断するべきと落ち着きます。時間の経過によってかも知れませんが。。。
各部位の痛みは、夜飲むと、翌日、少しはマシです。これも、十分な睡眠によって、疲労が取れたからかも知れませんが。。。

カリフォルニアポピーが入っていることも、ポピー好きの私をさらにリラックスさせてくれます。
カリフォルニアポピーは、北アメリカ原産で米国カリフォルニア州の州花にもなっているケシ科ハナビシソウ属の一年草で、日本名は「花菱草(ハナビシソウ)」と呼ばれています。
高さは20~60cm位、4月から6月にかけて鮮やかなオレンジ色の花を咲かせます。
野生のはオレンジ色ですが、園芸用に品種改良されたものには、赤やピンク、白、数種の色が混ざったものまであります。
去年、上海出身の友達宅の庭に咲いていた白色、、、
101155019SMNTisana②
アメリカの先住民や入植者は、歯痛を鎮静させるために使っていましたが、ヨーロッパには観賞用の花として紹介されたそうです。
その後、ケシの花と似たような効果がありながら 中毒性がない ということで人気が出て、不安、痛み、緊張や不眠症を和らげるために使われ、現在でも、鎮静や抗不安に優れ、子どもにも安全なハーブとして利用されているということです。

薬局に戻って、他の部屋の紹介、、、
1848年の改築により作られた空間、Sala di vendita(販売の部屋/メインホール)には、化粧品、石鹸、香水などが売られていて、日本人の方も販売でいましたが、忙しそうだったので、長く話すことはできませんでした。
香水のお姉さんがとても優しく、笑顔が素敵な方でした(画像の女性で、撮影も許可してくれました)。
121602-2019SMN⑥

進んで、Sala Verde(緑の部屋)には、ポプリ、キャンドルなどが売られていて、ここには、1659年に、王室御用達の称号を賜った時の、アンジョロ・マルキッシ修道士の肖像画をはじめ、歴代の薬局長を務めた修道士たちや、現在も経営権を持つステファニー一家の肖像が並んでいます。
フィレンツェと姉妹都市を結ぶ京都と、40周年を祝ったキャンドルも販売されています。
121900-2019SMN⑦

次の部屋、Antica Spezieria(旧薬房)は、誕生当時から、この部屋が薬房だったようで、ハーブが販売されている他、1612年の創業当時から製造に使われていた、薬局用機材、アンティーク陶器、銅やブロンズの製品などが展示されています。
122056-2019SMN⑧

緑の部屋旧薬房の間にある、小さな、Sacrestia(聖具室)には、壁一面、キリストの受難場面のフレスコ画(14世紀)が描かれているので、素通りしてはいけません。
『最後の晩餐』がもっとも印象的で、長テーブルでなく、貴重な円卓の一例です。
122229-2019SMN⑨

こちらの薬局のお買い物システムは、、、
一番最初に注文した場所で、一枚のカードを渡され、その後、各部屋の買い物情報も登録されていき、
一番最後に、お会計の部屋(メインホールの奥)へ行って、そこで清算と商品の引き換えをします。
124905-2019SMN⑩

店内は、2012年に、創業400年記念の際に修復が行われたようで、うっとりするような、まるで美術館でした
Museo(博物館)の部屋もあったのですが、写真撮るの忘れちゃいました。。。
次回来る時は、一番有名な商品、「王妃の水」と呼ばれた香水を試してみたいと思います

Firenze(フィレンツェ) 3 ~ 散策 ~

Dopo aver visitato Pisa, sono andata a Firenze.
Che bella Firenze come sempre !
Vorrei visitare tanti posti in treno, magari portando con me una bici pieghevole.


気分も華やかになる街

ピサ散策の後は、電車で40分ほど、フィレンツェ
144234-2019Firenze①

Santa Maria Novella(サンタ マリア ノヴェッラ)薬局に寄るのが目的だった訳ですが、その話は長くなるので、次回にします。
薬局で買い物をした後、Ponte Santa Trinita(サンタ トリニタ橋)を渡りながら、Ponte Vecchio(ヴェッキオ橋)をしばし眺めました…クレーンがちょっと邪魔。。。
132132-2019Firenze②
ぶらぶらと
132026-2019Firenze③

そして、ヴェッキオ橋、、、人が多いです
下は、ヴェッキオ橋から眺めた、Ponte San Niccolò(サン ニッコロー橋)です。
132925-2019Firenze④
渡ってからもまた、ヴェッキオ橋を眺めました
133940-2019Firenze⑤

Piazza della Signorina(シニョリーナ広場)へ、、、ここも、人が多い
135003-2019Firenze⑥
何もかもが作品、、、
134505-2019Firenze⑦
馬車もたくさん見かけました
140154-2019Firenze⑧

そして、Duomo(大聖堂)Campanile di Giotto(ジョットの鐘楼)、、、はぁ~、いつ見ても何とも美しい
ちなみに、時計はまったく合っていません(笑)
155411-2019Firenze⑨

前にも書きましたが、ジョットの鐘楼だけでなく、違う塔にも登れば、すべてを眺められます
155302-2019Firenze⑩
歩き疲れて、股関節も痛く、しばらくベンチに座り、ぼ~っとクーポラを眺めました。

Piazza della Repubblica(レプッブリカ広場)にある老舗カフェ、Caffe Gilli(カッフェ ジッリ)で休憩を
暑かったので、カッフェ シェケラートとチョコ一粒、カウンターで注文しました。座ると、飲み物類が2ユーロほど高くなるからです…観光名所は、座席代を上乗せているカフェテリアが多いですが、ここは、会計の横に値段を表示しているので、ヴェネツィアなどで見られるぼったくりはないです。
カッフェ シェケラートは、淹れたてエスプレッソ1杯分と、ベイリーズ、氷をシェーカーに入れ、よく振った(シェイクした)もので、バリスタの腕の違いが分かる冷たいカッフェです。
カッフェ自体は、もうちょっと濃くていいかなと思いましたが、泡立ちがきめ細やかで、しゅわしゅわでした
オープンテラスで飲んでいる人が多かったですが、店内は、老舗らしいアンティーク調で落ち着いた雰囲気でした。
150108-2019Firenze⑪
メニューにあった冷たいカップチーノも飲みたいところではありましたが、旅先では、ミルクでお腹ゴロゴロになることの多い私なので、控えました
レプッブリカ広場に入る前にあるラ リナシェンテのデパートで買い物欲を我慢して、お手洗いを済ませて帰路へ。このデパート屋上のカッフェテリアからも、大聖堂鐘楼の眺めが素晴らしいようですよ。

サンタ マリア ノヴェッラ駅前のサンタ マリア ノヴェッラ教会、、、入り口は、ぐるりとまわらないといけません。
160828-2019Firenze⑫

駅構内のVenchiのジェラートには列がいっぱい、でも、切符売り場の部屋を出たらすぐにあるVenchiはガラガラ、目立たないから、多くの人が気づかないんでしょうね。それか、皆、並んでいるから、並んでしまうのか???

過去のフィレンツェ観光は、どれも突然の雨に遭い、フィレンツェに嫌われているのかなと思っていましたが、
今回は、晴天で日中は暑く、一人でも散策を楽しめました
2005年の団体ツアーで訪れた時、マーブル紙が欲しくて入った老舗もたまたま見つけ、健在で嬉しかったです。
誰もが、美しいというフィレンツェ、、、ツアーで来た思い出、Maxと来た思い出、日本の家族と来た思い出、
思い出深く、散策中よみがえってきました

関連記事
『Firenze(フィレンツェ) 1』
『Firenze(フィレンツェ) 2 ~家族と~』
『カッフェ シェケラート』

Pisa(ピサ) ~ 朝散策 ~

Un giorno dopo aver visto la gara WC scherma palalimpica, ho hatto una passenggiata.
Ho visitato l'Orto Botanico dell'Università di Pisa.
La stagione della fioritura era ancora prematura ma mi sono rilassata con le piante.
Purtroppo ho sbagliato ed cancellato tante foto dell'Orto Botanico; che shock, come l'ultima foto nel blog..
Comunque Pisa è una città molto carina !


せっかくの思い出が

ピサの町を訪れたのは、2005年12月の団体ツアーの時と、2017年12月に出場したマスター大会以来で、
2005年の時は、斜塔に上ったり、大聖堂内を見学、2017年の時は、試合前、夜の散策をしました。

今回は、朝散策、、、
朝は、空気が澄んでいて、気分が良いだけでなく、芝生の緑、建物の白、空の青さ、すべてが爽やかです
085300-2019Pisa①

ポーランドの美術家、Mitoraj(ミトライ)氏の『Angelo caduto(堕天使)』、、、
背後を見ると、羽の中に人の顔があって、ちょっと不気味です
085542-2019Pisa②

大聖堂は、上から見ると十字の形に設計されているそうです。
090924-2019Pisa④

ドーンと存在感のある洗礼堂
090002-2019Pisa③

この後、10分ほど歩いて、イタリア最古の大学であるピサ大学の植物園に行きました(見学料は4ユーロ)
1544年に、ヨーロッパで最初の大学教育の為の植物園として創設されましたが、2回移転しているので、
ヨーロッパ現存最古の大学植物園は、世界遺産にも登録されているパドヴァの植物園になります。
092908-2019Pisa⑤
まだ花が少ないこの時期ではありましたが、多肉植物も好きな私は、いろんな種類のサボテンなど観れたことで満足、
そして、温室には、たくさんの蘭の種類が育っていました。
博物館には、図書館も含まれ、歴代園長の肖像画がずらりと、キノコの模型が多く展示されていました。
トイレ近くには、日本の4,5種類の椿が植えられていて、幅10㎝以上はある立派な竹の藪もありました。
で、それらの画像は・・・?
植物園で撮ったたくさんの画像、タブレットからPCに移動中、誤って消去してしまったのです

植物園に1時間近く過ごしてから、そこから、Ponte Solferino(ソルフェリーノ橋)へ向かいました。
でも、橋は渡らず、Ponte di Mezzo(メッゾ橋)に向かって、アルノ川沿いにのんびり歩きました。
のどか~、、、
102956-2019Pisa⑥

お菓子の家のような可愛い教会サンタ マリア デッラ スピーナ教会と、バイクのVespaピアッジョ博物館も観たかったのですが、フィレンツェにも寄りたかったので、中心通りをぶらぶら歩いて、ピサ観光を終了しました。
中心街は、スペインのように、オレンジの木がたくさん植えられていました
110050-2019Pisa⑦

あ~、たくさんの画像、ホント、もったいない、私のバカ!特に、椿が見事で、チューリップも蘭も、残念過ぎる。。。
消去したことが分かった時、澄み切った青空から、急降下した気分でした
085720-2019Pisa⑧

こじんまりでかわいい町、ピサ、、、また来たいなと思います

関連記事
2017年に訪れた時の、『第2回マスター・サーキット戦』

プロフィール

Makitalia

Author:Makitalia
真紀(Maki)
イタリア人Maxと、2011年4月日本にて神前式、2012年4月イタリアにて民事婚をしました。2011年12月中頃から、一緒にイタリア生活を始め、現在は、2つのフェンシング教室のコーチとして、週4回指導してます。
日々、想った感じたことをつらつら記していきます。暇つぶしにどうぞお越しくださいませ!
“Papavero と 雛罌粟”から、ブログ名変更しました。

イタリアの時間

Benvenuto(ようこそ)!

プチ月別アーカイブ

株価&為替ボード

翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

grems(グリムス)

地球環境の為に少しでも出来ること!